【最新版】中華ヘッドホンの人気おすすめランキング10

中華ヘッドホン

今回は。中華ヘッドフォンの基礎知識からメリット、デメリットなど、最後におすすめの中華ヘッドフォンを10選紹介します

中華ヘッドホンの基本情報

ここでは中華ヘッドフォンが通常のヘッドフォンとどう違うのか?メリットやデメリット、価格帯などを中心に解説していきます。

  • そもそも中華ヘッドホンとは?
  • 中華ヘッドホンのメリット
  • 中華ヘッドホンのデメリット
  • 中華ヘッドホンの価格帯

そもそも中華ヘッドホンとは?

はてな
中華ヘッドフォンは一定レベルの高品質な音響性がありながら、価格が安くコストパフォーマンスに優れた側面を持っています。

日本製などの高価なヘッドフォンは購入しずらいけど、音質にもある程度こだわりたい人にはおすすめのアイテムです。

中華ヘッドホンの特徴としては

  • 通常のヘッドフォンより価格が安い
  • 安くても様々な機能が搭載している機種もある
  • 外見も有名ブランドを模倣してるものが多い

の3つが挙げられます。

高品質の国内ヘッドフォンまでのクオリティはありませんが、通常のイヤフォンでは物足りないライトユーザーには様々シーンで活躍してくれます。

中華ヘッドホンのメリット


中華イヤフォンは比較的価格帯が安いものが多いですが、値段に比例して音質等が劣ってるとは一概には言えません。

特に普段使いをするユーザーにとっては十分するぎる性能をもっています。以下中華ヘッドホンのメリットです。

  • 同じ機能同士なら、中華ヘッドフォンのコスパは良い
  • デザイン性が高いものも多い

中華ヘッドフォンを購入する大きなメリットはこの2つが代表的です。

中華ヘッドホンのデメリット

メリット
中華ヘッドフォンはデメリットも当然存在します。気になるひとはきちんと理解をしたうえでヘッドフォンの購入を進めるようにしましょう。

以下中華ヘッドホンのデメリットです。

  • 有名メーカーと比較するとさすがに音質は落ちる
  • デザインが有名メーカーを模倣しているケースが多い
  • 偽物が出回っている可能性がある

音質の違いはしっかりと理解する必要がありますが、見た目は他者から分かることは少ないですし、発売元がしっかりしてれば、偽物を掴ませられることも回避できます。

中華ヘッドホンの価格帯

価格
中華ヘッドフォンの価格帯は安いものだと2,000円から、高いものでは10,000円程度で購入することができます。

機能によって価格が変化するので、自分にあったヘッドフォンを選びましょう。

中華ヘッドホンの選び方

中華ヘッドフォンの選び方を紹介します。
ここでは以下の3ポイントをご紹介します!

  • 臨場感で選ぼう!
  • 好きな種類を選ぼう!
  • コードの有無で選ぶ!

臨場感で選ぼう!

ヘッドホン
中華ヘッドフォンを選ぶ際のポイントとして、チャンネルの数に注目することが大切です。

基本的に付属のイヤフォンは左右の2チャンネルが主流ですが、それでは音質が足りないと感じる人も多いです。

ヘッドホンのチャンネル数が多い方が音に広がりを持たせてくれ、臨場感が体現できます。

また、こちらの記事もおすすめです!
ヘッドホン【音楽や映画鑑賞に!】サラウンドヘッドホンの選び方と人気おすすめランキング10選

好きな種類を選ぼう!

ストレスなくヘッドフォンを使用するには自分の好みにあった種類のヘッドフォンを選ぶことが重要です。

開放型と密着型があるので、自分の好みで選択してください。ここでは開放型と密着型のヘッドホンのメリット/デメリットをご紹介します!

開放型ヘッドホン

開放型ヘッドホン
開放型ヘッドフォンは別名「オープンエアー型」ヘッドフォンとも呼ばれます。

開放型のヘッドフォンは耳に密着してないので、耳元でスピーカーを聞いてるような音の広がりを楽しむことができます。

長時間使用しても、通気性や軽量モデルが多い為、耳への負担が少ないのも特徴です。

室内での使用には向いてますが、若干音漏れが発生したり、雑音を拾いやすいので、屋外での使用に向かないのがデメリットな部分です。

密閉型ヘッドホン

密閉型ヘッドホン
密着型のヘッドフォンは音楽のプロの現場でも使用されており、音の遮断性が高く、細部のサウンドまでしっかりと耳で拾えることが最大のメリットです。

音漏れも少なく、室内に限らず、屋外でも使用できるのも大きな特徴です。
外で音楽を聞く機会が多い人にはおすすめです。

その反面、通気性や軽量的な部分で劣り、長時間しようすると耳がつかれてしまうのがデメリットと言えます。

コードの有無で選ぶ!

