【2020年最新版】おすすめテントの選び方と人気ランキングTOP10

【2020年最新版】おすすめテントの選び方と人気ランキングTOP10

アウトドアキャンプの必須アイテムである「テント」。

ただ、テントは種類が非常に多いことから、予備知識無しで選ぶのは難しい代物でもあります。

そのため、種類ごとの特徴を把握しておく必要がありますね。

そこで今回は、テントの価格帯や種類、選び方に人気おすすめ10選等、テント関連の情報をお届けさせていただきましょう!

また、キャンプマットに関する記事もおすすめです!
キャンプマットキャンプマットの選び方と人気おすすめランキング10選

テントの価格帯

テントの価格帯としては805円~183,334円の間となります。

ですので、安いものをお探しの方は1,000円前後のテントを探してみるのが良いでしょう。

一般的には10,000円前後のものが人気です。

ご自身の予算に合わせて最適なテントを探してみてくださいね!

テントの種類

ここではテントの種類をご紹介します。この記事では

  • ドームテント
  • ツールームテント
  • ワンポールテント(ティピー)
  • ソロテント
  • ワンタッチテント
  • 特殊タイプテント(多用途・個性派)
  • ロッジ型テント

の7つについてご紹介します。

1.ドームテント

1.ドームテント

ドームテントの特徴は比較的設営が簡単なことと雨風にも強い構造のため、天候に左右されずに使える点や価格がリーズナブルな商品が多いこと、最低限のポールで支える形状なので居住スペースが広いのも魅力!

以上がメリットとして挙げられます。全体的にバランスが良いので欠点らしい欠点はありませんが、強いて言うなら強い雨風は防げないという辺りでしょうか。

それでも扱いやすいことに違いはありませんから、初心者の方にはピッタリのタイプですね。

2.ツールームテント

2.ツールームテント

ツールームテントとは文字通り、2つの部屋があるタイプになります。

リビング部分と寝室部分が分かれており、居住性の高さはトップクラスと言っていいでしょう。

ドーム型と比較した際にドーム型の場合、リビングスペースを確保するにはタープと呼ばれる雨よけや日よけになるものを利用する必要が出てくるのですが、ツールームだとタープを別途用意する必要がありません。

この辺りはツールームのメリットとして挙げられますね。一方で大きさがあるため、設営が大変なのはデメリットとなってしまいます。

特徴を踏まえると居住性の高さを重視したい方向けと言えるのではないでしょうか?

3.ワンポールテント(ティピー)

3.ワンポールテント(ティピー)

ワンポールテントとは屋根がとんがっている形状のテントの通称でティピー型とも呼ばれています。

中心にポールが一本あり、それで支えるタイプですね。デザインの良さと設営の簡単さがメリットとして挙げられる反面、居住スペースの少なさと自立しない辺りはデメリットとなってしまうでしょう。

一般的とされるドーム型と比べて狭いのは痛い部分ですし、自立しないのも環境次第で設置できない可能性が出てくるため、マイナス要素になってしまいます。

それでもデザインの良さと設営の簡単さは魅力ですから、この2点を重視するならワンポール型がおすすめですよ。

4.ソロテント

4.ソロテント

ソロテントとはその名の通り、一人用のテントの通称で主なメリットとしては軽量で持ち運びに適していることですね。

ただ、一人用はコンパクトさに重点を置いて作られている関係上、居住性に難点があるのはデメリットとなるでしょう。

携帯性に優れたものを選ぶのであれば選択肢に入ってくるタイプです。デメリットに挙げた居住性が気になる方は重さがさほど変わらない2人用を選ぶのも一つの方法として挙げられるのではないでしょうか?

