スマートフォン用キーボードの人気おすすめ10選|androidやiphoneに!

キーボード

文字入力を素早く行う上で欠かせないキーボード。

以前はパソコン用としてのイメージが強い物でしたが、SNSの普及に伴い、スマートフォン用のキーボードが発売される等、近年、注目のアイテムの一つとなっていますね!

今回は、そんなスマートフォン用キーボードの基本情報から選び方、おすすめの商品紹介までスマホ用キーボード関連の情報をお届けさせていただきましょう!

また、モバイルキーボードに関する記事もおすすめです!
キーボード【小型で軽量!】モバイルキーボードの選び方と人気おすすめランキング10選

スマートフォン用キーボードの基本情報

スマホ用キーボードの基本情報として押さえておきたいのは概要と必要性。
普通のキーボードでも接続可能なのかどうか。価格帯等ですね!順に紹介させていただきます。

  • そもそもスマートフォン用キーボードとは?
  • スマートフォン用キーボードの必要性
  • 普通のキーボードでも接続できるの?方法は?
  • スマートフォン用キーボードの価格帯

そもそもスマートフォン用キーボードとは?

はてな

まずはスマートフォン用キーボードと普通のキーボードの違いについて。主な部分ではワイヤレスタイプが大半であることが挙げられます。

一般的なキーボードが有線タイプ・無線タイプに分類されているのとは異なり、スマホ用キーボードは基本、無線タイプ。言い換えれば、ワイヤレスが主流であるため、有線接続可能な物が大半であるPCのキーボードと違い、バッテリーの残量等を注意しておく必要がありますね。

このようにバッテリーの面に注意が必要ではあるものの、ビジネスでの利用も視野に入れている方や長文を打ち込むことが多い人など。文字入力の機会が多い人にはおすすめできるのではないでしょうか?

スマートフォン用キーボードの必要性

キーボード

次はスマートフォン用キーボードの必要性について。必要性という意味では無くてはならないというほどではありません。ただ、持っておくことで操作性・文字入力速度の向上が見込めるのも事実。仕事にスマホを用いる方や文字入力を頻繁に行う人。例えば、ブログを公開している方などは作業効率の向上という点で必要性が増してきます。

その他、タッチではどうしてもline等のやり取りが遅くなってしまうという方にもおすすめですね!現状、文字入力にキーボード以上の操作性があるデバイスは存在していませんから、操作性に不満があるならば導入を検討してみてもいいのではないかと思います。

普通のキーボードでも接続できるの?方法は?

はてな

次に普通のキーボードをスマホで接続し、利用することは可能なのか?について。結論から言うと接続自体はできます。手順は以下の通り。

    android
    1、「MicoroBオス」を「Aメス」に変換するアダプタを用意する(数百円程度)
    2、変換アダプタを使い、接続する
    iPhone
    1、LightningコネクタをUSBに変換するアダプタを用意する
    2、変換アダプタを使い、接続する

このように接続自体は簡単ですが、問題点も存在しており、androidの場合は充電用の端子を塞いでしまうため、使っている間は携帯端末の方の充電ができないこと。

iPhoneの場合だと「US配列」の場合は問題なく使えるのですが、「JIS配列」のケースでは配列の違いから思うように使えなくなってしまいます。

一応、使うことはできるのですが、できるなら以前から使っていたものを使うよりもスマホ用のキーボードを改めて購入したほうがいいのではないでしょうか?

スマートフォン用キーボードの価格帯

価格

次はスマートフォン用キーボードの価格帯について。おおよそですが、安いもので1200円程度。高いものだと25000円を超えてくるものまで販売中。

ただ、4000~6000円程でも十分な性能の物がありますので、一応の目安としてはその辺りを見ておくといいでしょう。もちろん、こだわりがある方は高級モデルの購入も視野に入れていいかと思います。

スマートフォン用キーボードの選び方

スマートフォン用キーボードの選び方で押さえておくべきポイントは対応デバイスの確認と折りたたみ式。Bluetoothや駆動時間についてでしょうか。順に説明させていただきます。

まずは、対応デバイスを確認しよう!

