曲面ディスプレイの選び方と人気おすすめ10選 |メリットやデメリットなども紹介!

曲面ディスプレイ

近年曲面ディスプレイが話題になり、家電量販店でも目にすることが多くなってきています。

曲面ディスプレイは一般的な平面型のディスプレイとは異なり、画面の両端が曲がっているディスプレイのこと。

平面型のものに比べて横長の形状であることと両端が曲がっていることで、画面に囲まれているような感覚になり、映画やゲームを迫力ある映像と高い臨場感で楽しむことができます。

今回はこの曲面ディスプレイについて、基本情報や失敗しない選び方、そして人気おすすめ10選をご紹介します!

曲面ディスプレイの基本情報

さて、まずは曲面ディスプレイの基本情報です。

平面型のディスプレイとの違いや曲面ディスプレイのメリットとデメリットやだいたいの価格などを紹介します!

  • そもそも曲面ディスプレイとは?
  • 曲面ディスプレイのメリット/強みは?
  • 曲面ディスプレイのデメリット/弱みは?

そもそも曲面ディスプレイとは?

曲面ディスプレイ
出典:amazon.co.jp
そもそも曲面ディスプレイとはどういったものであるのかを通常の平面型のディスプレイと比較しながら詳しく見ていきましょう。

曲面ディスプレイとは、横長の画面で両端が正面にいる人を囲むように緩やかに曲がっているディスプレイのこと。

何といっても一番の特徴は曲面であること!

実際に目にするまでは画面が曲がっているなんて信じられないという方もいるかもしれませんが、技術の進歩には驚かされるばかりです。

そして、画面の縦横比率を表すアスペクト比が通常のディスプレイ16:9と比べて21:9のものが多くなっていることも大きな特徴です。

曲面ディスプレイの特徴をまとめると

  • 画面の両端が視聴者を囲むように曲がっていること
  • 従来の平面型のディスプレイと比べて横長の画面であること

以上の点が挙げられますね!

曲面ディスプレイのメリット/強みは?

メリット
ここでは、曲面ディスプレイの魅力や強みをご紹介します!

映像の迫力が凄い

曲面ディスプレイで見る映像の迫力は平面ディスプレイと比べると段違いになっています。

画面の両端が視聴者を囲むように曲がっていることで、画面の端でも画面と視聴者との距離を近づけることが可能になります。

これにより、画面全体が視界に入りやすくなり、まるで映像の中に入っているような没入感や臨場感を得ることができます。

自宅にいながら、映画館で映画を見ているかのような感覚で映画や動画を楽しむことができるというのはとても魅力的ですね!

また、曲面ディスプレイはゲームにも適しています。

FPSやレースゲームのような一瞬一瞬の情報量が多いゲームでは、画面サイズが大きい分得られる情報量も多くなるため有利にゲームを進められるといった利点もあります。

効率的な作業の実現!

先述している通り曲面ディスプレイは横長なので画面全体が見やすいこと、そして表示できる内容が多くなるというメリットがあります。

これによって、画像や動画データの加工・編集をはじめ、動画を見ながらのネット検索やテキストファイル作成といったように、複数のウインドウを同時に開いての閲覧・作業を進めることが可能になります。

複数の作業を並行して進めるためにモニターを2台、3台並べている方も少なくないと思いますが、曲面ディスプレイを使えばその必要もなくなります。

1台で効率的に作業を行うことが実現可能です!

曲面ディスプレイのデメリット/弱みは?

デメリット
ここでは、曲面ディスプレイのデメリットや弱みをご紹介します!

高価である

曲面ディスプレイのデメリットとしては、平面ディスプレイに比べるとどうしても高価になってしまうということがあります。

これは、ディスプレイを曲面に加工するという技術が新しいということ、曲面ディスプレイ自体がまだ世の中に広く浸透していないため商品の種類がそこまで増えていないということが原因として挙げられるでしょう。

とはいうものの最近は曲面ディスプレイ開発に名乗りを上げるメーカーも増えてきているので、まったく手が出ないという金額ではなくなっています。

実際、小型の曲面ディスプレイであればメーカーによって多少の差はあるものの、3万円前後で購入することができるものもあります。

広めに設置スペースが必要

アスペクト比が21:9になった横長の曲面ディスプレイは、従来のディスプレイよりも広めの設置スペースが必要になります。

曲面ディスプレイは34インチのものが主流で多数のメーカーから発売されていますが、横幅は80cm以上になり、これに近いサイズである32インチの従来型の平面ディスプレイと比べると、10cm程度長くなります。

また、横幅だけでなく、奥行きも広いスペースが必要になるので注意が必要です。

現在設置している平面ディスプレイを曲面ディスプレイに買いかえる際は、設置スペースと筐体サイズをしっかり確認してから商品を選ぶようにしましょう!

