【人気ブランドは?】ストライダー用ヘルメットの選び方と人気おすすめ10選

ストライダー ヘルメット

ストライダーに乗ることで子供の足が早くなると言われていたり、体の使い方、バランス感覚が自然に見につくと言われています。

そのため、最近ではストライダーを持っている家庭や購入を考えている方は多いです。

今回は、ストライダーとセットで必要となるストライダー用のヘルメットをご紹介します。

ヘルメットと言っても選び方が重要です。今回は人気のストライダー用のヘルメット10選ご紹介します。

またこちらの記事でストライダーに関して詳しく解説していますのでおすすめです。

ストラーダーストライダーって何?自転車の違いとは?人気のモデルはどれ?

ストライダーヘルメットの選び方

ストライダーのヘルメット選びはとても重要になります。ヘルメットがあっていなかったり、していないとちょっとした転倒が大きな怪我となる可能性があるのです。

そんなことにならないように、選び方を知っておきましょう。

ポイントは

  • 安全性が最重要
  • 頭のサイズに合うものを
  • ヘルメットの種類も確認しよう
  • なるべく軽量・通気性が高いものがおすすめ
  • 人気ブランドもチェックしよう!

の5つです。

安全性が最重要

安全性が重要
ヘルメットはストライダーに乗っていて転んだ際やぶつかってしまった際に、最小限の衝撃にするためのものです。

頭を守る重要なものであるため、国で定められた、安全基準をみたしていないといけません。

子供が自転車やストライダーを乗る時の危険性を考えた上で、平成20年6月に13歳未満の子供のヘルメット着用努力義務が施行されたのです。

安全なヘルメットは「SG規格・PSCマーク」「CPSC規格」などの表記があるので、購入前に確認してください。

ヘルメットの安全性で重要なのは

  • 衝撃を吸収すること
  • あご紐でヘルメットがずれない様にすること

などです。

頭につけるものだからこそ、衝撃をしっかりと吸収するヘルメットを付けることで、頭を守り、怪我などのダメージを少なくすることができます。

あご紐の調節は親がきちんと行わなければなりません。衝撃があった時のことを考え、ヘルメットがすぐに取れることのない様に調節しておきましょう。

頭のサイズに合うものを

サイズ
子供用のヘルメットは大人用と違いたくさんのサイズがあります。

そのため、サイズをきちんと測っておきましょう。子供がすぐ大きくなるからと言って大きめを購入するのは危険なのでやめて下さい。

もし、大きめを購入するようであれば、サイズ調整ができるようなクッション付きのものにしましょう。

そうすることで、子供が大きくなってもクッションで調節することができるので、長く使うことができます。

ヘルメットの種類も確認しよう

ヘルメットと一言で言っても、ハーフタイプやフルタイプなど種類があります。お子さんにとってどちらのタイプが必要なのか考えながら見ていきましょう。

ハーフタイプ

ハーフタイプ
ハーフタイプのヘルメットは安く購入することができ、子供が嫌がることも少ないです。

また、初心者の子供に対しては、ストライダーに乗ってもスピードが出にくいので、ハーフタイプのヘルメットでも危険性は少ないでしょう。

ただ、デメリットとしては顔の前が出たままになっているので、前に転んでしまった際に、顔を怪我する可能性があります。

しかし、子供が出すスピードですし、前に転んでいく可能性は低いです。子供の様子をみて選んでください。

フルタイプ

フルタイプ
フルタイプのヘルメットは見てわかる通り、顔から頭まで全部を守ることができます。

そのため、子供がストライダーに慣れてきてスピードが速くなってきたり、大会などを目標としている場合は、フルタイプを選ぶようにしましょう。

スピードが出ているということは、それだけ転んだ時の衝撃が大きくなります。子供が転んだ時にどのくらいの衝撃を受けるのか?考えて選んでください。

ただ、フルタイプを窮屈に感じてしまう子どももいるので、購入前に一度試しに被らせてみて、子供の反応を見ることが大切です。

軽量・通気性が高いものがおすすめ

通気性
子供がつけるものなので、なるべく軽量なヘルメットを探すようにしましょう。

重いとストライダーで遊ぶことよりもヘルメットの重さに気が行ってしまい、遊びに集中できなくなってしまう可能性があります。

また、子供の首はまたまだ発達している最中なので、身体的にも重いヘルメットは負担に感じてしまうのです。

子供のヘルメットは軽いだけではなく通気性も大切になります。子供は汗をよくかくので、通気性が高いものを選ぶことも大切です。

子供が不快感を感じることなく、楽しく遊べるようなヘルメットを探してあげましょう。

人気ブランドもチェックしよう!

