【2020年最新版】自作PC電源ユニットの選び方とおすすめ人気ランキングTOP10

【2020年最新版】自作PC電源ユニットの選び方とおすすめ人気ランキングTOP10

パソコンを自作する際に欠かせないのが「電源ユニット」

電源ユニットはパソコンの心臓部とも呼ばれているぐらい重要な箇所なので、確かな性能のものを選ぶ必要があります。

しかし、種類が豊富なこともあり、どれを選んだらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、自作PC電源ユニットの価格帯や種類、選び方に人気おすすめ10選等、自作PC電源ユニット関連の情報をお届けさせていただきましょう!

また、ノートパソコン用外付けグラボに関する記事もおすすめです!
GPUノートパソコン用外付けグラボの選び方と人気ランキング10選【2020年最新版】

自作PC電源ユニットの価格帯

価格帯

自作PC電源ユニットの価格帯としては3,836円~44,309円の間となります。

ですので、安いものをお探しの方は4,000円前後の自作PC電源ユニットを探してみるのが良いでしょう。

一般的には7,000円前後のものが人気です。

ご自身の予算に合わせて最適な自作PC電源ユニットを探してみてくださいね!

自作PC電源ユニットの種類

ここでは自作PC電源ユニットの種類をご紹介します。この記事では

  • ATX
  • EPS
  • SFX
  • FlexATX
  • TFX

の5つについてご紹介します。

種類1.ATX

ATX

ATXは約99%のPCで使用されている電源ユニットで最も一般的なタイプになります。

製品数が多く、価格が安いものや大容量モデルに静音モデル等、用途に合わせて選べるのが強みであり、メリットですね。

ただ、本体サイズの奥行きに関する決まりがないため、奥行きがメーカーごとにバラバラなのはデメリットに入ってしまうでしょう。

以上の特徴を踏まえると種類の豊富さで選びたい方向けと言えるのではないでしょうか?

種類2.EPS

種類2.EPS

EPSはATXよりも高出力の電力を供給できるのが主なメリットとして挙げられます。

複数のCPUや高性能のグラフィックボードを搭載したPCを自作する時など、多くの電力を必要とするケースや高度な処理を行う場合はこちらがおすすめですね。

デメリットは価格の高さでしょうか。

ATXの上位グレードに当たるタイプなのでどうしても価格は高くなる傾向があり、その点はマイナス要素になってしまうでしょう。

以上の特徴を踏まえると電力を多く消費するPC向けと言えるかと思います。

種類3.SFX

種類3.SFX

SFXは小型PC用のMicroATX規格に準じた電源ユニットの通称。
主なメリットは省スペース化が図れることでしょう。

デメリットは電力容量の低さですね。

電力供給が不足するとCPU等の性能が十分に発揮されなくなるため、この点はデメリットとなってしまいます。

ただ、近年、出力を向上したモデルが販売されるようになったことで問題点が解消されてきていることは良い傾向と言えるのではないでしょうか?

以上の特徴を踏まえるとコンパクトにPCを組みたい方向けのタイプですね。

種類4.FlexATX

種類4.FlexATX

FlexATXはSFXをさらに小型化したものの通称。

SFXと同様の特徴を持ち、それ以上の省スペース化を図れることがメリットとして挙げられます。

ただ、奥行きが長くなっていることとサイズに関する明確な規定がないため、他のパーツとの兼ね合いでPCケースに収まらない可能性があるのはデメリットとなるでしょう。

以上の特徴を踏まえるとSFX以上のコンパクトさを求める方向けと言えるのではないでしょうか?

種類5.TFX

種類5.TFX

TFXはスリム型と呼ばれる幅の狭いケースに用いられるタイプの通称。

単品での販売も行われてはいるものの、製品数が少なく、自作PCを組む時に使うというよりは調子が悪くなってきた時の交換用ですね。

スリムタイプのケースはスペースを取らないので、ケース込みでの省スペース化が図れる辺りはメリットに挙げられます。

ただ、汎用性の低さと価格の高さはデメリットとなってしまうでしょう。

以上の特徴を踏まえるとスリム型ケースでの自作を検討中の方向けと言えるかと思います。

自作PC電源ユニットの選び方

ここでは自作PC電源ユニットの基本的な選び方についてご紹介します。この記事では

  • 電源容量
  • 性能

の2ポイントについてご紹介します。是非、参考にしてみてくださいね!

