チャイルドシートマットの選び方と人気おすすめ10選

チャイルドシートマット

子供を車に乗せる際に必須となるチャイルドシート。

ただ、チャイルドシートは設置するにあたり、安定感を欠くなどのデメリットが存在するため、そのままでは安全性に不安が残ってしまいます。

そんな時、役立つのがチャイルドシートマット!これを使うことで安定感が増すなどの効果が期待できますね!

そこで今回は、そんなチャイルドシートマットの選び方や人気でおすすめの商品をいくつかご紹介します!

また、チャイルドシートの記事もおすすめです!
チャイルドシートチャイルドシートの選び方と人気おすすめ18選を年齢別にご紹介!【新生児から5歳まで】

チャイルドシートマットの基本情報

チャイルドシートマットに関して把握しておきたいのは、一般的なマットとの違いやメリット・デメリット。

何歳から何歳まで使うのか?価格帯等になるかと思います。順に説明させていただきますね。

そもそもチャイルドシートマットとは?

チャイルドシートマット
まずは一般的なマットとの違いから。主な違いは滑り止め加工されている物がほとんどであることと座席のグラつきを抑制する等。

チャイルドシートとセットで使うことを前提に開発されている点でしょうか。

マットによっては座席の痛みを防止する効果も期待できますね。

特徴をまとめるとチャイルドシートの安全性を高めることができる物という認識でいいでしょう!

あくまでもサポート的な役割の品ですが、大切な車を守る意味でもあって困る物ではありませんし、お子さんの安全確保の観点からもなるべくは用意しておきたいところです。

チャイルドシートマットのメリット

チャイルドシートの概要については説明させていただきましたので、次はそのメリットについてご紹介させていただきましょう!主なメリットは以下の通り。

  • チャイルドシートの安定感を高める(グラつきを抑制するなど)
  • 座席の痛み防止効果が期待できる
  • 食べ残しや飲み残しによる汚れから座席を守ってくれる

安全性の向上もさることながら、座席を汚れから守ってくれる部分も子供を乗せる前提なら重要な要素と言えるのではないでしょうか?座席の痛みを抑制する効果も大きいですね!

チャイルドシートマットのデメリット

メリットと共に気になるのが、使用におけるデメリット。この点を把握しておくことは安心して利用できるかどうかという点で大きな意味を持ちます。主なデメリットは以下の通り。

  • ISOFIXに対応していない場合に使えないケースがある
  • 製品毎に特徴が異なる

致命的と言えるほどのデメリットはないものの、中には滑り止め加工されていない物も販売されており、安全性を始めとした特徴が製品毎に異なるケースが見られるのはマイナス要素。

また、ISOFIXという取り付け方式が2012年7月以降発売の車へ搭載が義務付けされたこともあって、対応していない場合、使えないケースがあるのもデメリットと言えるでしょう。

通常何歳から何才まで使うの?

はてな
チャイルドシートの着用義務に関しては、現在、6歳未満の子供が対象となっています。

その他にも年齢毎に「ベビーシート」、「ジュニアシート」等。異なる呼び方がありますが、ここで把握しておくべきことは6歳未満の子供には着用義務があるということ。

なので、通常は6歳までということになるでしょう。それ以降は任意での利用となるものの、安全性を考慮するとシートベルトを着用可能な年齢になるまでの間は利用しておいた方がいいですね!

チャイルドシートマットの価格帯

予算
チャイルドシートマットの価格帯についても触れておくとおおよそですが、安い物は1300円から。高い物だと4000円程度といったところ。

しかし、実際には2000円~3000円程で購入できる商品が多いですから、その辺りを目安にしておくといいでしょう。

チャイルドシートマットの選び方

次はチャイルドシートマットの選び方について。チェックしておきたいのは滑りにくさや通気性、速乾性。丸洗いが可能かどうか等。以下で説明していきますね!

  • 滑りにくさは要チェック!
  • 通気性や速乾性も重要!
  • 丸洗いできるものがおすすめ!

滑りにくさは要チェック!

チャイルドシート対象年齢
まずは滑りにくさから。滑り止め加工されているかどうかというのは、先程も触れたように安全性に関わってくる部分。

滑り止めがされているとチャイルドシートが動きにくくなり、安全性がアップ!

同時にある程度固定されるため、ガタつきを抑えてくれる効果も期待できます。

また、チャイルドシートはプラスチック製が多く、滑りやすい仕様なので、それを防ぐ意味でも重要になるでしょう!

