【最新版】SSD搭載ノートパソコンの選び方と人気おすすめランキング10

SSD搭載ノートパソコン

一昔前のノートパソコンは、ストレージにHDDを搭載したものが中心でしたが、最近では、SSDを搭載したものが主流になりつつあり、将来的にノートパソコンのストレージにおいてスタンダードとなる可能性を秘めています。

今回は、そんなSSDの特徴や性能、用途に沿った選び方などを紹介します。

SSDを搭載しているノートパソコンが欲しいけど、どれを選べばよいのか迷っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

また、オフィス付きノートパソコンに関する記事もおすすめです!
オフィス付きノートパソコンオフィス付きノートパソコンの選び方と人気おすすめ10選【最新版】

SSD搭載ノートパソコンの基本情報

SSDを搭載したノートパソコンは、発売当初と比べてかなり数が増えてきましたが、まだSSDについてよくわからない人も多いと思います。

ここではできるだけわかりやすく、下記の3ポイントについてご紹介します。

  • そもそも、SSDとは?
  • SDDのメリットは?HDDとの違い
  • SSD搭載ノートパソコンの価格帯

そもそも、SSDとは?

はてな
そもそもSSDとは、Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略称で、記憶装置には、フラッシュメモリを用いています。

そのため、読み書き速度がHDDと比べて段違いに速く、1度SSDの処理速度をを経験すると、HDDには戻れなくなるほどの中毒性があります。

以前はSSDのストレージ容量が非常に少なかったり、相性問題などで動作が不安定になることも多かったのですが、現在は、容量も以前より格段に増加し、動作も安定するようになってきました。

SDDのメリットは?HDDとの違い


SSDはHDDと比べて、読み書きの速度が速いだけでなく、軽量で衝撃にも強く、静音や耐久性にも優れています。

また、発熱もほとんどなく、作業中に「熱っ!」と感じることもありません。そして消費電力も少なく、エコにも貢献しています。

特に、OSの起動時間の速さやデータの書き込み、読み込み速度に関しては、充分に体感できるほど違いが顕著に出ます。

SSD搭載ノートパソコンの価格帯

価格
SSD搭載のノートパソコンの価格については、SSDのストレージ容量が増えれば増えるほど値段が高くなります。

また、SSDとHDDが同じストレージ容量を搭載したノートパソコンであれば、HDDを搭載したノートパソコンの方が安くなります。

SSDノートパソコンの価格帯としては、基本的な性能でよければ、約10万円位の予算で購入することができます。

SSD搭載ノートパソコンの選び方

ここまでは、SSDを搭載したノートパソコンのの特徴や価格帯についてみてきました。

ここからは、SSDパソコンの性能面について、どのような性能を持ったパソコンがいいのかご紹介します。

ここでは下記の3ポイントについてご紹介します。

  • SDDの容量をチェックしよう!
  • 持ち運ぶなら重さ、サイズもチェック!!
  • CPUとメモリも確認しよう!

SDDの容量をチェックしよう!

チェック
SSDを搭載したノートパソコンは、SSDのストレージ容量によって価格にばらつきがあるため、用途に合わせて購入しないと出費が膨大になってしまいます。

ワードやエクセルなど軽作業の使用がメインなら、128GB程度でも十分容量は確保できますが、画像や動画を保存するとなると、512GB以上の容量を搭載したパソコンが必要になってきます。

また、少し予算が掛かりますが、SSDとHDDの両方を搭載したモデルもあります。

SSDにはOSなどよく使用するデータを置き、HDDにはその他のデータを保存するといった用途に適しています。

いずれにしても、自分の用途に合っているモデルを購入することが重要になってきます。

持ち運ぶなら重さ、サイズもチェック!!

ノートパソコン
ノートパソコンを常に持ち運びながら作業をする人にとっては、重さやサイズも重要になってきます。

重さに関しては、1kgを超えると体感的に重さを感じるようになるので、それ以下がおすすめです。

サイズに関しては、薄型サイズであればいろんなカバンに入るので持ち運びに便利です。

しかし、デスクトップのように据え置きで使用するなら、重さを気にする必要は基本ありません。

また、下記の記事もおすすめです!
ノートパソコン【極薄最軽量!】11インチノートパソコンの選び方と人気おすすめ10選 【最新版】

CPUとメモリも確認しよう!

