【激安特集!!】クロスバイクの選び方と人気おすすめ10選 | 最新版

自転車

オフィス街などで街中を颯爽と走る自転車を見ることがありますが、その中で明らかに形状がママチャリとは異なる、非常にスリムな自転車を見かけることはありませんか?もしかするとその自転車は、クロスバイクという種類の自転車かもしれません。

今回はこのクロスバイクの特徴や気になる価格帯、そして購入時に注意する点といったところを紹介していきます。クロスバイクに興味はある人や購入に迷っている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

また、激安ロードバイクに関する記事もおすすめです!

激安クロスバイクの基本情報

冒頭でクロスバイクのことをさらっと述べましたが、クロスバイクが具体的にどのような商品か詳しく知らない人も多いと思います。ここではクロスバイクの特徴や気になる価格帯について解説していくことにします。

  • そもそもクロスバイクとは?
  • 激安クロスバイクの価格帯

そもそもクロスバイクとは?

はてな

クロスバイクは、オフロード用途が中心のマウンテンバイクとオンロード用途が中心のロードバイクの持つそれぞれの特徴を兼ね備えたスポーツ仕様の自転車です。

日常の使用からサイクリングまで幅広く活用でき、その使い勝手のよさから通勤・通学にも使われおり、学生やビジネスマンから注目されている自転車でもあります。

また以前と比べて手ごろな価格の製品も増えてきており、ラインナップも充実してきています。

激安クロスバイクの価格帯

価格

さて、気になるクロスバイクの価格帯ですが、通常のタイプは平均約5~8万円程で販売されており、いわゆる激安というものになると1万円台から購入できるものもあります。

値段の幅が大きいのでつい安いものに注目してしまいがちですが、自分の体格や用途に合ったタイプをよく確認してから購入することをオススメします。

激安クロスバイクの選び方

ここまで、クロスバイクの特徴や気になる価格帯について解説してきました。ここからは、クロスバイクを選ぶ際の注意点を、身長及び体格・タイヤのサイズ・フレームの種類・変速機数・オプションといった視点からみていくことにします。

  • 身長・体格に合ったクロスバイクを選ぼう
  • タイヤのサイズから選ぼう!
  • フレームの種類から選ぼう

身長・体格に合ったクロスバイクを選ぼう

身長

クロスバイクを購入する際の注意点の1つとして、自分の身の丈に合ったものを選ぶことはとても重要なことです。自分の体に合ったクロスバイクを探す基準の1つとして、フレームサイズが挙げられます。

フレームサイズとは、サドルの下からペダルを取り付けている部分までの長さを指し、サイズが自分の身体に合わないと体への負担が増えるだけでなく、最悪その部位を負傷してしまうこともあります。クロスバイクを選ぶときは、フレームサイズが自分の体格に合っているかを確認するために、一度試乗してみることをオススメします。

タイヤのサイズから選ぼう!

タイヤ

自分の用途に合ったクロスバイクを探す際、タイヤの太さも大きなポイントとなってきます。まず太いタイヤの場合は、少々の障害物を踏んでも全体がぐらつかず、安定感があります。またクッション性も高く乗り心地も悪くありません。しかし加速するときにかなりの脚力を要するため、脚への負担がかかるという欠点があります。

その分細いタイヤは、加速がしやすいですが、安定感があまりなく、またちょっとした障害物や軽い衝撃でもパンクをする恐れがあります。尚、自転車のタイヤのサイズは【ホイール直径×太さ(C)】と表記されており、通勤・通学といった一般的な用途には28Cのものが、アウトドアなど趣味的な用途なら32Cのサイズがオススメです。

フレームの種類から選ぼう

フレーム

ここからは、クロスバイクの車体部を構成するフレームに使われる代表的な3種類の素材、アルミ・スチール・クロモリについて、それぞれの特徴やメリット・デメリットなどについて解説していきます。

アルミフレーム

アルミフレームは、自転車のフレームとしても採用されているものが多く、定番の素材ともいえます。特徴としては、素材自体が軽く、ほどよい耐久性も備えています。またアルミという性質上、錆にも強く、メンテナンスに手間が掛からないという利点もあります。

