【授乳グッズ】母乳パッドの種類と選び方と人気おすすめ10選

授乳パット

初めての出産準備では何が必要なのか、どのくらい必要なのか、想像がつかないですよね。

私もインターネットや雑誌で必死に色々調べました。

今回はその中でも、母乳パットの必要性と選ぶポイントと人気おすすめ10選をご紹介いたします。これから準備される方の参考に 少しでもしていただけたら幸いです。

母乳パッドとは?

母乳パット 布

お恥ずかしい話、出産をするまで わたしは母乳パッドの存在すら知りませんでした。

母乳パッドとは、いつのまにか母乳が漏れて下着や洋服が濡れてしまっていた!なんて事を防いだり、傷ついた乳頭を下着の摩擦から保護するための便利グッズです。
使い方は 下着の内側に挟んだり、貼って使用します。

現在、種類も多く何を買ったら良いか迷ってしまいますが、主に使い捨てタイプと布タイプがあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、ご自分に合った物を選びましょう。

母乳パッドの必要性

母乳パッドは 基本的には母乳が下着や洋服に沁みるのを防いでくれる物なので、母乳が良く出る人のみが使用するものかと思いきや、それ以外にも使い道はあります。

出産後、私は母乳がなかなか出ませんでした。それでも頻回授乳で乳頭が切れて痛みに耐えながら 必死に授乳をしているとき、毎回授乳後に保護材を塗っていたのですが、それが下着に付いてしまうのがイヤで 試しに母乳パッドを付けてみました。

下着が汚れるのを防いでくれ、それまで下着が擦れるだけで激痛が走っていたのですが、ふんわりと衝撃を和らげてくれました。

次第に母乳が出るようになると、授乳中に反対側のおっぱいからも母乳が出てくるようになったり、また 寝ている間に下着やパジャマがグッショリになってしまった ということもあり、就寝時や長時間授乳できない外出時など、母乳パッドは欠かせない物になりました。

母乳が良く出る方はもちろん、私みたいにあまり出ない方にも強い味方だと思います。

いつから使う?

初めての母乳育児では、なかなかうまくいかない事があります。もちろん初めからたくさん母乳が出る人もいるかと思いますが、私はほとんど出ず、また赤ちゃんの吸い方も上手ではなかったので、軌道に乗るまで随分時間がかかりました。

なので、産院からもらったセットの中に母乳パッドが入っていましたが、私には必要ない と思っていました。

自分が母乳が出るか出ないか、初めての場合 全く分かりません。なので、出産準備では まず少量購入して様子見することをおすすめします。

産後は特に肌がデリケートになっていますので、肌に合う合わないもあるかと思います。
だんだん母乳育児が軌道にのってきてピーク期になると、毎回授乳後に交換するので 結構な消費量になりますが、今はインターネットでも購入できますので 焦らなくても大丈夫です。

いつまで使える?

母乳育児もピーク期を過ぎると、赤ちゃんの吸う力も強くなり 量もたくさん飲んでくれるので、あまり母乳も余らなくなります。

赤ちゃんが1回で飲む量を覚えてその分だけ作られるようになり、おっぱいもパンパンにならなくなるので「あれ?出なくなったかな?」と不安に思うことがあります。ですが、長時間の外出中など しばらく間隔が空くと、さすがにパンパンになり母乳が沁みてきてしまいます。

母乳パッドは基本的には卒乳まで必要かと思いますが、授乳をやめてもすぐには止まらないので、しばらくは必要です。また、何らかの事情で断乳する場合も母乳が出なくなるまで、おっぱいが張らなくなるまでは必要です。

私は満1歳で保育園に子供を預けて仕事に復帰したので、心配でしばらくは母乳パッドを付けて出勤していました。
使い終わりの時期は個人差がありますが、1日たってもパッドが沁みていなかったら、母乳パッドの卒業時期かと思います。

母乳パッドの選び方

選ぶポイントは大きく分けて3あります。

まずは素材!
母乳パッドには使い捨てタイプと布タイプがあります。
それぞれメリットとデメリットがありますので、ご自身のライフスタイルや体質に合った物を選びたいですね。

次に形!
形も真ん丸だったり楕円形だったり円錐形だったり様々です。下着の形に合わせて
はみ出ない物を選んでくださいね。

そして最後に吸収量!
長時間用・多いとき用もありますので、母乳の出方や量によってチョイスしてください。

タイプ別に選ぼう

その中でも布タイプと使い捨てタイプのメリット・デメリットをこれからご説明していきます。

選ぶ参考にしていただけたら と思います。

布タイプ

母乳パット 布

メリットは洗って何回でも使えるので、経済的です。また、素材もオーガニックコットンや天然素材を使用しているのもあり、下着に挟むだけでテープがないので、肌に優しく、肌が敏感な方や化繊やテープなどでカブれてしまう方におすすめです。

