全自動コーヒーメーカーのおすすめ人気モデル10選!

コーヒーメーカー

全自動コーヒーメーカーは自宅で簡単に本格的なコーヒーが楽しめるとして、近年、高い人気を誇っています。

その名の通り、ボタンを押すだけで作れてしまうお手軽さは何かと時間に追われることの多い現代人にピッタリの製品と言えるのではないでしょうか?

今回はそんな全自動コーヒーメーカーの基本情報から選び方、おすすめの商品紹介まで。全自動コーヒーメーカーに関する情報をお届けさせていただきましょう!

また、おしゃれなコーヒーメーカーに関する記事もおすすめです!
コーヒーメーカーおしゃれなコーヒーメーカーの選び方と人気おすすめランキングトップ10

全自動コーヒーメーカーの基本情報

全自動コーヒーメーカーの基本情報として押さえておきたいのは、概要や普通のコーヒーメーカーとの違い。価格帯等。順に説明させていただきますね!

  • そもそも全自動コーヒーメーカーって??
  • 全自動コーヒーメーカーの価格帯

そもそも全自動コーヒーメーカーって??

まず、全自動コーヒーメーカーの概要から。一般の物との違いはコーヒー豆を入れてボタンを押すだけでコーヒーが作れてしまう点にあります。

加えて、保温機能やミルの洗浄機能が付いているモデルもあり、機能的、且つ、手間を大幅に短縮した物と覚えておくといいでしょう!

また、豆の挽き具合を調整し、様々な味が楽しめるタイプも販売中!これらが主な特徴になりますね!

ただ、やはり最大の特徴は豆挽きから抽出までを全自動で行ってくれるところ。最低限この部分を押さえておけば、基礎知識としては十分かと思います。

全自動コーヒーメーカーの価格帯

全自動コーヒーメーカーの価格帯はおおよそですが、安いもので5000円程。高いものだと20万円を超える高性能モデルが販売中!

ただ、最近の物は3万円台でも十分な性能を備えているため、その辺りで探すのがおすすめですね!

一般的なコーヒーメーカーと比較するとどうしても高くなってしまいますが、低価格モデルなら大きな差はありません。

ですので、とりあえず試してみたいという方は入門用として安価なモデルを購入してみてはいかがでしょうか?

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーの選び方でポイントとなるのは、容量とフィルターの種類。ミル機能について等。順に説明させていただきます。

淹れられる容量は確認しよう!

まずは容量についてから。容量は多いに越したことはないものの、一人暮らしの場合等。自分のみが利用するのであれば、必要性はそこまで高くありません。

しかし、来客用としての用途も考えているならこの点もチェックしておきたいところ。頻繁に人の出入りがあるなら尚更ですね!

なので、利用人数が少ない場合は容量の少ないタイプを選び、様々な用途を想定するなら大きめの容量モデルを選ぶ。

こうすれば、購入後に後悔するような事態は避けられますから、購入前に容量の確認をしておくことを忘れないようにしてください!

フィルターの種類を知っておこう!

次はフィルターの種類について。フィルターの種類は主に2種類でそれぞれ紙フィルター。金属フィルターと呼ばれています。
特徴やメリット・デメリットは以下の通り。

紙フィルター

紙フィルターの特徴は金属フィルターを使用したときよりもスッキリした飲みやすい味に仕上がること。

使い捨てなので手軽に利用できる部分もGOOD!これらがメリットとして挙げられます。一方、デメリットは味にインパクトが足りないこととフィルターを毎回用意しなくてはいけないこと。

苦みやコクを求める方には不向きであると共に毎回用意する必要があるのもお手軽さがウリの全自動コーヒーメーカーとしてはマイナス要素に!

以上のことから、スッキリとした味わいを楽しみたい方におすすめのタイプですね!

金属フィルター

金属フィルターの特徴は酸味やコクを楽しめること。風味が強く、コーヒーの醍醐味を堪能したい方にはピッタリと言えるのではないでしょうか?