5.ワンタッチテント

5.ワンタッチテント

ワンタッチテントは巨大な傘を開くようにして設置できるお手軽さが魅力のタイプで自立式のため、設置場所に困らないのはメリットとして挙げられますね。

その一方で通常のテントよりも重量のあるものが多く、持ち運びが大変であることや故障した際、自分では直しにくい辺りはデメリットになってしまうでしょう。

とはいえ、設営の簡単さはトップクラスなので設営が面倒に感じる方にはピッタリのタイプと言えるかと思います。

6.特殊タイプテント(多用途・個性派)

6.特殊タイプテント(多用途・個性派)

特殊テントタイプとは個性的なデザインや機能性を持つテントの通称で上記のどれにも当てはまらないものはこのタイプになります。

四方向に寝転がれるX型のものや木々の間で宙吊りになる物、オシャレさを追求したタイプ等、他のテントにはない独創性に満ち溢れていますね。

特定の用途に強みを発揮するのはメリットであるものの、汎用性の面では他のタイプに劣るため、この点はデメリットとなってしまうでしょう。

以上の特徴を踏まえると独創性のあるテントをお求めの方向けと言えるのではないでしょうか?

7.ロッジ型テント

7.ロッジ型テント

ロッジ型テントとは家のような形が特徴で90年代に人気のあったレトロなデザインのテントの通称。

無駄なスペースが少なく、居住性の高さとデザイン性の良さがメリットとして挙げられる反面、大きさがあり、重い仕様はデメリットになってしまいます。

大きめのテントは確かに快適さを提供してくれますが、その分、設置スペースを多く取ってしまいますし、重量に関しては持ち運ぶ大変さという面でマイナス要素に入ってしまうでしょう。

ただ、持ち運べることが前提とはなるものの、デザインと居住性で選ぶならロッジ型がおすすめですね。

テントの選び方

ここではテントの基本的な選び方についてご紹介します。この記事では

  • 大きさ
  • 設営のしやすさ
  • おしゃれ感
  • 価格
  • シングルウォール/ダブルウォール

の5ポイントについてご紹介します。是非、参考にしてみてくださいね!

1.大きさ

1.テントの大きさ

テントの大きさは〇人分といったように記載があるため、それに沿って選びがちですが、これはあくまでも最大収容人数を記載したものなので、快適さを求める場合は収容可能人数から一人分差し引いて考えるのが基本となります。

実際に購入してから思ったより狭かったというのはよく聞く話ですから、そういった状況を招かないためにも余裕をもって選ぶようにしてください。

一人用が前提のソロタイプはともかくとしてそれ以外のタイプの場合は大きさを確認しておくようにしましょう。

2.設営のしやすさ

2.設営のしやすさ

次に設営のしやすさも重要なポイントとなります。特に初心者の頃は設営に手間がかかってしまい、完成までに数時間かかることも珍しくありません。

ある程度慣れてくると短時間でできるようにはなるものの、慣れない内は設置がしやすいとされるワンタッチ型やドーム型を選んでおいた方がいいでしょう。

テント設営に時間を取られすぎてしまうとせっかくのキャンプ体験が台無しになってしまいますから、それを避ける上でも設営のしやすさについては確認しておくようにしてくださいね。

3.おしゃれ感

3.おしゃれ感

また、おしゃれ感のあるテントであるかどうかも重要なポイントです。

山登りなどで使用する場合はともかくとしてキャンプ場等、人が集まる場所で使用するのであれば、見栄えの良い物を選びたいですよね?

好みのデザインは人それぞれですから、一概には言えないものの、ワンポールテントやロッジ型などはデザインの良さがウリになっていますので、おしゃれさを重視したい場合はこの2タイプがおすすめとなるでしょう!

4.価格

価格帯

それから、価格も選ぶ際のポイントの一つに挙げられます。

ロッジ型などは10万円を超えるモデルも販売されている等、タイプにもよりますが、テントは決して安い買い物ではありません。

安いテントも販売されてはいるものの、耐水性が低かったり、通気性に問題があるといった可能性が出てきますから、それなりの出費は覚悟しておく必要があるでしょう。

予算に不安があるのであれば比較的安価なドーム型やソロタイプがおすすめになりますね。

5.シングルウォール/ダブルウォール

5.シングルウォール/ダブルウォール

シングルウォールとダブルウォールについてですが、シングルウォールとはテント内と外にに幕が1枚、ダブルウォールは2枚あるタイプのことでシングルウォールは軽量さ、ダブルウォールは前室と呼ばれるスペースを作れるのが特徴となっています。

