キッズプロテクターの人気おすすめ10選!【怪我から身を守ろう!】

キッズプロテクターの人気おすすめ10選!【怪我から身を守ろう!】

自転車の練習などで転んだ際に怪我をしないようにしてくれるキッズプロテクター。

自転車のためはもちろんですが、一輪車はブレイブボード等の練習目的で購入を考えている方も多いと思います。
しかし、キッズプロテクターはいろいろな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、今回はキッズプロテクターの選び方と、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。
キッズプロテクターはサイズもデザインも豊富なので、幅広くご紹介していきますね。

あなたに合うキッズプロテクターを探してみて下さい。

キッズプロテクターの基本情報

キッズプロテクターの基本情報についてご紹介します。ここでは

  • 自転車や一輪車などになぜキッズプロテクターが必要なのか?
  • キッズプロテクターの価格帯

の2つについてご紹介します。

自転車や一輪車、ブレイブボードやスケートには必須!

キッズプロテクターは自転車等には必須のアイテムになります。自転車や一輪車等は転ぶ危険性があり、転んだ際に、膝や肘を怪我をする可能性があります。

しかし、転んだ際にキッズプロテクターを付けていれば、怪我をしたとしても最小限にすることが出来るのです。
子供のためにも、キッズプロテクターは必要なアイテムになります。

また、ブレイブボードに関する記事もおすすめです。
ブレイブボード【子供から大人まで】ブレイブボードの選び方と人気おすすめ10選|エスボード・ジェイボード・リップスティックの特徴を解説!

キッズプロテクターの価格帯

価格

キッズプロテクターの価格帯は、1,000円~2,500円の間となります。
ですので、安いものをお探しの方は1,000円前後のキッズプロテクターを探してみるのがいいでしょう。

一般的にも1,000円前後の物が人気です。
また、2.000円前後の価格帯になるとプロテクターの数が増えたりするので、怪我が心配な方はそちらもおすすめになります。

ご自身の予算に合わせて、最適なキッズプロテクターを探してみて下さいね。

キッズプロテクターの選び方

ここではキッズプロテクターの基本的な選び方についてご紹介します。この記事では

  • 対象年齢とサイズの確認
  • デザインも重要
  • 重量は軽いものがおすすめ

の3つのポイントについてご紹介します。ぜひ、参考にしてみて下さいね!

対象年齢とサイズを確認しよう

サイズ

キッズプロテクターはサイズと対象年齢があるので、購入する前に確認することが大切です。

サイズが大きいとしっかりと保護できない事もあるので、サイズを必ず確認するようにしましょう。
また、しっかりと保護するためにもマジックテープなどで細かく調節できるのか同かも確認してから購入することをおすすめします。

実はデザインもかなり重要!

キッズプロテクターはデザインも欠かせないチェックポイント。好みのものではないと、子供が付けてくれないので、子供が好きなデザインを選ぶことが大切です。
購入する際には、お子さんと一緒に選んで購入することが好ましいですね。

重量は軽い方がおすすめ!

重量は軽い方がおすすめ!
キッズプロテクターは体にフィットすることや違和感を感じないためにすることが大切です。

そのため、軽いキッズプロテクターを選ぶようにしましょう。軽い物なら子供も不快感を感じずに、元気いっぱい遊ぶことができます。

選ぶ際には重量も確認して購入するようにしましょう。

キッズプロテクターの人気おすすめランキング10

人気でおすすめのキッズプロテクターを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位UnaFreely キッズ ヘルメット・プロテクターセット

UnaFreely キッズ ヘルメット・プロテクターセットの仕様・製品情報

メーカー UnaFreely
サイズ M・45㎝~56㎝
重量 256g
搭載機能 ダイアル式調節ネジ

UnaFreely キッズ ヘルメット・プロテクターセットをおすすめする理由

  • ヘルメットまで付いています。
  • ヘルメットに通気口が10こ付いています。
  • ピンクのデザインが可愛いです。

UnaFreely キッズ ヘルメット・プロテクターセットの評価とレビュー

ヘルメットを用意していない方におすすめのセットです。
このキッズプロテクターの特徴はヘルメットが付いているという点です。なので、ヘルメットを別で用意しなくても大丈夫ですよ。また、ヘルメット自体もダイアル式調節ネジで調節ができたり、通気口が10個付いていたりとヘルメットの機能もとても素晴らしくなっています。

以上より、ヘルメットやプロテクターなど、まだなにも購入していない方におすすめの、キッズプロテクターです。

第9位 キッズプロテクター 膝/肘/手首

キッズプロテクター 膝/肘/手首の仕様・製品情報

メーカー Bosoner JP
サイズ S:(約)手/縦12.5×幅8.5cm、ひじ/縦11.5×幅9cm、ヒザ/縦12.5×幅8cm/M:(約)手/縦12.5×幅10cm、ひじ/縦13.5×幅9.5cm、ヒザ/縦14×幅10.5cm
重量 記載等なし
搭載機能 耐衝撃性が高い

