【最新版】激安ファットバイクの選び方と人気おすすめモデル10選

自転車

ファットバイクとは雪道などの走行が困難な場所でも漕ぐことができる便利な自転車です。タイヤが太いのが特徴で、最近ではマウンテンバイクと同様に人気を集めています。ここではファットバイクの基本情報や選び方を紹介するのでファットバイクを購入したいと考えている方は読んでみて下さい。

また、激安クロスバイクに関する記事もおすすめです!
自転車【コスパ最強!!】激安クロスバイクのおすすめモデル10選! | 最新版

激安ファットバイクの基本情報

ファットバイクは値段が高いイメージが付きがちですが、最近では安いファットバイクも販売されています。ファットバイクの価格帯を紹介するので自分の予算に合うファットバイクを見つけちゃいましょう。また、注意点なども紹介するので確認して下さいね。

  • そもそもファットバイクとは?
  • 激安ファットバイクの注意点
  • 激安ファットバイクの価格帯

そもそもファットバイクとは?

はてな

ファットバイクは雪道などの走行が困難な道でも使える自転車です。通常の自転車やマウンテンバイクとは異なり、タイヤの太さが太いので頑丈に作られているのです。普段から雪の中やビーチ、キャンプなどアウトドアを楽しみたい方はどんな場所でも漕げるファットバイクを選ぶと良いでしょう。

激安ファットバイクの注意点

自転車

激安ファットバイクは通常のファットバイクとは違い、剛性に欠けている部分があります。そのため、雪道や砂利道でも走行が危険となる可能性があるので、アウトドア目的で購入を検討している方は激安のファットバイクではなく、10万円以上のしっかりしたファットバイクを選びましょう。

一方で通常の道路や平坦な道なら使用が可能です。オシャレやかっこ良さなどからファットバイクを選ぶ方は激安ファットバイクでも十分使えるでしょう。

激安ファットバイクの価格帯

価格

激安ファットバイクの価格帯ですが、2万円以下から販売されています。ただし、激安ファットバイクはタイヤが細いのでアウトドアの利用には注意して下さい。相場は大体5万円~7万円ほどです。

ちなみに通常のファットバイクは10万円以上し、ものによっては30万円を超えるファットバイクもあるので、それと比較すると激安ファットバイクはかなりお手頃なのです。

激安ファットバイクの選び方

ファットバイクを選ぶにしても安さばかりを求めてはいけません。タイヤの太さやフレームなども確認して自分の用途に合ったファットバイクを選ばなくてはならないのです。ここではファットバイクの選び方を解説するので選ぶ際の参考にして下さいね。

  • 用途によってタイヤの太さを選ぼう
  • フレームの種類から選ぼう

用途によってタイヤの太さを選ぼう

タイヤ

用途に合わせてタイヤの太さを選ぶのはファットバイク選びの重要なポイントです。ファットバイクは大体4~5インチほどのタイヤが主流ですが、最近では3インチほどの細めのタイヤも販売されています。雪道や砂利道などの段差のあるところを走行する場合は5インチ以上の太いタイヤが安定していますが、平坦な道路ならば3インチで良いでしょう。

フレームの種類から選ぼう

フレーム

フレームの種類選びも重要です。耐久性や振動吸収性などがフレームによって異なるのでフレームも用途に合わせて選ぶ必要があります。フレームは3種類あり、アルミフレーム・カーボンフレーム・クロモリフレームの3種類です。ここではフレームの種類を解説していくので、フレームもしっかり選んでいきましょう。

アルミフレーム

アルミフレームは軽くて丈夫な素材なので自転車も漕ぎやすく、長時間の使用も可能です。通勤やちょっとした外出など、日常的に使用する場合にはアルミフレームでも十分でしょう。また、アルミフレームは安価なので安いファットバイクに多く利用されています。リーズナブルなのが嬉しいポイントですよね。

ただし、衝撃吸収性が弱いので雪道や砂利道などの段差のある道には不向きです。もし、アウトドアとしてファットバイクを利用したい場合は、アルミフレームは避けましょう。

カーボンフレーム

カーボンフレームは衝撃吸収性に優れたフレームです。また、軽い素材なので長時間漕いでいても疲れにくくなっています。ただし、カーボンフレームは傷が付きやすい素材なので、傷をつけたくない方や気になる方は気をつけて使用しなければなりません。