特徴を踏まえると軽さを重視するならシングルウォール、スペースを有効活用したいのであればダブルウォールという認識で問題ありません。

ただ、前室を作ることができ、寝室を広く使えるダブルウォールの方が快適さの面で優れているため、シングルウォールよりはダブルウォールの方がおすすめですね。

初心者でも使いやすいテントのおすすめ人気ランキング10

1.ソロ ドーム 1 BDK-08 【1人用】 テント 収納ケース付 コンパクト収納|BUNDOK(バンドック)


ソロ ドーム 1 BDK-08 【1人用】 テント 収納ケース付 コンパクト収納|BUNDOK(バンドック)の仕様・製品情報

定価 9,818円
メーカー BUNDOK(バンドック)
サイズ フライ:W200xD150xH110cm・インナー:W200xD90xH100cm
ブルー

ソロ ドーム 1 BDK-08 【1人用】 テント 収納ケース付 コンパクト収納|BUNDOK(バンドック)をおすすめする理由

  • ポールが丈夫!
  • 折りたたみ可能!
  • 耐水圧に優れる!

ソロ ドーム 1 BDK-08 【1人用】 テント 収納ケース付 コンパクト収納|BUNDOK(バンドック)の評価とレビュー

大きさ
(3.5)
価格
(4.5)
設営のしやすさ
(4.0)
おしゃれ感
(3.0)
総合評価
(3.5)

優れた耐水圧と携帯性の高さが魅力の一品!

本製品の特徴は優れた耐水圧と携帯性の高さ、そして、ポールが丈夫なことの3点。

耐水圧に優れているため、急な雨を凌いでくれる辺りは評価ポイントに入ってきますし、折りたたむことができるので持ち運びしやすい点もGOOD!

加えて、ポールも丈夫ですから、ちょっとやそっとのことではビクともしない安定感の高さも本品の魅力として挙げられるでしょう。

以上の特徴を踏まえると急な雨にも対応できるテントをお探しの方向けと言えるのではないでしょうか?

2.ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC 【1人用】 カーキ色 ワンポール テント 混紡綿 フルクローズ スカート巻き上げ式|BUNDOK(バンドック)


ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC 【1人用】 カーキ色 ワンポール テント 混紡綿 フルクローズ スカート巻き上げ式|BUNDOK(バンドック)の仕様・製品情報

定価 24,800円
メーカー BUNDOK(バンドック)
サイズ フライ:2400x2400x1500mm/インナー:2200x1000x1350mm
カーキ

ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC 【1人用】 カーキ色 ワンポール テント 混紡綿 フルクローズ スカート巻き上げ式|BUNDOK(バンドック)をおすすめする理由

  • 人気のティピーモデル!
  • 設営がしやすい!
  • オールシーズン使える!

ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC 【1人用】 カーキ色 ワンポール テント 混紡綿 フルクローズ スカート巻き上げ式|BUNDOK(バンドック)の評価とレビュー

大きさ
(4.0)
価格
(4.0)
設営のしやすさ
(4.5)
おしゃれ感
(4.0)
総合評価
(4.0)

設営がしやすく、オールシーズン使える汎用性の高さがウリのテント!

本製品の特徴は設営のしやすさとオールシーズン使える汎用性の高さの2点。

人気のティピー型であり、設営のしやすさは評価に値する部分ですし、スカートが付いているため、寒い時期は足元の冷気を軽減、暑い季節は巻き上げて通気性を確保する等、オールシーズン使える汎用性の高さは素晴らしいですね。

広さも一人用としては十分なレベルでバランスの良さも光ります。以上のことから、オールシーズン使えるテントをお探しの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

3.ソロ ベース EX BDK-79EX スカート付 サイドウォール付 パップテント 軍幕 【1人用】|BUNDOK(バンドック)


ソロ ベース EX BDK-79EX スカート付 サイドウォール付 パップテント 軍幕 【1人用】 カーキ 一人用|BUNDOK(バンドック)の仕様・製品情報

定価 32,800円
メーカー BUNDOK(バンドック)
サイズ フライ:360x190x110cm/インナー:190x85x100cm
カーキ

ソロ ベース EX BDK-79EX スカート付 サイドウォール付 パップテント 軍幕 【1人用】|BUNDOK(バンドック)をおすすめする理由

  • 優れたコスパ!
  • 性能バランスの良さ!
  • 設営の簡単さ!

