【価格・音質・持ち運びやすさ】おすすめのワイヤレスピンマイク9選

マイク

音を綺麗に撮ることが出来る「ワイヤレスピンマイク」。ゲーム中の配信や、ボイスチャットまたは動画で音を録音するために使用する目的で購入を考えている人も多いかと思います。

ただ、ワイヤレスピンマイクは用途によって選び方が違うため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、今回はワイヤレスピンマイクの選び方とおすすめの商品をご紹介します。

それぞれの特徴もご紹介していますので、あなたが必要としているワイヤレスピンマイクを見つけてみて下さいね。

ワイヤレスピンマイクの用途

ここではワイヤレスピンマイクの用途についてご紹介します。ワイヤレスピンマイクの使い方として

  • 音の発生源の近くで録音ができる
  • ボイスチャットで配信ができる
  • 両手を開けた状態で録音ができる

この3つが基本です。それぞれの用途を分かりやすく説明していきますね。

用途1.音の発生源の近くで録音できる

ワイヤレスピンマイクで音を摂る場合は、音源の近くで録音をすることができます。
そのため、音が聞きづらくなったり、音がぼやけて聞こえないというような事はありません。

また、ワイヤレスピンマイクは無線なので、マイクから繋がっているコードなどの心配をしないで使うことが出来るのです。

声を録音したいときは首元に付けるとはっきりと音が撮れますし、声以外に撮りたい音があれば、撮りたい音にワイヤレスピンマイクを近づけるだけで音を取ることができますよ。

初めて使う方でも簡単に使えることでしょう。

何よりもワイヤレスなので、移動しながら音を撮る事が出来る部分が最大のポイントとなります。室内だけではなく、外でも使うことができますよ。

用途2.ボイスチャットや配信が可能

ゲームやSNS等の配信のためにワイヤレスマイクを使用する人もいます。

ワイヤレスマイクであれば口元の近くでマイクを付けることが出来るので、聞いている側も音声をはっきりと聞きとることが出来るのです。

特に、ボイスチャットの場合は声が主体となるので、聞こえが悪いとボイスチャットが成立しません。

そんな時にワイヤレスピンマイクは心配なく音声を届けてくれるので、安心して使うことができます。

ボイスチャット等で使用する人はBluetoothやWi-Fi等の通信を使用してピンマイクを使っている方が多いので、配信をする場所にWi-Fiが通っているかどうかの確認も必要ですね。

ただ、ゲームで使用する場合は受信機や送信機などを使ってワイヤレスピンマイクが使えることもありますよ。

また、配信用マイクの記事もおすすめです!
マイク【ゲーム実況など】配信用マイクの選び方と人気おすすめ10選 |激安から高音質のものまで幅広くご紹介!

用途3.両手を空けた状態での録音可能

マイクで録音をする時はマイクを手に持って録音することになりますが、ワイヤレスピンマイクの場合は服等に付けて使用することが出来るので、両手を開けた状態で録音することが出来るのです。