曲面ディスプレイの選び方

曲面ディスプレイの購入を検討中の方もこれから検討する方も必見!

ここからは、曲面ディスプレイを買う時の要チェックポイントを紹介します。画面サイズから用途に合わせた解像度や性能を順に見ていきます。

  • 画面サイズを確認しよう!
  • 解像度も必ず確認!
  • 気になる人は性能についても知っておこう

画面サイズを確認しよう!

画面サイズ
曲面ディスプレイを購入するにあたってまず決めるべきは画面サイズです。

設置しようと考えているスペースや用途によって適したサイズが変わってきます。

例えば、PS4やPCゲームを楽しむためのゲーミングモニターとして使うのであれば、インチサイズが大きいもののほうがより高い映像の迫力や臨場感が得られるのでおすすめです。

映画を楽しみたいという場合も同様で、大きい画面であるほど映画館にいるような感覚を味わえるでしょう。

一方で、主に作業用モニターとしての使用を検討している場合は、画面が大きすぎると疲れやすくなるので30インチ程度のモニターがおすすめです。

解像度も必ず確認!

解像度
ディスプレイの解像度も商品選択の重要なポイントです。

店頭やオンラインショップでの商品詳細欄には、「フルHD(2,560×1,080)」や「4K(3,840×2,160)」といった解像度を示す表記があります。

この数字はディスプレイを構成する微小な粒の数を示したもので、数字が大きいほど解像度が良くなり、美しい映像表現を楽しむことができます。

この数字はテレビやスマートフォンの商品説明にもありますね。

映画やゲームをより高い画質で楽しみたい場合は、もちろん4K解像度のモニターがおすすめ!より繊細でダイナミックな映像美を体感できるでしょう。

ただ、一般的な作業用であれば、フルHDのモニターでも十分きれいなので、解像度にこだわる必要はないかもしれません。

気になる人はその他の性能についても知っておこう

ディスプレイ
ここでは曲面ディスプレイの性能に関わってくる部分をご紹介します!

知らなくても別に困りませんが、気になる人はチェックしてみてくださいね!

リフレッシュレート

もっとディスプレイにこだわりたい!という方はリフレッシュノートにも注目しましょう。

リフレッシュノートとは、1秒間あたりに何回画面が切り替わるかを示すスペックで、この数値が高いほどよりなめらかな動きの表現が可能になります。

リフレッシュノートの単位はHz(ヘルツ)で、一般的な数値は60Hz、つまり1秒間に60回画面が切り替わるということです。

動きが激しいFPSなどのゲームの場合は、120Hz以上のモニターが望ましく、勝ちにこだわりたい方やトップランカーを目指すという方は144Hz、さらに数値の高い240Hzの高性能モニターもありますのでそちらも確認してみましょう。

応答速度

もうひとつ注目すべきスペックは応答速度です。応答速度とは、画面の色が「黒→白→黒」と切り替わるのにかかる時間で、単位はms(ミリセカンド)です。

例えば応答速度が10msならば、画面の色が「黒→白→黒」と切り替わるのに10msの時間がかかるということになります。

さらに、5ms(GtoG1ms)という表記がある場合、この「GtoG」とは「中間色→中間色」の切り替えにかかる時間を示します。

応答速度の数値が小さいほど切り替わる時間が短く高性能で、低速だと色の変化に時間がかかるため、動きの速い映像ではぼやけてしまうことがあります。

応答速度は5msのディスプレイが標準的なもので、1msのものであれば速い動きにもストレスを感じることなくゲームやスポーツ映像を楽しむことができるでしょう。

曲面ディスプレイの人気おすすめランキング10

人気でおすすめの曲面ディスプレイを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

10位 Hansung ULTRON 3254C



Hansung ULTRON 3254Cの仕様・製品情報

メーカー Hansung
画面サイズ 32インチ
リフレッシュレート 75Hz
応答速度 4ms(GtoG)
解像度 1920×1080
搭載機能 広視野角PVA/1800Rの曲率/ノングレアパネル/フリッカフリー/ブルーライトカット機能