ソロ ベース EX BDK-79EX スカート付 サイドウォール付 パップテント 軍幕 【1人用】|BUNDOK(バンドック)の評価とレビュー

大きさ
(3.5)
価格
(4.0)
設営のしやすさ
(4.5)
おしゃれ感
(4.0)
総合評価
(4.0)

性能バランスの良さが光る一人用テント!

本製品の特徴は性能バランスの良さと優れたコスパの2点。

素材の良さもそうですが、オールシーズン使えるスカートが付いていることやサイドシートで前室の雨風を軽減できること等、全体的なバランスの良さは素晴らしいですね。

価格的には安いとは言えないものの、これだけの性能でこの価格ならばコスパも良いと言っていいでしょう。

ソロタイプなので設営しやすいのも評価ポイントに挙げられるかと思います。

よって、性能バランスに優れたテントをお探しの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

4.テント ツーリングドームST 1~2人用|コールマン(Coleman)


テント ツーリングドームST 1~2人用|コールマン(Coleman)の仕様・製品情報

定価 記載等なし
メーカー コールマン(Coleman)
サイズ 210×120×100cm
アッシュ

テント ツーリングドームST 1~2人用|コールマン(Coleman)をおすすめする理由

  • 知名度の高いメーカー品!
  • 比較的広い前室!
  • 設営の簡単さ!

テント ツーリングドームST 1~2人用|コールマン(Coleman)の評価とレビュー

大きさ
(3.0)
価格
(4.0)
設営のしやすさ
(4.5)
おしゃれ感
(3.5)
総合評価
(3.5)

必要最低限の機能を備えたソロタイプのテント!

本製品の特徴は必要最低限の機能を備えている点にあります。

設営のしやすさを重視したポールポケット式の採用や前室を広くすることによって開放感を高める等、実用性に富んだ作りは流石のコールマン製と言える出来ですね。

価格帯が高い製品に比べると質はやや落ちるものの、性能的には十分なレベルと言っていいでしょう。

以上の特徴を踏まえると設営のしやすさや前室の広さで選びたい方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

5.テント 3~4人用 ワンタッチテント 二重層 ワンタッチ2WAY テント 設営簡単 uvカット加工 防風防水 折りたたみ 超軽量|YACONE


テント 3~4人用 ワンタッチテント 二重層 ワンタッチ2WAY テント 設営簡単 uvカット加工 防風防水 折りたたみ 超軽量|YACONEの仕様・製品情報

定価 8,900円
メーカー YACONE
サイズ 外帳:240×210×130cm/内帳:200×180×130cm
アーミーグリーン

テント 3~4人用 ワンタッチテント 二重層 ワンタッチ2WAY テント 設営簡単 uvカット加工 防風防水 折りたたみ 超軽量|YACONEをおすすめする理由

  • 3種のカラーバリエーション!
  • 価格の安さ!
  • 初心者でも簡単に作れる!

テント 3~4人用 ワンタッチテント 二重層 ワンタッチ2WAY テント 設営簡単 uvカット加工 防風防水 折りたたみ 超軽量|YACONEの評価とレビュー

大きさ
(4.0)
価格
(5.0)
設営のしやすさ
(5.0)
おしゃれ感
(4.0)
総合評価
(4.5)

誰でも簡単に作れるワンタッチタイプのテント!

本製品の特徴はワンタッチタイプであることと3種のカラーバリエーション、そして、価格の安さの3点。

ワンタッチタイプは傘を開くように簡単に設営を行うことができるため、この点は評価ポイントに入ってきます。

また、3種のカラーバリエーションがあるのも選ぶ楽しさがあっていいですね。価格も9千円以内と安価なので購入しやすい辺りもGOOD!

軽く、折りたためる仕様も持ち運びの観点から、メリットとして挙げられるのではないでしょうか?