チェック

まずは対応デバイスの確認。これは非常に重要な部分。キーボードというと大抵の物は接続すれば使えるようになっていますが、スマホに限ってはデバイス。つまり、対応OSを確認しておく必要性が生じます。

androidやiPhone(iOS)等。OSを確認しておかないと購入後、いざ使ってみた時に文字が一致しなかったり、最悪の場合は反応すらしないことも!そうした事態を避ける上でも必ず、購入前に見ておくべき項目ですね!

持ち運ぶなら折りたたみ式がおすすめ!

折りたたみ

折りたたみ式の主な特徴は折りたたむことにより、コンパクトにして持ち運ぶことが可能な点。キーボードは横に幅を取ってしまうことから、持ち運びに適していないアイテムの一つ。なので、据え置き機として使うつもりなら別としても持ち歩きを前提にするのであれば、折りたたみ式がベストですね!

サイズの小ささから操作性に若干の不安があるのも事実ですが、選ぶ基準として携帯性を重視する方にはおすすめできるタイプと言っていいでしょう!

Bluetoothに対応しているものがおすすめ!

bluetooth

Bluetoothに対応しているものがおすすめな理由は汎用性です。最近のはほとんどがBluetoothに対応している関係上、様々なデバイスで活用可能。例えば、PCやタブレットでも使えますし、当然、スマホでも使うことが可能ですから、キーボード一台で使いまわすこともできるわけですね!

このように使い方に幅が出るのがBluetoothの最大のウリ!スマホ専用のを探すのもいいですが、幅広く使いたいならBluetoothがおすすめになるかと思います。

最後に駆動時間もチェック!

パソコン 起動時間

最後は駆動時間について。先程も少し触れましたが、スマホ用キーボードは基本、Bluetoothを中心にしたワイヤレスタイプなので、バッテリーにも注意しなくてはいけません。とはいえ、通常、「どのくらいの駆動時間なのか?」、「長いタイプだとどのくらいなのか?」も気になるところ。

商品にもよるので正確なところは出せませんが通常は30時間程度。長いモデルなら最大で80時間連続使用可能な物も!ただ、60時間あれば十分すごいと言っていいレベルかと思います。なので、一般的には30時間~60時間。バッテリーを気にしたくなければ80時間モデルに踏み切るのもアリではないでしょうか?

スマートフォン用キーボードの人気おすすめランキング10

人気でおすすめのスマートフォン用キーボードを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第1位 iClever 折り畳みワイヤレスキーボード IC-BK06


iClever 折り畳みワイヤレスキーボード IC-BK06の仕様・製品情報

メーカー iClever
対応デバイス Android/iOS/Windows
サイズ 15.7×10.4×0.5 cm
重量 135g
搭載機能 折りたたみ式/3台デバイス同時接続可能/防水/防塵/スマホスタンド/バッテリー持続時間:40時間/レザーカバー/充電式

iClever 折り畳みワイヤレスキーボード IC-BK06をおすすめする理由

  • 非常に軽く、携帯性に優れる!
  • 保証期間有り!
  • 全体的なバランスの良さ!

iClever 折り畳みワイヤレスキーボード IC-BK06の評価とレビュー

全体的なバランスの良さと優れた携帯性が特徴のキーボード!

本製品の特徴はわずか135gの軽量設計による優れた携帯性と全体的な品質の良さにあります。軽いだけでなく、折りたたむことができるので持ち運ぶ際にかさばることもありませんし、防水・防塵仕様。耐久性も折りたたみ式としては中々のレベル!バッテリー持続時間も水準以上となっており、全体的なバランスの良さが光りますね!

また、18ヶ月の保証期間があるのも安心できる要素の一つと言えるのではないでしょうか?品質の良い折りたたみ式のキーボードをお探しの方。必見ですよ!

第2位 iClever Bluetooth 折りたたみキーボード IC-BK03


iClever Bluetooth 折りたたみキーボード IC-BK03の仕様・製品情報

メーカー iClever
対応デバイス Windows,Android,iOS,Mac
サイズ 19.6×15.4×3.2cm
重量 185g
搭載機能 アルミ合金/折りたたみ式/保護ケース(スタンド利用可)/バッテリー持続時間:60時間/アイソレーション設計

iClever Bluetooth 折りたたみキーボード IC-BK03をおすすめする理由

  • 優れた耐久性を持つアルミ合金製!
  • 十分なバッテリー持続時間!
  • 操作性の良さ!

iClever Bluetooth 折りたたみキーボード IC-BK03の評価とレビュー

優れた耐久性と十分なバッテリー持続時間が特徴の一品!