ヘルメットの人気ブランドは機能性も高く、デザイン性も高いためおすすめです。今回は特におすすめの3つのブランドをご紹介します。

ここでは

  • バーン(BERN)
  • ベル(BELL)
  • ブリジストン

の3ブランドをご紹介します。

バーン(BERN)

ストライダーに詳しい方なら知っている可能性が高いブランドです。バーンの特徴は取り外しができるキャップがついているところになります。

キャップがついていることでちょっとした日差し対策にもなりますし、デザイン性も高く特徴的でおしゃれです。

日本にはないデザインを探している方にはもってこいのブランドになります。

ベル(BELL)

特徴的なヘルメットがあり、デザイン性が高いブランドのベルは、人と一緒のヘルメットになるのが嫌な方におすすめです。

ベルはチークパッドがついているために、ハーフタイプよりもつけやすいヘルメットになります。

また、フルタイプのような窮屈さもないので、子供がストライダーに慣れてきたころに、ベルのヘルメットに変更してもいいでしょう。

ブリジストン

ブリジストンは自転車などでも有名なブランドなので知っている方も多く、ストライダーのヘルメットの購入を考えた時に、ブリジストンが頭に浮かぶ方は多いはずです。

大人の自転車のイメージですが、ブリジストンは子供用のヘルメットも多く、子供が好きそうな分かりやすい、可愛い柄が多くあります。

子供も楽しくヘルメットを選ぶことができますよ。

ストライダーヘルメットの人気おすすめモデル10選

人気でおすすめのストライダーヘルメットのTop10を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ニコ ハードシェル ベビーヘルメット|クミカ工業



ニコ ハードシェル ベビーヘルメット|クミカ工業をおすすめする理由

  • シンプルなデザインが素敵です。
  • 帽子をイメージしたヘルメットだからこそ、子供が嫌がらずに付けてくれます。
  • ダイヤルを回すだけでサイズ調節が可能です。

ニコ ハードシェル ベビーヘルメット|クミカ工業の評価とレビュー

難しいサイズ調節が簡単にできるヘルメットです。
ヘルメットは子供のサイズに合わせて購入することが重要になります。しかし、月齢や年齢が小さいほど、成長するスピードは早いです。

そのため、親としては長く使えるように大きめを購入したいですよね。そんな親の気持ちを理解しているように、サイズ調節が可能となっています。

サイズ調節も難しいと感じますが、ダイヤルで簡単にサイズを調節できるので、子供にヘルメットをかぶせた状態で、ピッタリしずにすることができるのです。

長く使えて、サイズ問題も抱えることのないヘルメットは小さいお子さんにおすすめになります。

Little Nutty / Bumblebee 幼児・子供用ヘルメット|ナットケース



Little Nutty / Bumblebee 幼児・子供用ヘルメット|ナットケースをおすすめする理由

  • 可愛いミツバチデザインが子供向きです。
  • インナーシェルが分厚く衝撃から守ってくれます。
  • 日差し除けのバイザーがついています。

Little Nutty / Bumblebee 幼児・子供用ヘルメット|ナットケースの評価とレビュー

簡単に装着することが可能なヘルメットです。

ヘルメットを付ける際に、子供の皮膚を挟んでしまうトラブルを経験した方は多いはずです。実際に親が経験している方もいるのではないでしょうか?