その反面、素材の性質上、柔軟性が乏しいため、振動時における吸収性は他の素材と比べて低いといえますが、通勤・通学といった日常における用途であれば、そこまでは気にならないレベルです。また価格も比較的安価で、コスパに優れたフレームであるともいえるでしょう。

スチールフレーム

次に紹介するスチールフレームも、アルミと同じくらい自転車のフレームの中では、よく採用されている素材です。スチールフレームの特徴としては、まず他の素材と比べて価格が安いことが挙げられます。そして鉄が主成分なため、強度が高く、頑丈であるといえます。

その反面、鉄の性質上、他の素材よりも重く、また錆にも強くありません。錆止めなどメンテナンスにも手間がかかってしまいます。スチールフレームは、価格重視で考えている人に向いたフレームであるといえます。

クロモリフレーム

最後にクロモリフレームとは、主成分の鉄に微量のクロムとモリブデンを混ぜ合わせた合金素材のフレームです。このフレームの特徴としては、強度や耐久性だけでなく、振動吸収性にも強い性質を持っています。日常用途における使い勝手もよく、また細いフレームに代表されるようにデザイン性もかなり高いです。

特に初心者の方には、オススメのフレームといえます。しかし、鉄が主成分のため、錆びやすく、重量もやや重いという欠点があります。また価格においてもやや高価なので、その点にも注意が必要です。

変速機の数もチェック!

ギア

クロスバイクの変速ギアの段数は、バイクによってさまざまで、1~27と多岐に渡っています。これは平坦な道や坂道など、その状況によって脚の負担が変化するため、その負担を軽減または一定にするために、ギアを使って調節をします。

通勤・通学といった日常の用途ではギア数が7~9、時速30㎞以上で走行するときやサイクリング用途での利用が多い場合は、21以上の変速ギアがあるものがいいでしょう。ただし変速ギア数が多いほど、重さが増しまたメンテナンスにも手間が掛かる点には注意しましょう。

泥除けやカゴなどのオプションもチェック!

チェック

クロスバイクは、他の自転車よりもカスタマイズがしやすく、オプションを追加することによって、より自分の好みに合わせた仕様にすることも大きな特徴といえます。オプションの種類としては、通勤・通学においては、雨天時に活躍する泥除けや駐輪時に役立つスタンド、また買い物のときに便利なカゴなどといったものがあり、さらに利便性を高めてくれます。

その他にも走行距離や速度が計れるサイクルコンピューターなどもあり、購入の際、自分が使用する用途に合わせたオプションが、標準で搭載されているか対応しているかなどを調べてから購入するとよいでしょう。

激安クロスバイクの人気おすすめランキング10

人気でおすすめの激安クロスバイクを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第1位 シボレー CORVETTE AL-CRB7006


シボレー CORVETTE AL-CRB7006の仕様・製品情報

メーカー シボレー
フレームサイズ 440mm
タイヤサイズ 700×28c
適応身長 160cm以上
搭載機能 ホイールサイズ:700C/フレーム材質:軽量アルミフレーム/重量:11.5kg /シマノ製6段変速ギア搭載/前後キャリパーブレーキシステム採用/ハブ:前クイックレリーズハブ/サドル高さ:79cm~94cm/全長174cm ハンドル幅57cm ハンドル高さ91cm

シボレー CORVETTE AL-CRB7006をおすすめする理由

  • 堂々と輝く「CORVETTE」のロゴ
  • シンプルデザインのクロスバイク
  • 機動力のある足回り

シボレー CORVETTE AL-CRB7006の評価とレビュー

基本的な機能が揃ったクロスバイク!初心者にオススメ!

シボレーといえば、アメリカの自動車メーカーBIG3の1社として有名なメーカーですが、クロスバイクも製造しています。この製品の特徴としては、重量が11.5㎏と比較的軽量で、軽快な走行だけでなく、駐輪時などの持ち上げにも体に負担があまりかかりません。

変速ギアもシマノ製を使用しています。ギア変速数は6つとやや少なめですが、28Cのタイヤやアルミフレームも採用しており、価格の手ごろさもあって、初心者の方にはオススメできる1台といえます。

第2位 LIG MOVE


LIG MOVEの仕様・製品情報

メーカー LIG
フレームサイズ 440mm
タイヤサイズ 700x28C
適応身長 155cm以上
搭載機能 フレーム材質 アルミ/重量 12.0kg/リム アルミ/変速機 シマノ7段/サドルの高さ(地上より) 815-995/サイズ(横×高さ×幅) 1680x985x570mm/シートポスト径 27.2mm

LIG MOVEをおすすめする理由

  • 5つのカラーバリエーション
  • ギアや変速機にシマノを採用
  • 前輪と後輪で異なるカラーリム

LIG MOVEの評価とレビュー

日常用途をちょっとおしゃれに飾りたい人にオススメの1台!