Hansung ULTRON 3254Cをおすすめする理由

  • 75Hzで滑らかな映像
  • ブルーライト低減機能で目にやさしい
  • 高性能で低価格

Hansung ULTRON 3254Cの評価とレビュー

大きすぎず小さすぎないインチサイズで滑らかな映像と高速応答速度

75Hzの滑らかな映像と4ms(GtoG)の高速応答速度でFPSやレースゲームなど動きが激しいゲームはもちろん映画鑑賞にも適したモニターです。

目にやさしいブルーライトカットモニターで疲労感を軽減。広視野角PVAでどの角度からでも見やすく、画像・動画の編集作業にも適しています。

また、価格も比較的安めで入門モデルとしても選びやすいモデルです。

9位 LG モニター ディスプレイ 38WK95C-W



LG モニター ディスプレイ 38WK95C-Wの仕様・製品情報

メーカー LG
画面サイズ 37.5インチ
リフレッシュレート 56~75Hz
応答速度 5ms(GtoG)
解像度 3840×1600
搭載機能 HDR対応/sRGB99%以上カバー/10W+10Wスピーカー搭載/高さ調節対応:100mm/AMD FreeSync/端子:HDMI、ディスプレイポート、USB Type-C/重さ:9kg

LG モニター ディスプレイ 38WK95C-Wをおすすめする理由

  • USB Type-C対応!ケーブル1本でデータ転送や映像出力可能!
  • 37.5インチの大画面サイズ
  • モニターの高さ調整可能

LG モニター ディスプレイ 38WK95C-Wの評価とレビュー

ゲームプレイ、映画鑑賞やスポーツ観戦、事務作業に適した万能モデル

大型画面サイズで解像度も高く、ダイナミックな映像と高い臨場感でゲームや映画を楽しみたい方、画像や動画のデータ加工や事務作業で使用したい方など様々な用途で使用できます。

また、USB Type-C接続により1本のケーブルで、データ転送だけでなく、音声データのやりとり、モバイル機器の充電などすべて行えるので、デスクまわりがすっきりするというのも嬉しいポイントです。

8位 SAMSUNG C49RG90 QLED (5120 x 1440)



SAMSUNG C49RG90 QLED (5120 x 1440)の仕様・製品情報

メーカー SAMSUNG
画面サイズ 49インチ
リフレッシュレート 120Hz
応答速度 4ms(GtoG)
解像度 5120 x 1440
搭載機能 アスペクト比 32:9の大画面/HDR1000&QLED – 最大1000 nitの明るさを誇るHDR1000/リフレッシュノート変更可能/PBP機能/AMD FreeSync2機能/モニター位置調節機能/Eye-saverモード

SAMSUNG C49RG90 QLED (5120 x 1440)をおすすめする理由

  • 32:9の超ウルトラワイド大画面!
  • 120Hzのなめらかな映像と4msの高速応答速度!
  • モニター位置調整も可能!

SAMSUNG C49RG90 QLED (5120 x 1440)の評価とレビュー

超ウルトラワイド画面かつ高性能モニターでこれまでにない映像体験!

アスペクト比が21:9のウルトラワイド大画面のディスプレイに比べてさらに横長画面になった32:9の画面サイズのディスプレイです。

リフレッシュノート、応答速度ともに高スペックなのでFPSなどのゲームはもちろん映画やスポーツ映像をこれまでにない迫力と臨場感で楽しむことができます。

この曲面モニターはかなり広めの設置スペースが必要となります。

7位 JAPANNEXT JN-VC650UHD 65型 4K曲面液晶モニター



JAPANNEXT JN-VC650UHD 65型 4K曲面液晶モニターの仕様・製品情報

メーカー JAPANNEXT
画面サイズ 65インチ
リフレッシュレート 60Hz
応答速度 3ms
解像度 3840×2160
搭載機能 フリッカー軽減/ブルーライト低減/端子:ディスプレイポート、HDMI/重さ:31kg

JAPANNEXT JN-VC650UHD 65型 4K曲面液晶モニターをおすすめする理由

  • 迫力のある大画面サイズ
  • 極薄エッジでより高い没入感
  • 4K解像度で3msの応答速度を誇る!

JAPANNEXT JN-VC650UHD 65型 4K曲面液晶モニターの評価とレビュー

大画面かつ美しい映像表現に入り込むことが可能!

この曲面ディスプレイは65インチサイズ、3840×2160の4K解像度、3msの高速応答速度で迫力・臨場感たっぷりでのゲームや映画、スポーツ映像を楽しむことができます。

一度はこのような大画面での映像を自宅でゆっくり楽しみたいという方は少なくないのはないでしょうか。

フリッカー軽減機能、ブルーライト低減機能も搭載しているので目の疲れを抑えることができます。

6位 HKC 144Hz ゲーミング モニター 27インチ



HKC 144Hz ゲーミング モニター 27インチの仕様・製品情報

メーカー HKC
画面サイズ 27インチ
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 4ms(GtoG)
解像度 1920×1080
搭載機能 FreeSync/FPS+RTS ゲームモード/DP+DVI+HDMI,XBOXやPSなどの接続機器をサポート/ディスプレイ角度調整可能

HKC 144Hz ゲーミング モニター 27インチをおすすめする理由

  • 性能の高いリフレッシュノートと応答速度でゲームに最適!
  • 小型ディスプレイなので設置スペースに困らない!
  • 低価格なので入門用としてもおすすめ!