中華ヘッドフォンを選択する際に、コードの有無を確認することも重要になります。

どちらにもメリット・デメリットがありますので、特徴をきちんと理解したうえで自分のスタイルにあったヘッドフォンを選ぶことが重要です。

どこでも使えるコードレスタイプ

メガネ ヘッドホン
コードレスタイプのヘッドフォンの最大の魅力は自身の可動範囲がデバイスが届く範囲であれば、自由に動けるところです。煩わしいケーブルもないので場所を選びません。

煩わしいケーブルもないので使用環境もスッキリとして、ストレスなく使用できるのも特徴です。

ただ、デメリットもあります。ワイヤレスで使用する以上充電が必要になります。使用したいときに電池切れなどには注意が必要です。

また比較的重量が大きいものが多く、ワイヤレスの為、音飛びや音の遅延が発生する可能性もあります。

充電のいらない有線タイプ!

ゲーミングヘッドホン
充電がいらない有線タイプのヘッドフォンもメリット、デメリットが存在します。有線タイプのヘッドフォンは充電が必要なく、デバイスに接続すれば即使用が可能です。

また、有線で接続している為、音飛びや音の遅延がほとんど発生しないのが、有線タイプのメリットになります。

軽量化のモデルも多く発売されています。

ただ、有線で接続する以上、自身の可動域は大きく制限をされます。外への持ち運びもしずらいのが難点です。

中華ヘッドホンの人気おすすめランキングトップ10

人気でおすすめの中華ヘッドホンを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第1位 DiQi DK-M9 Bluetooth4.2 ワイヤレスヘッドホン


DiQi DK-M9 Bluetooth4.2 ワイヤレスヘッドホンの仕様・製品情報

メーカー DiQi
ヘッドホンの種類 密閉型
重量 249g
搭載機能 BluetoothV4.2データ転送技術搭載

DiQi DK-M9 Bluetooth4.2 ワイヤレスヘッドホンをおすすめする理由

  • 安定したBluetoothV4.2データ転送技術で安定!
  • 有線モードとの切り替え可能!
  • 6時間連続再生可能!

オールマイティな機能を備えたおすすめの1台

Bluetooth4.2搭載の安定の通信速度でワイヤレスにありがちな、音飛び、音の遅延を最大限に最小にした仕様です。

省エネ設計の構造で最大6時間の連続再生が可能になります。最大で10mの可動範囲があり、用事をしながらの使用にも対応してくれます。

柔らかいイヤーマフを使用しており、人間工学のデザインと合わせて、長時間の使用にも疲れにくい設計を実現しています。

折りたためて、持ち運び可能なので様々なシーンで使用する人におすすめです。

第2位 COWIN E7 PRO ワイヤレス ノイズキャンセリング Bluetooth ヘッドホン


COWIN E7 PRO ワイヤレス ノイズキャンセリング Bluetooth ヘッドホンの仕様・製品情報

メーカー COWIN
ヘッドホンの種類 密閉型
重量 281g
搭載機能 30時間再生のハイパワーバッテリー搭載

COWIN E7 PRO ワイヤレス ノイズキャンセリング Bluetooth ヘッドホンをおすすめする理由

  • 30時間再生可能なハイパワーなバッテリーを搭載!
  • 内臓マイク搭載でクリアな音質を実現!
  • 精度の高いノイズキャンセリング機能付き!

ノイズキャンセリングで綺麗な音が評判の一台

外観もスタイリッシュで洗練されたデザイン設計です。

搭載しているノイズキャンセリング機能がクリアな音質を実現しています。低音も協調されすぎず、また高音も刺さらず、バランスのいい綺麗な音が魅力な一台です。

また、30時間連続再生が可能なハイパワーなバッテリーを搭載しており、長時間において、充電の心配をする必要がありません。

また内臓マイク搭載でクリアな音声でボイスチャットなどにもおすすめです。

第3位 iSK HD9999 ヘッドホン


iSK HD9999 ヘッドホンの仕様・製品情報

メーカー iSK
ヘッドホンの種類 密閉型
重量 不明
搭載機能 新開発50mmドライバー搭載

iSK HD9999 ヘッドホンをおすすめする理由

  • 忠実な再現性を誇る新開発の50mmドライバーを搭載!
  • 厚み、柔らかさの異なる2種類のイヤーパッド付き!
  • 持ち運び用ケース付き!

