【痛くならない!】メガネと相性のいい開放型ヘッドホンの選び方と人気おすすめ10選

メガネ ヘッドホン

ヘッドホンには大きく分けて「密閉型」と「開放型」の2種類が存在することをご存知でしょうか。

今回はこの2種類のうち「開放型」のヘッドホンについてご紹介いたします。「密閉型」との違いと長所や短所などの特徴、そしてどのような場合に適しているかなどを詳しく見ていきます。

また、こちらの記事もおすすめです!
ゲーミングヘッドホン【2019年版】ゲーミングヘッドセットの選び方と人気おすすめ10選 | ワイヤレスや有線の特徴を解説! ヘッドホンスタンドヘッドホンスタンドの選び方と人気おすすめランキング10【最新版】 Play Station 4PS4用ヘッドホンの選び方と人気おすすめ10選!有線やbluetoothのものなど幅広くご紹介

開放型ヘッドホンの基本情報

では最初に開放型ヘッドホンとはどのようなもので密閉型ヘッドホンと比べてどこがどう違うのかという基本情報から見ていきましょう。

  • そもそも開放型ヘッドホンとは?
  • なぜ開放型ヘッドホンはメガネと相性がいいの?

そもそも開放型ヘッドホンとは?

メガネ ヘッドホン
ヘッドホンには、振動して音を出すドライバーユニットという部分があり、それをカバーする部分をハウジングといいます。

密閉型と開放型ではこのハウジングの構造が異なっています。

密閉型のヘッドホンはハウジング部分がプラスチックや木材などで覆われた構造になっていて、音が外部に漏れにくいという特徴があります。

それに対して開放型のヘッドホンのハウジング部分は小さい穴があるメッシュになっているため、通気性がよく音も外に抜けやすくなっています。

なぜ開放型ヘッドホンはメガネと相性がいいの?

はてな
普段メガネをかけている方は、ヘッドホンをしていて耳が痛くなったという経験があるのではないでしょうか。

メガネとヘッドホンを併用して耳が痛くなるのは、ヘッドホンのサイズが小さいためメガネのつる部分が圧迫されているからで、特に密閉型のヘッドホンは耳全体を完全に覆うタイプのヘッドホンであることから耳が痛くなりやすいです。

開放型ヘッドホンは密閉型に比べて、締め付け具合が緩いので痛みが和らぎます。

メガネと相性のいい開放型ヘッドホンの選び方

では実際に開放型ヘッドホンを選ぶ時のポイントについて見ていきましょう。サイズ感や重さなど、メガネをかけている方でも使いやすく耳が痛くなりにくいヘッドホンの選び方を順に紹介していきます。

  • サイズや重さで選ぶ!
  • ドライバーユニットの種類を知っておこう!
  • 音質に影響するスペックも確認しておこう!
  • イヤーパッドにも注目しよう!

サイズや重さで選ぶ!

メガネ ヘッドホン
開放型のヘッドホンはハウジング部分が通気性の良いメッシュになっているため、密閉型ヘッドホンに比べて軽くなっています。

軽量なヘッドホンのほうが耳への圧迫感が緩和されるため、メガネとの相性が良くなるのでおすすめです。

また、店頭で実際にいろいろなヘッドホンを装着するなどして、自分の頭にあった幅のヘッドホンを選ぶようにしましょう。

イヤーパッドのサイズや素材も要チェックです!耳への負担を和らげるためには大きめのイヤーパッドや柔らかい素材のものを選ぶとよいでしょう。

ドライバーユニットの種類を知っておこう!