現在、ほとんどのチャイルドシートには滑り止めがされており、そこまで心配するようなことでもありませんが、安価な商品や海外製品の中にはまれに滑り止めされていない物が販売されている場合も!ですので、購入の際、その点には注意しておいてください!

通気性や速乾性も重要!

チャイルドシート
通気性や速乾性も重要な要素。

通気性のないマットだと熱がこもり、体が蒸れて嫌がる可能性が高いこと。その他、あせも等の皮膚トラブルの原因にも!

また、速乾性に関してですが、子供は大人に比べて汗をかきやすいため、使用中、シートが汗で濡れてしまうことも珍しくありません。

しかし、乾きやすい仕様なら不快感が少なく、快適に利用することができますね!

それから、速乾性が高いと丸洗いできるマットが早く乾くメリットも!

主に快適性があるかどうかが通気性や速乾性が重要視される理由ですが、特に通気性は皮膚トラブルの元になりかねないので、選ぶ際には注意してみておいた方がいいかと思います。

丸洗いできるものがおすすめ!

丸洗い
最後は丸洗いが可能かどうかについて。チャイルドシートマットはその用途から汚れやジュースのシミ、汗などの付着が避けられません。

定期的に買い換えることができる価格帯ではあるものの、できれば、洗って長く使いたいですよね?

その意味で丸洗いできるかどうかというのも重要な要素の一つに入ってきます。

滑り止め加工がされているタイプは比較的多く見られるのですが、丸洗い可能なタイプはさほど多くないこともあり、洗濯して長く使いたい方はその点もよく見ておいた方がいいでしょう!

安いとはいえ、何度も買い換えると少なくない負担ですから、なるべくなら丸洗いできるタイプをおすすめしますよ!

チャイルドシートマット人気おすすめランキングTop10

人気でおすすめのチャイルドシートマットのTop10を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 さっと洗える さらっとマット ビタードットBR (チャイルドシート・ベビーカー・ハイローベッド兼用) 純正リバーシブルタイプ 98659|アップリカ

さっと洗える さらっとマット ビタードットBR (チャイルドシート・ベビーカー・ハイローベッド兼用) 純正リバーシブルタイプ 98659の仕様・製品情報

メーカー アップリカ
サイズ W:34.8 × H:70.7 × D7.4 cm
重量 116 g
搭載機能 リバーシブルシート/丸洗い可/即乾/吸汗/ポリエステル/対応:フラディアグロウ・フラディアシリーズ・ディアターンシリーズ

さっと洗える さらっとマット ビタードットBR (チャイルドシート・ベビーカー・ハイローベッド兼用) 純正リバーシブルタイプ 98659をおすすめする理由

  • 丸洗いが可能!
  • 乾くのが早く、使いやすい!
  • 取り付け・取り外しが簡単!

さっと洗える さらっとマット ビタードットBR (チャイルドシート・ベビーカー・ハイローベッド兼用) 純正リバーシブルタイプ 98659の評価とレビュー

丸洗い可能で使いやすさに秀でたチャイルドシートマット!

本製品の特徴は何と言っても丸洗いが可能であること。丸洗いできるタイプは意外と少ないため、そこは大きなメリットと言っていいのではないでしょうか?

加えて、速乾性が高いので洗濯後もすぐ使える部分や取り付け・取り外しが簡単なのも評価ポイントに!

惜しまれるのはアップリカの対応しているチャイルドシート以外に利用できない点。

ですが、適応しているチャイルドシートをお持ちの方であれば、十分、おすすめできる商品に入ってくるでしょう!

なので、使えるチャイルドシートを所有しており、且つ、丸洗いできる物をお探しの方は必見ですよ!

第9位 チャイルドシートマット ブラック|シンヨゴキ株式会社

チャイルドシートマット ブラックの仕様・製品情報

メーカー シンヨゴキ株式会社
サイズ 25.5 x 21.7 x 16.5 cm
重量 699 g
搭載機能 折り畳み可能/ポリエステル素材/両面ノンスリップ加工/抗菌シート/メッシュポケット×2/防水/長さ調整可能/

チャイルドシートマット ブラックをおすすめする理由

  • 折り畳み可能!
  • デザインがいい!
  • 取り付けが工具要らずで簡単!

