室内向きドローンの選び方と人気おすすめ10選 |メリットやデメリットなども解説!

ドローン

ドローンとは空に飛ばすことで写真や動画が撮れる小型機です。最近では旅行や遊びでも手軽にドローンを使用して写真撮影をしていますよね。しかし、初心者の方は操作がわからず、なかなか使いこなせない方も多くいます。

そんな方におすすめしたいのが室内向けのドローンです。ここでは室内向けドローンの情報について説明します。

また、飛行機のおもちゃに関する記事もおすすめです!
飛行機のおもちゃ今人気の飛行機のおもちゃ10選とその特徴やセット内容を解説

室内向きドローンの基本情報

室内向きドローンが通常のドローンと何が違うのか気になる方も多くいるかと思います。ここでは室内向きドローンのメリットやデメリット、価格帯のついても紹介するので購入を検討している方は参考にしてみて下さいね。

  • そもそも室内向きドローンとは?
  • 室内向きドローンのメリット
  • 室内向きドローンのデメリット
  • 室内向きドローンの価格帯

そもそも室内向きドローンとは?

はてな

室内向きドローンは自宅内で気軽に飛ばせるので風が吹いて落ちることや、落ちて怪我に繋げる恐れもありません。価格も通常のドローンよりも安いので購入しやすいのが良いですよね。

室内向きドローンを使えば自宅内で操作できるので初心者の方は練習しやすく良いでしょう。また、室内用ならお子さんでも安心して使わせることができますよね。室内向きドローンは徐々に人気を集めているのです。

室内向きドローンのメリット

室内向けのドローンは初心者の方には使いやすい、練習に向いているなどのメリットもあります。ここでは室内向きドローンのメリットについて解説するので室内向けドローンを購入しようか迷っている方は読んでみて下さい。

  • 自宅で練習できる
  • 墜落した時の被害が少ない
  • 価格が安い

自宅で練習できる

室内向きドローンは家で気軽に操作できるので練習する際にはとても良いです。外でドローンを飛ばすと風などが影響してうまく操作できないことが多いですが、室内なら風の影響を受けずに飛ばせるので初めてドローンを購入する方や時間がなくて普段屋外で使えない方も気軽に練習することができます。

また、小さなお子さんでも室内ならば安心してドローン操作の練習ができるので、室内向きドローンを購入すると良いでしょう。

墜落した時の被害が少ない

室内向きドローンは小型で軽量な作りになっており、万が一墜落してしまっても怪我の被害が少ないので比較的、安全に使用することができます。

通常のドローンは墜落すると人にぶつかったり、建物を壊してしまったりする可能性も考えられ、過去にはニュースに取り上げられていたこともありますよね。そのため、屋外でドローンを使うのは危険なのです。それに比べると室内向きのドローンならば事故に繋がることもないので室内向きのドローンをおすすめします。

価格が安い

室内向きのドローンは通常のドローンよりも価格が安いので買い求めやすいのも人気を集めている理由の1つです。通常のドローンは5万円以上してしまい、高いものだと10万円以上するものもありますが、室内向きドローンは安いものでも5000円以下で購入することができるので買い求めやすくおすすめです

初心者の方でも手軽に購入することができるので嬉しいですよね。また、価格が安ければ万が一壊れてしまっても買いなおしが効くので安心です。

室内向きドローンのデメリット

メリット

室内向きのドローンはメリットもありますが、デメリットももちろんあります。デメリットも理解しておくことで買ってから後悔することはなくなるので、ここでしっかり室内向きドローンのデメリットについても理解しておきましょう。

  • 音が大きい
  • 物にぶつかる可能性がある

音が大きい

室内向きのドローンは音が大きいため、外で操作した場合は騒音で周りに迷惑をかけてしまう可能性があります。元々、一般用に作られているドローンは危険防止や悪用されないようにするために、無音で作られていません。基本は音はなってしまうのです。

少しでも音を抑えて設計されたドローンもありますが、室内向きは対策がされておらず、音が大きいドローンがほとんどなのです。なので、音が気になる方は室内向きに限らず、静音で作られているドローンをおすすめします。

物にぶつかる可能性がある

室内向きのドローンは軽量で作られており、重さは軽いと30gほどしかないドローンもあります。ドローンは重い方が風などの影響を受けにくく、安定して走行させることができるため、軽量のドローンだとすぐに物にぶつかったりしてしまう恐れがあるのです。