選び方1.電源容量

選び方1.電源容量

どのタイプにも言えることですが、十分な電源容量を備えているかを見ておく必要があります

電力供給が不足すると本来の性能を発揮することができないため、CPUを始めとしたパーツ毎の使用電力を事前に把握しておかなければいけません。

大まかな目安は以下の通り。

CPU 65~105W
HDD(一枚当たり) 3W
SSD 3W
グラフィックボード 70~250W

上記の数字はあくまでも目安にすぎませんので、選ぶ際はPC全体の電力使用量よりも余裕をもったものを選ぶようにしましょう。

構成後のPCに必要な定格電力の倍程度あれば十分ですね。

選び方2.性能

選び方2.性能

性能も重要な要素に挙げられますね。
PC電源ユニットの性能は主に電源容量・信頼性・サイズ等に分類可能。

コンデンサと呼ばれる電気を蓄える部品などは種類毎に耐久性も異なり、「85℃コンデンサ」と比較した場合、「105℃コンデンサ」の方が優れていると言われています。

85℃に対して105℃は高額になるものの、4倍の寿命を誇り、信頼性も高いので予算に余裕があるなら「105℃コンデンサ」をおすすめしますよ!

また、ケースに入らなければ意味がないですし、パーツ同士の相性が悪いと交換等の対応をしなくてはいけませんから、その意味でサイズも見ておかなくてはいけません。

他にも注意点はあるのですが、基本的には上記3点を押さえておくと良いでしょう。

自作PC電源ユニットの人気おすすめランキング10

人気でおすすめの自作PC電源ユニットを10選ご紹介します。是非、参考にしてみてください。

1.600W -STANDARD- PC電源ユニット|Thermaltake


600W -STANDARD- PC電源ユニット|Thermaltakeの仕様・製品情報

定価 5,479円
メーカー Thermaltake
サイズ 23.5 x 10 x 8.5 cm
重量 203g

600W -STANDARD- PC電源ユニット|Thermaltakeをおすすめする理由

  • コスパに優れる!
  • 電力変換効率の高さ!
  • 十分なケーブルの長さ!

600W -STANDARD- PC電源ユニット|Thermaltakeの評価とレビュー

価格
(5.0)
サイズ
(4.5)
重量
(4.0)
性能
(4.0)
総合評価
(4.5)

コスパの良さが光る電源ユニット!

本製品の特徴はコスパの良さと電力変換効率の高さの2点。
5,000円台で購入可能な安さは大きな魅力ですね。

また、電力の変換効率が高いので発熱量を抑えることができ、結果として寿命を延ばす効果が期待できるのも評価ポイントに入ってくるでしょう。

ケーブルの長さも十分で裏配線も可能となっており、静音性も水準以上のレベルにあります。

以上の特徴を踏まえるとコスパの良さで選びたい方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

2.STANDARDシリーズ 80 PLUS Silver 750W ATX電源|玄人志向


STANDARDシリーズ 80 PLUS Silver 750W ATX電源|玄人志向の仕様・製品情報

定価 8,309円
メーカー 玄人志向
サイズ 150x140x86mm
重量 2.04 Kg

STANDARDシリーズ 80 PLUS Silver 750W ATX電源|玄人志向をおすすめする理由

  • 信頼性の高さ!
  • コスパが良い!
  • 十分な電源容量!

STANDARDシリーズ 80 PLUS Silver 750W ATX電源|玄人志向の評価とレビュー

価格
(4.5)
サイズ
(4.0)
重量
(4.0)
性能
(4.0)
総合評価
(4.0)

信頼性の高さとコスパの良さが光る一品!