チェック
ヘッドホンを購入するときにはドライバーユニットの種類も必ずチェックするようにしましょう。

ドライバーユニットとは、音が出るスピーカー部分のことで、主に「ダイナミック型」と「バランスドアーマチュア型」の2種類があります。ここではこの2つの特徴について紹介します。

ダイナミック型

まずはダイナミック型のヘッドホンです。ヘッドホンの大半がこのダイナミック型で、音の信号をダイアフラムとよばれる振動板に伝えて音を出す構造になっており、ヘッドホンだけでなくイヤホンにも採用されている最も一般的なタイプです。

振動板が大きいほど、つまり耳に当てる部分が大きいほど音質が高くなり、重低音の再生が得意なドライバーユニットです。

バランスドアーマチュア型

もうひとつはバランスドアーマチュア型です。こちらのタイプは主にイヤホンで採用されており、クリアではっきりとした音を出すという特徴があり、高音域と中音域の音を出すのに優れたタイプです。

バランスドアーマチュア型のドライバーユニットは小型であるため、医療用の補聴器などにも使われています。

音質に影響するスペックも確認しておこう!

メガネ ヘッドホン
ヘッドホンを購入する際には音質に関するスペック値も確認しましょう。高い音質の音楽、ゲームや映画などの音声を楽しみたい場合は要チェック項目です。

ここでは確認すべき項目について紹介していきます。

出力音圧レベル

まず一つ目は出力音圧レベルです。これは音の強さの値で、単位は「dB/mW」(デシベル)で表します。この数字が大きいほど、同じボリュームで大きな音を出すことができるようになります。

音声出力の小さい音楽プレーヤーで音楽を聴く場合はこの数値が大きいヘッドホンを選ぶとよいでしょう。

インピーダンス

二つ目はインピーダンスという値です。これはヘッドホンの電気抵抗の大きさを表したもので、Ω(オーム)という単位で表します。

値が小さいほど、流れる電流が大きくなるため、最大の音量が大きくなるのですが、インピーダンス値が小さいとノイズが大きくなってしまうため小さければいいというものではないので注意が必要です。

イヤーパッドにも注目しよう!

メガネ ヘッドホン
ヘッドホンを購入する際に一番重要なポイントともいえるイヤーパッド。イヤーパッドとはヘッドホンを装着したときに耳に当たる部分のことです。

ヘッドホンを選ぶ時には店頭に並んでいるいろいろなヘッドホンを実際にはめてみて、サイズや重さなどの装着感を確かめてみましょう。

また、イヤーパッドは交換することが可能で、スポンジ素材のものやレザーカバーがついたもの、ベロア素材のものなど多種多様な商品があります。

価格も数千円のものから数万円のものまでありますので、自分に合ったパッドを探してみてはいかがでしょうか。

メガネと相性のいい開放型ヘッドホンの人気おすすめランキングトップ10

人気でおすすめのメガネと相性のいい開放型ヘッドホンを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【第10位】 SONY フルオープン型ヘッドホン MDR-MA900


SONY フルオープン型ヘッドホン MDR-MA900の仕様・製品情報

メーカー SONY
サイズ 情報なし
重量 195g
搭載機能 フルオープンエアダイナミック型、音声出力レベル:104dB/mW、インピーダンス:12Ω

SONY フルオープン型ヘッドホン MDR-MA900をおすすめする理由

  • 軽量ヘッドホンなので長時間使用に最適!
  • 大きめのドライバーユニットで耳への負担軽減
  • ヘッドクッションがついているので頭にフィットしやすい

SONY フルオープン型ヘッドホン MDR-MA900の評価とレビュー

メガネとの相性度
(3.5)
音質
(3.0)
デザイン性
(3.0)
総合評価
(3.0)

開放感のあるフルオープンエアヘッドホンで長時間使用も!

長時間使用しても蒸れにくいフルオープンエア型のヘッドホンです。また、イヤーパッドも大きくめでやわらかい素材になっているので、メガネと併用しても耳が痛くなりにくくなっています。

ヘッド部分にもヘッドクッションがついていて、ヘッドホンの中では軽量な部類に入る1台です。快適な装着感で音楽を楽しめるでしょう。

【第9位】 【国内正規品】SHURE オープン型 プロフェッショナル・ヘッドホン SRH1440


【国内正規品】SHURE オープン型 プロフェッショナル・ヘッドホン SRH1440の仕様・製品情報

メーカー SHURE
サイズ 26.67 x 16.51 x 28.58 cm
重量 313g
搭載機能 オープン型、音声出力レベル:101dB、インピーダンス:37Ω、保管ケース、交換用ベロア素材イヤパッド1組、交換用ケーブルが付属