特に屋外でも使用したいと考えている方は走行しづらいので、室内向きのドローンはおすすめできません。屋外で使用したい方は室内向きでは物足りなくなるかもしれないので、風の影響を受けない室内のみで使用すると良いでしょう。

室内向きドローンの価格帯

価格

室内向きドローンの価格帯ですが、安いものだと5000円以下で購入することがでます。通常のドローンは5万円~10万円ほどする高額なドローンもあるので、それに比べればかなりお得ですよね。安さにこだわる方は室内向きのドローンを選ぶと良いでしょう。

室内向きドローンの選び方

室内向きのドローンでもカメラがついているものやスマホで操作できるものなど種類が様々にあります。また、バッテリー残量など、性能も重要ですよね。ここでは室内向きドローンの選び方を解説するので、どの製品を買おうか悩まれている方は参考にしてみて下さいね。

  • カメラの有無を確認しよう
  • スマホでも楽しめるFPV対応ドローン
  • プロペラガードがあると安心
  • バッテリーの性能もチェック!

カメラの有無を確認しよう

チェック

ドローンとして最も大切なのが、カメラがついているかです。カメラがついていることで普段は撮影できないアングルや景色を簡単に撮影できるようになるので、写真が好きな方にとっては嬉しいですよね。

ドローンに内蔵されているカメラは性能が低いイメージもありますが、実際は解像度も高いため、高画質で写真を撮影することができます。内蔵カメラの方がコスパ的にも良いので、カメラの有無は必ず確認するようにしましょう。

スマホでも楽しめるFPV対応ドローン

ドローン

スマートフォンでも操作できるFPVに対応したドローンもあります。これはWi-Fi経由でスマートフォンとドローンを繋げることでスマートフォンでのドローン操作が可能になるのです。

また、スマートフォンにはドローンから撮影されている映像が観られるので、実際に空中にいる感覚でドローンを操作できるのも臨場感がわきます。FPVに対応したドローンを購入される方は多くいるので、ドローンの購入前は確認するようにしましょう。

プロペラガードがあると安心

ドローン

プロペラガードとはドローンに付いているプロペラの破損を防ぐためにつけられているものです。プロペラガードが付いていればドローンを操作していて、万が一建物などの障害物にぶつかってしまっても壊れないので安全ですよね。

また、初心者の方は室内で練習することが多いですが、室内の場合は家具などが設置されているため、ぶつかって壊れる可能性も高いです。しかし、プロペラガードが付けばプロペラが守られるので、室内のみで操作する方や初心者の方はプロペラガード付きのドローンを選ぶようにしましょう。

バッテリーの性能もチェック!

バッテリー

バッテリーの性能もドローン選びには大切です。短いものだと5分ほどしか操作できず、すぐに充電が切れてしまうドローンもあります。また、ドローンは長くても20~30分ほどしか充電がもちません。

しかし、それでもなるべく長時間使える方が確実に楽しめるので、なるべく長時間使えるバッテリーのドローンを選ぶようにしましょう。また、充電時間は40分から80分ほどのドローンが一般的です。充電時間が長くても長時間もつものを選ぶと良いですね。

室内向きドローンの人気おすすめランキング10

人気でおすすめの室内向きドローンを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 AVIALOGIC ドローン Q8


AVIALOGIC ドローン Q8の仕様・製品情報

メーカー AVIALOGIC
サイズ 25×25×7 cm
重量 109g
搭載機能 バッテリーの充電時間:約50 mins/飛行時間:約9 mins/操作頻度:2.4GHz/機体バッテリー:750mAh 3.7V/送信機バッテリー:単四乾電池×4 (電池を除く)/操縦可能距離:50~70m/国内電波法認証済、技適マーク:201-180905

AVIALOGIC ドローン Q8をおすすめする理由

  • 3D宙返り!
  • 6軸ジャイロ 搭載!
  • ワンプッシュ帰還機能搭載!

AVIALOGIC ドローン Q8の評価とレビュー

6軸ジャイロ機能搭載のドローン!

このドローンは多種類の機能がついており、360度宙返り機能ではボタン1つで簡単に宙返りさせることができます。他にも6軸ジャイロ機能がついており、安定した飛行が可能なので初心者の方でも簡単に操作することができるのも特徴です。

また、もしドローンを戻したい場合は帰還ボタンを押せば自分のいる位置まで自動で戻ってくる機能がついており、自分のいる位置情報もドローンで認識されています。初心者の方はボタン1つで簡単に操作が可能なので、簡単に操作したい方はこのドローンをおすすめします!