チャイルドシートマット ブラックの評価とレビュー

デザインがよく、折り畳み可能!取り付けも簡単な使いやすいチャイルドシートマット!

本製品の特徴はデザインの良さと折り畳みが可能な点。

さらに取り付けが非常に簡単なので使いやすさに優れているところもGOOD!

デザインは高級感とスマートさを感じさせるものとなっており、インテリアの面で浮いた形にならないのも評価ポイントに!

折り畳み可能なのも収納しやすくていいですね。耐久性に関しても以前のモデルの実に3倍と大幅な強化を果たしています。

コスパの良さを重視する方や取り付けに不安のある方は特におすすめですよ!

第8位 グリップイット ブラック|DiONO

グリップイット ブラックの仕様・製品情報

メーカー DiONO
サイズ 28.9 x 25.2 x 4.7 cm
重量 467 g
搭載機能 PVC素材/ISOFIX対応/布製・革製両方使用可能/

グリップイット ブラックをおすすめする理由

  • 安定性に非常に優れる!
  • ISOFIX対応!
  • 布・革製どちらにも使用可能!

グリップイット ブラックの評価とレビュー

グラつきなどを抑制する安定性能に優れた一品!

本製品の特徴はとにかく安定性能の高さが第一に挙げられます。チャイルドシートの下に敷くことでグラつきがほとんど無くなるのは大きなメリットと言えるでしょう!

他にも2012年から義務付けられたISOFIXに対応している点や布・革製を問わず使える部分など。細かな配慮が見られるのも好印象!

シート全体を保護してくれるタイプではなく、あくまでも安定性に重点を置いているため、保護面積という意味ではデメリットも存在するものの、安定感を重視するのであれば、おすすめに入ってくるかと思います。

ですので、グラつきが気になる方におすすめしたい商品ですね!

第7位 チャイルドシート用座席シート 保護マット キックガード 1680D素材|NEXSIA

チャイルドシート用座席シート 保護マット キックガード 1680D素材の仕様・製品情報

メーカー NEXSIA
サイズ 29.4 x 25.9 x 14 cm
重量 558 g
搭載機能 1680D素材/防水/収納ポケット×2/手洗い可/isofix対応/

チャイルドシート用座席シート 保護マット キックガード 1680D素材をおすすめする理由

  • キックガード付き!
  • 高い耐久性能!
  • コスパに優れる

チャイルドシート用座席シート 保護マット キックガード 1680D素材の評価とレビュー

耐久性能の高さがウリのチャイルドシートマット!

本製品の特徴は何と言っても耐久性能の高さとコスパの良さ!耐久性に関しては1680D素材という従来の600D素材の3倍を誇り、価格も2000円を切る安さ。

この2点についてはトップクラスと言っても過言ではありません!加えて、キックガードが付いていることもお得感が増す要因に!

シートマットも座面に厚みがあり、シートの負担軽減に貢献していますね!特にコスパ重視の方におすすめですよ!

第6位 NEWシートプロテクター ブラックBK チャイルドシートの滑り止めや愛車のシート保護に|TMJ

NEWシートプロテクター ブラックBK チャイルドシートの滑り止めや愛車のシート保護にの仕様・製品情報

メーカー TMJ
サイズ W112×D47×H1cm
重量 499 g
搭載機能 ポリエステル/ISOFIX対応/収納ポケット×2/抗菌シート/両面ノンスリップ加工/折り畳み可能/防水/

NEWシートプロテクター ブラックBK チャイルドシートの滑り止めや愛車のシート保護にをおすすめする理由

  • 両面滑り止め加工で滑りにくい!
  • 折り畳み可能!
  • ISOFIX対応!

NEWシートプロテクター ブラックBK チャイルドシートの滑り止めや愛車のシート保護にの評価とレビュー

高い安定感がウリの商品!ISOFIX対応で汎用性の高さも特徴に!

本製品のウリは高い安定感とISOFIX対応であること。さらに折り畳みが可能で収納しやすさがあるのも特徴に挙げられますね。

両面滑り止め加工にすることにより、シートのグラつきを抑えることに成功するなど。

安定感に関してはピカイチと言っていいでしょう!シート全般を保護するタイプなので、汚れが付きにくい点や多くの車種に対応している点も汎用性の高さに繋がっているように思えます。

抗菌シートで通気性が良いのもGOOD!購入するに当たって安定感と汎用性の高さを重視している方、おすすめですよ!