そのため、イベントなどの場所でも利用することができますし、会議などでもワイヤレスピンマイクを付けておくだけで、会議の記録としても活躍してくます。

また、両手を自由に使うことが出来るので、セミナー等ではボードに文字を書きながら説明をすることができたり、身振り手振りで伝えたい事を表現することもできるのです。

録音したい音が両手を使わないと撮れないのであれば、ワイヤレスピンマイクは大活躍すること間違いありません。

ワイヤレスピンマイクの選び方

ここではワイヤレスピンマイクの選び方についてご紹介します。具体的には

価格

価格帯
価格によってワイヤレスピンマイクの性能や大きさ等が変わってくるために、用途によって予算などを考える必要があります。

また、ワイヤレスピンマイクには全指向性や単一指向性等の種類があり、それぞれノイズが入りにくかったり。音の録音する範囲を広くすることができたりします。

音質

ワイヤレスピンマイクによって音質も変わってきます。

ただ、価格と比例して音質が良くなるわけでもないので、どのように使用するかによっても変わってきますし、メーカーに酔っても変わってきます。

持ち運びやすさ

ワイヤレスピンマイクを室内で使うのであれば、そこまで重要視する部分ではないかもしれません。

ただ、外出先や外で音を撮るような場合は、持ち運びやすさも大切なポイントとないます。

ワイヤレスピンマイクの選び方についてはこの3つのポイントについてご紹介します。
ぜひ、参考にしてみて下さいね。

ワイヤレスピンマイクの選び方1.価格

ワイヤレスピンマイクの選び方1.価格

ワイヤレスピンマイクの価格はコードが付いているマイクに比べると全体的に高くなってしまいます。

そのため、価格の幅はとても広く、安いものだと20,000円程で購入することができますが、高いものだと100,000円程するものも多くあるのです。

ただ、趣味程度で使うのであればそこまで高いものを購入する必要はないかもしれません。

しかし、会社などの会議や講習会等で使用する場合は安すぎるとノイズが入ってしまったり、音が遠くまで届かない可能性も出てきます。

ワイヤレスピンマイクの使用する場所や用途等も考えた上で、予算と相談して購入しすることをおすすめします。

ワイヤレスピンマイクの選び方2.音質

ワイヤレスピンマイクを良く使う方であれば、音質はとても大切なポイントとなります。

音質がクリアなもので、高性能の物を購入するのであれば、多少価格も高くなってしまいます。

しかし、会議などや講習会などで音質の質がいいものが必要な時は音質を妥協してしまうと、その後、使いにくさを感じて使わなくなってしまう可能性もあるのです。

そうなることがない様に選ぶ際に音質も重要視してください。

また、メーカーによっては性能の良い音質へのこだわりを持っているところもあるので、そのようなメーカーで購入すれば、価格が低くてもある程度の音質で音を録音したりすることができます。

どのような目的に使うにしても、音質は重要になってくるので、購入する前に音質はどれほどクリアなのか等を調べておくようにしましょう。

ワイヤレスピンマイクの選び方3.持ち運びやすさ

ワイヤレスピンマイクの購入を考えているということは、室内で使用するというよりも外出先で使用することが目的の場合が多いです。

そのような場合には持ち運びやすさも重要なポイントとなってきます。ワイヤレスピンマイクの大きさはもちろんですが、持ち運びしやすい様に収納できる袋などが付いている物もあるのです。

ワイヤレスピンマイクの質はもちろん大切ですが、初めから持ち運びすることが分かっているのであれば、収納袋などの持ち運びしやすいマイクを選ぶことも大切です。

マイクはとても繊細な物なので、ちょっとした衝撃にも弱いと言われています。

なので、持ち運びする際にマイクをどのように持ち運ぶのか?という疑問点を解決できるようなワイヤレスピンマイクを選ぶようにしましょう。

おすすめワイヤレスピンマイク3選 – 価格編

ここではワイヤレスピンマイクを3つご紹介します。

  • 1.Alvoxcon ワイヤレスマイク
  • 2.RODE ワイヤレスマイクシステム
  • 3.AGPTEK クリップマイク

この3つのマイクの特徴を具体的にご紹介していくので、購入する際の参考にしてみて下さいね。

おすすめ1.ワイヤレスピンマイク TG110|Alvoxcon


ワイヤレスピンマイク TG110|Alvoxconの仕様・製品情報

メーカー Alvoxcon
サイズ 記載等なし
発売日 記載等なし
搭載機能 送信距離40m

ワイヤレスピンマイク TG110|Alvoxconをおすすめする理由

  • ヘッドマイクにもクリップマイクにもなります。
  • 自動でペアリング出来ます。
  • 装着が簡単です。

ワイヤレスピンマイク TG110|Alvoxconの評価とレビュー

価格
(3.0)
音質
(3.0)
持ち運びやすさ
(3.0)
バッテリーの持続時間
(2.0)
総合評価
(3.0)

低価格で、安定した音質を持つワイヤレスマイクです。
Alvoxcon ワイヤレスマイクの特徴は安定性に優れていて、耐干渉性能を備えた無線伝送技術を採用しているところです。

なので、音質がとても良くてチャットなどの音がメインの録音等におすすめのワイヤレスマイクになります。
また、操作が簡単なので、機械が苦手な方には嬉しいポイントの1つですよね。

操作も簡単で音も綺麗なのにも関わらず、手に入れやすい価格という点もおすすめする理由の1つになります。

安いものですと6,000円程で購入することが出来ますので、初めてワイヤレスマイクを購入する方や、あまり予算がない方はAlvoxcon ワイヤレスマイクから探してみることをおすすめします。

おすすめ2.RODE ワイヤレスマイクシステム


ワイヤレスマイクシステム WIGO|RODEの仕様・製品情報

以下のAmazonページをベースに、以下の4項目をまとめてください。

メーカー RODE
サイズ 4.5 x 1.9 x 4.3 cm
発売日 2019/9/27
搭載機能 無指向性

ワイヤレスマイクシステム WIGO|RODEをおすすめする理由

  • とても小型でつけやすいです。
  • 軽くて持ち運びもしやすいです。
  • USBケーブルで簡単に充電できます。

ワイヤレスマイクシステム WIGO|RODEの評価とレビュー

価格
(3.0)
音質
(4.0)
持ち運びやすさ
(3.0)
バッテリーの持続時間
(3.0)
総合評価
(3.5)