第9位 DJI Ryze トイドローン Tello


DJI Ryze トイドローン Telloの仕様・製品情報

メーカー DJI
サイズ 9.2 x 9.8 x 4.1 cm
重量 81.6g
搭載機能 最大飛行時間 13 分 /映像伝送距離 100m /720p HD 伝送 /2 本のスマート切替アンテナ

DJI Ryze トイドローン Telloをおすすめする理由

  • 手のひらで簡単にキャッチ!
  • ムービー撮影が可能!
  • EZ Shot 搭載!

DJI Ryze トイドローン Telloの評価とレビュー

DJIとIntelから充実した機能を搭載したドローン!

DJIのドローンはintelとコラボレーションしたドローンになっており、動画の撮影も高性能で撮影することができます。アンテナが2本ついているので安定して動画を伝達することができるのです。

バッテリーも大容量で10分以上も走行することができます。他のドローンは5分ほどと短いのでそれに比べると嬉しいですよね。このドローンならば長時間かけて飛ばせるので外でも屋外でも撮影するのに良いでしょう。色々な場所で動画撮影をしたい方はぜひDJIのドローンを選びましょう。

第8位 Holy Stone ドローン HS120D


Holy Stone ドローン HS120Dの仕様・製品情報

メーカー Holy Stone
サイズ 270 x 270 x 120 mm
重量 198g
搭載機能 操作距離:約300メートル(干渉なし、障害物なし)/操作高度:約120メートル(干渉なし、障害物なし)/飛行時間:約32分(バッテリー2個付き)/機体バッテリー:7.4V 1200mAh 機体充電時間:約120分 送信機バッテリー:3.7V 300mAh(内蔵) 送信機充電時間:約60分 画像伝送方式:Wifi 2.4GHz/画像伝送可能距離:150m(干渉なし、障害物なし)/カメラ調整角度:-75°~0 ジンバルコントロール方式:送信機/レンズ角度:120° 写真形式:JPEG 映像形式:AVI/画素数:1920x1080p(SDカード側)、1280x720p(スマートフォン側)/操作モード:モード1/2自由転換可(デフォルトモードはモード2)

Holy Stone ドローン HS120Dをおすすめする理由

  • 初心者モード 搭載!
  • カメラ角度調整可 !
  • ウェイポイントモード搭載!

Holy Stone ドローン HS120Dの評価とレビュー

フライト中の安定性を実現する

このドローンは初心者モードが搭載されており、機体の走行距離が30mに設定されております。ちなみに初心者モードを解除すると自分の好きな距離に調整できるので慣れてきたら自分の好みに調整すると良いでしょう。

また、このドローンは写真撮影が可能で1080Pと高画質です。カメラの角度も調整できるので高画質で好きなアングルで写真が撮れます。旅行などに出かける機会が多い方、写真撮影にこだわりを持つ方はこのドローンで撮影して思い出を残すことができるでしょう。

第7位 ONG NAMO ドローン


ONG NAMO ドローンの仕様・製品情報

メーカー ONG NAMO
サイズ 11 x 11 x 8.5 cm
重量 31.8 g
搭載機能 バッテリー容量:3.7 V/300mAh/充電時間:40分/飛行時間:5-8分

ONG NAMO ドローンをおすすめする理由

  • 柔軟で衝突防止な強い素材 !
  • 保護バリアが強化!
  • USBケーブルで充電可能!

ONG NAMO ドローンの評価とレビュー

自宅で遊べる!お子さんにも安全なドローン!

このドローンは室内で操作するのにぴったりなおもちゃ用ドローンで、子供でも気軽に使うことができます。素材はABS素材という柔軟で衝突に強い素材が使われているため、障害物にぶつかっても安心して使用することができます。もしお子さんにぶつかってしまっても柔らかい素材ならば怪我や事故の恐れがないので安全ですよね。

他にも充電の時が便利で、バッテリーをわざわざ購入しなくてもUSBケーブルに繋げて簡単に充電することができます。自宅で練習したい方やお子様のおもちゃとして利用したい方はこのドローンをおすすめします。

第6位 Potensic ドローン A30W


Potensic ドローン A30Wの仕様・製品情報

メーカー Potensic
サイズ 91x80x31.8mm
重量 45g
搭載機能 リアルタイム伝送&重力感応 /ヘッドレスモード&3段階速度調整 /高度維持&ワンキー離陸/着陸 /バッテリー交換可能 /低電圧警告&無効距離アラーム /カラー:ブルー

Potensic ドローン A30Wをおすすめする理由

  • 3段階速度調整可能!
  • バッテリー交換可能 !
  • 無効距離アラーム 搭載!

