【コスパ最強】とにかく安いブルーレイレコーダーの人気おすすめ10選 |2019年最新版

ブルーレーレコーダー

ブルーレイレコーダーは高いもの!と思っている人も多いと思います。

ですので、購入する際に一番気になるのは価格ではないでしょうか??

そこで今回は、失敗しないブルーレイレコーダーと格安の商品を10選ご紹介します。

ブルーレイレコーダーっていくらから安いといえるの?

コスパ
ブルーレイレコーダーはピンからキリまで価格の幅が広いものです。

高いものなら10万円を優に超える数十万円単位のもの、安いものなら、2~3万円前後で買えるものまであります。

もちろんコストは、機能性や録画できる容量、保存できる画質などによっても異なりますが、コストは安くてもブルーレイを見たり、録画したりできる基本機能はもちろん備わっていますので、最低限の機能さえ押さえておきたいという人なら、低価格帯のブルーレイレコーダーを選ぶのもOKです。

失敗しないブルーレイレコーダーの選び方

コスパで選ぶ場合には、特に失敗しないためのコツをしっかり押さえておくことが大切です。失敗されたくない方は次の方法を要チェックしてみてましょう。

  • HDD容量をチェック!
  • 複数録画をしたいなチューナー数を確認!
  • スマホ連携機能があれば便利!

HDD容量をチェック!

チェック
まずは、HDD容量を確認してみましょう。

HDD容量とは、どれだけたくさんの映像が録画しておけるかを判断するためのものです。

判断の仕方としては、HDD容量の数値が大きくなれば大きくなるほど、たくさんの映像を録画できます。

ただし、録画する画質やデータ量によっては、数は大きくてもさほどの時間録画できないということもあります。

とにかくたくさん録画したい!と言う人なら、HDD容量は数値が大きいものを選んでおくのがよいでしょう。

複数録画をしたいなチューナー数を確認!

ブルーレイレコーダー
そもそもチューナーとは、テレビの映像をその機器で受信するための装置のことを言います。

チューナー1つにつき、1つの番組を録画することが可能です。つまり、チューナー数が多ければ、それだけ多くの番組を同時に録画することができるということです。

ただし、チューナー数が多いとそれに応じてコストもかかってきます。

そのため、コスパ重視の方はあまり多くのチューナーを搭載している機種よりも、自分に最適な分のチューナーが搭載されているものを選ぶのがよいでしょう。

スマホ連携機能があれば便利!

スマホ連携
スマホ連携機能があると、例えば家の外から録画したい番組をチェックして録画予約をすることができたり、録画した番組をスマホに入れて持ち運んで楽しんだり、番組放送をリアルタイムで見ることもできます。

もちろんこれは、機種ごとにアプリ連携の有無があったり、機能もそれぞれ異なったりします。

しかし色々な使い方や楽しみ方ができる、利便性を重視したい方には魅力的な機能であると言えます。

ちなみにスマホ連携機能の場合には、インターネット接続が可能である機種に限られますので、インターネット接続についてもチェックしてみましょう。

とにかく安いブルーレイレコーダーの人気おすすめランキング10

人気でおすすめのとにかく安いブルーレイレコーダーを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 パナソニック DIGA DMR-BRS530


パナソニック DIGA DMR-BRS530の仕様・製品情報

メーカー パナソニック
サイズ 430×41.5×179 mm
重量 1.8kg
HDD容量 500GB
搭載機能 最大1番組録画可(1チューナー)、外付けHDD対応、有線LAN対応

パナソニック DIGA DMR-BRS530をおすすめする理由

  • 2万円台で手に入る低価格アイテム!
  • スマホ連携で外出先でも録画視聴可!
  • 他社製テレビにも使えるリモコン付属!

