【2018年最新版】レゴアドベントカレンダーについて徹底解説 | スターウォーズ・シティ・フレンズなど

レゴ

今回は、2018年に発売されたレゴアドベントカレンダーについてレゴ好きが紹介しています。

そもそもアドベントカレンダーって?

アドベントカレンダー

アドベントカレンダー(Advent calendar) は、クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用される、日めくりカレンダーのことを指します。

キリスト教では、『イエス・キリストの降誕を待ち望む期間』がそれに当たり、カレンダーに付いている窓を毎日ひとつずつ開けていきます。

すべての窓を開け終わるとクリスマスを迎えたことになるため、多くのアドベントカレンダーには24個の「窓」がある場合が多いそうです。

アドベントカレンダーは、窓を開くと写真やイラスト、詩や物語の一編、チョコレートなどのお菓子、小さな贈り物等が入っていることが多く、宗教色の強いものもあれば、単に娯楽用のものもありますが、レゴアドベントカレンダーは、それがレゴの『ミニフィグ』と呼ばれるブロックのキャラクターなのです!

またレゴニンジャゴーシリーズの2019年新商品に関する記事もおすすめです!
70664 Spinjitzu Lloyd vs. Garmadon【2019年最新版】レゴニンジャゴーシリーズの新商品のラインナップとその特徴

レゴアドベントカレンダーの遊び方

アドベントカレンダーとしてワクワクを楽しむもう

レゴ

2018年10月1日にレゴスターウォーズ、レゴシティ、レゴフレンズの3つからアドベントカレンダーが発売されました。

筆者もまだまだ沢山コレクションをしているわけでは無いのですが、今年はシティのアドベントカレンダーを購入!

窓を開けると毎日、『今日はどんなフィグが出てきてくれるのかな?♪』とワクワクしながら毎日開封中です!

内扉絵には、組み立て方も併記されていますので、開けてからまた自分で組み立てるという二重の楽しみ方で遊ぶことができます。

開けて楽しい、組み立てて楽しい!

毎日一つの「窓」を開けるのですが、そこには何が入っているかわかりません。「ガチャガチャ」のような楽しみがあります!

そして、出てきたパーツは組み立ててもよし、窓に戻すもよし、セットの台紙の上に乗せてディスプレイにしてもよし、他のレゴセットと併せて飾るもよし!でなんでもありです!

筆者はとりあえず、こんな感じでディスプレイして遊んでみました!笑
レゴ

今年のレゴアドベントカレンダーの魅力

今年の魅力は、レア感!

スターウォーズシリーズは、一時期テレビ東京でオンエアされていた『LEGO スターウォーズ フリーメーカーの冒険』からローワンが含まれています。

これまた、スターウォーズマニアの皆さんにはたまらないでしょう。

また、ボリューミーな組み立てが今年の醍醐味である、レゴフレンズの可愛いブロックをはじめ、シティも今年は可愛い路線を狙ってるのでしょうか、シベリアンハスキーが付属しています。

そしてレゴ全体に当てはまりますが、魅力は何と言っても、開けたら出てくるフィグ!

しかも完成系ではなく、パーツが一つ一つ袋詰めされたものが入っています。

これを、扉絵のように組み立てていきます。
レゴアドベントカレンダー

開けて楽しい!組み立てて楽しいの2つの楽しみがあります。

御覧の通り、扉の裏側には、図解で組み立て方が掲載されています。そのため、お子様でも、複雑な組み立て作業が苦手な方でもカンタンに組み立てが出来ます。

2018年版レゴアドベントカレンダー全種類とその特徴

2018年10月1日にレゴスターウォーズ、レゴシティ、レゴフレンズの3つからアドベントカレンダーが発売されました。

以下では

  • レゴスターウォーズ
  • レゴシティ
  • レゴフレンズ

の3つについて解説いたします!

レゴスターウォーズ

2018年版のレゴスターウォーズの平均価格は¥2,900~¥6,445(税込)となっております。

また、レゴスターウォーズのセット内容としては

  • ランドスピーダー
  • アローヘッド(フリーメーカーの冒険)
  • リパブリック・ファイター・タンク
  • ナブー・スターファイター
  • ツインポッド・クラウドカー
  • グリーヴァス将軍のスターファイター
  • ブラスター・キャノン
  • デルタ7・ジェダイ・スターファイター
  • インペリアル・トループ・トランスポート
  • TIEファイター
  • AT-ACT
  • ゼータ級貨物シャトル
  • インペリアル・スピーダーバイク

が入っています。

ミニフィグ類については

  • ローズ(最後のジェダイ)
  • ローワン(フリーメーカーの冒険)
  • アントック・メリック将軍(ローグ・ワン)
  • バトルドロイド
  • デス・トルーパー
  • ラスター
  • グアヴィアン・セキュリティ・ソルジャー
  • IG-88暗殺ドロイド

が入っています。

レゴシティ

2018年版のレゴシティのアドベントカレンダーの平均価格は¥2,267~¥6,000(税込)となっております。

この商品の特徴としては

  • スペースシャトル
  • レーシングカー
  • ドローン
  • ロボット
  • クリスマスツリー
  • モンスタートラック

などの組み立て式ミニアイテムが入っているます。
ミニフィグはサンタクロースなど五体と、かわいいシベリアンハスキーです!

レゴフレンズ

2018年版のレゴフレンズのアドベントカレンダーの平均価格は¥2,730~¥6,016(税込)となっております。

2018年のレゴフレンズアドベントカレンダーはボリュームが大幅アップしています。

キャラクター5人それぞれに合わせた飾りが入っています。その代わりミニフィグが付いていません。

こちらはなんと、1日当たり約20.8個のブロックが使われているようです!
組み立ても充実していますね。

ツイッターでも販売があると公式での呟きが何度か出てくるので、知る人ぞ知るアイテムとなっています。

合わせて読みたい!!

ローラースケート【子供用と大人用】ローラースケートの人気おすすめ10選 |種類やおすすめメーカー3選も! ベイブレードドライバー6【最強への道しるべ】ベイブレードドライバーの「全て」を書いてみた ベイブレードスタジアム【マニアが教える!!】ベイブレードスタジアムの種類をわかりやすく写真付きで解説!! |組み立て方も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です