Potensic ドローン A30Wの評価とレビュー

スマートフォンで操作可能のドローン!

PotensicのドローンはFPV機能がついており、スマートフォン1つで簡単に操作することができるのが非常に便利です。スマートフォンで操作すれば現在飛んでいる場所を確認しながら操作できるので写真撮影や動画撮影の時もとても便利です。

速度は3段階で調節することができ、低速、中速、高速から選ぶことができます。初心者の方は低速、慣れてきたら徐々に速度を変えていくと良いでしょう。ワンキー離陸機能で着陸も簡単にできるので、緊急事態になっても安心です。安全に使用したい方はぜひPotensicのドローンを選びましょう。

第5位 AIRJUGAR ドローン AJ1001


AIRJUGAR ドローン AJ1001の仕様・製品情報

メーカー AIRJUGAR
サイズ 83.5 X 83.5 X 45.6 mm
重量 20g
搭載機能 軸距:66mm/モータ:6015 1Sブラシモータ/バッテリー:3.7V 220mAh lipo/飛行時間:約5-7分/操作環境の気温:-10℃~+40℃

AIRJUGAR ドローン AJ1001をおすすめする理由

  • FPVドローン!
  • 小型で器用 !
  • 全保護プロペラガード !

AIRJUGAR ドローン AJ1001の評価とレビュー

小型なのに様々な機能が備えられたドローン

AIRJUGARのドローンは小型サイズながら様々な機能が搭載されており、スマートフォンで操作ができるFPV機能や撮影の微調整、安定を保つ6軸ジャイロ機能などが搭載されています。

プロペラ部分はプロペラガードによって全保護されているので、障害物にぶつかったり、墜落してしまっても破損のリスクを減らすことができてとても安全です。走行時間も21分と長いので長時間の間ドローンを飛ばすことができます。長時間飛ばしたい方や多機能さを求める方はぜひAIRJUGARのドローンを体験してみて下さいね。

第4位 Tech rc ドローン TR008W


Tech rc ドローン TR008Wの仕様・製品情報

メーカー Tech rc
サイズ 130×130×30mm
重量 42g
搭載機能 バッテリー:3.7V 500mAh/バッテリーの充電時間:約60mins/飛行時間:10mins(バッテリー1個の場合)/周波数:2.4Ghz/操作距離:25m以内

Tech rc ドローン TR008Wをおすすめする理由

  • 衝撃に強くて丈夫 !
  • モジュール式バッテリーを採用 !
  • FPVリアタイム機能搭載!

Tech rc ドローン TR008Wの評価とレビュー

初心者にもおすすめのミニドローン!

このドローンはお子さんが遊ぶ時に使ったり、初心者の方が練習用として使用するのにおすすめのドローンです。ドローン自体の素材は柔軟な素材なので、もしも人にぶつかってしまったり、障害物にぶつかったりしてしまっても安心して使用することができます。また、持ち運びの際も小型サイズなので簡単に持ち運びができるのもこのドローンの良い部分です。

飛行時間は20分ほどと長く、バッテリーが2個付きなので長時間飛ばせるので、いちいち充電する手間が省けます。操作はヘッドレスモードが搭載されていて操縦者の視点に合わせて動いてくれるので使いやすく便利です。操作しやすいうえに長時間使えるドローンが良い方はこのドローンを購入することをおすすめします。

第3位 SNAPTAIN ドローン H823H Plus


SNAPTAIN ドローン H823H Plusの仕様・製品情報

メーカー SNAPTAIN
サイズ 6.8×7.5×2.4cm
重量 23g
搭載機能 バッテリー容量:3.7V 240mAh/最大飛行時間:6-7分間/モード:mode1とmode2/リモートコントロール距離:30m/最大飛行距離:30m/充電時間:35-45分

SNAPTAIN ドローン H823H Plusをおすすめする理由

  • 簡単に操作ができる!
  • 超小型で安心!
  • 室内に最適!