本製品の特徴は信頼性の高さとコスパの良さの2点。

寿命の長さに定評がある105℃コンデンサーを使用していることや十分な電源容量は評価ポイントに入ってくるかと思います。

価格も8,000円台と電源ユニットの中では安価な部類に入り、電力変換効率も水準以上のレベルと言っていいでしょう。

以上の特徴を踏まえると信頼性が高く、コスパに優れた電源ユニットをお探しの方へおすすめしたい商品の一つですね。

3.RM850-2019- 850W PC電源ユニット 80PLUS GOLD PS863 CP-9020196-JP|CORSAIR


RM850-2019- 850W PC電源ユニット 80PLUS GOLD|CORSAIRの仕様・製品情報

定価 17,292円
メーカー CORSAIR
サイズ 31.2 x 22 x 13.4 cm
重量 3.18 kg

RM850-2019- 850W PC電源ユニット 80PLUS GOLD|CORSAIRをおすすめする理由

  • 性能バランスの良さ!
  • 静音性に優れる!
  • 10年保証あり!

RM850-2019- 850W PC電源ユニット 80PLUS GOLD|CORSAIRの評価とレビュー

価格
(4.0)
サイズ
(4.5)
重量
(3.5)
性能
(4.5)
総合評価
(4.0)

性能バランスの良さが光る電源ユニット!

本製品の特徴は性能バランスの良さ、この点に尽きます。

電源容量・コンパクトサイズ・105℃コンデンサ仕様等、総合的に高いレベルにあるのは本品の大きな魅力でしょう。

その他、低負荷状態なら動作音はほとんどしないのでストレスが溜まりにくいのもいいですね。

加えて、10年保証が付いているのも安心感があってGOOD!

以上の特徴を踏まえると性能バランスが良く、静音性に優れた電源ユニットをお探しの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

4.電源 KRPW-BKシリーズ 80PLUS Bronze 550W ATX電源|玄人志向


電源 KRPW-BKシリーズ 80PLUS Bronze 550W ATX電源|玄人志向の仕様・製品情報

定価 6,036円
メーカー 玄人志向
サイズ 19.05 x 16.26 x 16 cm
重量 2.18 Kg

電源 KRPW-BKシリーズ 80PLUS Bronze 550W ATX電源|玄人志向をおすすめする理由

  • コスパの良さ!
  • 寿命を延ばす仕様!
  • 判別しやすいケーブル!

電源 KRPW-BKシリーズ 80PLUS Bronze 550W ATX電源|玄人志向の評価とレビュー

価格
(4.5)
サイズ
(4.0)
重量
(4.0)
性能
(4.0)
総合評価
(4.0)

高性能コンデンサーが搭載された電源ユニット!

本製品の特徴は寿命を延ばす仕様とコスパに優れていることの2点。

優れた性能を持つ105℃対応のコンデンサーを使用し、放熱力の高い大型ヒートシンクを搭載している等、製品寿命を延ばす工夫がされているのは評価ポイントに入ってきます。

性能も水準以上でコスパも良いと言っていいでしょう。

また、ケーブルのコネクタ部分に「SATA」や「PATA」といった種類がプリントされているため、別のソケットへの誤挿入を防止できるのもGOOD!

特徴を踏まえるとコスパの高さに魅力を感じる方や初心者向けの商品と言えますね。

5.80PLUS BRONZE取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 FSP RAIDERシリーズ 500W|オウルテック


80PLUS BRONZE取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 FSP RAIDERシリーズ 500W|オウルテックの仕様・製品情報

定価 記載等なし
メーカー オウルテック
サイズ 150x140x86mm
重量 1.34 ㎏

80PLUS BRONZE取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 FSP RAIDERシリーズ 500W|オウルテックをおすすめする理由

  • 3年保証あり!
  • 十分な容量!
  • 水準以上の電力変換効率!

80PLUS BRONZE取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 FSP RAIDERシリーズ 500W|オウルテックの評価とレビュー

価格
(4.0)
サイズ
(4.0)
重量
(4.5)
性能
(4.0)
総合評価
(4.0)

水準以上の性能と3年保証が魅力の一品!