また、洗って使うことで半永久的に使えるのもGOOD!これらが主なメリットとして挙げられます。

デメリットは毎回洗う必要があること。紙フィルターも毎回取り替える手間が必要ではあるものの、洗う工程が入る分、手間という意味ではこちらの方が上ですね。

しかし、風味の強さなど。コーヒーにこだわりを持つ方には金属フィルタータイプをおすすめします。

ミル機能は超重要!

最後にミル機能についての紹介を。ミル機能とはコーヒー豆を挽く機能の通称でこれが付いてないと自分で挽く必要が出てきます。

また、コーヒー豆は専用の道具がないと挽くのが困難なので、同機能が搭載されているか否かはその点を踏まえても重要なポイントになりますね!

それから、ミル機能が優れているかどうかは味にも直結してくる部分。豆の挽き方で味が変わってくるのは人・機械どちらがやっても同じ。

加えて、ミル機能の刃には4つのタイプがあり、刃の種類や精度によって味に違いが出てきますから、ミル機能の確認は自分に適したコーヒーを選ぶのと同様と言えます。

その意味でも必ず確認しておきたい項目の一つと言えるでしょう!

全自動コーヒーメーカーの人気おすすめモデルランキング10

人気でおすすめの全自動コーヒーメーカーを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 石臼式コーヒーメーカー(B899)


石臼式コーヒーメーカー(B899)の仕様・製品情報

メーカー ロイヤル通販
重量 3.3kg
商品サイズ 幅18.0×奥行28.0×高さ30.7cm
最大水容量 560ml
搭載機能 内部洗浄機能/石臼式/ステンレス/水タンク取り外し可能/

石臼式コーヒーメーカー(B899)をおすすめする理由

  • 豆挽きにムラが少ない!
  • 内部洗浄機能が付いている!
  • 水タンクが取り外し可能で丸洗いできる!

石臼式コーヒーメーカー(B899)の評価とレビュー

豆挽きにムラの少ない石臼式コーヒーメーカー!内部洗浄機能も付いて衛生面も問題なしの一品!

本製品の特徴は豆挽きにムラの少ない石臼式を採用していることと内部洗浄機能が付いていることの2点。

全体的、且つ、ムラなく豆を挽くことによって安定した味わいを楽しむことができるのも本品ならでは!

内部洗浄機能や水タンクを取り外して丸洗いできるなど。衛生面に優れているところも評価ポイントの一つ!よって、ミル機能が優れたモデルをお探しの方。
もしくは衛生面が気になる方におすすめしたい商品ですね!

第9位 豆挽きから全自動 最大10杯分までOK ルームカフェエクセレント


豆挽きから全自動 最大10杯分までOK ルームカフェエクセレントの仕様・製品情報

メーカー イーバランス
重量 4.5 Kg
商品サイズ 幅20.0x奥行24.5x高さ40cm
最大水容量 1.25L
搭載機能 着脱式/メッシュフィルター/タイマー機能(24時間)/コーヒー豆/粉両対応/保温機能(2時間)/

豆挽きから全自動 最大10杯分までOK ルームカフェエクセレントをおすすめする理由

  • 水容量が大きい!
  • 豆だけでなく、粉も使える!
  • タイマー機能付き!

豆挽きから全自動 最大10杯分までOK ルームカフェエクセレント EB-RM800Aの評価とレビュー

来客用としても使える大容量モデル!タイマー機能付きで忙しい朝にピッタリのコーヒーメーカー!

本製品の特徴は大容量モデルであることとタイマー機能が搭載されていることの2点。特に1Lを超える容量は最大で10杯分に相当し、突然の来客にも対応可能!

タイマー機能も忙しい朝や必要な時間に利用できることからメリットに挙げられるでしょう!

また、豆だけでなく、粉も使えるので汎用性という面でも評価できますね!