プロもおすすめする高性能のワイヤレスマイクです。

RODE ワイヤレスマイクシステムの特徴は、映像を作っているプロの方からの人気が高いという点です。
プロが使っているだけあって、音質は問題ありません。他のメーカーと比べて素晴らしいところは、小型という点です。

小型なので、持ち運びもしやすいですし、マイクの装着もしやすいのでおすすめになります。
また、国内だけではなく海外からも人気が高くSNSで人気の方等が使っている事も多いのでRODEのメーカーは世界的にも有名です。

動画作成などで使いたい方に向いているワイヤレスマイクになります。
ただ、性能が良いだけに価格を見ると20,000円以上のものが多く、Alvoxcon ワイヤレスマイクのように低価格なわけではありません。

初めて購入する様な方はAlvoxcon ワイヤレスマイクから始めてみても良いかもしれないですね。

おすすめ3.AGPTEK クリップマイク


クリップマイクz02|AGPTEKの仕様・製品情報

メーカー AGPTEK
サイズ 記載等なし
発売日 記載等なし
搭載機能 全方向性

クリップマイクz02|AGPTEKをおすすめする理由

  • 対応機種が多いです。
  • 内容が豊富でケーブル等がたくさんセットになっています。
  • 持ち運びしやすい様に収納袋が付いています。

クリップマイクz02|AGPTEKの評価とレビュー

価格
(3.0)
音質
(3.0)
持ち運びやすさ
(3.0)
バッテリーの持続時間
(4.0)
総合評価
(4.0)

装着もしやすいワイヤレスマイクです。

AGPTEK クリップマイクの特徴は全指向性マイクが多いという点です。そのため、マイク周りの音を全体的に録音したいという方にはとてもおすすめのマイクになります。

また、クリップタイプのマイクも多いので、服やネクタイなどの衣服につけやすいのも嬉しいポイントです。

講習会等でマイクを使用する方にも向いているマイクになります。
ただ、全指向性と聞くとノイズなどの音問題が気になるところですが、いろいろと研究されていて雑音なども入らないように軽減されてきているのです。

そのため、あまり雑音なども気になる心配はありません。

価格的には低価格の物が多く安いものだと1,000円程で購入できますし、高くても5,000円程の物が多いです。
全指向性のマイクで低価格のものを探しているのであれば、とてもおすすめのメーカーになります。

おすすめワイヤレスピンマイク3選 – 音質編

こちらでは音質に優れているワイヤレスピンマイクをご紹介します。

  • 1.パナソニック タイピン形ワイヤレスマイクロホン WX-4300B
  • 2.エレクトレット コンデンサーマイク XO-V001
  • 3.ワイヤレスマイク セット 73008

の3つのアイテムの特徴や音質などを詳しくご紹介していきますね。

おすすめ1.パナソニック タイピン形ワイヤレスマイクロホン WX-4300B


タイピン形ワイヤレスマイクロホン WX-4300B|パナソニックの仕様・製品情報

メーカー パナソニック
サイズ 記載等なし
発売日 記載等なし
搭載機能 記載等なし

タイピン形ワイヤレスマイクロホン WX-4300B|パナソニックをおすすめする理由

  • クッション効果の高い抗菌剤が入っています。
  • ネックホルダーでマイクをセットできます。
  • 手のひらサイズの送信部で軽いです。

タイピン形ワイヤレスマイクロホン WX-4300B|パナソニックの評価とレビュー

価格
(3.0)
音質
(3.0)
持ち運びやすさ
(4.0)
バッテリーの持続時間
(3.0)
総合評価
(3.5)

有名なメーカーで安心して使えるワイヤレスマイクです。

パナソニック タイピン形ワイヤレスマイクロホン WX-4300Bの特徴はネックホルダーでマイクの位置を調節しやすいという点です。

そのため、いつの間にかマイクが遠くなっていて音が撮れなかったということにはなりません。ネックホルダーなのでマイクの位置は常に最適な場所にセットすることができるのです。

マイクの位置がずれにくいという点で講習会などでお話するときに使用することを目的として購入する方が多くいます。
また、音を拾う感度もとても良いので、何かの衝撃で多少マイクがずれたとしても問題なく使用することが出来ますので、安心して使えるのです。