キッズプロテクター 膝/肘/手首をおすすめする理由

  • 裏地がクッション入りのメッシュ素材になっています。
  • ベルクロバンドでフィット感を感じます。
  • 耐久性が高いです。

キッズプロテクター 膝/肘/手首の評価とレビュー

季節関係なく付けられるプロテクターです。
このキッズプロテクターの特徴は通気性がいいと言う点です。なので、春・夏など汗をかく時期でも心地よく使用することが可能となります。
また、ベルクロバンドを使用しているので子供にプロテクターを付けた時のフィット感が抜群に良いです。

以上より暑い時期に自転車等の練習を考えている方におすすめのキッズプロテクターですね。

第8位 Skybulls キッズプロテクター

Skybulls キッズプロテクターの仕様・製品情報

メーカー Skybulls
サイズ S:2歳~6歳/M:6歳~12歳/F:3歳~8歳
重量 記載等なし
搭載機能 記載等なし

Skybulls キッズプロテクターをおすすめする理由

  • 耐衝撃性が強く長持ちします。
  • 高弾性の生地で快適に付けられます。
  • 通気性が良いです。

Skybulls キッズプロテクターの評価とレビュー

長く使えるプロテクターです。
このキッズプロテクターの特徴は耐衝撃性が強いという点です。なので、壊れにくいので、長期間使用が可能となります。
また、高弾性の高い生地で作られているので、転んだ際に子供が感じる衝撃を最小限に抑えてくれますよ。

以上より、兄弟などが居て長期間プロテクターを使いたいと思っている方におすすめのキッズプロテクターです。

第7位 CRZKO子供用膝パッド キッズプロテクター

CRZKO子供用膝パッド キッズプロテクターの仕様・製品情報

メーカー CRZKO
サイズ S:3歳~9歳/M:9歳~
重量 記載等なし
搭載機能 記載等なし

CRZKO子供用膝パッド キッズプロテクターをおすすめする理由

  • 人間工学設計で子供の関節を守ってくれます。
  • 装着しやすいデザインです。
  • クッション性が高いです。

CRZKO子供用膝パッド キッズプロテクターの評価とレビュー

子供が一人でも着脱できます。
このキッズプロテクターの特徴は6歳ころになると一人で着脱が出来るという点です。子供が一人で付けられるということは、親にとっても嬉しいメリットになります。また、クッション性が高い点も嬉しいですよね。

以上のことから、子供が一人で着脱できるものを探している方におすすめのキッズプロテクターです。

第6位 HelloGO キッズ プロテクターセット

HelloGO キッズ プロテクターセットの仕様・製品情報

メーカー HelloGO
サイズ 記載等なし
重量 150g
搭載機能 記載等なし

HelloGO キッズ プロテクターセットをおすすめする理由

  • 厚さ3mmの樹脂プロテクターが衝撃を穏和してくれま鵜。
  • 体重が約15㎏~40㎏の子供に使えます。
  • カラーが5色もあります。

HelloGO キッズ プロテクターセットの評価とレビュー

カラーバリエーションが豊富です。
このキッズプロテクターの特徴はカラーバリエーションが豊富という点です。なので、男女問わず使うことができますし、欲しい色を見つけることが可能となります。
そして、着用するうえで体重も大切です。こちらのプロテクターは約15㎏~40㎏の体重の子供が使えますので、幅広い子供が使うことができます。

以上のことより、好きな色のプロテクターがなかなか見つからない方におすすめのキッズプロテクターです。

第5位 WinLine キッズプロテクター

WinLine キッズプロテクターの仕様・製品情報

メーカー WinLine
サイズ (約)手/縦13.5×幅8.5cm、ひじ/縦10×幅9m、ヒザ/縦12×幅11cm
重量 270g
搭載機能 記載等なし

WinLine キッズプロテクターをおすすめする理由

  • 固定バンドの伸縮性が良いです。
  • しっかりと密着して長時間快適に付けていられます。
  • 2重保護をしてくれます。

WinLine キッズプロテクターの評価とレビュー

長時間快適に付けていられます。
このキッズプロテクターの特徴は付け心地の良さです。固定バンドの伸縮性が良くて、フィットしてくれるため、長時間付けていても不快感を感じにくくなっています。また、2重保護してくれるので、転倒した際に痛みなどを感じにくいです。
以上のことより、付け心地のフィット感を重要視している方におすすめのキッズプロテクターですね。