デメリットとしては、テープがない分 挟んでいるだけですのでズレたり、授乳の際に落としてしまう事があります。
また、洗い替え用にある程度の枚数が必要なことです。

しめったままのパッドを使用し続けるのは、衛生的に良くないですし カブレの原因になります。外出時には、交換するパッドと使い終わったパッド両方を持ち歩く事になります。

また、洗濯後もよく乾かさないと、カビが生えたり雑菌の温床となってしまう原因になってしまうので、使用後はすぐに マメにお洗濯ができる方におすすえです。

使い捨てタイプ

使い捨てタイプ

1番のメリットはやはり 使い終わった後、お洗濯する必要がないことです。産後の育児は毎日寝不足で、家事をする気力もなくなります。
少しでも洗濯物を減らせるのは大きなメリットですね。

外出時も個包装になっているので 持ち運びに便利ですし、使い終わった後は捨てられるので 汚れたパッドを持ち歩く必要もありません。

また、使い捨てタイプには長時間用や多いとき用など 吸収力が強めの商品もあるので、母乳が多いときは安心ですね。

デメリットは、簡単に使えて捨てられる分 コストがかかることです。ピーク期は消費量も増えますので、赤ちゃんのおむつなどで出費がかさむ時期は痛いですよね。

また、産後の肌が敏感なときはカブレてしまう可能性もあります。最近は肌に優しいものも増えてきましたが やはり紙なので、布よりも カブレやすくなります。

さらにブラの内側にテープで張り付けるので、いつの間にか剥がれて肌にくっついてた!なんてこともあり、テープでかぶれる人も多いようです。

肌に優しいものを選ぼう

肌に優しい

毎日付けるものですので、やはり肌に優しいものが良いですよね。カブレてしまうと、それこそストレスです。

布製パッドの中には、オーガニックコットンや天然素材を使用したものもあります。吸収率は使い捨てタイプや化繊に比べて劣るかもしれませんが肌への優しさは1番です。

限られた期間とはいえ 毎日使うものですので、なるべく吸収率の高い さらりとした使い心地の物を選びたいですね。

ふかふか感や吸収率も大切

ふわふわコットン

頻回授乳で傷ついた乳頭を保護するためにも ふかふか感は重要です。下着だと擦れて痛くても、ふかふかな母乳パッドで包まれていると、それが少しは軽減されます。

また、吸収率も大切です。吸収率があまり良くないと、常に湿っている状態になって衛生的に良くないですし、日中 頻繁に交換ができる時は大丈夫でも、夜間や外出時など 授乳の間隔が空いてしまうといつも使っているパッドでは足りなくなる時があります。

そういう時は長時間用や吸収力が良い物に変えて、臨機応変に使い分けるのもおすすめです。

母乳パッド人気おすすめランキングTop10

人気でおすすめの母乳パッドのTop10を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

フィットアップ プレミアムケア |ピジョン

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 内容量:2枚でワンパック102枚入り
  • 1枚のサイズ:横125mm×縦130mm
  • 表面素材:不織布
  • 吸収剤:吸収ポリマー

フィットアップ プレミアムケア |ピジョンをおすすめする理由

  • 肌触りはダントツでNO.1です。
  • 給水ポリマーでいつでもサラサラです。
  • 立体カップと5本テープでずれにくいです。

フィットアップ プレミアムケア |ピジョンの評価とレビュー

コスパ
(3.0)
肌の優しさ
(4.0)
ふかふか感
(4.0)
吸収率
(5.0)
総合評価
(4.5)

使い捨てタイプの中でふわふわ感NO.1
他の使い捨てタイプの物より内容量が少ないので コスパは良くないですが、なんといってもふわふわ感はダントツでNO.1です。

立体カップと真ん中ふわふわで、肌が弱い方や乳頭が傷ついてしまったママにおすすめです。他の物でカブレてしまった方もこちらだと大丈夫な方も多いようです。

また、全面通気性シートと吸水ポリマーで使い心地も最高です。

フィットアップ |ピジョン

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 内容量:2枚でワンパック126枚入
  • 表面:不織布
  • 吸収剤:吸収ポリマー

フィットアップ |ピジョンをおすすめする理由

  • コスパが良い!
  • 瞬間吸水ポリマーでサラっとした使い心地です。
  • 5本のテープでズレにくいです。

フィットアップ |ピジョンの評価とレビュー

コスパ
(4.0)
肌の優しさ
(3.0)
ふかふか感
(3.0)
吸収率
(4.0)
総合評価
(4.0)