何よりも、パナソニックというメーカーは信頼度も高いですよね。
音質の良いワイヤレスマイクを探している方は、まずパナソニックから探してみはいかがでしょうか。

おすすめ2.エレクトレット コンデンサーマイク XO-V001


エレクトレット コンデンサーマイク XO-V001|Ashuneruの仕様・製品情報

メーカー Ashuneru
サイズ 記載等なし
発売日 記載等なし
搭載機能 全指向性

エレクトレット コンデンサーマイク XO-V001|Ashuneruをおすすめする理由

  • 対応機種と繋げるだけで使えます。
  • 延長コードがなくても使用できます。
  • 音質が綺麗です。

エレクトレット コンデンサーマイク XO-V001|Ashuneruの評価とレビュー

価格
(4.0)
音質
(4.0)
持ち運びやすさ
(3.0)
バッテリーの持続時間
(3.0)
総合評価
(4.0)

自立して使うこともできるワイヤレスマイクです。

エレクトレット コンデンサーマイク XO-V001の特徴は高性能で音質が良いところだけではなく、操作も簡単で使い方も豊富にあるというところです。
また、全方位で音を集音することが出来るので、会議などでも使うことができますし、インタビューやセミナーでも活躍してくれるアイテムになります。

そして様々な機種に対応しているので、利便性も抜群に良いです。
いろいろな場所でマイクを使う方にとっては嬉しいポイントがたくさんあります。

マイクとセットでスタンドクリップも付いているのもこちらのマイクのメリットの1つです。

スタンドクリップが付いているので、マイクを自立させて使うことも可能になります。

こちらのワイヤレスマイクは高音質で、いろんな場面で使えるマイクを探している方におすすめできるアイテムです。

おすすめ3.ワイヤレスマイク セット 73008


ワイヤレスマイク セット 73008|ノーブランドの仕様・製品情報

メーカー ノーブランド
サイズ H11cm×W6.5cm×D3cm
発売日 記載等なし
搭載機能 記載等なし

ワイヤレスマイク セット 73008|ノーブランドをおすすめする理由

  • 2台同時に使うことができます。
  • 電源が内蔵されています。
  • マイク部分のスポンジが取り外しできます。

ワイヤレスマイク セット 73008|ノーブランドの評価とレビュー

価格
(4.0)
音質
(4.0)
持ち運びやすさ
(3.0)
バッテリーの持続時間
(3.0)
総合評価
(4.0)

マイクが2つセットになっています。

ワイヤレスマイク セット 73008の特徴はマイクが2つセットになっているという点です。
なので、動画などの作成で二人同時に声を録音したかったり、講演等で2人が一緒に話をする場合などに最適なワイヤレスマイクになります。

マイクが2セットあるのにも関わらず価格が低価格なので少し不安になる方もいるかもしれません。

しかし、ノイズや雑音等にも対処できるようになっていますし、混線の心配も必要ないので、安心しておすすめできるワイヤレスマイクです。

音質が良くて、コスパを重要視している方にはもってこいのワイヤレスマイクになりますので、まずはこちらのマイクの購入を考えてみてもいいのではないでしょうか。

おすすめワイヤレスピンマイク3選 – 持ち運びやすさ編

ここでは、持ち運びのしやすいワイヤレスピンマイクをご紹介します。

  • 1.SABINETEK SmartMike+
  • 2.パナソニックWX-4300B
  • 3.KIMAFUN 2.4G ワイヤレスマイク KM-G130-1

この3つをご紹介していきます。
なぜ持ち運びがしやすいのかという視線でもご紹介をしていきますね。

おすすめ1.SABINETEK SmartMike+


SmartMike+ ワイヤレスマイクシステム|SABINETEKの仕様・製品情報

メーカー SABINETEK
サイズ 5.9×1.5㎝「
発売日 記載等なし
搭載機能 高品質リチウムバッテリー搭載

SmartMike+ ワイヤレスマイクシステム|SABINETEKをおすすめする理由

  • 耐久性がしっかりしています。
  • 充電後5時間使えます。
  • 軽くてコンパクトなデザインです。

SmartMike+ ワイヤレスマイクシステム|SABINETEKの評価とレビュー

価格
(3.0)
音質
(4.0)
持ち運びやすさ
(4.5)
バッテリーの持続時間
(5.0)
総合評価
(4.5)

持ち運びがしやすく高音質なワイヤレスマイクです。

SABINETEK SmartMike+の特徴はマイク自体がとてもコンパクトで軽量という点です。
超軽量で小さいマイクですが、ノイズの発生を抑える工夫がされていますし、高密度フィルターを搭載しているので、ポップノイズ等のノイズも軽減されるマイクになります。

