チャイルドシートの選び方と人気おすすめ18選を年齢別にご紹介!【新生児から5歳まで】

チャイルドシート

赤ちゃんをしっかりと守ってくれるチャイルドシートは法律でも着用が決まっているものですが、どれを選べばいいのかがわからない!

そんな方に今回はチャイルドシートって何?どんなメリットがあるのかや、選ぶ基準そして年齢別におすすめできるチャイルドシート18選をご紹介いたします。

また、チャイルドシートマットに関する記事もおすすめです!
チャイルドシートマットチャイルドシートマットの選び方と人気おすすめ10選

チャイルドシートの基本情報

まずはチャイルドシートの基本的な情報をご紹介いたします。

この記事では

  • チャイルドシートは何歳から何才まで?
  • 着用義務はあるの?
  • チャイルドシートはレンタルは可能?費用は?
  • チャイルドシートの価格帯はいくらくらい?

の4ポイントご紹介します。

チャイルドシートは何歳から何才まで?

チャイルドシート対象年齢

チャイルドシートは0歳から使用することができます。

また、チャイルドシートはいつまで?というのは特にありません。

6歳まで使用する家庭のあれば、10歳まで使用している家庭もあるようです。

着用義務はあるの?

チャイルドシート着用義務
チャイルドシートには着用義務があります。

着用義務があるのは6歳未満のお子さんで、必ず着用しなくてはなりません。

万が一着用をしていなくて警察の方に見つかると道路交通法違反で減点の対象となります。

減点が嫌だというのではなくお子さんの命の事を考えて必ず着用しましょう。

チャイルドシートはレンタルは可能?費用は?

チャイルドシート
チャイルドシートを買うにしても6歳までしか使わないのにもったいない!なんて考える方もいるかもしれませんね。

確かに購入するのは高いなと感じるものがあるのも事実です。そういう方はチャイルドシートをレンタルで借りる事を検討されてみても良いでしょう。

ただしレンタルにも費用がかかります。レンタル費用はチャイルドシートの機能や種類によって違います。

また、レンタルの費用はレンタル業者によって違います。1日で計算するレンタル業者が多いですが、中には月単位や年単位で計算する業者もあります。

チャイルドシートの価格帯はいくらくらい?

予算
やっぱり我が子のチャイルドシートは購入したいと思うけれど、チャイルドシートってどのくらいの価格なのかが知りたいところですね。

チャイルドシートの価格はピンキリです。対応できるお子さんの年齢によっても変わってきます。

やはり一番高いのは新生児から使えるタイプでしょう。

価格帯は5000円弱のものから上は20万円もする高機能高級チャイルドシートもあります。

チャイルドシートの選び方

購入するにしてもレンタルで借りるにしても、チャイルドシートは正しく選ばなくてはなりません。基本的なチャイルドシートの選び方をご紹介いたします。

ここでは

  • ISOFIX(アイソフィックス)に対応しているかどうか
  • 安全基準を満たしているかどうか?
  • 種類を確認しよう
  • 対象年齢を確認しよう

ISOFIX(アイソフィックス)に対応しているかどうか

isofix
初めて耳にする言葉かもしれませんね。

ISOFIX(アイソフィックス)って何だろう?と思う方もいらっしゃると思うので簡単に説明していきましょう。

ISOFIX(アイソフィックス)というのはチャイルドシートの取りつける方法です。普通のシートベルトと違ってチャイルドシートのつけ方はとても複雑です。

どこをどうやって取り付けたら安全なのかがわからず、結果的に間違った装着をしてしまっている方が実は6割もいらっしゃるのです。

ISOFIX(アイソフィックス)は面倒な取り付け方法をせず、車の金具に取り付ける装着方法で、チャイルドシートを選ぶ時はISOFIX(アイソフィックス)に対応しているものを選ぶと、正しく簡単に取り付ける事ができるのです。

安全基準を満たしているかどうか?