多くのママに選ばれています。
ふわふわ感がプレミアムケアに比べると多少劣りますが、その分 コスパが良いです。

ふかふか感、吸収率、使い心地が平均して良いので、母乳育児が軌道に乗ってきた時期におすすめです。

5本のズレ防止テープと立体カップでしっかりフィットします。

マミーパット ふつうタイプ |ダッコ

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 内容量:2枚でワンパック128枚入
  • 表面:不織布
  • 吸収剤:高分子吸収ポリマー,ポリエチレン

マミーパット ふつうタイプ |ダッコをおすすめする理由

  • 産院使用率NO.1です。
  • サイドカットでブラからはみ出しずらいです。
  • 全面通気シートでサラサラの使い心地です。

マミーパット ふつうタイプ |ダッコの評価とレビュー

コスパ
(4.0)
肌の優しさ
(3.0)
ふかふか感
(3.0)
吸収率
(4.0)
総合評価
(1.0)

助産師さんとママの声から生まれた商品です。
ダッコは産院セットのシェアNO.1です。他の商品と大きく違うところは、ブラからはみ出ないようにサイドカットされている形です。

小さな事ですが、この心遣いが嬉しいですね。

母乳を吸収した後の液戻り量を減らす工夫がされており、使い心地サラサラです。また、全面通気性のあるバックシートを採用しているのでパッドに含まれた母乳の湿気を逃がしてムレにくくしてくれるのでカブレにくいです。

いちばんやさしい 母乳パッド |ムーニー

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 内容量:68枚入
  • 表面:不織布
  • 吸収剤:吸収ポリマー

いちばんやさしい 母乳パッド |ムーニーをおすすめする理由

  • 1枚ずつの個包装なので、片方ずつ取り替えられます。
  • 8本のロングテープでずれにくいです。
  • サラサラな使い心地です。

いちばんやさしい 母乳パッド |ムーニーの評価とレビュー

コスパ
(4.0)
肌の優しさ
(3.0)
ふかふか感
(3.5)
吸収率
(4.0)
総合評価
(4.5)

さすが紙おむつメーカー!
キレイ吸収シートと全面通気でずっとサラサラな使い心地です。母乳の逆戻りも少なく、蒸れにくい点はさすがのおむつメーカーです。

また、1個ずつの個包装なので 左右で母乳の出方が違う人も使いやすいです。

小さ目なパックなので、お試しにおすすめです。

母乳パッド |Fancathy

  • タイプ:布タイプ
  • 内容量:10枚入
  • 材質:天然竹繊維

母乳パッド |Fancathyをおすすめする理由

  • 洗って何回でも使えて経済的です。
  • 下着に挟むだけなので簡単です。
  • 肌にもやさしくふわふわです。

母乳パッド |Fancathyの評価とレビュー

コスパ
(5.0)
肌の優しさ
(5.0)
ふかふか感
(5.0)
[value 4.5 end]総合評価
(1.0)

竹繊維でできている布パッドです。

吸収力は使い捨てタイプに比べると若干劣りますが、天然のエコ綿は、通常の綿やリネン繊維よりも柔らかく使い心地がとても良いです。

お洗濯も簡単なので何度でも洗って使え、経済的です。

使い捨てタイプの不織布ではカブレてしまう方におすすめです。

母乳パッド|ALoveSoul

  • タイプ:布タイプ
  • 内容量:12枚入
  • 材質:竹繊維

母乳パッド|ALoveSoulをおすすめする理由

  • カラフルなパッドで気分が上がります!
  • 円錐形で体にフィットします。
  • このお値段で収納ポーチと洗濯ネットが付いてきてコスパ最高です。

母乳パッド|ALoveSoulの評価とレビュー

コスパ
(5.0)
肌の優しさ
(5.0)
ふかふか感
(5.0)
吸収率
(3.5)
総合評価
(4.5)

コスパ最高です。
直径12cmの円錐形で乳首をやさしく包み込む竹繊維の布パッドです。

6色のパッドと収納用のポーチ、洗濯ネットまで付いてこのお値段はお得です。

吸収率は使い捨てに劣りますが、母乳の量が落ち着いてきた時期におすすめです。
何度でも洗って使えて経済的です。

サラッと超吸収 |ピジョン

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 内容量:60枚入
  • 表面:不織布
  • 吸収剤:吸水ポリマー