新開発の50mmドライバーで表現力豊かな音質を実現

正確な再現性を誇る、新開発の50mmドライバーが豊かな重低音からハイエンドな高音までを綺麗に再現してくれます。ボリュームを問わず聞きやすい音質が魅力です。

また2種類イヤーパッドが用意されており、長時間のリスニングなどに対応できる厚手で柔らかいタイプとタイトなイヤーパッドが本格的な使用にも対応できます。

また、持ち運びに便利なケースとケースストラップが付属しているため、ポータビリティに優れているのも特徴です。様々なシーンで使用したい人におすすめです。

第4位 Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドフォン


Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドフォンの仕様・製品情報

メーカー Superlux
ヘッドホンの種類 開放型
重量 220g
搭載機能 ドライバーユニット:50mm ダイナミック型

Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドフォンをおすすめする理由

  • 広くフラットな周波数特性!
  • オープンイヤーでコンサートにいるような臨場感!
  • 持ち運び用ケース付き!

50mm ダイナミック型のドライバとオープンイヤーで深く豊かなサウンド

素晴らしいバランスの取れたサウンドが特徴の中華ヘッドフォンです。オープンイヤータイプの為音の広がりが豊かで、コンサートホールにいるような感覚になるのが特徴です。

特にボーカルの音源を聞く際に使用すると、深みある音質をより深くかんじることができます。

軽量化されたヘッドと人間工学に基いたイヤーパッドで長時間の使用にも最適です。

日常的に音楽を欠かさず聞く人におすすめです。

第5位 KINGTOP K99 ブルートゥース ヘッドホン


KINGTOP K99 ブルートゥース ヘッドホンの仕様・製品情報

メーカー KINGTOP
ヘッドホンの種類 密閉型
重量 600g
搭載機能 ダブルの振動ユニット搭載

KINGTOP K99 ブルートゥース ヘッドホンをおすすめする理由

  • ダブル振動ユニットで音声を体感!
  • コンパクトに折りたたみが可能!
  • リチウム電池で最大6時間可動!

ダブル振動ユニットが体に響き、よりリアルな臨場感を体験

ダブルの振動ユニットが音だけでは無く、音楽のリズムに合わせて変化し、より臨場感を生む仕様になっています。

ヘッドフォン本体の色も個性的で、インパクトがある外観も魅力の一つです。

また、コンパクトに折りたたみも可能で、ポータビリティ性に富んでいるのも嬉しいポイント。節電モードを使用すれば、6時間の連続再生も可能で、外出先でも楽しめる一台です。

ワイヤレス接続だけでなく、有線接続にも対応してるため、様々なデバイスに対応しています。

第6位 SOMIC G951-PINK ヘッドフォン


SOMIC G951-PINK ヘッドフォンの仕様・製品情報

メーカー SOMIC
ヘッドホンの種類 密閉型
重量 662g
搭載機能 7.1サラウンドサウンド搭載

SOMIC G951-PINK ヘッドフォンをおすすめする理由

  • 猫耳が可愛いらしいデザイン性!
  • 7.1サラウンドサウンドで豊かな音質!
  • ノイズキャンセリング機能搭載!

可愛いらしい猫耳のヘッドフォンでゲームにも最適

7.1chサラウンドサウンドで360°方向からの音響がたの楽しめるヘッドフォンです。ゲームや音楽を聞く際に圧倒的な臨場感を味わうことができます。

可愛らしい猫耳のデザインが女性から子供にも嬉しいヘッドフォンになっており、プレゼントとしても最適なアイテムになります。

ノイズキャンセリングマイクを搭載しており、全方位からの音声入力に対応します。イヤーカップに「音量調整」「照明スイッチ」「振動スイッチ」「マイクスイッチ」を集約しているため操作性が高いのも嬉しいポイントです。

第7位 KOTION EACH Bluetooth 4.1 ワイヤレスヘッドホン


KOTION EACH Bluetooth 4.1 ワイヤレスヘッドホンの仕様・製品情報

メーカー KOTION
ヘッドホンの種類 密閉型
重量 431g
搭載機能 Bluetooth 4.1 ワイヤレス接続機能

KOTION EACH Bluetooth 4.1 ワイヤレスヘッドホンをおすすめする理由

  • Bluetooth 4.1 ワイヤレスで可動範囲が広い!
  • スタイリッシュなデザインがカッコいい!
  • 有線接続も可能で対応デバイスが多い!