HKC 144Hz ゲーミング モニター 27インチの評価とレビュー

高性能・低価格で曲面ディスプレイを試してみたい方にもおすすめです!

この曲面ディスプレイは、リフレッシュノート、応答速度ともに高いスペック値をほこるのでFPSなどの動きの激しいゲームに最適なモニターです。

画面は従来のアスペクト比である16:9ですが、その分価格が抑えられているので、初めて曲面ディスプレイの購入を検討している方にとっても手が出しやすいモデルとなっています。

5位 I-O DATA ゲーミングモニター 27型



I-O DATA ゲーミングモニター 27型の仕様・製品情報

メーカー I-O DATA
画面サイズ 27インチ
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 6ms(GtoG)
解像度 1920×1080
搭載機能 端子:ディスプレイポート、HDMI、ヘッドホン、音声出力/重さ:7.3kg/ブルーライト低減

I-O DATA ゲーミングモニター 27型をおすすめする理由

  • 9.おすすめ理由1(1文で)
  • 10.おすすめ理由2(1文で)
  • 11.おすすめ理由3(1文で)

I-O DATA ゲーミングモニター 27型の評価とレビュー

最大144Hzのなめらかな映像でゲームに没入できる!

27インチの小型サイズのディスプレイなので設置スペースに困りません。

大画面ではないものの、最大144Hzのなめらかな映像でゲームや映画を楽しむことができます。

また、目が疲れにくいブルーライト低減機能がついており、ディスプレイの高さ調節も可能で見やすい位置に調整できるので、長時間作業を続ける人にとってもおすすめのモデルです。

4位 Acer ゲーミングモニター Z35bmiphz 35インチ湾曲



Acer ゲーミングモニター Z35bmiphz 35インチ湾曲の仕様・製品情報

メーカー Acer
画面サイズ 35インチ
リフレッシュレート 200Hz
応答速度 4ms(GtoG)
解像度 2560×1080
搭載機能 G-SYNCテクノロジー搭載/端子:HDMI、ディスプレイポートなど/重さ:12.7kg/幅:84.4cm、高さ:68.5cm/ステレオスピーカー

Acer ゲーミングモニター Z35bmiphz 35インチ湾曲をおすすめする理由

  • 200Hzの高性能リフレッシュノート!
  • 立体感のあるサウンドを実現!
  • 3種類のゲームビューモードが選択可能!

Acer ゲーミングモニター Z35bmiphz 35インチ湾曲の評価とレビュー

高性能リフレッシュノートを低価格で!

この曲面ディスプレイは、リフレッシュノートが200Hzで応答速度も4ms(GtoG)と高性能なモニターなので、FPSやレースゲームなどの動きの激しいゲームに最適なモデルとなっています。

ゲームで勝ちにこだわりたい方やスポーツをむらのない映像で楽しみたい方向けです。

また、映像の暗いところを見やすくする明暗調整機能やゲームジャンルを選ぶと自動的にそのゲームに適した映像を映し出してくれるゲームビューモードもあり、まさにゲーマー向けの1台です。

3位 Dell ゲーミングモニター 34.1インチ ALIENWARE



Dell ゲーミングモニター 34.1インチ ALIENWAREの仕様・製品情報

メーカー Dell
画面サイズ 34.1インチ
リフレッシュレート 160Hz
応答速度 4ms(GtoG)
解像度 2560×1080
搭載機能 NVIDIA G-SYNCテクノロジー搭載/端子:ディスプレイポート、USB3.0、HDMI、ヘッドホン/内蔵照明システムカスタマイズ可能/ブルーライト軽減/フリッカーフリー/重さ:12.2kg/幅:81.3cm、高さ:44.2cm

Dell ゲーミングモニター 34.1インチ ALIENWAREをおすすめする理由

  • リフレッシュノートは160Hz
  • 画面角度調整可能!
  • 低反射、ブルーライト軽減で目にやさしい

Dell ゲーミングモニター 34.1インチ ALIENWAREの評価とレビュー

FPSなどのゲーム上位者向けモデル

この曲面ディスプレイは、160Hzのリフレッシュノートと4ms(GtoG)の応答速度で、動きの激しいFPSやレースゲームでもストレスなく楽しめるというところがポイント。