今回紹介するこのLIGのクロスバイクは、アマゾンの売れ筋ランキング1位にもなった人気の製品です。主な特徴としては、5つのカラーバリエーションからお好みの色を選ぶことができ、カラーリムも前輪と後輪で色が異なるなどちょっとしたおしゃれに気を使っている点です。

通勤や通学といった日常用途に花を添えたい人にはオススメの1台といえるでしょう。7段変速や700x28Cのタイヤサイズ、アルミ製フレームを採用といった基本的な機能は一通り揃っており、性能面でも問題はありません。

第3位 CANOVER クロスバイク CAC-021 (VENUS)


CANOVER クロスバイク CAC-021 (VENUS)の仕様・製品情報

メーカー カノーバー
フレームサイズ 470mm
タイヤサイズ 700x25C
適応身長 165cm以上
搭載機能 主な用途: ツーリング サイクリング 通勤 通学/メーカー保証: 1年/フレーム材質: アルミ/重量: 11.2kg (ペダル・保安部品を取り外した状態)/変速機: シマノ21段/ブレーキ: 前輪/キャリパーブレーキ、後輪/キャリパーブレーキ/サドルの高さ(地上より): 890-1060mm/サイズ(横×高さ×幅): 1690x950x575mm

CANOVER クロスバイク CAC-021 (VENUS)をおすすめする理由

  • フレーム強度とデザインを両立
  • シマノの変速機を採用
  • LEDフロントライトを装備

CANOVER クロスバイク CAC-021 (VENUS)の評価とレビュー

カノーバーの上位モデルながら5万円台で購入できる!

今回紹介するクロスバイクは、カノーバー製の上位モデルでありながら、5万円台で購入できるという魅力的なバイクでもあります。この製品の特徴としては、全体が11.2㎏と軽量で使い勝手がいいところと、シマノ製21段変速機を採用しているため、ペダルを漕ぐのにも負担がかかりません。

その他にも700×25Cのタイヤやアルミフレームを採用していますが、サドル高があるため、適応身長が165㎝以上になっているところに注意が必要です。

第4位 21Technology クロスバイク CL266


21Technology クロスバイク CL266の仕様・製品情報

メーカー 21Technology
フレームサイズ HP記載なし
タイヤサイズ 700×28C
適応身長 155㎝
搭載機能 重量 13kg/素材 スチール/ギア枚数 6/ホイールサイズ 700インチ

21Technology クロスバイク CL266をおすすめする理由

  • 選べる7つのカラーバリエーション
  • スチール製フレームを採用
  • 700x28cのタイヤで安定感ある走行

21Technology クロスバイク CL266の評価とレビュー

1万円台でこれだけの機能を実現できた1台!

ここまで紹介してきたクロスバイクはアルミフレームを採用していましたが、この製品はスチールフレームを採用しており、強度の高さについては文句のない仕様になっています。

性能面においても、シマノ製6段変速を備え、タイヤも700x28c使用しており、スチールフレームと相まって安定した走行をすることができ、街乗りからアウトドアまで幅広く活躍できます。ただし重量が13㎏と重く、取扱時にはやや負担を感じるかもしれません。

第5位 SCHWINN CUTTER Complete Bike


SCHWINN CUTTER Complete Bikeの仕様・製品情報

メーカー シュウィン
フレームサイズ HP記載なし
タイヤサイズ HP記載なし
適応身長 160~175㎝
搭載機能 色ブラック/サイズXS (48cm)/素材クロモリ

SCHWINN CUTTER Complete Bikeをおすすめする理由

  • フレームにクロモリを採用
  • 100年以上の歴史を持つシュウィンブランド
  • シンプルな仕上がり

SCHWINN CUTTER Complete Bikeの評価とレビュー

100年を越えるブランドをあなたに!