サラッと超吸収 |ピジョンをおすすめする理由

  • 吸収率が良いので長時間用におすすめです。
  • 薄型パッドでゴワゴワしません。
  • いつまでもサラサラの使い心地です。

サラッと超吸収 |ピジョンの評価とレビュー

コスパ
(4.0)
肌の優しさ
(3.0)
ふかふか感
(3.0)
吸収率
(5.0)
総合評価
(4.0)

長時間用・夜用・多い人にオススメです
通常品よりも吸収量が20%アップで薄いのに母乳をしっかり吸収します。

青色シートが吸収力を持続するので表面のサラサラをキープし、ポリマーは逆戻りを防ぎますので いつまでもサラサラの使い心地です。

少量パックで個包装なのでお試しに良いと思います。

マミーパット 多めタイプ |ダッコ

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 内容量:2枚でワンパック64枚入
  • 表面:不織布
  • 吸収剤:高分子吸収ポリマー、ポリエチレン

マミーパット 多めタイプ |ダッコをおすすめする理由

  • 吸収率が良いので長時間・夜用にオススメです。
  • サイドカット型でブラにフィットします。
  • ふんわりサラサラの肌触りです。

マミーパット 多めタイプの評価とレビュー

コスパ
(4.0)
肌の優しさ
(3.0)
ふかふか感
(3.0)
吸収率
(5.0)
総合評価
(4.0)

長時間替えられない時用にオススメです。
通常品の約1.5倍の吸収量があるので、外出用・夜用・多い人におすすめです。

助産師さんとママの声から生まれた商品なので、ふんわりやわらかでママに優しいです。

全面通気でサラサラで蒸れにくです。
少量パックなので、お試しにおすすめです。

素肌感覚のつけごこち|チュチュベビー

  • タイプ:使い捨てタイプ
  • 内容量:130枚入
  • 表面:複合不織布
  • 吸収剤:高吸水性ポリマー・パルプ

素肌感覚のつけごこち|チュチュベビーをおすすめする理由

  • とくかくコスパが良いです。
  • とてもコンパクトなので持ち運びに便利です。
  • 立体カップと5本のテープでずれにくいです。

素肌感覚のつけごこち|チュチュベビーの評価とレビュー

コスパ
(4.5)
肌の優しさ
(2.5)
ふかふか感
(3.0)
吸収率
(4.0)
総合評価
(3.5)

コスパ重視の方にオススメです。
コスパが良いので、気にせずどんどん取り替えられて清潔です。

また、コンパクトな個包装なので、外出時など持ち歩きに便利です。

肌触りに特化した商品と比べるとふわふわ感は多少劣りますが、立体プリーツ加工が優しく体にフィットします。

布製母乳パッド |ALVABABY

  • タイプ:布タイプ
  • 内容量:8枚入
  • 材質:竹繊維

布製母乳パッド |ALVABABYをおすすめする理由

  • 布製なので肌ざわりが良いです。
  • 付属のパットバックがかわいいです。
  • 何度でも洗って使用でき経済的です。

布製母乳パッド |ALVABABYの評価とレビュー

コスパ
(5.0)
肌の優しさ
(4.5)
ふかふか感
(3.5)
吸収率
(4.0)
総合評価
(4.0)

防水布付きで安心です。
3層構造 外層(防水プル100%のポリエステル)+ 中層(極細繊維)+ 裏層(超吸収竹80%バンブーレーヨン、20%のポリエステル)なので、漏れにも安心です。

優しい3色カラーと付属のポーチがかわいいので、気分が上がります。

パットの吸収性を妨げるため液体柔軟剤の使用は禁止ですが、何度でも洗って使用できるので経済的です。

まとめ

それぞれにメリット・デメリットがありますので、その時々に合わせて種類を変えてみたり
使い捨てタイプと布タイプの併用、なんて使い方もあります。

個人的には、出産直後はプレミアムタイプ→夜間は多めタイプ→乳頭が落ち着いてきたら、コスパ重視で使い捨ての通常タイプと布タイプの併用→最後は布タイプのみ
なんて贅沢な使い方がおすすめです。

みなさんもご自分のお気に入りの母乳パッドを見つけて、快適な母乳育児をお過ごしください!

合わせて読みたい!!

授乳クッション【授乳が楽に!】授乳クッションの選び方と人気おすすめランキング10 粉ミルク【最強はどれだ?】粉ミルクの選び方とを人気おすすめ10選をランキング形式にてご紹介 授乳ケープの選び方と人気おすすめランキング10 |ポンチョ・エプロン・ストールタイプも紹介! トレーニングパンツ【最強はどれ?】赤ちゃん用トレーニングパンツの選び方と人気おすすめランキング10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です