【国内正規品】SHURE オープン型 プロフェッショナル・ヘッドホン SRH1440をおすすめする理由

  • 人間工学に基づいたヘッドバンド
  • 低音域から高音域まで高い音質で音楽を楽しめる
  • 交換用のパッドやケーブルがセット

【国内正規品】SHURE オープン型 プロフェッショナル・ヘッドホン SRH1440の評価とレビュー

メガネとの相性度
(3.5)
音質
(3.0)
デザイン性
(3.0)
総合評価
(3.0)

クリアな高音とパワフルな低音が楽しめるデザイン性の高いヘッドホン

一般的なヘッドホンとは少し異なったスタイリッシュなデザインのヘッドホンです。

ベロア素材のパッドと調整可能なヘッドバンドで自分の頭にしっかりフィットし、ストレスなく音楽やゲーム、映画を楽しむことができます。また、交換用のパッドやケーブル、保管ケース付きなので長期間使用できるヘッドホンです。

【第8位】 ヤマハ YAMAHA オープンエアー型ヘッドホン ブラック HPH-200 BK


ヤマハ YAMAHA オープンエアー型ヘッドホン ブラック HPH-200 BKの仕様・製品情報

メーカー YAMAHA
サイズ 24.1 x 16.61 x 5.11 cm
重量 180g
搭載機能 オープンエアダイナミック型、音声出力レベル:98.5dB、インピーダンス:48Ω

ヤマハ YAMAHA オープンエアー型ヘッドホン ブラック HPH-200 BKをおすすめする理由

  • ベロア素材イヤーパッドで快適フィット
  • 長さ調節可能なヘッドバンド
  • 超軽量で持ち運びにも便利

ヤマハ YAMAHA オープンエアー型ヘッドホン ブラック HPH-200 BKの評価とレビュー

メガネとの相性度
(4.0)
音質
(3.0)
デザイン性
(3.0)
総合評価
(3.5)

超軽量&肌触りのよいイヤーパッドで長時間使用に適したヘッドホン

ヤマハオリジナルのドライバーを採用し、パワフルな重低音、そしたクリアでのびのある高音域の再生が可能に。

ヘッドバンドは長さ調節が可能で重量も軽いため、長時間の音楽鑑賞やゲーム使用にも適したヘッドホンです。

また、ハウジング部分を折りたたむこともできますので持ち運びにも便利です。

【第7位】 audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン


audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホンの仕様・製品情報

メーカー audio-technica
サイズ 30.48 x 12.7 x 20.32 cm
重量 265g
搭載機能 オープンエアダイナミック型、音声出力レベル:103dB、インピーダンス:40Ω、周波数特性:5~45,000Hz

audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホンをおすすめする理由

  • ハイレゾ音源対応ヘッドホン
  • 線形ヘッドフレームなので超軽量
  • 低反発パッドで得られる上質なフィット感

audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホンの評価とレビュー

メガネとの相性度
(4.0)
音質
(4.0)
デザイン性
(3.0)
総合評価
(3.5)

マグネシウム合金のフレームを採用した超軽量ヘッドホン

超軽量設計のジョイントとフレーム、スウェード素材の低反発イヤーパッドで快適に装着でき、持ち運びにも長時間のリスニングにも最適なヘッドホンです。

また、3Dウイングサポートで圧迫感がなくメガネをかけながらでもストレスなく使用できるでしょう。ハイレゾオーディオヘッドホンというのも嬉しいポイントです。

【第6位】 【国内正規品】GRADO GS1000e オープン型


【国内正規品】GRADO GS1000e オープン型の仕様・製品情報

メーカー GRADO
サイズ 9 x 24 x 23 cm
重量 420g
搭載機能 オープンエア型、音声出力レベル:98.8dB、インピーダンス:32Ω、周波数特性:8~35,000Hz、チャンネルバランス:0.05dB