解像度は2560×1080と4Kには及びませんが、十分にきれいな映像表現を味わうことができます。

また、ゲームや作業を長時間続けることが多い人にはうれしい低反射・ブルーライト軽減の液晶でもあり、目が疲れにくくなっています。

また、ディスプレイの角度・高さも調整可能なので、スペースに適した設置が可能です。

2位 Dell ゲーミングモニター 34.1インチ ALIENWARE



Dell ゲーミングモニター 34.1インチ ALIENWAREの仕様・製品情報

メーカー Dell
画面サイズ 34.1インチ
リフレッシュレート 120Hz
応答速度 4ms(GtoG)
解像度 3440×1440
搭載機能 NVIDIA G-SYNCテクノロジー搭載/スピーカーなし/端子:ディスプレイポート、HDMI、USB3.0、ヘッドホン/幅:813.4cm、奥行き:319cm/重さ:7.27kg

Dell ゲーミングモニター 34.1インチ ALIENWARE FPS向き/曲面/120Hz/UWQHD/IPS 非光沢/G-SYNC/DP,HDMI/高さ調整/3年保証 AW3418DWをおすすめする理由

  • 4K解像度
  • リフレッシュノート120Hzで快適ゲームライフ
  • 画面角度調整可能!

Dell ゲーミングモニター 34.1インチ ALIENWAREの評価とレビュー

ゲームに適した、性能の高い応答速度とリフレッシュノートを誇る!

NVIDIA G-SYNCテクノロジーにより、入力遅延やカク付きを除去した快適なゲーム環境を整えたい方におすすめ。

応答速度、リフレッシュノートのスペック値も高くなっています。もちろん映画やスポーツ観戦でもよりなめらかな映像で楽しむことが可能に!

ディスプレイの角度を調節することができるので、自分の楽な姿勢にディスプレイ角度を自在に変更できるというのもうれしいポイントになっています。

1位 LG モニター ディスプレイ 34UC88-B



LG モニター ディスプレイ 34UC88-Bの仕様・製品情報

メーカー LG
画面サイズ 34インチ
リフレッシュレート 60Hz
応答速度 5ms(GtoG)
解像度 3440×1440
搭載機能 入力端子:HDMIが2端子、DisplayPortが1端子、USB3.0、ヘッドホン出力/HDMIケーブルとDisplayPortケーブル付属/滑らかかつ高速な描写を実現する「AMD FreeSync」対応/重さ:8.3㎏/幅:81.8cm、高さ:44.8cm

LG モニター ディスプレイ 34UC88-Bをおすすめする理由

  • 4K解像度で美麗映像度が楽しめる!
  • モニター高さ調整が可能!
  • 目にやさしいブルーライト低減機能!

LG モニター ディスプレイ 34UC88-Bの評価とレビュー

ゲームにも作業にも適したインチサイズと性能を兼ね備えたモデル!

この曲面ディスプレイは、標準的な34インチサイズで設置スペースが確保しやすく、21:9のウルトラワイドディスプレイで4K解像度なので、映画やスポーツ映像などをダイナミックな映像で楽しむことができます。

また、モニターの高さが調整できるというのも嬉しいポイント。設置する場所や自分の座る場所や姿勢で最適な高さで使用できます。

また、映像の暗いところを見やすくする機能やブルーライトを低減させて目の疲労感を抑えることも可能!

ゲーム、映画、スポーツ観戦、画像や動画のデータ加工などあらゆる用途に使用できるモニターです。

まとめ

さて、今回は曲面ディスプレイの特徴や性能、メリット・デメリットなどを従来の平面型のディスプレイと比較して紹介しました。

最近は低価格で初めての購入を考えている方でも手の出しやすいモデルから、ゲームのトップランカーを目指す方やダイナミックで臨場感たっぷりの映像で映画やスポーツ観戦を楽しみたい方向けの高性能なモデルまで幅広く販売されています。

興味のある方はぜひ一度、家電量販店などの店頭設置モニターで曲面ディスプレイの迫力や臨場感のある映像を体感してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!!

モバイルディスプレイ【2019年最新版】モバイルディスプレイの選び方と人気おすすめ10選 |格安から4K対応まで幅広くご紹介! ゲーミングモニター【最新版】ゲーミングモニターの選び方と人気おすすめ9選 | FPS・PS4・PS3向け・4k対応など モニターアーム【快適なゲーム環境を】モニターアームの選び方と人気おすすめ10選 |2019年最新版 ニンテンドースイッチキーボード【疲労軽減・作業効率UP】キーボードアームの選び方と人気おすすめランキング10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です