【犬用ベッド選びに迷ってる方必見!】犬用 ベッドおすすめランキング10選!使い方や選び方についても紹介!

【犬用ベッド選びに迷ってる方必見!】犬用 ベッドおすすめランキング10選!使い方や選び方についても紹介!

室内犬を飼育していると、愛犬が落ち着ける場所として犬用ベッドが必要になります。犬用ベットはオールシーズン使用できるものもあれば、夏用・冬用と分けて使用できるものもあります。

また、形やデザインも様々で飼い主さんはどれを購入しようか悩むという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、犬用ベッド選びに悩んでいる飼い主さんへ向けて「犬用ベッドのおすすめ」をランキング形式でご紹介いたします。

ライフスタイルにぴったりな犬用ベッドを見つけてみて下さいね!

犬用 ベッドの基本情報

犬用 ベッドの基本情報
犬用ベッドの基本情報として押さえておきたいのは

  • ベッドの種類
  • ベッドの使い方
  • ベッドの選び方
  • ベッド使用時の注意点

の4つですね!順に紹介していきましょう!

犬用 ベッドとは

犬用ベッドとはその名の通り、犬専用のベッドのことをいいます。

サイズやデザイン、便利性など様々な種類が販売されていますが、どれを選んでも良いというわけではありません。

選んだベッドが愛犬に合わなければ、愛犬にとって落ち着かない・窮屈な場所となってしまう可能性もあるからです。

犬用 ベッドの種類

犬用ベッドには大きく分けて「クッションタイプ」「カドラータイプ」「ドームタイプ」の3タイプがあります。

「クッションタイプ」はサイズも豊富で洗濯や持ち運びが便利な平面タイプです。のびのびと休みたいという愛犬にピッタリなタイプです。

「カドラータイプ」はベッドの周りが盛り上がっており、頭や顎を乗せたり背中を角にピッタリとくっつけて眠ると安心して眠れるようなベッドです。飼い主さんにピッタリとくっついて眠ると安心している愛犬にピッタリなタイプです。

「ドームタイプ」は、小屋のように三方が囲まれているタイプのベッドです。保温性が高いベッドなので、冬に使用すると暖かく過ごせます。狭い場所やお布団に潜るのが好きという愛犬にピッタリなタイプです。

犬用 ベッドの使い方

犬用 ベッドの使い方
ここで犬用ベッドの基本的な使い方やその注意点についてご紹介します。

1.ベッドは常に清潔を保つ/ベッドは定期的に洗う

ベッドは常に清潔を保つために、最低でも月に1度は洗濯をしてあげる必要があります。反対に洗いすぎてしまうと、自分のニオイが頻繁に消えてしまうことによってストレスを感じてしまう子もいますので、洗い過ぎには注意です。

2.ベッドは愛犬がリラックス出来るような場所に設置する

愛犬にピッタリなベッドを用意しても、リビングの真ん中や騒音が激しい場所など、愛犬にとってリラックスができない場所に設置してしまうと意味がありません。
ベッドはできるだけ静かな場所で愛犬が好むスペースに設置してあげましょう。

3.夏・冬と使い分ける

夏は通気性に優れているものや、保冷剤が入れられるベッドなどを使用して夏バテ・熱中症予防を、冬は保湿効果のある温かいものや、ヒーターを入れて使用出来るものなどで暖かく過ごせるように、季節によってベッドを使い分けると良いでしょう。

犬用 ベッドの選び方

犬用 ベッドの選び方
犬用ベッドの選び方のポイントは

  • 柔らかさ
  • 軽さ
  • 安定性
  • 耐久性
  • 衛生面(洗濯)
  • 季節や気候

上記の6つです。ベッドによって特徴が異なりますので、上記のポイントを踏まえて愛犬にぴったりなベッドを選びましょう!
それでは、順に紹介いたしますのでぜひ参考にしてみてください!

柔らかさ

犬用ベッドを選ぶ際に重要になるポイントが「ベッドの柔らかさ」です。とくに寝たきりの愛犬に使うベッドは「厚み」が重要となってきます。

現在主流となっているベッドは約2cm〜5cmの厚みがあるものですが、できるだけ分厚いものを選ぶことをおすすめします。

床の反発の影響を受けないようにするのであれば、最低でも5cm以上の厚みがあるベッドを選びましょう!

ただし、厚みがあればあるほど乗り降りの負担がかかりますので、ベッドに座布団やクッション等をおいてステップを作り、乗り降りの負担を減らす工夫をしましょう。

軽さ

ベッドの持ち運びをしたい!という方は、ベッドの軽さも重視しましょう。重たいものはもちろん持ち運びが不便となります。また、洗濯が大変というデメリットもあります。

軽さを重視して選ぶのであれば「クッションタイプ」や「カドラータイプ」のものがおすすめですよ!