【国内正規品】GRADO GS1000e オープン型をおすすめする理由

  • スピード感のある音が体感可能
  • 大きめイヤーパッド採用で装着も快適
  • 洗練されたおしゃれなデザイン

【国内正規品】GRADO GS1000e オープン型の評価とレビュー

メガネとの相性度
(4.0)
音質
(4.5)
デザイン性
(5.0)
総合評価
(4.5)

デザイン性の優れた高性能モデル

大きく柔らかい素材のイヤーパッドで耳とスピーカー部分との間に空間を作り出し、音のこもりを防ぐとともに長時間使用しても疲れや痛みを感じることなく音楽を楽しむことができるヘッドホンとなっています。

GRADOのマホガニー材製ハウジングとドライバーユニット設計でクリアなサウンドとパワフルな重低音を体感できるヘッドホンです。

【第5位】 ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 700【国内正規品】


ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 700【国内正規品】の仕様・製品情報

メーカー ゼンハイザー
サイズ 18.6 x 10 x 26.7 cm
重量 292g
搭載機能 ダイナミックオープンエア型、音声出力レベル:105dB、インピーダンス:150Ω、SYS 40mm トランスデューサー採用

ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 700【国内正規品】をおすすめする理由

  • 高級感と快適性に優れたイヤーパッド
  • バランスのとれた音の再生を実現!
  • クッション付きのヘッドバンドは長さ調節が可能!

ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 700【国内正規品】の評価とレビュー

メガネとの相性度
(4.0)
音質
(4.5)
デザイン性
(4.5)
総合評価
(4.5)

新開発トランスデューサーを搭載した高性能軽量モデル

比較的軽量なヘッドホンなので外出先でよく使うという方にも便利な1台で、トランスデューサーが搭載された自然で立体的な音を楽しむことができます。

ヘッドバンドにはクッション付きで、長さ調節が可能。さらにイヤーパッドも厚みがあるものになっていて快適に装着できるヘッドホンです。

【第4位】 PHILIPS ヘッドホン Fidelioシリーズ


PHILIPS ヘッドホン Fidelioシリーズの仕様・製品情報

メーカー PHILIPS
サイズ 19.5 x 17.2 x 19.5 cm
重量 260g
搭載機能 セミオープン型、音声出力レベル:105dB、インピーダンス:16Ω、スピーカー直径:40 mm、リモコン・マイク付き

PHILIPS ヘッドホン Fidelioシリーズをおすすめする理由

  • ハイレゾオーディオ
  • 低反発フォームイヤーパッドで快適フィット
  • 低価格で高い音質を!

PHILIPS ヘッドホン Fidelioシリーズの評価とレビュー

メガネとの相性度
(4.0)
音質
(5.0)
デザイン性
(4.5)
総合評価
(4.5)

低音域から高音域までクリアなサウンドを体感できるハイレゾオーディオヘッドホン

高精度なスピーカーや強度の高いアルミニウムイヤーシェルなどを搭載した、より高い音質を楽しめるハイレゾオーディオヘッドホンです。

イヤーパッドも人間工学に基づいたフィット感を得られる設計になっています。

価格も比較的安めの値段になっているので、手頃な価格で音質のよいヘッドホンで音楽やゲームを楽しみたい方は一度試してみてはいかがでしょうか。

【第3位】 ティアック セミオープン型テスラテクノロジーヘッドホン


ティアック セミオープン型テスラテクノロジーヘッドホンの仕様・製品情報

メーカー beyerdynamic
サイズ 情報なし
重量 360g
搭載機能 ダイナミックセミオープン型、音声出力レベル:102dB、インピーダンス:600Ω、周波数特性:5~50000Hz、専用キャリングケース付き

ティアック セミオープン型テスラテクノロジーヘッドホンをおすすめする理由

  • 長時間使用も快適なイヤークッション
  • 持ち運びに便利な専用ケース付き
  • 低音域から高音域まで高音質を実現

ティアック セミオープン型テスラテクノロジーヘッドホンの評価とレビュー

メガネとの相性度
(4.0)
音質
(5.0)
デザイン性
(5.0)
総合評価
(5.0)