ノートパソコン
CPUとメモリもストレージ容量と同じで、用途に合わせて購入を検討していかないと、無駄な出費を招くことになります。

CPUには主に3つのモデルがあり、インテルを例にとると、

  • エントリーモデルが「Core i3」
  • ミドルスペックが「Core i5」
  • ハイスペックが「Core i7」

となります。ネット閲覧やワード、エクセル作業程度なら、エントリーモデルでも充分ですが、動画編集やゲームに使用する場合には、最低でもミドルスペック、快適に作業をするためにはハイスペックのCPUが必要になってきます。

メモリに関しては、4GBあれば基本問題はありませんが、高機能なソフトを複数同時に立ち上げて作業する場合は、8GB以上が必要となってきます。

SSD搭載ノートパソコンの人気おすすめランキング10

人気でおすすめのSSD搭載ノートパソコンを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第1位 Dell ノートパソコン Inspiron 14 5480


Dell ノートパソコン Inspiron 14 5480の仕様・製品情報

メーカー DELL
サイズ 32.4 x 1.9 cm
重量 1.48 Kg
SDD容量 256GB

Dell ノートパソコン Inspiron 14 5480をおすすめする理由

  • スリムベゼル搭載の薄型モデル
  • シルバーとバーガンディの2色展開
  • ユーザー目線で設計

Dell ノートパソコン Inspiron 14 5480の評価とレビュー

コストパフォーマンスはピカ1!ビギナーからヘビーユーザーまで幅広く使えます

平均7万円台という価格ながら、それ以上のポテンシャルを秘めているノートパソコンといって間違いないでしょう。

CPUは第8世代 Intel Core i5 8265Uを使用し、メモリーも8GB を搭載しているので、簡単な作業から動画編集ソフトのような高性能なソフトにも充分に対応でき、SSDに関しても256GBと標準的な容量を積んでいます。

また薄型、軽量で持ち運びにも便利です。とにかく、SSD搭載ノートパソコンを1度使ってみたい人やどれを購入すべきか迷っている人にとってはおススメの1台です。

第2位 HP ENVY x360 15-cp0000 Windows10 Home 64bit


HP ENVY x360 15-cp0000 Windows10 Home 64bitの仕様・製品情報

メーカー HP
サイズ 35.9 x 2 cm
重量 3.62 Kg
SDD容量 SSD 256GB + HDD 1TB

HP ENVY x360 15-cp0000 Windows10 Home 64bitをおすすめする理由

  • 15.6型フルFD対応ディスプレイ
  • 顔認証センサーを搭載
  • リーズナブルな価格を実現

HP ENVY x360 15-cp0000 Windows10 Home 64bitの評価とレビュー

15.6型ながらもフルHD対応!顔認証もついてセキュリティも安心!

こちらの商品は、リーズナブルな価格ながらも顔認証機能を備えたり、液晶が360°回転したり、SSDとHDDの両方を兼ね備えたなかなか個性的なノートパソコンです。

CPUはノートパソコンとしては少しめずらしいAMD製Ryzen5 クアッドコア 2.0GHz (ターボブースト時 3.6GHz) を搭載し、メモリは8GB、そしてSSDは256GBにプラスして HDD 1TBを搭載しています。

よく使うデータと保存を主とするデータを分けて管理したい人に向いている1台といえます。

折りたたみ機能がついて便利ですが、重量が約3㎏と重く、持ち運んで使用する用途にはあまり向いていません。

第3位 Apple MacBook (12インチ, 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5, 512GB)


Apple MacBook (12インチ, 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5, 512GB)の仕様・製品情報

メーカー Apple
サイズ 高さ0.35-1.31 cm/幅28.05 cm/厚さ19.65 cm
重量 0.92㎏
SDD容量 512GB

Apple MacBook (12インチ, 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5, 512GB)をおすすめする理由

  • スリムボディを実現
  • 全てを研ぎ澄ましたRetinaディスプレイ
  • キーボードも進化

Apple MacBook (12インチ, 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5, 512GB)の評価とレビュー

小型ながらもハイパワー!安定のApple商品!

画面サイズは12インチとコンパクトサイズのパソコンながらも、CPUに関してはIntel Core i5(7世代)を搭載し、メモリも8GB、SSDのストレージ容量も512GBと申し分なく、ハイエンドモデルのノートパソコンに近いスペックを誇っています。

また1㎏を切る軽さで、持ち運びにも大変便利です。第1位で紹介した「Dell ノートパソコン Inspiron 14 5480」と比べて割高ですが、SSD搭載ノートパソコンをとりあえず触ってみたいという人やMacを1度体験してみたい人にはおすすめの1台です。

第4位 【公式】 富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK UHシリーズ


【公式】 富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK UHシリーズの仕様・製品情報

メーカー 富士通
サイズ 外形寸法(幅×奥行×高さ)(突起部含まず):309×212×15.5mm
重量 本体質量:約698g
SDD容量 512GB

【公式】 富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK UHシリーズをおすすめする理由

  • 13.3インチのコンパクト画面
  • 698gの超軽量ボディ
  • PowerDelivery機能搭載

【公式】 富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK UHシリーズの評価とレビュー

文句なしのハイエンドマシン!超軽量とフットワークも軽いぞ!