本製品の特徴は水準以上の性能と3年保証が付いていることの2点。

十分な容量と電力変換効率を持ち、様々なグラフィックボードに対応している6+2ピンが搭載されている等、水準以上の性能を備えている辺りは評価ポイントに入ってきます。

加えて、3年保証があるのも安心感があっていいですね!

以上の特徴を踏まえると水準以上の性能と長期保証に魅力を感じる方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

6.RM750-2019- 750W PC電源ユニット 80PLUS GOLD|CORSAIR


RM750-2019- 750W PC電源ユニット 80PLUS GOLD|CORSAIRの仕様・製品情報

定価 15,675円
メーカー CORSAIR
サイズ 31.2 x 22 x 13.8 cm
重量 3.12 kg

RM750-2019- 750W PC電源ユニット 80PLUS GOLD|CORSAIRをおすすめする理由

  • 性能バランスの良さ!
  • フルモジュラー仕様!
  • 製品寿命の長さ!

RM750-2019- 750W PC電源ユニット 80PLUS GOLD|CORSAIRの評価とレビュー

価格
(3.5)
サイズ
(3.5)
重量
(3.5)
性能
(4.5)
総合評価
(4.0)

性能バランスの良さとカスタマイズのしやすさが魅力の一品!

本製品の特徴は性能バランスの良さとカスタマイズのしやすさの2点。

容量・静音性・電力変換効率といった電源ユニットに求められる要素を高いレベルで満たしている辺りは評価できる部分ですね。

また、全てのケーブルが着脱可能なフルモジュラー式なのでメンテナンスがしやすく、ケーブルを変えることにより、自分好みのカスタマイズができるのも強みでしょう。

加えて、105℃コンデンサを使用していることから、製品寿命の長さも魅力と言えるのではないでしょうか?

以上の特徴を踏まえると性能バランスが良く、カスタマイズしやすい電源ユニットをお探しの方へおすすめしたい商品です。

7.850W電源ユニット ROG-STRIX-850W-WHITE 80 PLUS GOLD|ASUSTek


850W電源ユニット ROG-STRIX-850W-WHITE 80 PLUS GOLD|ASUSTekの仕様・製品情報

定価 25,980円
メーカー ASUSTek
サイズ 31.4 x 18.8 x 11.8 cm
重量 3.34 kg

850W電源ユニット ROG-STRIX-850W-WHITE 80 PLUS GOLD|ASUSTekをおすすめする理由

  • 10年間の長期保証有り!
  • 静かな動作音!
  • 高レベルの性能!

850W電源ユニット ROG-STRIX-850W-WHITE 80 PLUS GOLD|ASUSTekの評価とレビュー

価格
(3.5)
サイズ
(3.5)
重量
(3.5)
性能
(4.5)
総合評価
(4.0)

10年間の保証が付いた高性能モデル!

本製品の特徴は高性能であることと10年間の保証が付いていることの2点。

電源容量の高さやゴールドを取得している優れた電力変換効率、本体に熱を溜め込まない仕様等、ほとんどの要素で高いレベルにあるのは素晴らしいですね。

低負荷状態であれば動作音はほとんどしないので、ストレスを感じないのも評価ポイントに挙げられるのではないでしょうか?

10年間の保証があるのも製品に対する自信を感じさせます。

以上の特徴を踏まえると予算に余裕があり、高性能モデルをお求めの方向けの商品と言えるでしょう。

8.CX650M 80PLUS BRONZE認定 PC電源ユニット|CORSAIR


CX650M 80PLUS BRONZE認定 PC電源ユニット|CORSAIRの仕様・製品情報

定価 6,473円
メーカー CORSAIR
サイズ 26.9 x 19.5 x 10.4 cm
重量 2.38 kg

CX650M 80PLUS BRONZE認定 PC電源ユニット|CORSAIRをおすすめする理由

  • セミモジュラー式!
  • コスパの良さ!
  • コンパクトサイズ!

CX650M 80PLUS BRONZE認定 PC電源ユニット |CORSAIRの評価とレビュー

価格
(5.0)
サイズ
(4.5)
重量
(4.0)
性能
(4.5)
総合評価
(4.5)

コンパクトさと不要なケーブルを取り外せる汎用性が魅力の一品!