本製品の特徴は優れた耐久性と十分なバッテリー持続時間にあります。アルミ合金を使用したボディーは高い耐久性を備え、バッテリー持続時間も60時間と十分な仕様。さらに折りたたみながら、操作性も口コミで高い評価を受けており、実用性に優れている点も見逃せません!

アイソレーション設計を採用し、小型のキーボードにありがちな複数キーの同時押しなどのタイプミスを抑制している点も評価ポイントになるかと思います。以上のことから、携帯性と耐久性を併せ持つキーボードをお求めの方向けの商品と言えますね!

第3位 JTTオンライン限定商品 iPad&iPhone 用 マルチキーボード Bookey Plus


JTTオンライン限定商品 iPad&iPhone 用 マルチキーボード Bookey Plusの仕様・製品情報

メーカー JTTオンライン限定商品
対応デバイス iPad/iPhone
サイズ 26×1.3×13.6cm
重量 222g
搭載機能 特殊キー(16個)/スタンド付き/USB充電可/キー配列 :英語配列/バッテリー持続時間:100時間

JTTオンライン限定商品 iPad&iPhone 用 マルチキーボード Bookey Plusをおすすめする理由

  • iPhoneとの相性の良さ!
  • 特殊キー搭載で使いやすさがUP!
  • 入力しやすさにこだわった設計!

JTTオンライン限定商品 iPad&iPhone 用 マルチキーボード Bookey Plusの評価とレビュー

iPhoneとの相性の良さが最大のウリ!操作性へのこだわりも光る一品!

本製品の特徴はiPhoneとの相性の良さ!この点に尽きます。androidに対応していないのはマイナス要素ですが、その分、誤動作や動作不良といった部分に悩まされないのは嬉しいところですし、音量や明るさ調整などをボタン一つで行える特殊キーの採用。キーサイズやキーの間隔等。操作性にこだわった仕様もGOOD!

よって、iPhoneをお持ちの方で本キーボードに対応しているなら、こちらの商品がおすすめですね!

第4位 Jelly Comb Bluetoothキーボード 折りたたみ式 JC-02KB


Jelly Comb Bluetoothキーボード 折りたたみ式 JC-02KBの仕様・製品情報

メーカー Jelly Comb
対応デバイス iOS/Android/Windows
サイズ 16 x 9.5 x 1.2cm
重量 140g
搭載機能 折りたたみ式/マルチペアリング機能/エルゴノミクス/マグネット付き/360℃回転可/パンタグラフ方式/バッテリー持続時間:40時間

Jelly Comb Bluetoothキーボード 折りたたみ式 JC-02KBをおすすめする理由

  • 優れたペアリング機能!
  • エルゴノミクス設計で疲れにくい!
  • 省エネ仕様!

Jelly Comb Bluetoothキーボード 折りたたみ式 JC-02KBの評価とレビュー

優れたペアリング機能と疲れにくい設計が特徴のキーボード!

本製品の特徴は人間工学に基づいた設計を採用することで長時間のタイピングでも疲れにくくなっていることと優れたペアリング機能にあります。キーボードにおいて疲れにくいかどうかというのは重要な要素の一つですし、一度、接続したデバイスは以後、自動で接続されるため、使うたびに接続が必要といった手間がありません!

さらに開けると電源がONになり、閉めるとOFFになる仕様なので電源の消し忘れの心配も不要。無駄な消耗を避けられるのも嬉しいポイントではないでしょうか?以上のことから、長時間タイピングを行うような方向けの商品と言えますね!

第5位 マイクロソフト Universal Foldable Keyboard GU5-00014


マイクロソフト Universal Foldable Keyboard GU5-00014の仕様・製品情報

メーカー マイクロソフト
対応デバイス Android/iOS/Windows
サイズ 29.5 x 12.5 x 1.1 cm
重量 180 g
搭載機能 折りたたみ式/防滴/複数ペアリング可(2台まで)/Bluetooth 4.0

マイクロソフト Universal Foldable Keyboard GU5-00014をおすすめする理由

  • 打鍵感のあるキーボード!
  • 防滴仕様!
  • 携帯性に優れる!

マイクロソフト Universal Foldable Keyboard GU5-00014の評価とレビュー

トータルでの性能に優れた高級仕様のキーボード!