パナソニック DIGA DMR-BRS530の評価とレビュー

とにかく価格で選びたい人におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

パナソニックと言えば、数多くのブルーレイレコーダーを生み出してきたメーカーですが、2万円台と超格安なブルーレイレコーダーも販売しています。

それが、DMR-BRS530です。チューナー数は1チューナーと少ないですが、スマホ連携によって外出先で録画した番組が楽しめたり、インターネットと連動した、スカパー!プレミアムサービスLink のようなコンテンツと楽しむこともできます。

そのため、価格重視でとりあえず最低限の機能だけは備わっていればOK!と言う人にとくにおすすめなアイテムになっています。

第9位 FUNAI FBR-HW510


FUNAI FBR-HW510の仕様・製品情報

メーカー FUNAI
サイズ 430×48×212mm
重量 2.1kg
HDD容量 500GB
搭載機能 最大2番組録画可(2チューナー)、外付けHDD対応、有線LAN対応

FUNAI FBR-HW510をおすすめする理由

  • 外付けHDD対応で容量の幅が広い!
  • スマホ連携可能で外でも録画視聴できる!
  • 外出先からの録画予約もできる!

FUNAI FBR-HW510の評価とレビュー

価格・機能ともにお手頃なものをお探しの方におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

FUNAIは、日本の大阪にある家電メーカーです。ヤマダ電機との取り扱いで有名ですが、Amazonでも一部商品が販売されています。

中でも、FBR-HW510はコスパがいいのに、最低限の機能も備わった非常にお手頃なブルーレイレコーダーとしても有名です。

容量は500GB、画質に関わらなければ最大で500時間程度の録画が可能です。

また、2番組の同時録画にも対応しているため、裏番組の録画をしたい方にもおすすめです。

さらに、有線ではありますがLANケーブル接続がき、スマホ連携にも優れています。

第8位 東芝 REGZA DBR-W508


東芝 REGZA DBR-W508の仕様・製品情報

メーカー 東芝
サイズ 430x46x210 mm
重量 2.1kg
HDD容量 500GB
搭載機能 最大2番組録画可(2チューナー)、外付けUSB-HDD対応、有線LAN対応、4Kアップコンバート出力対応

東芝 REGZA DBR-W508をおすすめする理由

  • 子どもやお年寄りにもおすすめの簡単操作!
  • スマホ連携で操作性アップ!
  • 忙しい人におすすめな時短モード搭載!

東芝 REGZA DBR-W508の評価とレビュー

操作性を重視したい人におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

東芝が手掛けるREGZAシリーズは、昔から操作性が良いとの評判の高いアイテムでした。

中でもDBR-W508は、W509の1つ前の機種ではありますが最新の要素取り入れたさらに幅の広い操作性を盛り込んだブルーレイレコーダーです。

スマホ連携機能により、録画した番組を持ち出してみることはもちろん、スマホ内で録画予約ができます。

さらに注目は、時短モードが搭載されているというポイントで、その人にあった再生時間を提案してくれるので、限られた時間の中で録画した内容を視聴することができるのは、東芝ならではの機能だと言えます。

第7位 パナソニック DIGA DMR-BRW550


パナソニック DIGA DMR-BRW550の仕様・製品情報

メーカー パナソニック
サイズ 430×41.5×179 mm
重量 1.8kg
HDD容量 500GB
搭載機能 最大2番組録画可(2チューナー)、外付けHDD対応、有線LAN対応、4Kアップコンバート出力対応

パナソニック DIGA DMR-BRW550をおすすめする理由

  • スマホ連携で使い方も自由!
  • ハイレゾ&4Kアップコンバートで画質も音質もきれい!
  • お部屋ジャンプリンクで家の中での共有ができる!

パナソニック DIGA DMR-BRW550の評価とレビュー

ネットとの連携性を重視したい方におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

コスパがいいブルーレイレコーダーの中でも、インターネットを使った連携性に優れているのが、パナソニックのDMR-BRW550です。

有線LANに対応しており、スマホ連携にも優れているのが特徴です。

さらに、パナソニックのブルーレイレコーダーは、お部屋ジャンプリンクと言う機能が備わっており、家中のパナソニック製のテレビやレコーダーデッキなどの間でデータを共有できるというメリットがあるのです。

そのため、部屋が違っても録画した映像をどこでも楽しめる点で優れています。

第6位 シャープ AQUOS BD-NW520


シャープ AQUOS BD-NW520の仕様・製品情報

メーカー シャープ
サイズ 430x48x195 mm
重量 2.1kg
HDD容量 500GB
搭載機能 最大2番組録画可(2チューナー)、外付けHDD対応、無線LAN対応

シャープ AQUOS BD-NW520をおすすめする理由

  • 無線LAN対応でスッキリ!
  • 容量切れの心配がいらない自動消去機能付き!
  • 連ドラ再生に役立つまと丸機能!

