プレイウォッチの機能や特徴・遊び方などについて解説|色の種類や価格なども紹介

プレイウォッチの機能や特徴・遊び方などについて解説|色の種類や価格なども紹介

そもそもプレイウォッチとは?

タカラトミーから2015年6月に発売された、タッチパネルで操作できる子供向けのスマートウォッチです。

時計の他にカメラ・動画撮影・ゲーム・マイク等の機能が搭載されており、同梱のUSBチャージケーブルでパソコンと接続することで撮影したファイルの転送や、充電を行います。

2015年の日本おもちゃ大賞で「世代や性別を問わず楽しめる娯楽性の高い玩具を対象」に選考されるコミュニケーション・トイ部門において優秀賞を受賞しています。こちらの対象年齢は6歳以上となっており、まさに小学生が楽しく遊べそうな機能が満載です。

プレイウォッチの機能や特徴

時計

50種類のデザインから選ぶことができます。

カメラ

30万画素640×480ピクセル(jpg形式)。保存枚数約800枚(写真のみの場合)

動画

320×240(6分)、160×120(15分)の2つのサイズが選択可能です。

ゲーム

タッチパネルを使用して遊べるゲームが3種類入っています。

探偵ゲーム

犯人の顔を記憶して次々出てくる顔と照らし合わせて、犯人の顔を当てるゲーム。

回転パズル

4つに分割された写真の1箇所が回転しているためそれをタップで戻すゲーム。

フィンガーダンス

円の形に合わせてリズム良くタップするゲーム。
いずれもシンプルで、記憶力やリズム感を鍛えられる手軽なゲームです。

マイク

ボイスレコーダーとしての機能の他にボイスチェンジ機能で遊ぶことができます。

その他の機能

アラーム、タイマー、ストップウォッチ、アルバム、タイムマスター(時刻を英語で教えてくれる機能)も付いています。

カラーはブルー、ピンク、ホワイト、パープル、迷彩の5色の展開があり、価格は7980円(税抜)です。

プレイウォッチの遊び方(使い方)は?

プレイウォッチはおもちゃですが、非常に実用性があります。腕時計として使用するのもいいですし、アラームで目覚ましにするのも良いでしょう。勉強時間にタイマーを使ったり、ストップウォッチで時間を計るのも有効だと思います。

また、タイムマスターの機能では英語の勉強にも一役買ってくれそうです。他にも、おしゃれに敏感な子なら洋服に合わせて時計機能のデザインを変更することでアクセサリーのように楽しむこともできます。

もちろん、プレイウォッチは友達が集まっても楽しく遊べます。カメラ機能ではフレームを使って撮影することもできるので、友達と一緒に撮影すれば盛り上がること間違いなしです!ボイスチェンジ機能でお互いの声を変えて録音するのも面白いと思います。

自分専用の時計やカメラを持てるというのは子供にとってはとてもワクワクすることだと思います。創造力を働かせ、様々な機能が付いていることを利用して自分たちだけの遊び方を考え出すのもいいかもしれませんね。

この記事で紹介したおもちゃ

合わせて読みたい!!

クラッシュアイスゲームって何人で遊べて、どんな人におすすめなの?対象年齢は?クラッシュアイスゲームって何人で遊べて、どんな人におすすめなの?対象年齢は? カードゲームおもちゃの「ナンジャモンジャ」とは?遊び方など紹介します!カードゲームおもちゃの「ナンジャモンジャ」とは?遊び方など紹介します! 【ド定番おもちゃ】番犬ガオガオの遊び方や仕組みなどについて解説【ド定番おもちゃ】番犬ガオガオの遊び方や仕組みなどについて解説 【大人気カードケーム】キャット&チョコレートの特徴や遊び方ルールをご紹介します。【大人気カードケーム】キャット&チョコレートの特徴や遊び方ルールをご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です