以上のことから、大容量モデルとタイマー機能付きに魅力を感じる方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

第8位 コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用


コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用の仕様・製品情報

メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
重量 2.5kg
商品サイズ 幅17.7×奥行28.6×高さ29.2cm
最大水容量 600mL
搭載機能 メッシュフィルター/ドリップモード(3種)/取り外し可能(メッシュフィルター、水タンク)/保温機能(40分)/

コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用をおすすめする理由

  • トップクラスの安さ!
  • 3種類のドリップモード搭載!
  • 保温機能が付いている!

コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用の評価とレビュー

圧倒的な価格の安さが最大のウリ!3種類のドリップモードも搭載されたミル機能付きコーヒーメーカー!

本製品の特徴は何と言っても価格の安さ!ここに尽きます。ただ、安いだけでなく3種類から選べるドリップモードが搭載されていることや40分ですが、保温機能も完備。

安価ながら必要な機能が標準装備されている点は評価できるポイント。機能面で見ると豆挽きの度合いが選べることで複数の味わいが楽しめるのは嬉しい部分ではないでしょうか?

以上のことから、価格の安さを重視する方向けの商品と言えますね!

第7位 全自動コーヒーメーカー レッドKOIZUMI


全自動コーヒーメーカー レッドKOIZUMIの仕様・製品情報

メーカー コイズミ(Koizumi)
重量 1.7 kg
商品サイズ 142×183×258 mm
最大水容量 300ml
搭載機能 メッシュフィルター/コーヒー豆・粉(粗挽き、中挽きのみ)使用可能/水洗い可(パーツ取り外し後)/

全自動コーヒーメーカー レッドKOIZUMIをおすすめする理由

  • 価格の安さ!
  • 操作が簡単!
  • コンパクトサイズ!

全自動コーヒーメーカー レッドKOIZUMIの評価とレビュー

価格の安さと一人用に最適なコンパクトサイズが特徴の一品!

本製品の特徴は価格の安さとコンパクトサイズの2点。

9000円を切る安さは全自動モデルの中でもかなりお得な部類に入りますし、サイズがコンパクトなのも設置スペースに悩まされがちな一人暮らしの方にとっては助かる部分になってくるでしょう!

また、ワンタッチでコーヒー豆からミル、ドリップまでできてしまう操作の簡単さも大きな魅力の一つですね!

以上のことから、一人暮らしの方向けの商品と言えますね!

第6位 ルームカフェ コーヒー豆・粉対応全自動コーヒーメーカー


ルームカフェ コーヒー豆・粉対応全自動コーヒーメーカーの仕様・製品情報

メーカー Roommate
重量 4kg
商品サイズ 幅25×奥行25×高さ39cm
最大水容量 1300ml
搭載機能 24時間タイマー/粗さ調整(コーヒー豆):5段階/濃さ調整:3段階/保温機能(2時間)/活性炭フィルター/液晶画面表示/コーヒー粉容量調整:5段階/

ルームカフェ コーヒー豆・粉対応全自動コーヒーメーカーをおすすめする理由

  • 機能の充実振り!
  • 十分な水容量!
  • 活性炭フィルターで衛生面も問題なし!

ルームカフェ コーヒー豆・粉対応全自動コーヒーメーカーの評価とレビュー

充実した機能と十分な水容量、衛生面にも配慮された高機能モデル!

本製品の特徴は充実した機能と十分な水容量、衛生面にも優れたバランスの良さにあります。

機能面に関してはコーヒー豆の荒さや濃さの段階調整が可能。コーヒー粉の容量調整までできるなど。この点は文句なしのレベルと言っていいでしょう!

また、水容量も10人分使える仕様、活性炭フィルターの採用により、キレイな状態で長く使えるのもGOOD!

よって、コーヒーにこだわりを持つ方や単純に高機能モデルが欲しい方向けの商品と言えますね!