よって、設営に時間をかけたくない方や初心者向けの商品と言えるかと思います。

6.ワンポールテントS 3人用 【収納コンパクト&かんたん設営】|DOD(ディーオーディー)


ワンポールテントS 3人用 【収納コンパクト&かんたん設営】|DOD(ディーオーディー)の仕様・製品情報

定価 11,200円
メーカー DOD(ディーオーディー)
サイズ W320×D270×H170cm
タン

ワンポールテントS 3人用 【収納コンパクト&かんたん設営】|DOD(ディーオーディー)をおすすめする理由

  • デザインの良さ!
  • 軽量・コンパクト仕様!
  • 十分な耐水圧!

ワンポールテントS 3人用 【収納コンパクト&かんたん設営】|DOD(ディーオーディー)の評価とレビュー

大きさ
(4.5)
価格
(5.0)
設営のしやすさ
(4.0)
おしゃれ感
(4.5)
総合評価
(4.5)

デザインの良さと十分な耐水圧が魅力の一品!

本製品の特徴はデザインの良さと十分な耐水圧の2点。

ティピー型特有のデザインの良さはそれだけで大きな魅力ですし、軽量・コンパクト仕様なのも持ち運びを考えると評価ポイントの一つに挙げられるでしょう。

価格も控えめで3人用のため、室内が比較的広いのもGOOD!

耐水圧に関しても十分なレベルで口コミでも評価されていますね。

以上の特徴を踏まえるとデザインの良さと実用性を兼ね備えたテントをお求めの方へおすすめしたい商品です。

7.アウトドア キャンプ テント ドーム型 ステイシー 【2~3人用】|ogawa(オガワ)


アウトドア キャンプ テント ドーム型 ステイシー 【2~3人用】|ogawa(オガワ)の仕様・製品情報

定価 46,200円
メーカー ogawa(オガワ)
サイズ 52.4 x 19.6 x 19.6 cm
ブラウン

アウトドア キャンプ テント ドーム型 ステイシー 【2~3人用】|ogawa(オガワ)をおすすめする理由

  • 前室が広い!
  • ペグなしでも自立する!
  • 天井が高い!

アウトドア キャンプ テント ドーム型 ステイシー 【2~3人用】|ogawa(オガワ)の評価とレビュー

大きさ
(4.5)
価格
(3.5)
設営のしやすさ
(4.0)
おしゃれ感
(3.5)
総合評価
(4.0)

開放感のある室内が魅力のドーム型テント!

本製品の特徴は開放感のある室内とペグなしでも自立することの2点。

天井が高く、前室も広いので解放感という意味では高い評価を与えられます。

また、ペグなしでも自立するため、設置場所を選ばないのもGOOD!価格は高めですが、それだけの価値はある一品と言っていいでしょう。

作りもしっかりしており、耐水圧も高いので突然の雨にも対応可能なのも強みではないでしょうか?

以上の特徴を踏まえると開放感のある室内に魅力を感じる方へおすすめしたい商品ですね!

8.テント コンパクト 迷彩柄 キャンプテント ソロテント 小型テント|Sutekus


テント コンパクト 迷彩柄 キャンプテント ソロテント 小型テント|Sutekusの仕様・製品情報

定価 2,680円
メーカー Sutekus
サイズ 200㎝X100㎝X85㎝
迷彩柄

テント コンパクト 迷彩柄 キャンプテント ソロテント 小型テント|Sutekusをおすすめする理由

  • 圧倒的な価格の安さ!
  • 軽量設計!
  • 水準以上の防寒性能!

テント コンパクト 迷彩柄 キャンプテント ソロテント 小型テント|Sutekusの評価とレビュー

大きさ
(2.5)
価格
(5.0)
設営のしやすさ
(4.0)
おしゃれ感
(3.0)
総合評価
(3.5)

価格の安さが最大の魅力!コンパクトサイズのテント!

本製品の特徴は価格の安さとコンパクトサイズであることの2点。

3千円を切る安さは本品の大きな魅力と言えますし、コンパクトで軽量なのも持ち運びを前提とするテントにおいては重要に部分になります。

また、密閉性が高いこともあり、防寒性能に優れているのも評価ポイントに挙げられるのではないでしょうか?