チャイルドシート
チャイルドシートを選ぶ時は安全基準を満たしているかどうかも選ぶ基準となります。ECE/R44やFMVSS No.213などと同様に日本でも安全基準が発行されています。

基準を満たしているチャイルドシートには安全基準マークがあり、この安全基準は世界で通用する共通のものです。

簡単に基準をご紹介すると、前面衝突試験を行いチャイルドシートが安全に子どもを守れるのかをデータ化し、合格基準を満たしているものに発行されます。

発行された安全基準マークには試験で合格している事や種類、体重範囲などが記載されているので、安全基準マークを確認して購入すると良いでしょう。

種類を確認しよう

チャイルドシートには色々なタイプのものがあります。ここではチャイルドシートの種類についてを簡単に説明いたします。

背もたれがないタイプ

背もたれがないチャイルドシート
背もたれが無いタイプのチャイルドシートがあります。このチャイルドシートは5歳児以上のお子さんがシートベルトを着用する時に使う補助的なものです。

身体が小さいとシートベルトが首にかかってしまうので危険です。これを回避して大人と同じような位置にベルトが来るようにするためのシートです。

背もたれがあるタイプ

背もたれがあるチャイルドシート
背もたれがあるタイプのチャイルドシートは5歳以下のお子さんに適しています。赤ちゃん用のチャイルドシートではもう小さいというお子さんを危険から守ります。

薄型のものや簡易的なものもあるので、対象年齢やお子さんの身体のサイズで選ぶと良いでしょう。ちなみに子供の成長は早いのであとあとの事も考えて使うと良いでしょう。

対象年齢を確認しよう

対象年齢
どんなチャイルドシートにも対象年齢というものがあります。対象年齢を間違えると逆に危険が及ぶ事もありますので、お子さんの年齢にあった対象年齢のチャイルドシートを用意すると良いですね。

【新生児向け】チャイルドシートの人気おすすめ3選

まずは新生児から使う事ができるチャイルドシートで人気が高いものを3つご紹介いたします。

コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG ブラウン (新生児~4歳頃まで対象)|コンビ

コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG ブラウン (新生児~4歳頃まで対象)|コンビをおすすめする理由

  • エッグショック搭載で赤ちゃん安心
  • どんなインテリアにもあうブラウン
  • 出産後すぐに使える!

コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG ブラウン (新生児~4歳頃まで対象)のレビューと評価

赤ちゃんをふんわり包んでくれます!

新生児から使えてお手頃価格なチャイルドシートと言えばコレ!コンビはベビーグッズの総合メーカーなので安心感も違います。

インナークッションにはエッグショック機能を搭載していて、赤ちゃんのデリケートな頭部を優しく包んで守ります。

インナーは取り外しができるのでお子さんの成長に合わせて使う事ができます。新生児から4歳頃までのお子さんに最適なチャイルドシートです。

ブラウンは特に人気で、派手過ぎずどんなカーインテリアにも合うのでおすすめです。

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート |カーメイト(エールベベ)

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシートをおすすめする理由

  • 日差しから赤ちゃんの目を守る!
  • 片手で簡単にくるっと回転できる
  • カバーはキレイにお洗濯できる!

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシートのレビューと評価

トリプル保証が付いて長く使える

エールベベのチャイルドシートは大きなサンシェードがついていて、赤ちゃんの目を強い日差しから守る事ができます。

ワンタッチハーネスで一回で赤ちゃんをしっかりと固定する事ができて楽々です!さらにくるっと回転するので新生児の時は後ろ向きに乗せる事ができます。

新生児から4歳頃まで使う事ができるので長く使えておすすめです。回転させる時は片手で簡単に角度を変える事が可能です。

カバーは丸ごと取り外すことができてお洗濯も楽です。ミルクを戻してしまったりする事もありますのでいつも清潔にしてあげられてママにも嬉しい限りです。

GRACO (グレコ) ロングユースチャイルドシート マイルストーン アルミニウム |グレコ

GRACO (グレコ) ロングユースチャイルドシート マイルストーン アルミニウムをおすすめする理由

  • 赤ちゃんの頭部をしっかり守る!
  • ふんわりシートで赤ちゃんに優しい
  • 12年間使えてすごく経済的!

GRACO (グレコ) ロングユースチャイルドシート マイルストーン アルミニウムのレビューと評価

長く使えてお手入れが簡単!