安定性

愛犬が安心して休むためにはしっかりとした安定性が必要になります。

購入してすぐのベッドであれば、ほとんどの商品で安定性に問題があるものはありません。しかし、洗濯などで中の綿が寄ってしまったり、使い古していれば安定性が損なわれてしまいます。

安定性を保つためには、適度に買い替えをする事も必要です!

耐久性

おもちゃや部屋のものを破壊する癖のある愛犬の場合、耐久性に優れているベッドを選ばなければ、すぐに壊されてしまいます。

噛んでも破れないかどうか、破れにくい布を使用しているかどうかもチェックして選びましょう!

衛生面 洗濯

ベッドの清潔を保つためには、定期的にお洗濯が必要となります。

洗濯がしやすいものかどうかをチェックするのも、犬用ベッドを選ぶ際の大きなポイントになります。

乾きにくい素材のベッドは、せっかく綺麗に洗ったとしても乾かしている間に雑菌やカビが繁殖してしまいます。

乾きやすいタイプや乾燥機OKなタイプのものも販売されているので、そういった商品を選ぶと良いでしょう。

季節 気候

季節や気候でベッドを使い分けるのも、とても重要なことです。寒い季節に通気性の良いベッドを使用してしまうと、もちろん寒さを凌ぐことができませんよね。

反対に暑い夏に冬用の断熱性に優れているものを使用してしまうと、夏バテや熱中症になってしまう恐れもあります。

犬用ベッドには「夏用」「冬用」がありますので、季節によって使い分けてあげるのも大切です。

犬用 ベッドを使用時の注意点

犬用 ベッドを使用時の注意点
犬用ベッドを使用する際に注意しておきたい点は以下の3つのポイントです。

  • ペットの大きさにあったサイズを選ぶ
  • ペットの状態にあったベッドを選ぶ
  • 中の綿を出して食べてしまわないようにする

ベッドは小さすぎると腰を曲げなければいけないため、腰に負担がかかったり犬にとってストレスとなってしまう事もあります。反対に大きすぎてしまうのも、落ち着けずストレスになってしまう可能性があります。

犬用ベッドは適度なゆとりがあるベッドを選びましょう。

また、高齢犬や介護犬の場合、体に負担が少ない高反発のマットレスを選んであげるなどの工夫が必要です。

そして、中に綿が詰まっているタイプのベッドを使用している場合、愛犬のいたずらによって中の綿が出されてしまう可能性もあります。

綿を出して食べてしまわないよう、いたずら好きな子に使用するベッドは頑丈なものを選ぶように注意が必要です。

犬用 ベッドの価格帯

犬用 ベッドの価格帯
犬用ベッドの価格帯は500円〜6,000円とかなり幅広い価格帯となっています。ベッドの機能性によって価格は大きく変動します。

安いものをお探しの方は2,000円前後の犬用ベッドを探してみるのが良いでしょう!

4,000円〜5,000円のものになると、介護用にも使える床ずれ防止用のマットや高反発マットなどの効果があるマットもありますので、介護が必要な愛犬にもおすすめです。

犬用 ベッドのおすすめ10選

犬用 ベッドのおすすめ10選
犬用ベッドのおすすめをランキング形式で10個ご紹介いたします。

10.PetStyle ペットベッド


PetStyle ペットベッドの仕様・製品情報

サイズ Mサイズ:70×50×10/Lサイズ:95×65×13/XLサイズ:120×80×16
ブランド PetStyle
素材 起毛生地、PP棉
ペットの種類 全犬種対応

PetStyle ペットベッドをおすすめする理由

  • 寒い季節には起毛生地、温かい季節にはベロア生地暑い季節には専用冷感シーツ(別途購入必要)でオールシーズン使える!
  • チャックがついていて簡単に中身を取り出せるから、洗濯しやすい
  • もこもこ・ふわふわで寝心地抜群

PetStyle ペットベッドの評価とレビュー

柔らかさ
(4.0)
軽さ
(3.0)
安定性
(3.0)
耐久性
(4.0)
総合評価
(4.0)

ふわふわ感抜群で愛犬リラックス!

大きめなサイズで大型犬ものびのびと寝ることが出来るふわふわベッド。付属しているカバーは表裏で季節ごとに使い分けができるので、この商品1つで年中使用することができます!