第5位 チャイルドシート マット 保護 シート シートプロテクター クッション厚め 滑り止め 収納ポケット付き|Active Winner

チャイルドシート マット 保護 シート シートプロテクター クッション厚め 滑り止め 収納ポケット付きの仕様・製品情報

メーカー Active Winner
サイズ 43 x 25 x 4 cm
重量 499 g
搭載機能 撥水加工/合成レザー/メッシュポケット/滑り止め加工/高さ調節可能/

チャイルドシート マット 保護 シート シートプロテクター クッション厚め 滑り止め 収納ポケット付きをおすすめする理由

  • オリジナルデザイン!
  • 長く使える
  • クッション性が高い!

チャイルドシート マット 保護 シート シートプロテクター クッション厚め 滑り止め 収納ポケット付きの評価とレビュー

シンプルながらも独自性のあるデザインとクッション性の高さが特徴の商品!

本製品の特徴として挙げられるのが、独自性のあるデザインとクッション性能の高さ。

独自性があると言っても奇抜なものではなく、シンプルながら落ち着いた感じで高級感が感じられる作りに!

クッション性が高いことでチャイルドシートの重みでシートが痛むのを軽減する働きがある点も評価ポイントになるでしょう!

挿入ピースとバックルベルトによるダブルの固定ができるのも安定感の向上に貢献!

また、背面の高さ調節が可能で今後、長く使える点もいいですね!全体的に高いレベルでまとまっていますので、誰にでもおすすめできますが強いて言えば、品質にこだわる方におすすめしたい商品です!

第4位【2019年 改善版】チャイルドシート 保護マット < 耐久性3倍アップ 滑り止め強化 > / 座席保護 へたれ防止 カバー 車シート保護 滑り止め シートプロテクター コンビ 収納足元 ポケット 1680D 素材 [A280-01] (1) ブラック 黒色|笑顔一番

【2019年 改善版】チャイルドシート 保護マット < 耐久性3倍アップ 滑り止め強化 > / 座席保護 へたれ防止 カバー 車シート保護 滑り止め シートプロテクター コンビ 収納足元 ポケット 1680D 素材 [A280-01] (1) ブラック 黒色の仕様・製品情報

メーカー 笑顔一番
サイズ 27.6 x 23 x 10.6 cm
重量 680 g
搭載機能 1680D素材/ISOFIX規格車対応/収納ポケット×2/PVC加工(裏地)/

【2019年 改善版】チャイルドシート 保護マット < 耐久性3倍アップ 滑り止め強化 > / 座席保護 へたれ防止 カバー 車シート保護 滑り止め シートプロテクター コンビ 収納足元 ポケット 1680D 素材 [A280-01] (1) ブラック 黒色をおすすめする理由

  • 耐久性の高さ!
  • 収納力の高いポケット!
  • 取り付け簡単!

【2019年 改善版】チャイルドシート 保護マット < 耐久性3倍アップ 滑り止め強化 > / 座席保護 へたれ防止 カバー 車シート保護 滑り止め シートプロテクター コンビ 収納足元 ポケット 1680D 素材 [A280-01] (1) ブラック 黒色の評価とレビュー

耐久性、安定感、汚れ防止と必要な機能は一通り揃っている一品!

タイトルに2019年改善版と記されているように本製品は前作から大幅な改良が成されたモデル。

耐久性に関しては硬度の高い1680D素材を使用。安定感の向上のために裏地を滑り止め効果で知られたPVC加工に!

さらにシート全体を覆うことから汚れ防止にも力を発揮します。

加えて、取り付けが2ステップで済む簡単さであることや収納力の高い大小のポケット付き。

ポケット部分は足下にあるのですが、収納だけでなく、靴の汚れから守ってくる作用もありますね。

以上のように一通りの機能は装備されていますから、全体的な性能バランスがいい物をお探しの方にはこちらがおすすめになるでしょう!

第3位 チャイルドシート用 マット グリップイット 5180005001|日本育児

チャイルドシート用 マット グリップイット 5180005001の仕様・製品情報

メーカー 日本育児
サイズ 106.5 x 48 x 1 cm
重量 499 g
搭載機能 PVC素材/ナイロンメッシュ素材(内部)/布・革両方使用可能/

チャイルドシート用 マット グリップイット 5180005001をおすすめする理由

  • 滑り止めがしっかりしている
  • 子供用品に定評のある日本育児製
  • 価格が安い!