さらに、カーボンフレームは価格も高額なので買い替えるにしてもお金がかかってしまうのがデメリットといえます。なので、カッコよさからファットバイクにしたい方よりも、アウトドア目的でファットバイクを使用したい方に向いているでしょう。

クロモリフレーム

クロモリフレームはスチール合金でできた素材のフレームです。耐久性や振動吸収性に優れているので長時間の使用も疲れにくくなっています。走行していてできた傷も修復しやすいので安心して使うことができます。

しかし、クロモリフレームのデメリットとして、素材が重いことが挙げられており、慣れていない方は漕ぎにくいです。普段から鍛えている方やファットバイクに乗りなれている方ならば使いやすいので、初めてファットバイクを購入する方は避けた方が良いかもしれませんね。

第10位 Buggs ファットバイク


Buggs ファットバイクの仕様・製品情報

メーカー Buggs
フレーム素材 アルミフレーム
タイヤ 20×4.0
重量 15キロ
搭載機能 ロングホイールベース/適応身長:150cm~165cm/駆動系:シマノ社製6段ギヤ/グリップ:握りやすいソフトラバー/ブレーキ:両手ブレーキを採用

Buggs ファットバイクをおすすめする理由

  • お子さんでも安心して乗れる!
  • 前後ディスクブレーキ!
  • 握りやすいエアーグリップ!

Buggs ファットバイクの評価とレビュー

子供も乗れます!街乗りに最適なファットバイク

このファットバイクは子供でも気軽に乗ることができて使いやすいファットバイクです。ギアがついているので通勤や通学、ちょっとした外出時にも気軽に使うことができます。ブレーキは両手ブレーキが採用されているので運転も安全です。

また、グリップは握りやすいソフトラバーグリップが適用されています。漕ぎやすいのでファットバイク初心者の方や、日常使いで利用したいにはおすすめのファットバイクです。値段も39000円もお手頃なので買い求めやすいのが嬉しいですね。

第9位 JEEP ファットバイク JE-266FT


JEEP ファットバイク JE-266FTの仕様・製品情報

メーカー JEEP
フレーム素材 ハイテン
タイヤ 26×3.0
重量 17.8キロ
搭載機能 フレームサイズ:430mm/変速:外装6段/適応身長:165cm-/サドルの高さ(地上より):約820-1020mm /カラー:OLIVE , BLUE , RED

JEEP ファットバイク JE-266FTをおすすめする理由

  • 変速6段ギア!
  • メクニカルディスクブレーキ搭載!
  • 26×3.0の極太タイヤ!

JEEP ファットバイク JE-266FTの評価とレビュー

メクニカルディスクブレーキ搭載!JEEPのファットバイク!

1941年から続くJEEPのファットバイクはメクニカルディスクブレーキが搭載されているので安全に使うことができます。また、変速ギアが6段階なので好みや用途に合わせて速度を変えられるのもJEEPのファットバイクの良いポイントです。

デザインは色が3種類から選べるので自分の好みに合わせて選べます。そして価格も非常にお手頃です。通勤や通学などの普段使いで、おしゃれなファットバイクを求める方はJEEPのファットバイクを選ぶと良いでしょう。

第8位 RAINBOW BRONX 20インチ ファットバイク


RAINBOW BRONX 20インチ ファットバイクの仕様・製品情報

メーカー RAINBOW
フレーム素材 ハイテン
タイヤ 20×4.0
重量 15.5キロ
搭載機能 フレーム:ハイテン鋼/リム:スーパーワイド3インチ/前ブレーキ:ディスク/後ブレーキ:コースター

RAINBOW BRONX 20インチ ファットバイクをおすすめする理由

  • リアブレーキとフロントブレーキ搭載!
  • チェーンガードが付いて安全
  • クッション性の高いサドル!

RAINBOW BRONX 20インチ ファットバイクの評価とレビュー

砂利道や雪道でも楽しめるRAINBOW のファットバイク!