本製品の特徴はコンパクトサイズであることとケーブルが取り外せるセミモジュラー式であることの2点。

小型PCにも使用できるコンパクトなサイズとセミモジュラー式特有のカスタマイズ性の高さは本品の大きな魅力の一つです。

ケーブルの着脱が可能となっていることでPCケース内のスペースを無駄に使用しなくて済むのもメリットに挙げられるでしょう。

安価でコスパに優れているのもいいですね。

以上の特徴を踏まえるとコンパクトサイズで省スペース化を図りたい方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

9.TOUGHPOWER DIGITAL iRGB PLUS 850W -PLATINUM- 850W PC電源ユニット|Thermaltake


TOUGHPOWER DIGITAL iRGB PLUS 850W -PLATINUM- 850W PC電源ユニット|Thermaltakeの仕様・製品情報

定価 17,755円
メーカー Thermaltake
サイズ 16 x 15 x 8.6 cm
重量 3.25㎏

TOUGHPOWER DIGITAL iRGB PLUS 850W -PLATINUM- 850W PC電源ユニット|Thermaltakeをおすすめする理由

  • 抜群の電力変換効率!
  • フルプラグイン式!
  • カッコ良いデザイン!

TOUGHPOWER DIGITAL iRGB PLUS 850W -PLATINUM- 850W PC電源ユニット|Thermaltakeの評価とレビュー

価格
(4.0)
サイズ
(3.5)
重量
(3.5)
性能
(5.0)
総合評価
(4.0)

抜群の性能がウリの電源ユニット!

本製品の特徴は抜群の性能、この点に尽きます。

電力変換効率を始めとした基本性能が高く、ケーブルが取り外せる優れた汎用性等、確かな性能と実用性にかけてはトップクラスと言っても過言ではありません。

10年保証が付いてくる等、アフターサポートがしっかりしているのも評価ポイントに入ってくるでしょう。

カッコ良いデザインもGOOD!

以上の特徴を踏まえると予算に余裕がある方で性能を重視する方へおすすめしたい商品の一つですね。

10.80PLUS SILVER取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 FSP RAIDERシリーズ 650W|オウルテック


80PLUS SILVER取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 FSP RAIDERシリーズ 650W|オウルテックの仕様・製品情報

定価 6,864円
メーカー オウルテック
サイズ 15 x 14 x 8.6 cm
重量 1.84kg

80PLUS SILVER取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 FSP RAIDERシリーズ 650W|オウルテックをおすすめする理由

  • 80plus Silver取得製品!
  • ワット数選択可能!
  • コスパの良さ!

80PLUS SILVER取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 FSP RAIDERシリーズ 650W|オウルテックの評価とレビュー

価格
(4.5)
サイズ
(4.0)
重量
(4.0)
性能
(4.0)
総合評価
(4.0)

確かな電力変換効率がウリの電源ユニット!

本製品の特徴は確かな電力変換効率とワット数が選択可能であることの2点。

電力変換効率の高さを示す「80plus Silver」を取得しており、この価格帯の電源ユニットの中では優れた部類に入ります。

また、ワット数を2種類から選択することができるのも組むPCの選択肢が広がるという意味で評価ポイントに入ってくるでしょう。

価格の安さやコネクタが豊富なのもいいですね。

以上の特徴を踏まえるとコスパに優れ、電力変換効率が高い電源ユニットをお探しの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

まとめ

この記事では自作PC電源ユニットの価格帯や種類、選び方に人気おすすめ10選などを中心にご紹介しました。

選び方では「電源容量」と「性能」が重要でしたね。

この記事を参考にしていただき、是非、あなたに合った自作PC電源ユニットを探してみてください!

自作PC電源ユニットに関連する他の記事もおすすめ!!

ディスプレイ【2020年最新版】PCケースの選び方と人気おすすめ10選 マザーボード【最新版】マザーボードの選び方と人気おすすめランキング10 電源ユニット【最新版】電源ユニットの選び方と人気おすすめランキング10 CPUクーラー【性能を比較!】CPUクーラーの選び方と人気おすすめランキング10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です