フルセグとは?ワンセグとの違いや特徴などを解説|フルセグチューナーもご紹介!

チューナー

移動中でもテレビを楽しみたい人には、フルセグタイプやカーナビやタブレットがおすすめです。

少し前に流行ったワンセグよりも、綺麗な画質で地デジを楽しめるフルセグですが、一体何のことなのかわからない人も多いことでしょう。

今回は、フルセグとワンセグの違いや、特徴、さらにはフルセグチューナーについてもご紹介いたします。

また、フルセグのタブレットやカーナビに関する記事もおすすめです!
フルセグタブレット【最新版】フルセグ対応タブレットの人気おすすめモデルランキング4選 カーナビ【最新版】フルセグ機能搭載カーナビの人気おすすめランキング10【激安モデルもご紹介!】

フルセグの基本情報

フルセグとはどんなものなのか、簡単に解説していきます。ワンセグとフルセグの違いについても見ていきましょう。

  • そもそもフルセグとは?
  • フルセグとワンセグとの違いとは?

そもそもフルセグとは?

はてな
みなさんも、カーナビや携帯電話などでテレビを見る際、フルセグという言葉を聞いたことがあると思います。

このフルセグとは、フルセグメント放送の略で、実はみなさんが家のテレビで見ている地上デジタル放送もまたフルセグにあたります。

地上デジタル放送は、放送波を使って各家庭のテレビやカーナビ、携帯電話に送信されます。

この時、セグメントと呼ばれる区分に分割されて放送されますが、フルセグはこのセグメントをフルに使っているため、フルセグと呼ばれているのです。

フルセグとワンセグとの違いとは?

カーナビや携帯電話で流行ったワンセグ。一体フルセグとワンセグにはどんな違いがあるのでしょうか。

それぞれの違いを見ていきましょう。

フルセグは高画質!

解像度
フルセグの最大の特徴は、画質が良いと言う点です。フルセグの解像度は、1920×1080でフルHDに該当する解像度を持っています。

一方、ワンセグは見られれば良いというレベルの画質で、解像度はわずか320×240しかありません。

ワンセグは、小さな液晶のカーナビやスマホでテレビを見る分に申し分ありませんが、最近はカーナビもスマホも画面が大きいのが主流ですので、ワンセグよりもフルセグを使った機器の方が多くなっています。

ではなぜ、ここまで画質に違いが出るのかというと、フルセグはすべてのセグメントを使って放送されているのに対し、ワンセグでは分割されている放送波のうちの1つだけを使用して放送されているためです。

フルセグはデータの受信が不安定

メリット
フルセグの最大の弱点は、建物などの障害物があると受信されづらいと言う点です。

例えば、車での移動中先ほどまで見られていた番組が、高いビルなどに遮られた瞬間に、急にみられなくなったということも実はよくあることなのです。

一方のワンセグは、実はその反対に障害物にも強いといったメリットを持っています。

これは、電波が安定したデータ受信に対応しているためで、フルセグに比べて画質は劣りますが受信しやすいのが特徴です。

電力消費が激しい!

バッテリー
もう1つ、フルセグの弱点を言うと、実はバッテリーの持ちもあまりよくありません。

フルHDのような画質の良い放送は、どうしてもその分バッテリーを消費させてしまうものです。

車などで見る際は、エンジンさえつけておけば良いためさほど電力の消費を考える必要もありませんが、スマホやタブレットなどでフルセグを見る場合には、やや考慮しなければならないポイントとなります。

そのため、スマホやタブレットでのフルセグ視聴の際には、予備のバッテリーを持っておくこともおすすめいたします。

フルセグのチューナーとは?

はてな
さて、フルセグがどんなものなのか分かったとは思います。

ここで、フルセグを見るために必要なチューナーとはどんなものなのか説明していきましょう。

フルセグチューナーの必要性

必要性
さて、みなさんのカーナビやスマホ、タブレットのすべてでフルセグ放送が見られるかと言ったら、そうではありません。

フルセグ放送を見るためには、フルセグ用のチューナーが必要となります。チューナーは、テレビ放送を見るためには欠かせない機器のことで、実は家庭用のテレビにも地デジチューナーやBSチューナーなどが搭載されています。

それと同じように、フルセグを見るにはフルセグチューナーが必要となるわけなのです。もしあなたのカーナビやスマホ、タブレットに内蔵されていればもちろん用意する必要はありませんが、非搭載型であれば外付けのフルセグチューナーがないと、地デジを見ることはできません。