RAINBOWのファットバイクはリアブレーキとフロントブレーキが付いており、安全に走行することができます。サドルはクッション性の高いものを採用しているので座っていて負担がかかりにくいです。また、チェーンガードも付いているのでロングスカートなど洋服が絡まってしまう心配もありません。

ファッションにこだわる方には嬉しいですよね。安全に使用できるうえに色も豊富なのでオシャレなデザインを好む方はRAINBOWのファットバイクが良いでしょう。

第7位 カノーバー クロスバイク CAC-024 HEBE


カノーバー クロスバイク CAC-024 HEBEの仕様・製品情報

メーカー カノーバー
フレーム素材 クロモリフレーム
タイヤ 25×6.0
重量 11.2 キロ
搭載機能 主な用途:ツーリング サイクリング 通勤 通学/適応身長:160cm以上/メーカー保証:1年/変速機:シマノ21段

カノーバー クロスバイク CAC-024 HEBEをおすすめする理由

  • クロモリフレームによるしなやかな乗り心地!
  • 60mmディープリム!
  • 仕様がたくさんで使いやすい!

カノーバー クロスバイク CAC-024 HEBEの評価とレビュー

60mmディープリムを採用したストリート系クロスバイク!

このファットバイクは様々な仕様がついていて使いやすいのが特徴のファットバイクです。フレームはクロモリフレームなので衝撃吸収性に優れているので砂利道などの道でも漕ぎやすいです。他にも、変速は21段階なところや、シリコン素材で軽量のLEDフロントライト、速やかに車輪の交換ができるフロントクイックリリースを組み込んだハブなど便利で快適な点がたくさんあります。

この便利さで5万円以下と価格もお求めやすい価格なので、便利性を求める方にはおすすめのファットバイクです。

第6位 Eizer ファットバイク F120


Eizer ファットバイク F120の仕様・製品情報

メーカー Eizer(アイゼル)
フレーム素材 アルミフレーム
タイヤ 20×4.1/4
重量 20キロ
搭載機能 ホイール:第3世代ゴールデンアルミアルマイト20インチホイール・タイヤ:20X4-1/4 英式バルブ/ブレーキ:前後メカニカルディスクブレーキ・ハンドル:22.2mm/W580mm/変速機:SHIMANO TX30 7SPEED・スプロケット:SHIMANO MZ21(14-32T)/クランク:アルミクランク(36T)/適応身長:145~175cm・サドル高(地面から):63~78cm/付属品:ペダル、サイドスタンド、反射板

Eizer ファットバイク F120をおすすめする理由

  • 前後メカニカルディスクブレーキ!
  • 軽い素材のアルミフレーム採用!
  • 極太タイヤで安定感!

Eizer ファットバイク F120の評価とレビュー

迫力の極太 ファットバイク

Eizerのファットバイクは極太なタイヤを採用しているので砂利などの凹凸のある道でも漕ぎやすいです。また、フレームはアルミフレームなので軽く、身体に負担をかけずに快適にファットバイクを漕ぐことができます。初心者の方はクロモリフレームだと重くて漕ぎにくいのでEizerのファットバイクならば漕ぎやすくて快適でしょう。

ブレーキは前後メカニカルディスクブレーキを採用しているので走行も安心です。ファットバイクが欲しいけど今まで乗ったことがない方は最初のファットバイクとして安価なEizerのファットバイクで乗りなれていくと良いですね。

第5位 TRINX ファットバイク T106


TRINX ファットバイク T106の仕様・製品情報

メーカー TRINX
フレーム素材 アルミフレーム
タイヤ 26×4.0
重量 15キロ
搭載機能 ブレーキ:前後ディスクブレーキヨーロッパ仕様(前輪/左・後輪/右)・ブレーキローター:前後穴あき160mm・変速機:SHIMANORevoSift7Speed/ディレイラー:SHIMANOTourney7Speed・スプロケット:SHIMANO MZ-21(14-28T)/チェーン:KMC・クランク:ALLOYクランク 40T170mm/タイヤ:CST26X4.0・チューブ:26X4.0 米式バルブ/サドル:TRINX 3D オリジナル・サドル高さ:77~100cm(地面からサドル上面)/付属品:ペダル・反射板・取扱説明書・適応身長:160-180cm

TRINX ファットバイク T106をおすすめする理由

  • 衝撃吸収サドルダンパー搭載!
  • シマノ7段変速ギア
  • 制動力の高いディスクブレーキを搭載!