SNAPTAIN ドローン H823H Plusの評価とレビュー

安定感が高く、初心者でも手軽に飛ばせる!

SNAPTAINのドローンは6軸ジャイロ飛行制御システムが搭載されているため、非常に高い安定感を持っており、初心者で操縦に自信がない方でも安心してドローンを操縦することができます。操縦が簡単なので、初心者の方の練習用ドローンとして使うのにも最適です。

プロペラ部分は全保護ガードがついているので傷や破損のリスクを防げて、耐久性にも優れています。安全に使えるので初心者の方はまず、SNAPTAINのドローンを購入すると良いでしょう。

第2位 AIRJUGAR ドローン AJ1003


AIRJUGAR ドローン AJ1003の仕様・製品情報

メーカー AIRJUGAR
サイズ 83.5×83.5×31mm
重量 23g
搭載機能 飛行時間:約5~7分/操作環境の気温:-10℃——+40℃/バッテリー:3.7V 220mAh lipo/バッテリーの充電時間:約40分/可能操作距離: ドローンモード 60m(障害物なし、信号障害なし)

AIRJUGAR ドローン AJ1003をおすすめする理由

  • 全保護プロペラガード !
  • バッテリー3個付き!
  • 3Dフリップ機能 !

AIRJUGAR ドローン AJ1003の評価とレビュー

親子で楽しめるトイドローン !

2位もAIRJUGARのドローンです。このドローンは子供から大人まで楽しめる小型のドローンで、オートホバリング機能が付いているため、小さなお子さんや初心者の方も簡単に飛ばすことができます。また、360度フリップ機能が付いているので前後や左右などに簡単に宙返りさせて操作することもできておすすめです。

他にも微調整が可能だったり、ワンキー離陸・着陸機能が搭載されていたり、停電量警告アラーム機能が付いていたりと便利な機能がたくさんついています。便利な機能がついたこのドローンで快適に楽しく操作していきましょう。

第1位 Holy Stone ミニドローン HS210


Holy Stone ミニドローン HS210の仕様・製品情報

メーカー Holy Stone
サイズ 8×8×3cm
重量 21g
搭載機能 操縦可能距離:50m/操作頻度:2.4GHz/商品の技適マーク:211-180329

Holy Stone ミニドローン HS210をおすすめする理由

  • 圧倒的な安定性!
  • 三段階スピード調整機能!
  • 操作簡単!

Holy Stone ミニドローン HS210の評価とレビュー

ワンダフルな機能満載で、楽しさ無限大!

1位はHoly Stoneのドローンです。このドローンは6軸ジャイロ機能がついており、非常に高い安定性を持っています。また、2.4GHzの無線技術が採用されているため、協力な抗干渉機能を持っているのも特徴です。

また、低残量になった場合はアラームが付いているので、万が一使用途中で電源が切れてしまって墜落してしまったり、事故に繋げてしまったりするリスクを防げるのでとても安全です。

速度も三段階で調節できるので自分の好みに合わせて調整できるのも嬉しいですよね。もしドローンでっ酔っている方はぜひこのドローンを購入することをおすすめします。

まとめ

ドローンはスマートフォンで操作できるものやカメラがついていて動画や写真撮影ができるもの、着陸・離陸をボタン1つで行ってくれるものなど様々にあります。また、初心者向けのドローンは小型で柔軟性のある素材を使用していることもわかりましたね。

小型ならば事故や怪我のリスクを防げるので安全に気をつけて練習したい方は素材やサイズを見てから選ぶと良いでしょう。また、ワンタッチ操作で動くドローンもあるので簡単に操作したい方はワンタッチ機能のドローンも見てみると良いです。ドローンは将来的にもどんどん使用機会が増えていくのでぜひ購入してドローンライフを楽しんでみて下さいね。

室内向きドローンに関連する他の記事もおすすめ!!

アクションカメラ【最新版】中華アクションカメラの人気おすすめランキング10選 VRカメラ【最新版】VRカメラの選び方と人気おすすめランキング10 VRゴーグル【最新版】VRヘッドセット(ゴーグル)の選び方と人気おすすめランキング9 |PC,スマホ,PS4用をご紹介! スマホ落下【最新版】スマホ落下防止グッズの選び方と人気おすすめランキング10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です