チャイルドシート用 マット グリップイット 5180005001の評価とレビュー

子供用品に定評がある日本育児の商品!確かな品質も特徴に!

この手の商品は外国のメーカー品が多いのですが、日本育児は国内の会社で子供用品への信頼も高いものがあります。

それだけでも信頼性は十分と言えるものの、滑り止めが特にしっかりしており、第8位で紹介した同タイプの商品よりも価格が安いので、どちらかというなら、こちらの方がおすすめになりますね。

加えて、こちらの製品はカバーする面積が広いのも比較すると評価ポイントに!海外製品が信用できないという方にはこの商品をおすすめしますよ!

第2位 チャイルドシートマット シートプロテクター 滑り止め 車保護シートカバー 多機能メッシュポケット付き (ブラック)|BESTLINE

チャイルドシートマット シートプロテクター 滑り止め 車保護シートカバー 多機能メッシュポケット付き (ブラック)の仕様・製品情報

メーカー BESTLINE
サイズ 32.6 x 30.6 x 11.9 cm
重量 558 g
搭載機能 防水/PU素材/600Dポリエステル/ISOFIX対応

チャイルドシートマット シートプロテクター 滑り止め 車保護シートカバー 多機能メッシュポケット付き (ブラック)をおすすめする理由

  • 生地の厚さ!
  • 安定性が優れている
  • 6つの滑り止めパットが付いている

チャイルドシートマット シートプロテクター 滑り止め 車保護シートカバー 多機能メッシュポケット付き (ブラック)の評価とレビュー

しっかりと固定でき、生地の厚みも十分!安定性に優れた一品!

まず、本製品の特徴として挙げられるのが、安定感の高さ。6つの滑り止めパットが付いていることや裏面に滑り止め加工がされていること。

これにより、しっかりと固定され滑りにくさは格段に上昇!

加えて、生地の厚みも十分ですから、シートを傷つける心配もありません。

中でも生地の厚さを評価する声は多いですね。フルカバータイプなので、汚れ防止効果が期待できる点も見逃せないでしょう!

値段も安価な方ですから、コスパも優れていると言っていいかと思います。

全体を覆うようなタイプをお求めで生地の厚さが気になる方。是非、購入を検討されてみてください!

第1位 チャイルドシートマット カバー 車座席保護 シートプロテクター|Rollibot

チャイルドシートマット カバー 車座席保護 シートプロテクターの仕様・製品情報

メーカー Rollibot
サイズ 縦122×横48.5×厚み1.5cm
重量 640g
搭載機能 600Dポリエステル/滑り止めフェイクレザーPU/ISOFIX対応/ラバー製メッシュバック/挿入ピース/バックル式固定/耐摩耗性/防水/

チャイルドシートマット カバー 車座席保護 シートプロテクターをおすすめする理由

  • すべての面において高水準!
  • 最高クラスのコスパ!
  • アマゾンベストセラー1位を獲得!

チャイルドシートマット カバー 車座席保護 シートプロテクターの評価とレビュー

最高クラスのコスパの良さとすべての面において一定水準を超える商品!

本品の特徴は最高クラスのコスパの良さとすべての面において一定水準を超えていること。

その品質の良さはアマゾンベストセラー1位を獲得したことで証明されています。

今も人気が高く、口コミもいい評価が多いですね!耐久性や耐摩耗性に優れ、2カ所の固定箇所があり、安定感の高さに貢献している点も見逃せません。

価格相応の部分も多少は見られますが、この価格帯で手に入る物の中ではトップクラスと言っていいかと思います。

買い換えを検討されている方や買って損をしたくない方におすすめの商品ですよ!

まとめ

以上、チャイルドシートマットに関してでした。車を清潔に保つことや痛まないようにすることももちろん重要ですが、それ以上に子供の安全のために安定感のある物を用意しておきたいところ。

ご紹介したメリットやデメリット等の基礎知識やランキング方式で紹介させていただいた商品も是非、参考にしていただければ嬉しく思います。

基礎知識などは選ぶ上で必要不可欠な情報ですから、自分の状況に合わせた良い買い物ができるようにこの機会に覚えておいてくださいね!

合わせて読みたい!!

ベビーヘルメット【安心安全!】ベビーヘルメットの選び方と人気おすすめ6選 ベビーゲート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です