本製品の特徴はトータルでの性能の高さにあります。キーボードで重要となる操作性に優れ、外出先でも安心して使える防滴仕様。さらには薄型で折りたたむことができ、180gという軽さも持ち運びに適していますね!

操作性に安全性。携帯性というスマホ用キーボードに求められる要素を一通り備えていることもさることながら、特に操作性に関しての口コミ評価が高い点も見逃せません!値段の高さがネックではあるものの、予算に余裕があるなら、十分選択肢に入ってくる商品の一つではないでしょうか?

第6位 ロジクール K380 マルチデバイス Bluetooth キーボード


ロジクール K380 マルチデバイス Bluetooth キーボードの仕様・製品情報

メーカー Logicool(ロジクール)
対応デバイス Android/Chrome OS/iOS/Mac/Windows
サイズ 27.9 x 12.4 x 1.6 cm
重量 423g
搭載機能 同時接続可能(3台まで)/乾電池式/丸形キー/省エネ仕様

ロジクール K380 マルチデバイス Bluetooth キーボードをおすすめする理由

  • 独特な丸形キー採用モデル!
  • 乾電池式!
  • 簡単操作でデバイス変更可能!

ロジクール K380 マルチデバイス Bluetooth キーボードの評価とレビュー

独特な丸形キーと省エネ仕様が特徴のキーボード!

本製品の特徴は独特な丸形キーの採用と省エネ仕様の2つ。独特な丸形キーはボタン一つ一つを認識しながら押すことができるため、タイプミス軽減に繋がります。慣れは必要ですが、工夫された作りと言えますね!

また、バッテリーは乾電池タイプとなっており、最長で2年間使える持ちの良さ!もし、外出先でバッテリー切れになっても即座に取り替えて使えるのはメリットとして挙げられるでしょう!

ボタン一つでデバイスを変更できる点も複数のデバイスで使用するならプラス要素に!よって、タイプミスが気になる方や複数のデバイスで使用したい方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

第7位 オウルテック Bluetooth 折りたたみ式キーボード OWL-BTKB7801-WHSIAMZ


オウルテック Bluetooth 折りたたみ式キーボード OWL-BTKB7801-WHSIAMZの仕様・製品情報

メーカー オウルテック
対応デバイス windows/iOS/Android
サイズ 21.7 x 15.6 x 3.2 cm
重量 590 g
搭載機能 折りたたみ式/自動電源ON・OFF/キー配列:英語/バッテリー持続時間:84時間

オウルテック Bluetooth 折りたたみ式キーボード OWL-BTKB7801-WHSIAMZをおすすめする理由

  • バッテリーの持ちの良さ!
  • スタンドとしても使える保護ケース付き!
  • 優れた耐久性!

オウルテック Bluetooth 折りたたみ式キーボード OWL-BTKB7801-WHSIAMZの評価とレビュー

バッテリーの持ちの良さと耐久性が特徴の一品!

本製品の特徴はバッテリーの持ちの良さと優れた耐久性の2点。80時間を超える持続時間は持ち歩く上で十分な容量と言えますし、開閉時に自動でON・OFFになる仕様も無駄がなくていいですね!

また、強度の方に目を向けるとABSやアルミ二ウム合金を使用する等。衝撃に強い素材を採用したことにより、一定以上の耐久性を備えることに成功!加えて、スタンドとしても使える保護ケースが付いているのも嬉しいところ。

以上のことから、十分なバッテリー容量を備えたモデルや耐久性に優れたキーボードをお求めの方におすすめしたい商品の一つです!

第8位 エレコム ワイヤレスキーボード TK-FLP01BK


エレコム ワイヤレスキーボード TK-FLP01BKの仕様・製品情報

メーカー エレコム
対応デバイス Windows/Android/iOS
サイズ 9.2 x 29.1 x 0.1 cm
重量 299 g
搭載機能 折りたたみ式/マルチペアリング/パンタグラフ方式/アイソレーション設計

エレコム ワイヤレスキーボード TK-FLP01BKをおすすめする理由

  • 十分なキーピッチ!
  • 価格の安さ!
  • タイプ音が静か!

エレコム ワイヤレスキーボード TK-FLP01BKの評価とレビュー

十分なキーピッチと静音設計が特徴のキーボード!