ヘルメットを嫌がる子供も多い中、痛い思いをしたら余計にヘルメットを被ることが難しくなります。

ですが、ナットケースのヘルメットは皮膚を挟まないようにマグネット式になっているため、子供が痛い思いをする可能性はありません。

マグネット式だと簡単に外れてしまいそうですが、その心配はないので、安心して使用することができますよ。

自転車ヘルメットキッズ スタンダードモデルSサイズ|サギサカ



自転車ヘルメットキッズ スタンダードモデルSサイズ|サギサカをおすすめする理由

  • 日本人の頭に合わせて作られています。
  • ソフトシェルを使用していることで、軽いヘルメットになっています。
  • 内装のパットは取り外して、洗うことができます。

自転車ヘルメットキッズ スタンダードモデルSサイズ|サギサカの評価とレビュー

手入れがしやすいヘルメットになっています。

子供は大人に比べて汗をかきやすいです。特に、夏などの暑い時期にはすぐに大量の汗をかくことになります。

汗がついているのにも関わらず、ずっと使い続けるのは衛生的によくありません。

その点、サギサカのヘルメットは内装パットが簡単に取り外すことができます。

簡単に取り外すことができるので、洗うのも簡単で、常に清潔な状態を保つことができます。

また、通気口も大きく作られているので、汗をかいても蒸れることは少ない様に感じます。

カブロヘルメットV それいけ! アンパンマン|エムアンドエム



カブロヘルメットV それいけ! アンパンマン|エムアンドエムをおすすめする理由

  • 子供が大好きなアンパンマンのデザインです。
  • クッションが2種類付いていて安全性が高いです。
  • 内部の部品は洗うことができます。

カブロヘルメットV それいけ! アンパンマン|エムアンドエムの評価とレビュー

子供が嫌がることなく付けてくれるヘルメットです。

子供から大人気のアンパンマンがデザインされているヘルメットは、子供が喜んでくれること間違いありません。

ヘルメットが苦手な子供でも、好きなキャラクターのヘルメットとなったら別の話です。特に、小さいお子さんの場合は親の言葉掛けだけではどうにもならないことも多いと感じます。

そんなお子さんには、アンパンマンデザインのヘルメットは最もおすすめになります。また、アンパンマンは男女関係なく使うことが出来るのも嬉しいメリットです。

チャイルドメット PAL|OGK KABUTO



チャイルドメット PAL|OGK KABUTOをおすすめする理由

  • マットなカラーがオシャレです。
  • フィットバンドを使用しているので、毎回ベルトの調節をしなくても良いです。
  • 後ろの調節がゴムなのでしっかりとフィットしてくれます。

チャイルドメット PAL|OGK KABUTOの評価とレビュー

フィット感が抜群のヘルメットです。
ヘルメットはきちんとフィットしていることが、大切になります。しかし、使っている家に段々とベルトが緩くなってしまったり、頭が大きくなりきつさを感じてしまったり、子供のベルト調節は難しいです。

ですが、オージーケーカブトのヘルメットは後ろの調節ベルトがゴムになっているため、綺麗に不快感なくフィットしてくれます。

ゴムなので、子供もきつさを感じることなく、心地よくヘルメットを付けることができるのです。窮屈が苦手な子供にもってこいのヘルメットです。

保護用ヘルメット|XJD



保護用ヘルメット|XJDをおすすめする理由

  • ワンタッチ式の顎紐が子供自身で付けることができます。
  • 通気口の数が多く頭が蒸れにくいです。
  • 見た目が高級感を感じるような質感になっています。

保護用ヘルメット|XJDの評価とレビュー

子供の自立心を搔きたてるヘルメットです。
ヘルメットは付けるのが難しく、親が付けている方も多いはずです。しかし、XJDのようにワンタッチ式の顎紐にしてあることで、子供が自分で着脱ができるようになります。

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、一度自分で付けられるようになったら、親も楽になります。

ストライダーを用意している間に、子供がヘルメットを付けてくれていたら、遊ぶ時間も増やすことができるのです。

そして、自分でできたという達成感から満足感を得ることもできます。ヘルメットの着脱ができたことをきっかけに自立心が芽生えるかもしれません。

幼児・子供用 自転車ヘルメット 虹 オレンジ×レッド|エフエスジャパン



幼児・子供用 自転車ヘルメット 虹 オレンジ×レッド|エフエスジャパンをおすすめする理由

  • デザインが虹がイメージされていて綺麗です。
  • 目立つ色なので、公園などで練習していても子供を見つけやすいです。
  • 頭が小さい子供でもピッタリサイズに合わせることができます。