今回紹介する商品は、ノートパソコンには定評のあるメーカーでもある富士通が製造したハイエンドクラスのマシンです。

CPUはインテルCorei7を贅沢にも搭載し、メモリも8GBの大容量、SSDも512GBを確保しており、ハイエンドマシンの名に恥じない仕様になっています。

その他にも698gの超軽量ボディ、24時間連続でバッテリーを使用できるなど、重たい作業を楽々とこなすだけでなく、フットワークも軽くて、まさに至れり尽くせりのパソコンと言えます。

ひたすら高機能を求める人にとっては、理にかなった1台といえるでしょう。

第5位 Lenovo ノートパソコン ideapad 330S


Lenovo ノートパソコン ideapad 330Sの仕様・製品情報

メーカー Lenovo
サイズ 商品の寸法 幅 × 高さ32.3 x 1.9 cm
重量 1.67 Kg
SDD容量 256GB

Lenovo ノートパソコン ideapad 330Sをおすすめする理由

  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 薄型&軽量
  • 長時間バッテリ駆動&急速充電対応

Lenovo ノートパソコン ideapad 330Sの評価とレビュー

7万円台という価格設定は魅力!軽作業用と割り切るならコレ!

Lenovoから発売されたこのノートパソコンの第1印象は、大変コストパフォーマンスに優れた商品だといえます。

CPUはインテル Core i5-8250U 1.60GHz (ターボブースト時 3.40GHz) を搭載し、メモリは8GB、SSDのストレージ容量も256GBあり、軽作業をする分には充分な性能があります。

インターフェースもUSB3.0、USB-C、HDMI、カードリーダーといった基本的な拡張機能もきちんと付属しており、画面も360°角度調節可能です。

ただし、少し重量があるのと、Officeや光学ドライブが付属していません。なので気軽にネットサーフィンやショッピングを楽しみたい人用の商品といえるでしょう。

第6位 LG ノートパソコン gram


LG ノートパソコン gramの仕様・製品情報

メーカー LG
サイズ 商品の寸法 幅 × 高さ38 x 1.8 cm
重量 商品重量1.34 Kg
SDD容量 512GB

LG ノートパソコン gramをおすすめする理由

  • ほぼ1日使える大容量バッテリー
  • 頑丈なボディ
  • ビジネスでもプライベートでも

LG ノートパソコン gramの評価とレビュー

堂々のハイエンド仕様!痒い所にも手が届いてます!

ビジネスでもプライベートでも両方ストレスなく使えることをアピールした今回の商品ですが、その内容に恥じないなかなかの高スペックを有しています。

CPUはインテル Core i7-8565U プロセッサー( 動作周波数:1.8GHz(インテル ターボ・ブースト・テクノロジー適用時最大4.6GHz))を惜しげもなく搭載し、メモリはDDR4-2400MHz 8GB(最大16GB)を装着、SSDのストレージ容量も512GBと文句のない性能です。

贅沢なパソコンであることに疑いの余地はありません。重い動作の作業でも軽々とやってのけるでしょう。

インターフェースに関しても、1通りのものがそろっていますし、指紋認証にも対応といった痒い所に手が届く仕様になっています。

第7位 Acerノートパソコン Swift5


Acerノートパソコン Swift5の仕様・製品情報

メーカー Acer
サイズ 画面サイズ15.6 インチ
重量 2.13 Kg
SDD容量 512GB

Acerノートパソコン Swift5をおすすめする理由

  • 美しくプレミアムなデザイン
  • 世界最軽量モデル
  • 充実のパフォーマンス

Acerノートパソコン Swift5の評価とレビュー

タッチパネルで操作したい人にとっては気になる1台!

ハイエンド系の商品の紹介が続きますが、お値段のことを考えるとどうしてもこのあたりの順位になってしまうんですね。

さて今回紹介する商品も、CPUはインテル Core i5-8265U プロセッサ/動作周波数:1.60GHzを使用し、メモリーも8GBと余裕があります。

SSDの容量も512GBを確保し、スペックを見るだけでは、ほぼ準ハイエンドといった感じになってます。

基本的なインターフェースももちろん揃っており、通常の作業であれば、充分快適に行うことができます。

またタッチパネル操作にも対応しており、マウスを使わなくても作業ができるといった特徴も兼ね備えています。まさに万能マシンといったところですね。

第8位 HP Pavilion 15-cu0000 Windows10 Home 64bit


HP Pavilion 15-cu0000 Windows10 Home 64bitの仕様・製品情報

メーカー HP
サイズ 梱包サイズ48.8 x 30.4 x 6.8 cm
重量 3.16 Kg
SDD容量 1TB HDD+128GB SSD
搭載機能 画面サイズ15.6 インチ /CPUタイプIntel Core i5 /RAM容量8 GB/ワイヤレスタイプ802.11a/b/g/n/ac/ OSWindows 10 Home

HP Pavilion 15-cu0000 Windows10 Home 64bitをおすすめする理由

  • 最新のCPUを搭載
  • 鮮やかなIPSパネル
  • フュージョンストレージを採用

HP Pavilion 15-cu0000 Windows10 Home 64bitの評価とレビュー

綺麗な画面でDVD視聴できます!基本的な機能も揃っています!