フルセグチューナーの価格帯

価格
フルセグチューナーの価格は、幅が広く安いものなら1万円以内、高いものでも5万円以内で購入できるのが最近の相場となっています。

フルセグチューナーは、カーナビ用とスマホ・タブレット用に分かれますが、カーナビ用のチューナーの中でもメーカーが限定されるものが高くなっているため、一般的なものであれば1万円前後で購入が可能です。

【カーナビ編】フルセグチューナーの人気おすすめランキング5

人気でおすすめのカーナビ用フルセグチューナーを5選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第5位 4×4フルセグチューナー10インチ オンダッシュモニターセット


4×4フルセグチューナー10インチ オンダッシュモニターセットの仕様・製品情報

メーカー Driveworld
重量 モニター重量:約470g、チューナーサイズ記載なし
サイズ モニターサイズ10.2インチ チューナーサイズ記載なし
搭載機能 EPG(電子番組表)、HDMI対応

4×4フルセグチューナー10インチ オンダッシュモニターセットをおすすめする理由

  • モニター付きタイプ!
  • 電子番組表付き!
  • バックカメラと連動機能もあり!

4×4フルセグチューナー10インチ オンダッシュモニターセットの評価とレビュー

ヘッドレスト用モニターが欲しい方におすすめなフルセグチューナー!

カーナビやスマホ、タブレットがなくても移動中にテレビが見たいという方には、モニター付きのフルセグチューナーがおすすめです。

Driveworldの10インチモニター付きのフルセグチューナーがあれば、それがかないます。こちらは、地デジ放送が見れることはもちろんですが、EPG(電子番組表)などの基本的な機能はもちろん兼ね備えてあります。

例えば、後部座席のヘッドレスト用モニターにするのもおすすめです。モニターにはスピーカーも内蔵されていますが、イヤホンを使っても視聴することができます。

お子さんのいるご家庭なら、後部座席用のヘッドレス用モニターとして使うのには最適なアイテムです。

第4位 車載用地上4×4デジタルテレビチューナーKH-FDDT44C


車載用地上4×4デジタルテレビチューナーKH-FDDT44C<の仕様・製品情報

メーカー KAIHOU
重量 約334g
サイズ 140×88×25mm
搭載機能 EPG(電子番組表)、HDMI出力:タイプA

車載用地上4×4デジタルテレビチューナーKH-FDDT44Cをおすすめする理由

  • わかりやすい簡単操作マニュアル付き!
  • 便利な専用リモコン完備!
  • 車載でも目立たないコンパクトサイズ!

車載用地上4×4デジタルテレビチューナーKH-FDDT44C<の評価とレビュー

すぐにカーナビでテレビが見たい方におすすめなフルセグチューナー!

KAIHOUのKH-FDT44Cは、初心者でも安心のかんたん操作マニュアルがついたアイテムです。

初めてカーナビに車載用のフルセグチューナーを使うという人でも、使い方がすぐにわかるのでわりと安心です。

また、取り付けるためのアイテムは一通り揃っているため、とりあえず購入するにはうってつけのアイテムです。

もちろん、足りない部品は自分で用意することになりますが、固定用のネジや、接続用のケーブル等同梱されています。コンパクトサイズなので、割と場所を選ばず設置することができる便利なアイテムです。

第3位 地デジチューナーフルセグチューナーFT44F


地デジチューナーフルセグチューナーFT44Fの仕様・製品情報

メーカー MAXWIN
重量 約1.11kg
サイズ 30.4×20.4×8.5cm
搭載機能 EPG(電子番組表)、HDMI端子付き、ワンセグ自動切替機能、自動チャンネルサーチ機能、エリア自動切替機能、字幕、音声多重放送対応

地デジチューナーフルセグチューナーFT44Fをおすすめする理由

  • コスパがいい!
  • 機能性も十分!
  • HDMI、RCA同時出力もOK!

地デジチューナーフルセグチューナーFT44Fの評価とレビュー

機能性を重視したい方におすすめなフルセグチューナー!

フルセグチューナーを選ぶなら、どうせなら機能性を重視したいという方におすすめなのが、MAXWINのFT44Fです。

電子番組表をはじめとした基本的な機能性はもちろんですが、便利なワンセグとフルセグの自動切替機能や、自動チャンネルサーチ、エリア自動切替機能などが付いている優れものです。

そのため、フルセグの弱点である受信の不安定さを解消してくれるメリットの多いアイテムとなっています。

アンテナもフィルムタイプなので、貼り付けも非常に簡単なのが嬉しいポイントです。

第2位 高精細度HDMI対応車載地上で地チューナーDT4100


高精細度HDMI対応車載地上で地チューナーDT4100の仕様・製品情報

メーカー DW
重量 671g
サイズ 22×16×7.5cm
搭載機能 EPG(電子番組表)、HDMI対応、フルセグ・ワンセグ自動切替機能、自動・手動スキャン機能、字幕表示機能

高精細度HDMI対応車載地上で地チューナーDT4100をおすすめする理由

  • コスパがいい!
  • 高画質画像が楽しめる!
  • 充実の付属品!