第4位 WinLine キッズプロテクター 膝/肘/手首 スポーツプロテクター

WinLine キッズプロテクター 膝/肘/手首 スポーツプロテクターの仕様・製品情報

メーカー WinLine
サイズ (約)手/縦14×幅8.5cm、ひじ/縦15×幅10cm、ヒザ/縦16×幅12cm
重量 222g
搭載機能 記載等なし

WinLine キッズプロテクター 膝/肘/手首 スポーツプロテクターをおすすめする理由

  • 持ち運びがしやすい袋が付いています。
  • ベルトで細かい調節もできます。
  • メッシュ生地なので汗などでべたつきません。

WinLine キッズプロテクター 膝/肘/手首 スポーツプロテクターの評価とレビュー

持ち運びする方にぴったりのプロテクターです。
このキッズプロテクターの特徴は持ち運びできる様の袋が付いているという点です。なので、自宅以外で自転車等の練習をする方にとても重宝される事でしょう。また、メッシュ生地で通気性も良いので、付け心地の心配もいりません。

以上より、公園などの出掛け先でキッズプロテクターを使用するかたにおすすめですね。

第3位 BAYTTER プロテクター

BAYTTER プロテクターの仕様・製品情報

メーカー BAYTTER
サイズ (約)膝17×13cm、(約)肘14×12cm、(約)手首15.5×7cm
重量 370g
搭載機能 記載等なし

BAYTTER プロテクターをおすすめする理由

  • 親子でお揃いおプロテクターを購入できます。
  • 1年保証が付いています。
  • 収納袋が付いています。

BAYTTER プロテクターの評価とレビュー

保証がしっかりしているプロテクターです。
このキッズプロテクターの特徴は1年保証が付いているという点です。なので、使用していて困ったことがあったり、不良を感じる部分が合ったらすぐに対応してもらう事が可能となります。
また、親子でお揃いで購入できる点も嬉しいですよね。

以上より、保証がしっかりしているキッズプロテクターをお探しの方におすすめになります。

第2位 BRIDGESTONE(ブリヂストン) キッズプロテクター

BRIDGESTONE(ブリヂストン) キッズプロテクターの仕様・製品情報

メーカー BRIDGESTONE
サイズ (約)手/縦14×幅9cm、ひじ/縦11×幅9cm、ヒザ/縦13×幅12cm
重量 約220g
搭載機能 記載等なし

BRIDGESTONE(ブリヂストン) キッズプロテクターをおすすめする理由

  • イラスト付きで付け方が分かりやすく説明されています。
  • 有名なメーカーだからこそ安心感があります。
  • ベルトの耐久性が良いです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) キッズプロテクターの評価とレビュー

初めて購入する方も安心して購入できます。
このキッズプロテクターはブリジストンが出しているという有名なメーカーだからこそ、安心して購入することが出来ます。なので、初めてプロテクターを購入する様な方は知っているメーカーで購入することをおすすめしますよ。
また、イラスト付きで装着の仕方が説明されている点も好感がもてます。

以上より、初めて購入する方におすすめのキッズプロテクターですね。

第1位 CRZKOプロテクター キッズ

CRZKOプロテクター キッズの仕様・製品情報

メーカー CRZKO
サイズ 腕パッド:14 x 9 cm(長x幅)肘パッド:11.5 x 10 cm(長x幅)膝パッド:12 x 11.5 cm(長x幅)
重量 記載等なし
搭載機能 記載等なし

CRZKOプロテクター キッズをおすすめする理由

  • 口コミ数が圧倒的に多いです。
  • 調整可能な弾力性のあるベルトです。
  • 吸汗性が良いです。

CRZKOプロテクター キッズの評価とレビュー

口コミ数が多くて、安心して使えます。
このキッズプロテクターの特徴は口コミ数が多いという点です。なので、使用している方が多いという事になりますし、全体的な評価も高いところが素敵だと感じます。また、吸汗性も良いので、汗をかいても快適に付け続けることができますよ。

以上のことから、付け心地や使い心地など他の人がどう思ったのか評価が気になるような方におすすめのキッズプロテクターです。

まとめ

この記事ではキッズプロテクターの基本情報、選び方、人気おすすめ10選などを中心にご紹介しました。

選び方ではサイズとデザインなどが重要でしたね。

また、体重も大切なポイントだったりもするので、対象体重などもチャックしてみましょう。
この記事を参考にしていただき、ぜひあなたに合ったキッズプロテクターを探してみて下さいね。

合わせて読みたい!!

ストラーダーストライダーって何?自転車の違いとは?人気のモデルはどれ? ベビーヘルメット【安心安全!】ベビーヘルメットの選び方と人気おすすめ6選 一輪車一輪車を購入するなら知っておきたい人気おすすめメーカー4選とその特徴を徹底解説 キックスクーター【子供と大人別に紹介】キックスクーター選び方とおすすめメーカー3選とその特徴を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です