9. Dociote 中綿増量 丸型 ペットベッド


Dociote 中綿増量 丸型 ペットベッドの仕様・製品情報

サイズ 50×23cm/60×23cm/70×23cm
ブランド Dociote
素材 マイクロファイバー
ペットの種類 小型犬~中型犬

Dociote 中綿増量 丸型 ペットベッドをおすすめする理由

  • 温かいマイクロファイバーで体温3℃アップ!
  • 5cmの厚みで弾力性があるので、気持ちよく休むことができる
  • 洗濯機での水洗いが可能!清潔を保つことができる

Dociote 中綿増量 丸型 ペットベッドの評価とレビュー

柔らかさ
(4.5)
軽さ
(4.0)
安定性
(4.0)
耐久性
(4.0)
総合評価
(4.0)

優れた保温性で冬を暖かく過ごす事ができる

優れた保温性で、体温が3℃アップ!寒い冬も暖かく過ごす事ができます。通常よりも200g多く立体PP綿が入っているのでまるで包まれているかのような感覚になるので、安心して眠ることができますよ!

8.PEOPLE&PETS ペットベッド冬用


PEOPLE&PETS ペットベッド冬用の仕様・製品情報

サイズ Sサイズ:W47xD35xH15cm/Mサイズ:W57xD43xH15cm/Lサイズ:W67xD51xH15cm
ブランド PEOPLE&PETS
素材 ソフト生地
ペットの種類 小型犬~中型犬

PEOPLE&PETS ペットベッド冬用をおすすめする理由

  • 縁にも綿がたっぷり!顎を乗せてリラックスできる
  • リバーシブル仕様なので、この商品1つでオールシーズン過ごせる
  • 3D綿がたっぷりはいっていて、寝心地抜群!

PEOPLE&PETS ペットベッド冬用の評価とレビュー

柔らかさ
(5.0)
軽さ
(4.0)
安定性
(4.0)
耐久性
(4.0)
総合評価
(4.0)

もちもち感で快適な生活を!
もちもちとした3D綿がたっぷりはいっていて、ペットの体を優しく包みます。おもわずうっとりとしてしまうほどの柔らかさですので、暖かくぐっすりと眠る事ができます。

7. Amazonベーシック ペットベッド


Amazonベーシック ペットベッドの仕様・製品情報

サイズ 69×91cm/76×51cm
ブランド Amazonベーシック(Amazon Basics)

素材 ポリエステル, フォーム
ペットの種類 小型犬~中型犬

Amazonベーシック ペットベッドをおすすめする理由

  • 上部で柔らかいデザインで、ペットの関節への負担を軽減!
  • カバーの取り外しが簡単でお手入れも楽ちん!
  • 大きめサイズでのびのびとくつろげる

Amazonベーシック ペットベッドの評価とレビュー

柔らかさ
(4.0)
軽さ
(3.5)
安定性
(4.0)
耐久性
(4.0)
総合評価
(4.0)

丈夫で柔らかいデザイン!
ベッドはペットの腰や肩などにかかる負担を分散するため、ペットの関節にかかる負担を軽減し、ぐっすりと眠ることができます。また、カバーは取り外して洗濯可能ですので、お手入れがスムーズです。汚れてしまっても清潔を保つ事ができます!

6. Caroriペットカーペット


Caroriペットカーペットの仕様・製品情報

サイズ 72×50×1.5cm
ブランド Carori
素材 ポリエステル
ペットの種類 小型犬

Caroriペットカーペットをおすすめする理由

  • マットとして使用できるのはもちろん、布団としても使用可能な多機能!
  • 軽くて柔らかい素材で持ち運びも便利
  • 通年使用可能で夏も快適!ふわふわで保温性があるので冬も暖かく過ごすことができる

Caroriペットカーペットの評価とレビュー

柔らかさ
(4.0)
軽さ
(5.0)
安定性
(5.0)
耐久性
(5.0)
総合評価
(5.0)

丈夫で軽く持ち運びも簡単!
ポリエステル素材なので丈夫で軽く、持ち運びが簡単なので、旅行先や車内での使用も可能!マットだけではなく毛布としても使用できる多機能性のマットで、デザインも可愛いく独特で6種類から選ぶことができますよ!

5. Amazonベーシック ペットベッド


Amazonベーシック ペットベッドの仕様・製品情報

サイズ 61×18×51cm
ブランド Amazonベーシック
素材 人工シェルパフリース
ペットの種類 小型犬

Amazonベーシック ペットベッドをおすすめする理由

  • 保温性の高い素材で体温を自然にキープすることができる
  • 耐久性のあるコーデュロイベースを使用。
  • 厚みがあるので居心地が良い!

Amazonベーシック ペットベッドの評価とレビュー

柔らかさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
安定性
(4.5)
耐久性
(4.5)
総合評価
(4.5)

居心地が良く愛犬が安心して眠れる!

厚みのあるベッドで、ゆとりのある大きさなのでのびのび・ゆったりと眠る事が出来ます。保温性の高い天然の熱伝導素材を使用しているので、冬は自分の体温のみで暖かく過ごすことが出来ますよ!