高精細度HDMI対応車載地上で地チューナーDT4100の評価とレビュー

信頼できるアイテムをお求めの方におすすめなフルセグチューナー!

ブースター付きのアンテナをお求めの方におすすめなのが、DWの高精細度HDMI対応車載地上で地チューナーDT4100です。

受信状況が割とよいという評価も多いため、外付けチューナーをとりあえず選びたいという方にも割と選びやすい1台となっています。

しかも、機能性も充実しており、県外へのドライブ際にも役立つオートサーチ機能など便利な機能がきちんと揃っているというのもおすすめなポイントです。

電波をキャッチしづらいという難点があるフルセグですが、こちらのアイテムは電波状況によって電波をキャッチしやすいメリットを持つ、ワンセグとの自動切替を行ってくれるため、割と安定してテレビを見ることが可能です。

第1位 アルパイン4×4地上デジタルチューナーTUE-T500


アルパイン4×4地上デジタルチューナーTUE-T500の仕様・製品情報

メーカー アルパイン
重量 1.3kg
サイズ 155×22×125mm
搭載機能 EPG(電子番組表)、フルセグ・ワンセグ自動切替機能、自動サーチ機能

アルパイン4×4地上デジタルチューナーTUE-T500をおすすめする理由

  • 信頼のメーカー品!
  • 目立ちづらいフィルムアンテナ!
  • スッキリ薄型デザイン!

アルパイン4×4地上デジタルチューナーTUE-T500の評価とレビュー

少し高くてもメーカー品を選びたい方におすすめなフルセグチューナー!

カーナビを多く手掛けるメーカー、アルパインからも、実はフルセグチューナーは販売されています。それが、アルパイン4×4地上デジタルチューナーTUE-T500です。

こちらのアイテムは、見た目は薄型のスッキリデザインのアイテムで、車内の狭いスペースでも割と設置がしやすいのがメリットです。

しかも、機能性も十分で、EPG(電子番組表)をはじめ、自動リサーチ機能や、ワンセグとフルセグの自動切り替えなど、ドライブ中のストレスを軽減させてくれるポイントが詰め込まれています。

【PC・スマホ・タブレット編】フルセグチューナーの人気おすすめランキング5

人気でおすすめのPC・スマホ・タブレット用フルセグチューナーを5選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第5位 ピクセラ Windows/Android対応テレビチューナー PIX-DT300


ピクセラ Windows/Android対応テレビチューナー PIX-DT300の仕様・製品情報

メーカー ピクセラ
重量 16g
サイズ 14×14×3.2cm
搭載機能 対応端末:アンドロイド、Windowsパソコンほか、フルセグ・ワンセグ自動切替機能、ながら見機能

ピクセラ Windows/Android対応テレビチューナー PIX-DT300をおすすめする理由

  • ロッドアンテナにも対応!
  • フルセグとワンセグを自動で切り替え!
  • インターネットしながらでも視聴ができる!

ピクセラ Windows/Android対応テレビチューナー PIX-DT300の評価とレビュー

手軽さを求める方におすすめなフルセグチューナー!

アンドロイド派の方におすすめなフルセグチューナーが、ピクセラの Windows/Android対応テレビチューナー PIX-DT300です。

パソコン、スマホ、タブレットと色々な要素の端末に使用ができる便利な一台です。しかも、アンドロイドの専用アプリと連携して使うことで、インターネットをしながらテレビを見るというマルチタスク的な使い方もできる便利な一台です。

外で見る際は、外部アンテナを使用し、家で見る時にはテレビのアンテナケーブルを接続してみることができるため、その場所に応じた最適な視聴方法が選択できます。

第4位 KEIAN薄型コンパクトPC用地デジチューナーKTV-FSMINI


KEIAN薄型コンパクトPC用地デジチューナーKTV-FSMINIの仕様・製品情報

メーカー KEIAN/td>
重量 20g
サイズ 90×28×9mm
搭載機能 対応端末: PC、録画対応、EPG、チャンネルスキャン

KEIAN薄型コンパクトPC用地デジチューナーKTV-FSMINIをおすすめする理由

  • コスパがいい!
  • 録画予約対応!
  • アンテナマーク付き!

KEIAN薄型コンパクトPC用地デジチューナーKTV-FSMINIの評価とレビュー

パソコンでテレビを見たい人におすすめなフルセグチューナー!