スタイリッシュなデザインで無線でも有線でも使用できるマルチな一台

Bluetooth 4.1 ワイヤレスヘッドホンでの接続方法で可動範囲が10m以上と非常に広く、左作業をしながらの環境でも活躍するヘッドフォンです。

スタイリッシュなデザイン性も魅力の一つです。

1度充電を行えば、10時間以上も使用できる、長いバッテリー性能も嬉しいポイントです。充電もUSBで接続するだけの簡単な方法になっています。

Bluetooth機能搭載のデバイスに対応しており、音楽、映画、ゲームなどたくさんのシチュエーションで楽しむことができます。

第8位 Neewer NW-3000 クローズドスタジオヘッドフォン


Neewer NW-3000 クローズドスタジオヘッドフォンの仕様・製品情報

メーカー Neewer
ヘッドホンの種類 密閉型
重量 440g
搭載機能 45mmの大口径ドライバー装備

Neewer NW-3000 クローズドスタジオヘッドフォンをおすすめする理由

  • 45mmの大口径ドライバーでダイナミックなサウンドを出力!
  • 柔軟なパットと180°回転式のイヤーカップ!
  • 付属の6.35mmで多数のデバイスに対応!

密着度の高いイヤーカップと大口径ドライバでスタジオサウンドを実現

45mmの大口径ドライバがスタジオのサウンドを忠実に再現してくれるヘッドフォンです。

柔らかいイヤーカップが長時間の使用にも疲れにくい仕様になっています。イヤーカップ自体も180°回転をして、片耳でのモニターも可能でスタジオでの作業におすすめです。

6.35mmのポートが付属しており、アンプなどの機器にも接続が可能です。音楽を中心に使用したい人におすすめの商品です。

第9位 1MORE MK801-BK ヘッドフォン


1MORE MK801-BK ヘッドフォンの仕様・製品情報

メーカー 1MORE
ヘッドホンの種類 密閉型
重量 235g
搭載機能 チタン素材の40mm口径ドライバー搭載

1MORE MK801-BK ヘッドフォンをおすすめする理由

  • 40mmの大口径ドライバーでパワフルなサウンドを出力!
  • 長さ調整可能のステンレス製スライダー!
  • 滑らかなPUレザーのイヤーカップ!

パワフルかつ快適な低音を実現する高コスパ密閉型ヘッドホン

40mmドライバーにチタン・PEEK材を使用しており、パワフルかつ自然な低音を実現しているコストパフォーマンスに優れてた密着型ヘッドフォンです。

長さ調節ができるスライダーは耐久性のあるステンレス製で長期に渡って使用しても、故障しずらいのも特徴です。イヤーカップに滑らかなPUレザーを採用しており、長時間使用しても疲れにくい仕様になっています。

ヘッドバンド部にTR-90素材を使用しておりとても軽量で、長時間の使用におすすめです。

第10位 OKCSC M1半開放型 セミオープン型ヘッドフォン


OKCSC M1半開放型 セミオープン型ヘッドフォンの仕様・製品情報

メーカー OKCSC
ヘッドホンの種類 開放型
重量 522g
搭載機能 40mm複合振動板採用ダイナミックドライバー搭載

OKCSC M1半開放型 セミオープン型ヘッドフォンをおすすめする理由

  • 40mmの振動ドライバーで臨場感あるサウンドを出力!
  • ノイズキャンセリング機能搭載!
  • ハウジングに木材を使用して自然な音の余韻と広がりを実現!

ハウジング部分が木目で可愛い、セミオープン型ヘッドフォン

ヘッドフォンのハウジング部分に木材を使用しており、見た目も可愛いヘッドフォンです。使用する程に味が出てくるのも木ならではの楽しみかたです。

40mmの振動ドライバーが臨場感あるサウンドを実現しています。開放型のヘッドフォンには難しい明瞭な低音を実現しており、密着型にも遜色ないサウンドが出力ができます。

セミオープン型のヘッドホンで装着性も良く、長時間の使用にも最適です。

まとめ

今回は比較的価格も安く、かつ高品質なサウンドが特徴の中華ヘッドホンについてご説明してきました。

中華ヘッドホンの性能は近年著しく向上しているので、とても注目されています。

本格的なヘッドフォンを使用する前に、一度試してみたいひとにもおすすめのアイテムです。

種類も豊富にありますので、ランキングを参考にして、自身の目的に合わせて、中華ヘッドフォンを選んでみてください。

合わせて読みたい!!

中華スマートウォッチ【最新版】中華スマートウォッチの人気おすすめランキング10選 【格安で高性能!】 中華スマホ【コスパ最強!】最新の中華スマホ人気おすすめランキング10 中華タブレット【安いのに高性能!】中華タブレットの選び方と人気おすすめランキング7選 | 2019年最新版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です