4. Peto-Raifu ペットベッド


Peto-Raifu ペットベッドの仕様・製品情報

サイズ 50×40×13cm/76×60×13cm
ブランド Peto-Raifu
素材 ポリエステル
ペットの種類 小型犬~大型犬

Peto-Raifu ペットベッドをおすすめする理由

  • クッション部分が分厚く柔らかいので、居心地抜群!
  • 箱型なので、安心感がある!
  • 高弾力のポリエステル綿を使用しているので型崩れしにくく長持ち!

Peto-Raifu ペットベッドの評価とレビュー

柔らかさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
安定性
(4.0)
耐久性
(4.5)
総合評価
(4.0)

柔らかく弾力があるので愛犬に安心感を与える!

高弾力のポリエステルを使用しているので、型崩れがしにくく通気性もいいので蒸れもありません。そのため、愛犬にとってとても居心地のいい場所となるでしょう!そのまま丸洗いも可能なので清潔に保つことができます。

3. Amazonベーシック ペット用ベッド


Amazonベーシック ペット用ベッドの仕様・製品情報

サイズ 丸形:50.8×50.8×15.2cm
ブランド Amazonベーシック
素材 ポリエステル
ペットの種類 小型犬

Amazonベーシック ペット用ベッドをおすすめする理由

  • 丸型なので身体を丸めて眠るのが好きな子にピッタリ!
  • 縁にはとてもソフトなプラッシュ素材使用で愛犬にとって快適に休める柔らかさ!
  • 水洗い可能で清潔を保つことができる!

Amazonベーシック ペット用ベッドの評価とレビュー

柔らかさ
(4.5)
軽さ
(4.0)
安定性
(4.0)
耐久性
(4.0)
総合評価
(4.0)

丸まって眠るのが大好きな愛犬にピッタリ!

身体を丸めて寝る子に向けて作られた丸形ベッドは、柔らかい起毛フランネル生地を使用した縁と柔らかいポリエステル綿が使用されているので心地よく眠りにつくことができます。

2. Amazonベーシック ペットマット


Amazonベーシック ペットマットの仕様・製品情報

サイズ 56×38cm/102×71cm
ブランド Amazonベーシック
素材 ポリエステル/フォーム
ペットの種類 小型犬~中型犬

Amazonベーシック ペットマットをおすすめする理由

  • ゆったりとした大きさなので愛犬がのびのびと休むことができる
  • クレートやキャリアに固定ができる!
  • 軽くて持ち運びが便利!

Amazonベーシック ペットマットの評価とレビュー

柔らかさ
(4.0)
軽さ
(4.5)
安定性
(4.0)
耐久性
(4.0)
総合評価
(4.0)

クレートに固定ができるからズレているのを直す手間が省ける!
クレート内にベッドをおいていると、愛犬が暴れた際にズレてしまい、飼い主さんがその都度直す手間がかかりますが、こちらの商品は固定するためのループ付きなので、ズレる心配がありません!縁もついているので愛犬は頭を乗せてリラックスできます。

1. Dociote 中綿増量 丸型 ペットベッド


Dociote 中綿増量 丸型 ペットベッドの仕様・製品情報

サイズ 50×23cm/60×23cm/70×23cm
ブランド Dociote
素材 マイクロファイバー
ペットの種類 小型犬~中型犬

Dociote 中綿増量 丸型 ペットベッドをおすすめする理由

  • 中綿200g増量でボリュームUP!寝心地抜群
  • 側面が高くなっていて頭と顎がのせやすいので気持ちよく休める
  • 洗濯機使用可!型崩れしにくく長持ち!

Dociote 中綿増量 丸型 ペットベッドの評価とレビュー

柔らかさ
(4.5)
軽さ
(4.0)
安定性
(4.0)
耐久性
(4.0)
総合評価
(4.0)

寒い冬を暖かく快適に乗り越える!

丸まって寝ると安心するという犬の習性に合わせて設計されていて、保温性もしっかりとあるDocioteのベッドは、愛犬が安心してぐっすりと眠ることができます。また、型崩れのしにくい構造となっているので、洗った後の型崩れを直す手間も省けます!

まとめ

この記事ではペットベッドの基本情報や選び方、人気おすすめ商品10選を中心にご紹介いたしました。ペットベッドの選び方としては耐久性や安定性をはじめ大きく分けて「クッションタイプ」「カドラータイプ」「ドームタイプ」の3タイプがあり、それぞれの特徴をしっかりとチェックして愛犬にあうかどうかを見極めることが大切です。
ぜひこの記事を参考に、愛犬が安心して眠れるベッドを探してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です