幼児・子供用 自転車ヘルメット 虹 オレンジ×レッド|エフエスジャパンの評価とレビュー

頭が小さいお子さんにおすすめのヘルメットです。
ヘルメットは子供の成長を考えて大きめを購入したい方が多いですが、中には、子供の頭が小さくて困っている方もいます。

小さすぎると、ぴったりとフィットするヘルメットを見つけるのは大変です。

しかし、エフエスジャパンのヘルメットは頭が小さいお子さんも、ぴったりサイズで使えるように工夫されています。

どのヘルメットも大きくて、フィットするものに出会えていない方は、一度購入してみてはどうでしょうか?試す価値はありますよ。

bern ヘルメット キッズ ニーナ Nina Zip Mold|バーン



bern ヘルメット キッズ ニーナ Nina Zip Mold|バーンをおすすめする理由

  • いろんなデザインが豊富にあり、選ぶのが楽しいです。
  • 耐久性がありながらも、軽量につくられています。
  • アメリカでも安全性が認められています。

bern ヘルメット キッズ ニーナ Nina Zip Mold|バーンの評価とレビュー

安心性が高いヘルメットです。
バーンのヘルメットは有名なので、それだけでも安心感はあります。その安心感がどんなところか調べていくと、日本はもちろんですが、アメリカでも安全性が認められているところではないでしょうか?

ヘルメットに必要な安全さは国によって大きく違わないものかもしれませんが、どの国でも子供が大切なことに変わりはありません。

そのように考えると、日本以外の国でも安全性が認められていることは、大きな安心感となりますよね。子供の怪我が恐い方におすすめのヘルメットです。

ヘルメット ズーム2 ZOOM2 ホワイトハーツ|ベル



ヘルメット ズーム2 ZOOM2 ホワイトハーツ|ベルをおすすめする理由

  • 虫が侵入しないようにバグネットがついています。
  • 日本の暑さ対策にアウターシェルに工夫がされているます。
  • ベルならではの、丈夫さは子供用でも一緒です。

ヘルメット ズーム2 ZOOM2 ホワイトハーツ|ベルの評価とレビュー

フォルムが綺麗なヘルメットです。
ベルのヘルメットは顎や頬も守ってくれるようなデザインがあります。今回ご紹介しているベルの形は違いますが、ベルならではの頑丈さは変わりません。

また、子供用のため軽さに関してもとても研究されているのです。持ってみると驚くほどの軽さを感じることでしょう。

機能的が抜群のベルのヘルメットはフォルムもとても綺麗です。他のブランドとは少し違う形におしゃれさを感じる方も多く、人気が高いブランドになります。

おしゃれなヘルメットを探している方はぜひ、参考にしてみてくだしさい。

幼児用ヘルメット colon|ブリジストン



幼児用ヘルメット colon|ブリジストンをおすすめする理由

  • 車のデザインは男の子に大人気です。
  • 丈夫な作りで、長く使うことができます。
  • 傷が目立たない質感です。

幼児用ヘルメット colon|ブリジストンの評価とレビュー

傷も目立たず、長く使えるヘルメットです。
ストライダーに乗っていると、何回か転ぶこともあります。そんな時のためのヘルメットですが、あまりにも傷がつきやすかったりすると見た目的に気になってきます。

しかし、こちらのヘルメットはマットな質感ということから、ちょっとした傷は目立ちにくいです。そのため、傷がついたとしても気にならず長く使うことができます。

また、ブリジストンというブランド名に恥じないような、頑丈な作りになっているため、大きく転ばない限りは買い替える必要はないでしょう。

まとめ

ストライダーは子供がのるため、どのように転倒するのか?あるいはブレーキすることができずどのようにぶつかってしまうのか?予想することはできません。

そんな時のために必要となるのがヘルメットです。今のヘルメットはいろんな種類があり、デザイン性も高いため子供がつけるととても可愛く感じます。

親は機能性を重視して選び、子供はその中から好きなカラーやキャラクターを選ぶことによって、親子で必要としているヘルメットを見つけることができるでしょう。

合わせて読みたい!!

ローラースケート【子供用と大人用】ローラースケートの人気おすすめ10選 |種類やおすすめメーカー3選も! キックスクーター【子供と大人別に紹介】キックスクーター選び方とおすすめメーカー3選とその特徴を解説 キックボード【子供と大人別に紹介】キックボード選び方とおすすめメーカー3選とその特徴を解説 一輪車【大人と子供別】一輪車の選び方と人気おすすめ10選 | サイズの選び方などわかりやすく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です