本製品の特徴は十分なキーピッチと静音設計にあります。キーピッチとはボタンとボタンの間の広さ。つまりは間隔のことですが、一般的なキーボードに近い感覚を取っているのでタイプミスが少なくなる点はGOOD!一方でボタンの小ささが気になるという声もあるため、その辺りはマイナス要素に。

ただ、価格の安さは購入する側にとっては嬉しい部分ですし、ノートパソコンと同様のキータイプなので比較的、タイプ音が静かなことは外出先で使うのを想定すると評価ポイントの一つとして挙げられるのではないでしょうか?よって、価格の安さで選ぶならこちらの商品がおすすめですね!

第9位 ロジクール K480 マルチデバイス Bluetooth キーボード


ロジクール K480 マルチデバイス Bluetooth キーボードの仕様・製品情報

メーカー Logicool(ロジクール)
対応デバイス Android/Chrome OS/iOS/Mac/Windows
サイズ 29.9 x 19.5 x 2 cm
重量 816 g
搭載機能 デバイス切り替え用ダイヤル/スタンド/ショートカットキー

ロジクール K480 マルチデバイス Bluetooth キーボードをおすすめする理由

  • 電池寿命が長い!
  • 2年間の無償保証付き!
  • 複数台を同時に使うのに適した仕様!

ロジクール K480 マルチデバイス Bluetooth キーボードの評価とレビュー

スマホだけでなく、PCやタブレットにも使いたい方向けのキーボード!

本製品の特徴は電池寿命の長さと複数台のデバイスを同時に使うのに適した仕様にあります。電池寿命は使用環境にもよりますが、最大で2年間使うことができますし、3台まで同時接続が可能であること。切り替えもダイヤルを回すだけという簡単さ!

加えて、キーボード部分には溝が設置されており、最適な角度でデバイスを閲覧・操作できる点も評価ポイントに挙げられるのではないでしょうか?さらに2年間の保証が付いているのもGOOD!重さがあるため、持ち運びにこそ適していないものの、主に自宅での利用を考えられている方にはおすすめできる商品ではないかと思います。

第10位 Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード


Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの仕様・製品情報

メーカー Anker
対応デバイス iOS/Android/Mac/Windows
サイズ 28.4 x 12.2 x 1.85 cm
重量 200g
搭載機能 静音設計/電池式/バッテリー持続時間:3か月(一日2時間利用の場合)/

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードをおすすめする理由

  • Amazonベストセラー1位獲得商品!
  • コスパの良さ!
  • 持ち歩きに配慮された作り!

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの評価とレビュー

ベストセラー1位の品質と持ち歩きに配慮された作りが特徴の一品!

本製品の特徴はベストセラー1位を獲得したこともある品質の良さと持ち歩きに配慮された作りの2点。さすがに高級仕様の物と比較はできませんが、価格の安さを踏まえると十分な品質と言えますし、その意味でコスパの良さも光ります。

加えて、乾電池式であるため、外出先でバッテリー切れになっても対応しやすいこと。静音設計のおかげで周囲に迷惑がかかりにくい点も評価ポイントに挙げられますね!折りたたみ式に比べ、携帯性で劣る部分はあるものの、それ以外は水準以上の性能と言っていいでしょう。よって、コスパが良く、安価なキーボードをお探しの方。必見ですよ!

まとめ

以上、スマホ用キーボードについてでした。本文中でも紹介しましたが、スマホ用キーボードで重要になるのは自分の持っているスマホ(OS)にキーボードが対応しているかどうか。この点は必ず確認しておくようにしてください!

パソコンのキーボードを選ぶ感覚で購入すると痛い目を見るケースも多いですから、購入する前に確認するクセを付けておくといいでしょう。その辺りに注意しつつ、自分に合ったキーボードを探してみていただければと思います。

合わせて読みたい!!

ワイヤレス テンキー【最新版】ワイヤレステンキーの選び方と人気おすすめ10選! モバイルバッテリー【大容量or最軽量?】モバイルバッテリーの選び方と人気おすすめランキング10 モバイルモニターモバイルモニターの選び方と人気おすすめランキング10 | PS4用、4K対応モデルなど幅広くご紹介! モバイルディスプレイ【2019年最新版】モバイルディスプレイの選び方と人気おすすめ10選 |格安から4K対応まで幅広くご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です