最近のノートパソコンは、時代の流れからか光学ドライブが搭載されていないものも増えてきました。

しかしこの商品にはDVDプレイヤーが標準で装備されており、フルHDに対応したIPSパネルを使った画面で迫力のある映像を楽しむことができます。

SSDは128GBとやや物足りない印象を受けますが、1TB HDDを加えたフュージョンストレージに対応しているため、ネット閲覧や軽作業においては充分快適に動作します。

もちろんインターフェースに関しても、標準的なものは付属しています。DVDを使用した動画をメインに使用する人にとっては、選択肢の1つとなる1台ではないでしょうか。

第9位 マイクロソフト Surface Laptop 2


マイクロソフト Surface Laptop 2の仕様・製品情報

メーカー マイクロソフト
サイズ 商品の寸法 幅 × 高さ30.8 x 1.4 cm
重量 2.22 Kg
SDD容量 256GB

マイクロソフト Surface Laptop 2をおすすめする理由

  • 最新のインテルCPUを搭載
  • 鮮やかな13.5インチタッチスクリーン
  • とにかく薄くて軽い

マイクロソフト Surface Laptop 2の評価とレビュー

据え置きで使用するなら、最適のオフィス用パソコン!

画面サイズが13.5インチと比較的小型かつ薄型で、主にビジネス用途で活躍が期待されるパソコンです。

CPUにCore i5、メモリが8GB、SSDストレージが256GBと仕事において充分に快適なスペックを備えており、またエクセル、ワードといったオフィスソフトも同封されているので、すぐに使うことができます。

重量が2.22㎏と重いのが難点ですが、据え置きで使用する分においては、なんの問題もなく快適にオフィス業務をすることができるでしょう。

第10位 NEC 15.6型 ノートパソコン LAVIE Note


NEC 15.6型 ノートパソコン LAVIE Noteの仕様・製品情報

メーカー NEC
サイズ 梱包サイズ41.5 x 34.2 x 7.8 cm
重量 3.71 Kg
SDD容量 HDD容量:1TB ・SSD容量:128GB

NEC 15.6型 ノートパソコン LAVIE Noteをおすすめする理由

  • ブルーレイディスクドライブ搭載
  • 15.6型ワイド フルHD フルフラットスーパーシャインビューLED IPS液晶
  • Microsoft Office Home&Business 2016プリインストール

NEC 15.6型 ノートパソコン LAVIE Noteの評価とレビュー

ブルーレイディスクドライブにオフィスソフトも搭載したオールインワンパソコン!

この商品は、ビジネスとブルーレイを使用して綺麗な映像をみたい、そんな2つの思いを叶えてくれるちょっと贅沢なノートパソコンといえます。

オフィスソフトが標準で付いているので、購入したときからすぐに仕事で使うことができますし、ブルーレイディスクプレイヤーも装備されているので、これまたすぐに迫力ある映像を楽しむことができます。

もちろん、双方において快適に動作する充分なスペックを備えています。

いわゆる「一挙両得な」ノートパソコンといえますが、「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということにだけはならないように注意しましょう。

まとめ

現在は、ノートパソコンのストレージとして主流になりつつあるSSDですが、ここに至るまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。

初登場時の評価は、容量が少なすぎる、突然フリーズするなど散々でした。しかし、地道に改良を重ねた結果、容量も増加し、突然フリーズする不具合もなくなり、従来の長所であった処理速度の速さを活かせるようになりました。

またクラウド技術により、大量のアプリやデータをパソコンに保存する必要がなくなったことも普及の後押しに繋がったのかもしれません。

そう考えるとSSD搭載ノートパソコンは、まさに時代の波に乗ったパソコンともいえます。あの爆速の立ち上がりを1度経験すると病みつきになりますよ。

ノートパソコンに関する他の記事もおすすめ!!

HDD【2019年最新版】NAS(ネットワークHDD)の選び方と人気おすすめ10選 |性能や機能、評価を比較! 小型ゲーミングPC小型ゲーミングPCの人気おすすめモデルランキング10選【最新版】 HDD【格安で高性能!!】外付けHDDの選び方と人気おすすめランキング10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です