TRINX ファットバイク T106の評価とレビュー

軽量で漕ぎやすいファットバイク!

このファットバイクはアルミフレームのため、軽量で漕ぎやすく、ファットバイク初心者の方でも安定した乗り心地でファットバイクに乗ることができるでしょう。ブレーキは制動力の高いディスクブレーキが搭載されているので安全です。

また、サドルは衝撃を吸収するサドルダンパーなのでお尻が痛むことなく快適な乗り心地でファットバイクのサイクリングを楽しむことができます。変速も7段階です。乗り心地や漕ぎやすさを重視したい方はこのファットバイクでサイクリングを楽しみましょう。

第4位 ゴールド ビーチクルーザー 26インチ


ゴールド ビーチクルーザー 26インチの仕様・製品情報

メーカー ノーブランド
フレーム素材 アルミフレーム
タイヤ 26×4.0
重量 10キロ以上(不明)
搭載機能 サイズ:26インチ/色:ゴールド/変速:21速/ディレイラーレバー:Shimano EF500/フロント リアディレイラー:Shimano TZ500/ブレーキ:BOLIDS ディスクブレーキ/適応身長:160cm~

ゴールド ビーチクルーザー 26インチをおすすめする理由

  • 変速21速!
  • ディスクブレーキ搭載!
  • 価格が2万円台の安さ!

ゴールド ビーチクルーザー 26インチの評価とレビュー

2万円台!アマゾンベストセラー商品のファットバイク!

このファットバイクは圧倒的な価格の安さが特徴です。極太のタイヤを採用していますが、価格が2万円台と格安なので気軽に購入できますよね。通常のファットバイクは10万円以上してしまい、高額なものだと30万以上してしまいますが、それに比べるとかなり格安な値段ですよね。

機能性も良く、変速21速やディスクブレーキ搭載などが挙げられます。ファットバイクが欲しいけど価格が高くて手を出せない方はこのファットバイクでサイクリングを楽しみましょう。

第3位 SMLRO 26インチ ファットバイク


SMLRO 26インチ ファットバイクの仕様・製品情報

メーカー SMLRO
フレーム素材 アルミフレーム
タイヤ 26×4.0
重量 28kg
搭載機能 フル電動アシスト/ペダル:折りたたみ式/時速30キロ/SHIMANO 21段 変速/型式:26インチ/折り畳み寸法:85×70×40cm/折りたたみ式 ショックアブソーバー/ロック機能付き/ハンドルバー:高さ調節可能なアルミニウム製ハンドルバー/スピード類:外装SHIMANO 7段 変速/ディレイラー:SHIMANO SL-TX50-7R/ダイヤル:SHIMANO RD-TZ500/フライホイール:SHIMANO MF-TZ500/ブレーキ:前後Dブレーキ/クランクセット:Prowheelアルミ/サドル:LEDテールライト付きの快適な厚手のスポンジクッション/ペダル:アルミマウンテンバイクペダル/バッテリー:36V 10Ah リチウム電池/充電器:100~240V DC/充電時間:約4~6時間/モーター:36V 350W 後部高速 ブラシレス モーター/最大トルク:60 N.M

SMLRO 26インチ ファットバイクをおすすめする理由

  • 電動自転車のファットバイク!
  • 走行モードの変更が可能!
  • 便利機能も様々!

SMLRO 26インチ ファットバイクの評価とレビュー

電動自転車のファットバイク!

このファットバイクは10万円以上と、一見高額なファットバイクに見えますが、実は電動自転車のファットバイクです。電動自転車機能がついているならばお手頃ですよね。走行モードは3つのモードから選べて、電動バイクモード、ペダル走行モード、ハイブリット走行モードの3種類に分かれています。

電動バイクモードは公道での使用は不可ですが、ハイブリット走行モードにすれば坂道でも快適に漕ぐことができるので嬉しいですよね。自分の脚だけで漕ぎたい場合はペダル走行モードにすれば良いので、切り替えて楽しむのも良いでしょう。

第2位 キャプテンスタッグ ファットバイク


キャプテンスタッグ ファットバイクの仕様・製品情報

メーカー キャプテンスタッグ
フレーム素材 アルミフレーム
タイヤ 20×4.0
重量 15.5kg
搭載機能 製品サイズ:(約)長さ1600×幅585×高さ1000mm/付属品:組立簡易工具(六角レンチ、スパナ)、米式から英式変換アダプター

キャプテンスタッグ ファットバイクをおすすめする理由

  • 制動力抜群のディスクブレーキを装備
  • アルミフレームにアルミパーツをふんだんに装備
  • エルゴグリップを装備!