一方で耐久性や耐水性の低さはマイナス要素になってしまいますが、価格の安さを思えば許容範囲とも言えるでしょう。

以上の特徴を踏まえると多少品質が悪くとも価格が安ければいいという方へおすすめしたい商品ですね。

9.ソロ ティピー 1 BDK-75 【1人用】 更にコンパクト収納! 長さ42cm ワンポール テント 収納ケース付|BUNDOK(バンドック)


ソロ ティピー 1 BDK-75 【1人用】 更にコンパクト収納! 長さ42cm ワンポール テント 収納ケース付|BUNDOK(バンドック)の仕様・製品情報

定価 22,000円
メーカー BUNDOK(バンドック)
サイズ W240xD240xH150cm
ライトベージュxブルー

ソロ ティピー 1 BDK-75 【1人用】 更にコンパクト収納! 長さ42cm ワンポール テント 収納ケース付|BUNDOK(バンドック)をおすすめする理由

  • 耐水圧の高さ!
  • 前室の広さ!
  • デザインの良さ!

ソロ ティピー 1 BDK-75 【1人用】 更にコンパクト収納! 長さ42cm ワンポール テント 収納ケース付|BUNDOK(バンドック)の評価とレビュー

大きさ
(3.5)
価格
(4.0)
設営のしやすさ
(4.5)
おしゃれ感
(4.5)
総合評価
(4.0)

実用性に優れたティピー型テント!

本製品の特徴は実用性に優れていることとデザインの良さの2点。

耐水圧が高く、多少の雨では浸水することがないので天候に関わらず使えるのは評価ポイントに挙げられますし、前質の広さは靴などを置くスペースとしても有効で寝る場所も広く取れますから、この点もメリットとなりますね。

また、ティピー型特有の形は見た目も良く、デザインの面でも優れていると言えるでしょう。

以上の特徴を踏まえると実用性に優れたティピー型をお探しの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

10.テント クレセント ドームテント M-3105 ドーム型 3人用 防水 軽量・コンパクト設計 バッグ付き|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)


テント クレセント ドームテント M-3105 ドーム型 3人用 防水 軽量・コンパクト設計 バッグ付き|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の仕様・製品情報

定価 7,121円
メーカー キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
サイズ 幅200×奥行200×高さ130cm
シルバー

テント クレセント ドームテント M-3105 ドーム型 3人用 防水 軽量・コンパクト設計 バッグ付き|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)をおすすめする理由

  • コスパに優れる!
  • 室内の広さ!
  • 設営の簡単さ!

テント クレセント ドームテント M-3105 ドーム型 3人用 防水 軽量・コンパクト設計 バッグ付き|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の評価とレビュー

大きさ
(4.0)
価格
(5.0)
設営のしやすさ
(4.0)
おしゃれ感
(3.0)
総合評価
(4.0)

グランドシート付のお得なセット商品!

本製品の特徴はコスパの良さと室内の広さ、それと、設営の簡単さの3点。

グランドシートが付いてこの価格であれば高コスパと言えますし、テント本体の室内の広さも大人二人が快適に寝られるほどで十分なレベルにあると言っていいでしょう。

単純な構造のため、設営が簡単なのもGOOD!以上の特徴を踏まえるとコスパの良いテントをお探しの方や室内の広さで選びたい方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

まとめ

この記事ではテントの価格帯や種類、選び方に人気おすすめ10選などを中心にご紹介しました。

選び方では大きさや設営のしやすさ、おしゃれ感に価格、シングルウォールかダブルウォールか?等が重要でしたね。

この記事を参考にしていただき、是非、あなたに合ったテントを探してみてください!

テントに関連する他の記事もおすすめ!!

石油ストーブ【最強低燃費はこれ!】おしゃれな石油ストーブの選び方と人気おすすめ10選 |小型モデルや低燃費モデルをご紹介! テントマット【最高の寝心地!】テントマットのおすすめランキング10選!登山などのアウトドアシーンで大活躍! 車用カーテン【車中泊に!】車用カーテンの人気おすすめランキング10選 インバーター【最新版】カーインバーターの選び方と人気おすすめ10選 | 価格帯もご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です