第5位 Toffy ラドンナ 全自動ミル付 4カップ コーヒーメーカー


Toffy ラドンナ 全自動ミル付 4カップ コーヒーメーカーの仕様・製品情報

メーカー sashikei
重量 3.72 kg
商品サイズ 35.8 x 33.9 x 18.9 cm
最大水容量 620ml
搭載機能 内部自動洗浄機能/保温機能(30分)/ミル方式:セラミック臼式/豆挽き調整(4段階)/

Toffy ラドンナ 全自動ミル付 4カップ コーヒーメーカーをおすすめする理由

  • お手入れが楽!
  • 豆挽き調整可能!
  • コスパが良い!

Toffy ラドンナ 全自動ミル付 4カップ コーヒーメーカーの評価とレビュー

豆挽き調整機能と自動洗浄機能搭載のコーヒーメーカー!コスパの良さが光る一品!

本製品の特徴は自動洗浄機能と豆挽き調整機能が搭載されていること。

自動洗浄機能があれば、使用後のお手入れも楽になりますし、豆挽き調整機能も4段階から選べるのでコーヒーの味わいをその日の気分で変えられる点もGOOD!

これらの機能が搭載されていて2万円を切るコスパの良さも評価ポイントに入ってきますね!

よって、細かい豆挽きが可能で手間もかからないモデルをお探しの方におすすめしたい商品の一つです!

第4位 全自動コーヒーメーカー ステンレス魔法瓶サーバー1~4杯用


全自動コーヒーメーカー ステンレス魔法瓶サーバー1~4杯用の仕様・製品情報

メーカー 象印マホービン(ZOJIRUSHI)
重量 4.5㎏
商品サイズ 幅24×奥行25×高さ37.5㎝
最大水容量 540mL
搭載機能 挽き分けフィルター(中細挽き/粗挽き)/濃度調整機能(2段階)/丸洗い可(分解後)/自動ミル洗浄機能/

全自動コーヒーメーカー ステンレス魔法瓶サーバー1~4杯用をおすすめする理由

  • 保温性に長けた仕様!
  • 豆挽き・濃度調節可能!
  • 自動ミル洗浄機能付き!

全自動コーヒーメーカー ステンレス魔法瓶サーバー1~4杯用の評価とレビュー

象印ならではの高い保温性を備え、コーヒーメーカーとしても優秀な一品!

本製品の特徴は魔法瓶で培われた象印特有の高い保温性と豆挽き・濃度調節が可能な仕様。

特に保温性に関しては熱を逃がしにくい作りと高温ドリップによって、他社製品よりもワンランク上の性能に!

コーヒーメーカーとしても豆挽きや濃度調節が可能なことから、十分なレベルにあると言っていいのではないでしょうか?

自動ミル洗浄機能が付き、取り外して丸洗いができるのも衛生面においては重要なポイントになります。よって、コーヒーメーカーに保温性を求めたい方におすすめしたい商品の一つですね!

第3位 コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111


コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111の仕様・製品情報

メーカー siroca(シロカ)
重量 4.0kg
商品サイズ 幅16×奥行27×高さ39cm
最大水容量 0.54L
搭載機能 ミル段階:無段階(粗挽き~細挽き)/コーン式ミル/タイマー予約機能/自動計量豆容器/コーヒー豆、粉両対応/テイスト選択可能(マイルドorリッチ)/保温機能(30分)

コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111をおすすめする理由

  • テレビで紹介された商品!
  • 自動計量豆容器付き!
  • 豆の挽き方から淹れ方まで選べる!

コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111の評価とレビュー

豆の挽き方から淹れ方まで選べるコーヒーの質にこだわった一品!

本製品の特徴は豆の挽き方から淹れ方までを選べるなど。コーヒーの質にこだわった仕様と自動軽量豆容器が付いている利便性にあります。

ミル段階を無段階としたことや粒度を一定にできるコーン式の採用。さらにはテイストまで選べるなど。豆から作る全自動モデルの特色を生かした製品と言えるのではないでしょうか?

また、本品は豆も予めセットしておくことにより、杯数に応じて必要な分だけを使用するため、投入した豆が多すぎて故障するといったトラブルも未然に防ぐことが可能!

その品質はテレビ番組でも紹介されたほどですね!コーヒーに強いこだわりを持つ方や豆の投入量を毎回確認するのが面倒だという方。必見ですよ!