キャプテンスタッグ ファットバイクの評価とレビュー

小回りの良さと安定感を両立させたファットバイク!

キャプテンスタッグのファットバイクは安定感のある乗り心地で快適に漕いでいくことができるのが特徴です。グリップはエルゴグリップなので握りやすく、サイズが小さめなので小回りが効いて便利です。ブレーキはディスクブレーキを採用しているので制動力も良く安全に使用することができます。

フレームはアルミフレームでパーツもアルミなので軽量化されており、漕ぎやすいでしょう。漕ぎやすい軽量のファットバイクが良い方はキャプテンスタッグのファットバイクで安定感のある乗り心地を楽しみましょう。

第1位 TRINX ファットバイク T100


TRINX ファットバイク T100の仕様・製品情報

メーカー TRINX(トリンクス)
フレーム素材 アルミフレーム
タイヤ 20×4.0
重量 17 Kg
搭載機能 フレームサイズ:20×11インチ/ブレーキ:WinZip前後メカニカルディスクブレーキ 前輪/左・後輪/右(ヨーロッパ仕様)・ハンドル:TRINX ALLOY 590mmライザーバー ステム:NECOアルミ55㎜/変速機:Shimano RevoShift グリップシフト7速・ディレイラー: Shimano Tourney 7速/クランク:140mm・スプロケット:Shimano TZ500-7 14-28T/タイヤ:CST BFT 20X4.0・ホイール:ALLOY CNC 20インチ ディンプル加工 アルミアルマイトカラー/サドル:TRINX 3D オリジナル/付属品:ペダル・反射板・説明書/適応身長:140㎝~・サドル高さ:68~79cm(地面からサドル上面)

TRINX ファットバイク T100をおすすめする理由

  • Wディスクブレーキ!
  • シマノ7段変速ギア!
  • 極太タイヤで凹凸な道でも安定感!

TRINX ファットバイク T100の評価とレビュー

スチールより軽いアルミフレーム仕様のスタイリッシュなファットバイク!

第1位はTRINXのファットバイクです。極太のタイヤなので砂利道や雪道、浜辺でも難なく漕ぐことができます。どんな場所でも漕ぎやすいのでアウトドアを楽しみたい方でも十分に使うことができるでしょう。また、素材はアルミフレームと軽い素材なので重量で困ることもありません。快適に漕げます。

通常、安価なファットバイクは日常使いのものが多いですが、このファットバイクならばアウトドア使いでも日常使いでも良いので、コスパ面も良いですね。

まとめ

ファットバイクはタイヤの太さやフレームの素材などがそれぞれ異なるので、購入する際は自分の用途に合わせて購入しなければならないことがわかりましたね。

例えば、整備されていない砂利道や雪道など、アウトドアとして使用する方は太いタイヤで衝撃吸収性のあるカーボンフレームやクロモリフレーム、日常使いで使用する方は漕ぎやすく軽いアルミフレームなど、自分の目的に合わせて購入することで長く愛用できるでしょう。

また、激安ファットバイクなら買い求めやすいですが、日常使いでしか使えない場合もあるので購入前は必ず素材を見るように注意して下さい。

激安ファットバイクに関連する他の記事もおすすめ!!

ロードバイク【激安モデルをご紹介!!】激安ロードバイクの選び方と人気おすすめ10選 | 最新版 電気自転車【激安モデルを紹介!!】電気自転車の選び方と人気おすすめ10選 | 最新版 ロードバイク用カメラロードバイクにおすすめのカメラの選び方と人気おすすめ10選【最新版】 スマホ落下【最新版】スマホ落下防止グッズの選び方と人気おすすめランキング10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です