ポップノイズまで軽減できるようなマイクは少ないので、とても貴重でおすすめできるワイヤレスマイクです。

また、使いやすさも考えられているため、専用アプリが合ったり、2つのマイクをスマートフォンにペアリングすることもできます。

何よりも充電をしっかりしておくと5時間使うことができる所もポイントです。
こちらのマイクは、長時間使いたい方で、持ち運びがしやすいワイヤレスマイクをお探しの方におすすめできるアイテムになります。

おすすめ2.パナソニックWX-4300B


ワイヤレスピンマイクWX-4300B|パナソニックの仕様・製品情報

メーカー パナソニック
サイズ 記載等なし
発売日 記載等なし
搭載機能 記載等なし

ワイヤレスピンマイクWX-4300B|パナソニックをおすすめする理由

  • 抗菌剤入りのエンジニアプラスチックを採用しています。
  • タイピン型でつけやすいです。
  • 重さが120gで軽いです。

ワイヤレスピンマイクWX-4300B|パナソニックの評価とレビュー

価格
(4.0)
音質
(5.0)
持ち運びやすさ
(4.5)
バッテリーの持続時間
(5.0)
総合評価
(4.5)

軽くて持ち運びがしやすく、装着もしやすいワイヤレスマイクです。
パナソニックWX-4300Bの特徴は送信部が手のひらサイズで小型という点です。小型ですし、重さも120gしかありません。

そのため、持ち運びをする時も重くなく、小型なのでカバンに入れて簡単に持ち運びができるのです。

また、乾電池式のマイクになりますので、単三形の電池で25時間ほど使うことができます。電池なら予備を持っていくこともできますし、25時間も使えるのは持ち運びをメインに考えている方にとっては嬉しいポイントになるはずです。

ワイヤレスマイクの形もタイピン形なので装着も簡単にすることができます。

持ち運びもしやすくて、マイクの装着も簡単なワイヤレスマイクを探している方におすすめです。

おすすめ3.KIMAFUN 2.4G ワイヤレスマイク KM-G130-1


2.4G ワイヤレスマイク KM-G102-3|KIMAFUNの仕様・製品情報

以下のAmazonページをベースに、以下の4項目をまとめてください。

メーカー KIMAFUN
サイズ 記載等なし
発売日 記載等なし
搭載機能 2.4G無線伝送技術を採用

2.4G ワイヤレスマイク KM-G102-3|KIMAFUNをおすすめする理由

  • セット内容が豊富です。
  • 送信距離が最大30mあります。
  • 送信機と受信機が同時に充電できます。

2.4G ワイヤレスマイク KM-G102-3|KIMAFUNの評価とレビュー

価格
(5.0)
音質
(5.0)
持ち運びやすさ
(5.0)
バッテリーの持続時間
(5.0)
総合評価
(5.0)

音質も良く、セット内容も豊富でおすすめのワイヤレスマイクです。

KIMAFUN 2.4G ワイヤレスマイク KM-G102-3の特徴は最新の2.4Gの無線伝送技術で音がとてもクリアに再現することが出来るのです。
デザイン性にも優れていて、軽量デザインでもあるので、持ち運びをしやすいだけではなく、装着していても負担になることはありません。

ただ、人によっては日本の製品ではないので不安を感じてしまう方もいるかもしれないですが、いろいろなサイトを見ていても口コミ数は多いですし、評価も高いワイヤレスマイクです。安心して使うことができますよ。

こちらのワイヤレスマイクは持ち運びがしやすいもので、高音質の物を探している方にぴったりのアイテムです。

まとめ

この記事ではワイヤレスピンマイクの選び方をご紹介しました。

おすすめのアイテムでは価格・音質・持ち運びのしやすさによってそれぞれおすすめできるワイヤレスピンマイクをお伝えしております。

ワイヤレスピンマイクに対して必要とする性能は人それぞれ違いますので、あなたに合ったぴったりのマイクが見つかるとといいですね。
今回の記事を参考にして、ぜひ探してみて下さい。

合わせて読みたい!!

GOPROGoPro用マイクの選び方と人気おすすめモデル10選【2020年最新版】 マイク【最新版】防音マイクの選び方と人気おすすめ10選 マイク【ゲーム実況など】配信用マイクの選び方と人気おすすめ10選 |激安から高音質のものまで幅広くご紹介! ps4【最新版】PS4用配信マイクの選び方と人気おすすめモデルランキング10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です