ファンルームってどんなおもちゃ?作り方やコツは?作品例までご紹介!

ファンルーム

オシャレは何歳になっても楽しいものですよね。

最近では小学生の頃からアクセサリーに興味を持つ子も増えてきています。

そんな中、自分でオリジナルのアクセサリーを作ることができるというファンルームが話題となっています。

そこで今回は、ファンルームはどうやって遊ぶのか、作り方や使い方はどうなのかということについてご紹介します。

販売されているアクセサリーだけではなく、自分で作ってみたいという方はもちろん、これからアクセサリーでオシャレを楽しみたい方は是非ともチェックしてみてください。

ファンルームとは?遊び方は?

そもそもファンルームとはどのようなものなのでしょうか?

実はこれはシリコンゴムを自由自在に編んでいくことで、オリジナルのブレスレットやアクセサリーを作ることができるというものです。

非常に簡単にできるものもあるので、初心者の方でも十分に楽しむことができます。

もちろん慣れてくればくるほど、よりオシャレなアクセサリーも作ることができるので、飽きずにずっと遊び続けることができます!

対象年齢は6歳からとなっていますが、いきなり1人でやるのは難しいので、最初のうちは保護者の方と一緒にやってあげると良いでしょう。

アクセサリーなどに興味を持ち始めた方や、自分のオリジナルのアクセサリーを作りたい!という方にぴったりです。

もちろん色合いによっては大人っぽいものも作れるので、保護者の方が作ってもOKです!

ファンルームの作り方やコツは?

ファンルームは簡単にアクセサリーが作れるとなっていますが、いきなり難しいものを作ろうとするとうまくいきません。

なのでまずはシンプルなものから作るのが鉄則です。後述いたしますが、まず最初に作成するとしたら「シングルブレスレット」がおすすめです。

用意するものは、本体とフックとクリップと2種類のシリコンバンドです。

作り方の基本をまとめると

  • STEP.1
    手順1
    スタート地点から右上にバンドをかけ、かけたところから今度は違う色のバンドを左上にかけるというのを繰り返す(1つバンドを残す)
  • STEP.2
    手順2
    本体を反対に向けて、今度はフックを使ってバンドを編み込んでいきます。
  • STEP.3
    手順3
    先端に残しておいたバンドをかけ、クリップを止めて本体から外して完成です。

コツはとにかく確実に1つずつ丁寧にやることです。

慣れてくるとついつい流れでやってしまいがちですが、そうすると間違えてしまったりして二度手間になります。

確実に丁寧に作ることを常に意識しましょう。

フェルティミシンの作品例

シングルブレスレット編

  • 初心者向け
  • 作業時間約10分

ダブルループブレスレット編

  • 中心者向け
  • 作業時間約20分

フラワーブレスレット編

  • 上心者向け
  • 作業時間約30分

この記事で紹介したおもちゃ

まとめ

ファンルームは子ども向けのものとなっていますが、自分でオリジナルのアクセサリーが作れるということで、大人でもついつい夢中になってしまいそうです。

作り方は一見すると難しそうですが、慣れてくると色々なものが作れるようになります。

また、初心者はもちろん、上級者向けの作品も多数あるのでずっと遊べそうですね。

アクセサリーに興味を持った方や、オリジナルのアクセサリーを作りたい方は是非チェックしてみてくださいね。

合わせて読みたい!!

アクアビーズアートアクアビーズアートの作り方やコツを教えちゃいます!!プリキュアやミニオンやディズニーの図案も!! パーラービーズパーラービーズの作り方とコツわかりやすく解説【ディズニーやミニオンの図案も】 メイキングトイ【種類別に紹介】メイキングトイの選び方と人気おすすめ10選 ローラースケート【子供用と大人用】ローラースケートの人気おすすめ10選 |種類やおすすめメーカー3選も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です