シュウィンというメーカーは、100年を越える歴史を持っており、今回紹介するクロスバイクも、どこかそのような気品が漂っている感じがするモデルになっています。このバイクの特徴としては、やはりフレームにクロモリを採用しているところにあります。

伝統を感じるデザインの中に、耐久性と振動吸収性を兼ね備えた最新の技術が組み込まれているのは、大きな魅力といえるでしょう。お値段はそれなりにしますが、新しいクロスバイクと違って、どこか落ち着きを感じるモデルを求めている人にはオススメの1台といえます。

第6位 NEXTYLE クロスバイク NX-7021


NEXTYLE クロスバイク NX-7021の仕様・製品情報

メーカー ネクスタイル
フレームサイズ 440mm
タイヤサイズ 700×28C
適応身長 155㎝以上
搭載機能 フレーム材質:スチール/重量:13.5kg/変速:シマノ21段変速/メーカー保証一年

NEXTYLE クロスバイク NX-7021をおすすめする理由

  • 女性にも人気のクロスバイク
  • 6種類のカラーバリエーション
  • カラータイヤにカラーグリップ

NEXTYLE クロスバイク NX-7021の評価とレビュー

カラフルさが売りのクロスバイク!男女それぞれに見合ったデザインが魅力!

6種類のカラーバリエーションとカラータイヤにカラーグリップ、とにかくカラフルなことにこだわったクロスバイクです。性能面においてもシマノ製21段ギアを採用し、滑らかな制動が特徴のアルミキャリパーブレーキを装備、タイヤサイズも700×28Cのため、安定した走行をすることができます。

適応身長も155cm以上と、女性にも充分に対応した設計になっていますが、フレームがスチール製のため、重量が約13.5㎏と重く、取り回しに難があることに注意が必要です。

第7位 Raychell クロスバイク CR-7007R


Raychell クロスバイク CR-7007Rの仕様・製品情報

メーカー レイチェル
フレームサイズ 450mm
タイヤサイズ 700x28C
適応身長 160cm以上
搭載機能 ホイールサイズ:700C/フレーム材質 スチール/メーカー保証:1年/重量 13.4kg/変速機:シマノ7段

Raychell クロスバイク CR-7007Rをおすすめする理由

  • シマノ製の変速シフトを採用
  • クッション性が高いサドル
  • フロントLEDライト付き

Raychell クロスバイク CR-7007Rの評価とレビュー

シンプルなデザインが魅力的な1台

デザインを見る限り、シンプルイズベストを絵に描いたようなデザインが特徴的なこの製品ですが、低価格の設定ながら多くの機能を備えたコスパに優れたバイクです。

ギア変速シフターと変速機にはシマノ製を採用し、ブレーキも制動力が高いVブレーキを搭載しているため、下り坂などで速度が出ているときや雨天時においても、しっかりとした制動力を発揮することができます。

ただ低価格クロスバイクの例に漏れず、スチールフレームを採用しているため、重量が13.4㎏と重く、重さが気になる人には、その点において注意が必要です。

第8位 RENAULT クロスバイク CRB7006S


RENAULT クロスバイク CRB7006Sの仕様・製品情報

メーカー ルノー
フレームサイズ 430mm
タイヤサイズ 700×28c
適応身長 160cm以上
搭載機能 組立部:ハンドル/ペダル(お客様組立)/コンポーネント:シマノ製6段変速ギア搭載/フレーム素材:スチール製/前後Vブレーキシステム/サイズ:長さ178cm幅52cm、ハンドル:高さ95cm-101cm、サドル:高さ82cm-91cm

RENAULT クロスバイク CRB7006Sをおすすめする理由

  • サドルにはルノーのロゴ入り
  • アルミ製大型タイプのキックスタンド
  • ハンドルをアルミで軽量化

RENAULT クロスバイク CRB7006Sの評価とレビュー

フランス製らしいちょっとおしゃれなデザインが魅力!