シャープ AQUOS BD-NW520の評価とレビュー

連続ドラマを思いっきり楽しみたい方におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

連続ドラマを毎回楽しみにしている人にとくにおすすめなコスパ最強のブルーレイレコーダーと言えば、シャープAQUOSのBD-NW520です。

なぜ連続ドラマ好きの方におすすめなのかと言うと、まず録画面で言うと1度の予約で最終回までしっかり録画予約をしてくれるというポイントです。

次に再生面で言うとまと丸機能で、関連する動画を最大18画面で録画リストを作成してくれるので、すぐに好きな録画した番組を視聴できるというメリットがあります。

ちなみに、再生して動画を4週間後に自動消去してくれる機能もとても便利です!

第5位 SONY BDZ-ZW550


SONY BDZ-ZW550の仕様・製品情報

メーカー SONY
サイズ 430.7×43.9×208.6 mm
重量 2.7kg
HDD容量 550GB/td>
搭載機能 最大2番組録画可(2チューナー)、外付けHDD対応、無線LAN対応、4Kカメラ取り込み対応、ハイレゾ対応

SONY BDZ-ZW550をおすすめする理由

  • ハイレゾ対応で綺麗な音!
  • 無線LAN対応でスッキリ!
  • 見やすい録画機能!

SONY BDZ-ZW550の評価とレビュー

使いやすさを重視したい方におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

コスパ最強ブルーレイレコーダーの中でも、使いやすいと定評があるのが、SONYのBDZ-ZW550です。

とくに、録画機能が非常に簡単です。まず、見やすい番組表を採用しており、ワンタッチで録画予約ができます。

さらに、予約ランキングを自動で作ってくれるので、毎回録画している内容の番組の検索も楽に行うことができます。

ちなみに、SONYのブルーレイレコーダーは、タレント名やキーワード、ジャンルでも番組を検索することができるので、好きな俳優・女優・アーティストなどが出る番組を簡単にチェックすることができます。

第4位 東芝 REGZA DBR-W1008


東芝 REGZA DBR-W1008の仕様・製品情報

メーカー 東芝
サイズ 430x46x210 mm
重量 2.4kg
HDD容量 1TB
搭載機能 最大2番組録画可(2チューナー)、外付けHDD対応、無線LAN対応

東芝 REGZA DBR-W1008をおすすめする理由

  • 1TBの大容量タイプ!
  • 使い勝手のいいスマホ連携!
  • 無線LANでスッキリ!

東芝 REGZA DBR-W1008の評価とレビュー

たっぷり録画を楽しみたい方におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

3万円台で手に入るのに、たっぷり1TBものHDD容量が付いている魅力的なアイテムの1つが、東芝のREGZA DBR-W1008です。

実は今販売されているDBR-W1009の1つ前の機種になりますが、機能的にも非常に優れているため人気の高いアイテムです。

まず、東芝のREGZAシリーズの特徴の1つである、時短モードを搭載しているため、時間制限があっても素早く内容をチェックすることができます。

さらに、スマホdeレグザ機能でスマホを使って再生や操作をすることができます。

第3位 SONY BDZ-ZW1500


SONY BDZ-ZW1500の仕様・製品情報

メーカー SONY
サイズ 430.7×43.9×208.6 mm
重量 2.7kg
HDD容量 1TB
搭載機能 最大2番組録画可(2チューナー)、外付けHDD対応、無線LAN対応、4Kカメラ取り込み対応、ハイレゾ対応

SONY BDZ-ZW1500をおすすめする理由

  • 大容量の1TB!
  • 使いやすい録画機能!
  • 無線LANでスッキリ!