第2位 全自動コーヒーメーカー マグニフィカ


全自動コーヒーメーカー マグニフィカの仕様・製品情報

メーカー DeLonghi(デロンギ)
重量 10.5 Kg
商品サイズ 幅280×奥行425×高さ365mm
最大水容量 1.8L
搭載機能 抽出温度設定:4段階/節電機能/抽出口高さ調節可能(9~12cm)/自動内部洗浄機能/コーン式コーヒーグラインダー(ミル)/豆ホッパー容量:200g/濃度設定機能/抽出量設定可/泡立て(ミルク)機能/粉使用可/

全自動コーヒーメーカー マグニフィカをおすすめする理由

  • 細かいところまで設定可能な高性能モデル!
  • 同時に2人分のコーヒーが淹れられる!
  • 省エネ仕様!

全自動コーヒーメーカー マグニフィカの評価とレビュー

細かいところに手が届く高性能モデル!省エネ仕様で安心して使えるのもGOOD!

本製品の特徴は細かいところに手が届く仕様になっていることと節電機能が付いていることなどが挙げられます。

抽出温度設定に抽出口の高さ調節、ミルクの泡立てまで。あったら便利な機能を多数搭載しているのは評価ポイントに入ってくるでしょう!

加えて節電機能もあるため、無駄な電力を使わなくて済むのも大きな魅力!さらに同時に2人分のコーヒーが淹れられる仕様も突然の来客を想定すると助かる機能の一つ!

よって、高性能モデルをお探しの方。もしくは細かいところまで配慮が行き届いたコーヒーメーカーをお探しの方におすすめしたい商品ですね!

第1位 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ


沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプの仕様・製品情報

メーカー パナソニック(Panasonic)
重量 3.55 kg
商品サイズ 36.9×28.7×24.3 cm
最大水容量 670ml
搭載機能 4種コース(リッチ・マイルド・淹れ分け・挽き分け)/デカフェ豆対応/「粗挽き」「中細挽き」フィルター/自動洗浄機能(ミル)/保温機能/沸騰洗浄/活性炭フィルター/

沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプをおすすめする理由

  • デカフェ豆対応!
  • 4種類のコーヒーが楽しめる!
  • 信頼度の高いパナソニック製!

沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプの評価とレビュー

デカフェ豆に対応したパナソニック製全自動コーヒーメーカー!

本製品の特徴はデカフェ豆に対応したモデルであることと組み合わせ次第で4種のコーヒーが楽しめる点。

特にデカフェ豆対応であることが高評価の要因の一つで、デカフェ豆とはノンカフェイン、あるいはそれに近い豆の通称。ただ、デカフェ豆はコクや風味が薄いことが多く、その部分がネックでもありました。

本品はその点を改良し、デカフェ豆でも一般的なコーヒー豆に近い味わいを出すことに成功!

そのため、カフェインを受け付けない人でも美味しく飲めるのは評価ポイントに入るでしょう!

他にも多種のコーヒーが楽しめることやコスパの良さ。信頼度と知名度の高さで知られるパナソニック製であるのも安心感という部分で大きいですよね!よって、カフェインを気にする方におすすめしたい商品になります。

まとめ

以上、全自動コーヒーメーカーについてでした。全自動コーヒーメーカーは大変便利な物ですが、手入れの手間などがネックとなりがち。

しかし、最近の製品は自動洗浄機能が付いているものも多いため、以前に比べるとその点は改善が見られるようになったのではないでしょうか?

朝、一杯のコーヒーを飲んでから目をスッキリさせて仕事に向かう。そんな一日の始まりをサポートするための一品としてまだ購入されていない方も是非、購入を検討してみてください!

合わせて読みたい!!

ヨーグルトメーカー【R1や甘酒にも!】ヨーグルトメーカーの選び方と人気おすすめランキング10 ドライフード【2019年最新版】フードドライヤーの選び方と人気おすすめランキング10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です