ルノーはフランスの自動車メーカーとして有名ですが、クロスバイクも生産しています。スタイリッシュなデザインに目がいくこのクロスバイクの特徴は、変速機は6段を採用し、もちろんシマノ製です。タイヤも700×28Cと大口径なため、安定した走行が期待できます。

またタイヤチューブの英式バルブは、ママチャリ用の空気入れが使えるなど、細かいところにも配慮が届いてる点も注目です。従来のクロスバイクとは異なるおしゃれなデザインを好む人には気になる1台といえそうです。

第9位 KYUZO クロスバイク KZ-107 GUNGNIR


KYUZO クロスバイク KZ-107 GUNGNIRの仕様・製品情報

メーカー KYUZO
フレームサイズ 420mm
タイヤサイズ HP記載なし
適応身長 155~185cm
搭載機能 本体サイズ(約):H860×W560×L1680/サドル高:830~960mm/本体重量(約):13.8kg/適正体重:~75kg/フレーム:スチール/タイヤ:26インチ/ホワイトウォール仕様/リム:26インチ アルミ EV(英式バルブ対応)/変速シフター:シマノ製グリップシフト/変速:シマノ6段変速/その他の装備:チェーンガード、ディレーラーガード、アルミクランク、MTBペダル、片足キックスタンド、ベル、各種リフレクター/付属品:取扱説明書、組立工具

KYUZO クロスバイク KZ-107 GUNGNIRをおすすめする理由

  • 体への負担を軽減するグリップとサドル
  • 太めのワイルドフレーム
  • 高品質なシマノ製変速機を採用

KYUZO クロスバイク KZ-107 GUNGNIRの評価とレビュー

クロスバイクのエントリーモデルに最適!

このクロスバイクの特徴は、なんといっても約1万5000円強という価格で、シティサイクルと値段的に差異がないレベルで購入できるのが魅力です。

性能としては、シマノ製6段変速機を使用し、タイヤも26インチを搭載、その他にもグリップとサドルにもそれぞれの体の部位に負担がかかるのを和らげる工夫などがされており、クロスバイクの基本的な性能はほぼ備えています。

シティサイクルの延長上としてクロスバイクを楽しみたい人にとっては、選択肢に入る1台ではないでしょうか。

第10位 NEXTYLE クロスバイク CNX-7006


NEXTYLE クロスバイク CNX-7006の仕様・製品情報

メーカー ネクスタイル
フレームサイズ 440mm
タイヤサイズ 700×28c
適応身長 HP記載なし
搭載機能 ホイールサイズ:700C/フレーム アルミ/重量 12.8kg/変速機 シマノ7段変速機

NEXTYLE クロスバイク CNX-7006をおすすめする理由

  • 個性的なスタイル
  • 700×28Cの大口径を採用
  • デュアルピボットブレーキを搭載

NEXTYLE クロスバイク CNX-7006の評価とレビュー

個性的なデザインが特徴のコスパに優れた一品!

一見するとメガネの縁のように見えるホイールが特徴的なこのクロスバイクですが、多くの機能を備えながらも3万円を切る価格を実現した大変コスパの高いモデルでもあります。

シマノ製7段変速を採用し、タイヤも700×28Cを搭載し、安定感に優れています。フレームもアルミ製を使用し軽量のため、取り回しもラクに行うことができるなど、これからクロスバイクを始めたい人にとっては、選択肢に入る1台といえることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでクロスバイクの特徴や気になる価格帯、そして購入時における注意点などについて述べてきました。

一昔前と比べて、自転車の種類も増え、個人のさまざまなニーズに答えてくれる自転車が続々と誕生しています。そして自転車の速度や高さから体験する景色は、ちょっとした非日常を演出してくれます。

今こそ、自分の身体にフィットしたクロスバイクで、いつもとは違う世界を手軽に体験してみませんか?

激安クロスバイクに関連する他の記事もおすすめ!!

電気自転車【激安モデルを紹介!!】電気自転車の選び方と人気おすすめ10選 | 最新版 ロードバイク用カメラロードバイクにおすすめのカメラの選び方と人気おすすめ10選【最新版】 ランニング アームバンド【運動に最適!!】スマホ用アームバンドの選び方と人気おすすめ10選 活動量計【最新版】活動量計の人気おすすめモデル10選 【健康管理やダイエットに!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です