SONY BDZ-ZW1500の評価とレビュー

使いやすさと大容量を求める方におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

コスパ最強ブルーレイレコーダーの中でも、機能とコスパのバランスがちょうどいいのが、SONYのBDZ-ZW1500です。

SONYのレコーダーは、録画機能が使いやすいうえに見やすいといった特徴を持っています。

そのため、初めてSONY製のレコーダーを使うという人でも、すぐに使いこなせるのが嬉しいポイントです。

ちなみに、スマホ連携にも優れており、簡単な設定でデータ共有などが簡単に行うことができます。

最近は4Kカメラも増えていますが、4K撮影した動画の取り込みもできるので、SONY製の4Kカメラをお持ちの方にも最適です。

第2位 SHARP AQUOS BD-NT1000


SHARP AQUOS BD-NT1000の仕様・製品情報

メーカー シャープ
サイズ 430x48x195 mm
重量 2.4kg
HDD容量 1TB
搭載機能 最大3番組録画可(3チューナー)、外付けHDD対応、無線LAN対応

SHARP AQUOS BD-NT1000をおすすめする理由

  • AQUOS準モードで超綺麗な画質!
  • 感嘆絞り込み検索!
  • 3番組録画でける3チューナー搭載!

SHARP AQUOS BD-NT1000の評価とレビュー

とことん録画と再生を楽しみたい方におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

3万円台なのに、大容量かつチューナー数も多いのが、シャープのAQUOS BD-NT1000です。

3番組も録画できるので、裏番組をほぼ心配しなくても録画できる、非常に便利なブルーレイレコーダーです。

さらに、容量も1TBとたっぷりあるので、連続ドラマを複数見ている人にもおすすめです。

ちなみにこちらのブルーレイレコーダーは、絞り込み検索が非常に使いやすいといったメリットがあり、色々な検索方法で好きな俳優・女優・アーティストなどのチェックもしやすいのが嬉しいポイントです。

第1位 シャープ AQUOS BD-UT1200


シャープ AQUOS BD-UT1200の仕様・製品情報

メーカー シャープ
サイズ 430×57.5×229 mm
重量 3.1kg
HDD容量 1TB
搭載機能 最大3番組録画可(3チューナー)、外付けHDD対応、無線LAN対応、4Kアップコンバート出力対応

シャープ AQUOS BD-UT1200をおすすめする理由

  • 4Kテレビでも見やすい番組表!
  • Ultra HD ブルーレイ再生可!
  • 使いやすいリモコン付属!

シャープ AQUOS BD-UT1200の評価とレビュー

4Kテレビを使っている人におすすめなコスパ最強ブルーレイレコーダー!

4K放送も始まりましたが、こちらのシャープのAQUOS BD-UT1200は、番組表が4Kテレビでも綺麗に映し出すことができることで有名な機種です。

さらに、AQUOSシリーズのブルーレイレコーダーの特徴的な機能であるテレビとのファミリンクを使った新 AQUOS 純 モード搭載で、より綺麗な映像を楽しむことができます。

ちなみにこちらは、リモコンが非常に見やすく使いやすいと言う点でもポイントの高いアイテムになっています。

まとめ

ブルーレイレコーダーは、価格の幅が広い家電の1つです。

しかし、コスパだけで選んだとしても機能性が抜群な機種がたくさんあります。また機能性も、メーカーや機種によって、色々な工夫が施されているため、使う用途を絞っていくことで、よりコストを抑えることもできます。

また、容量に関しても多いに越したことはありませんが、価格も高くなるため、使い方を今一度見直してみるだけでコストを抑えた機種を探すことも可能です。

今回紹介した内容を元に、ぜひみなさんも自分にぴったりコスパ最強のブルーレイレコーダーを探してみてくださいね。

合わせて読みたい!!

カーオーディオ【2019年最新版】カーオーディオの選び方と人気おすすめ10選 | bluetoothやハイレゾ対応など ペン型マウス【2019年最新版】ペン型マウスの選び方と人気おすすめ9選|bluetoothから有線のものまで幅広くご紹介!! マウスバンジーマウスバンジーの選び方と人気おすすめ10選 【ケーブルが絡まなく超快適!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です