力強くクリアなバランスのとれたサウンドを楽しめる1台

イヤークッションは通気性がよくやわらかい素材で、ヘッドバンドも柔軟性のあるソフトレザーになっていて長時間装着しても疲れにくく耳にも優しいヘッドホンです。

進化したテスラテクノロジーでパワフルな低音とノイズを最小限に抑えたクリアなサウンドを楽しむことができます。

高価格なヘッドホンですが、音にこだわりたい方や、今使用しているものより高性能なものを探しているという方にはおすすめの1台です。

【第2位】 【国内正規品】GRADO RS2e オープン型


【国内正規品】GRADO RS2e オープン型の仕様・製品情報

メーカー GRADO
サイズ 8 x 17 x 19 cm
重量 260g
搭載機能 オープンエア型、音声出力レベル:90.8dB、インピーダンス:32Ω、周波数特性:14~28,000Hz

【国内正規品】GRADO RS2e オープン型をおすすめする理由

  • 大きめのイヤーパッドで耳への負担軽減
  • おしゃれなデザイン
  • 見た目のわりに軽いので長時間使用もOK

【国内正規品】GRADO RS2e オープン型の評価とレビュー

メガネとの相性度
(4.0)
音質
(5.0)
デザイン性
(5.0)
総合評価
(5.0)

デザイン性・音質ともに優れたヘッドホン

イヤーパッドはやわらかい素材で大きめになっているので耳もとにゆとりができ、長時間使用しても耳が痛くなりにくくなっています。

また、外側のメッシュ部分には木目調のリングが付いていてデザイン性も抜群に優れています。

新設計のドライバーユニットを採用、ハウジングの音量を増やし、スピード感のある音を楽しむことができるヘッドホンです。

【第1位】 ゼンハイザー デジタルワイヤレスヘッドホン


ゼンハイザー デジタルワイヤレスヘッドホンの仕様・製品情報

メーカー ゼンハイザー
サイズ 15.49 x 25.91 x 8.51 cm
重量 310g
搭載機能 ダイナミック・オープン型、音声出力レベル:106dB、使用周波数帯 2.40 – 2.48 GHz、動作時間 : 約18時間、充電時間 : 約8.5時間

ゼンハイザー デジタルワイヤレスヘッドホンをおすすめする理由

  • ワイヤレスタイプ
  • 伝送距離は最大100mで部屋の中を移動してもOK
  • 長さ調節可能なヘッドバンド

ゼンハイザー デジタルワイヤレスヘッドホンの評価とレビュー

メガネとの相性度
(4.0)
音質
(5.0)
デザイン性
(5.0)
総合評価
(5.0)

高音質のワイヤレス伝送技術でCDレベルの高音質をヘッドホンで体感できる!

音声入力レベルや音量バランスのコントロールシステムで、自動的に調整することも自分の好みに合わせた調整も可能。

ヘッド部分のクッションとベロア素材のイヤーパッドで安定性とフィット感も優れているので、長時間の装着も快適です。ワイヤレスタイプでコードがあるストレスから抜け出せます。

まとめ

さて、今回はメガネをかけながらでも耳が痛くなりにくい開放型ヘッドホンについて紹介してきました。

開放型のヘッドホンは大きめで柔らかいイヤーパッドで快適な装着感を得ることができるという長所がありますが、メーカーや商品によって重さやフィット感、音の出方が多少異なるので、購入する際には店頭で一度試してみる方がよいでしょう。

合わせて読みたい!!

デジタルオーディオプレイヤー【コスパ最強】高音質のDAP人気おすすめモデル10選をランキング形式でご紹介! メガネ 洗浄【メガネや時計の洗浄に!】超音波洗浄機の選び方と人気おすすめランキング10選 |最新版 PC スピーカー【最新版】高音質なPC用スピーカーの人気おすすめモデル10選 ゲーミングイヤホンゲーミングイヤホンの選び方と人気おすすめ10選【FPSやPS4、PC別にご紹介!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です