パソコンでテレビを見たいという方には、KEIANの薄型コンパクトPC用地デジチューナーKTV-FSMINIがおすすめです。

デスクトップでもノートでもどんなタイプのパソコンにも対応しているため、割と選びやすいのがメリットです。対応は、Windows7/8/10にはなりますが、コンパクトでも持ち運びにも対応しているうえ、1年間のメーカー保証もきちんとついてきます。

価格も安いうえ、アンテナ強度が確認できるアンテナマークや、録画予約対応機能など、機能性も充実しているのでとてもおすすめです。

第3位 SoftBank SELECTIONポケットフルセグSB-TV05-FSBA


SoftBank SELECTIONポケットフルセグSB-TV05-FSBAの仕様・製品情報

メーカー SoftBank SELECTION
重量 約130g/td>
サイズ 72×116mm
搭載機能 対応端末:iphone、ipadほか、録画対応、EPG、ながら見機能、充電対応

SoftBank SELECTIONポケットフルセグSB-TV05-FSBAをおすすめする理由

  • 便利な手のひらサイズ!
  • 受信レベルが確認できる!
  • 嬉しい録画対応!

SoftBank SELECTIONポケットフルセグSB-TV05-FSBAの評価とレビュー

使い勝手で選びたい方におすすめなフルセグチューナー!

スマホで使うにあたり、使い勝手を重視したい方にはSoftBank SELECTIONのポケットフルセグSB-TV05-FSBAがおすすめです。

フルセグチューナーとしても機能性はもちろんですが、充電機能も付属されていることから、移動中の急な電源不足にも対応できる便利さを持ったアイテムです。

本体自体は手のひらサイズのコンパクトなアイテムですので、持ち運びにも便利です。ちなみに、録画にも対応しているため見逃したくない番組があるときにもとても役立つ頼もしい1台です。

第2位 ピクセラ iOS対応モバイルテレビチューナ


ピクセラ iOS対応モバイルテレビチューナの仕様・製品情報

メーカー ピクセラ
重量 記載なし
サイズ 約47.8×31×9.1mm
搭載機能 対応端末:iOS、録画対応、ながら見機能

ピクセラ iOS対応モバイルテレビチューナをおすすめする理由

  • すぐに録れる録画対応機能!
  • 落ち運びしやすいコンパクトサイズ!
  • ブルートゥースイヤホンに対応!

ピクセラ iOS対応モバイルテレビチューナの評価とレビュー

iOSユーザーにおすすめなフルセグチューナー!

Iphoneやipadなどは、Lightning規格のUSBとなるため、なかなか対応するチューナーも少ないのですが、ピクセラのiOS対応モバイルテレビチューナー PIX-DT350NならiOSユーザーでも使用することができておすすめです。

しかも、録画機能やBluetooth機能までついた便利さがポイントでもあります。ちなみにこちらのフルセグチューナーは、iphoneではなかなか珍しいマルチタスク的な使い方にも対応しており、ながら見機能を使えばインターネットをしながらテレビを見ることが可能となっています。

第1位 サイトスティック Mac/windows/Android対応 モバイル


サイトスティック Mac/windows/Android対応 モバイルの仕様・製品情報

メーカー ピクセラ
重量 記載なし
サイズ 約73.9×22.1×10.8mm
搭載機能 対応端末:スマホ(アンドロイド)・PCほか、録画対応、サムネイル付きEPG、音声切替機能、字幕切替機能ほか

サイトスティック Mac/windows/Android対応 モバイルをおすすめする理由

  • 持ち運びしやすい超小型タイプ!
  • 充実の機能性!
  • 屋内でも便利なアンテナケーブル接続可!

サイトスティック Mac/windows/Android対応 モバイルの評価とレビュー

コンパクトさで選びたい方におすすめなフルセグチューナー!

とにかくコンパクトなものを選びたいという方には、ピクセラのXIT-STK100がおすすめです。見た目は完ぺきにUSBメモリですが、こちらはれっきとしたフルセグチューナーなんです。

屋外で視聴する際は、外部アンテナを立てて使い、屋内で視聴する際はアンテナケーブルと接続して使える場所に応じた視聴方法が選択できる魅力あるアイテムです。

しかも、機能性も充実しており、サムネイル表示ができる電子番組表や、録画対応など、使い勝手も非常に良いアイテムとなっています。

まとめ

最近は、テレビよりもインターネットを楽しむ人も増えてきていますが、新しいドラマなどはついつい見逃せないという人もたくさんいます。

しかし、インターネット違い、テレビは後から見るということができないのが難点です。しかし、フルセグチューナーさえあれば、スマホに接続することでいつでもテレビを見ることができるほか、録画対応のものなら録画して後で見ることも可能です。

ぜひ皆さんもこの機会に、フルセグチューナーをチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です