グレコのロングユースチャイルドシートは何と12年間も使う事ができます。新生児から小学6年生くらいまで使う事ができるんですね。

長く使えるのにとてもリーズナブルです。クッションはふんわりとしていてホールド感があり、新生児の頃の頭のぐらつきの不安も解消できるでしょう。

カップホルダーが付いているのでミルクやジュースなどを入れておけるのも嬉しいですね。リクライニングもとっても簡単で長く使いたい方におすすめのチャイルドシートです。

【1歳児向け】チャイルドシートの人気おすすめ3選

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショックをおすすめする理由

  • 成長に合わせて3つのモードに変形する!
  • 身体と頭をしっかり支える!
  • 通気性が良く赤ちゃん快適!

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショックのレビューと評価

体系に最適なサイズに簡単に変形できる!

このチャイルドシートは新生児から11歳頃まで使う事ができます!お子さんの成長に合った形に変形させることができて、窮屈になってしまう心配もありません。

クッションが柔らか過ぎずコンビの特徴のエッグショックがあって、頭の両脇と身体の両脇からホールドしてくれるので、身体が柔らかい赤ちゃんをしっかりと守ります。

大きなものなので重くてママが持って移動するのは大変だと思うかもしれませんが、このチャイルドシートはとっても軽量なのでママも楽に移動させられます。

日本育児 チャイルドシート ハイバックブースターEC II Air アイスグレー|日本育児

日本育児 チャイルドシート ハイバックブースターEC II Air アイスグレーをおすすめする理由

  • 1万円台で買えるチャイルドシート
  • 軽くて誰にでも装着できる!
  • シンプル構造でもばっちり保護できる!

日本育児 チャイルドシート ハイバックブースターEC II Air アイスグレーのレビューと評価

軽量で安全性が高いのに低価格!

このチャイルドシートの特徴は取り付けがとっても簡単なところです!

軽量型のチャイルドシートなので力が弱いママにも簡単に取り付ける事ができるのが人気の秘密です。

シンプルなのに安全基準はばっちりで、小さなお子さんから小学生になる頃まで使う事ができます。成長に合わせて背もたれの部分は取り外しができます。

価格が1万円台ととてもリーズナブルで、新生児用のあとに購入する時にも購入しやすいですね。

ファンタスフィット チャイルドシート ジュニアシート 9ヶ月~11歳頃 |FUN+FIT(ファンタスフィット)

ファンタスフィット チャイルドシート ジュニアシート 9ヶ月~11歳頃をおすすめする理由

  • スポーティーな鮮やかなオレンジ
  • 取り付けがとっても簡単
  • ヨーロッパ統一安全規則適合!

ファンタスフィット チャイルドシート ジュニアシート 9ヶ月~11歳頃のレビューと評価

スポーティーでリーズナブルなのに安全性が高い!

このチャイルドシートは鮮やかなオレンジがとってもカッコいいです。また、ヨーロッパ統一安全規則適合なので、世界規模の安全性が高くてお子さんをしっかりと守ります。生後9か月から11歳頃まで長く使えます。

成長してきたらオレンジのクッションは取り外して使えます。二人目の赤ちゃんが誕生したら上の子用として購入する方も多い人気のチャイルドシートです。

安全性が高いのに2万円以内で購入する事ができるので、経済的なチャイルドシートとしても高い人気を誇っています。

【2歳児向け】チャイルドシートの人気おすすめ3選

ネビオ ポップピット PoPPit トリコロール|ネビオ

ネビオ ポップピット PoPPit トリコロール|ネビオをおすすめする理由

  • トリコロールカラーがとてもかわいい!
  • 成長に合わせてカスタムができる!
  • 肩を保護するカバー付き!

ネビオ ポップピット PoPPit トリコロールのレビューと評価

1万円以内で買える安全性の高いチャイルドシート

新生児用のチャイルドシートを卒業したら長く使えるチャイルドシートに交換するものですが、こちらのチャイルドシートは可愛らしいカバーが特徴です。

トリコロールと水玉模様他7種類の中から選べます。女の子でも男の子でもどちらにも使えます。

軽量で装着もとても簡単なのですが、軽いチャイルドシートはずれが心配です。

でもこのチャイルドシートは滑り止めがあるので不安感がありません。さらに11歳頃まで使えるのでおすすめです。

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアマキシプラス |グレコ

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアマキシプラスをおすすめする理由

  • 大人気カーズのキャラクターデザイン
  • 3歳頃から長く使える
  • アームレストまで調節ができちゃう!

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアマキシプラスのレビューと評価

人気キャラクターでお子さんもにっこりドライブ!

ディズニーデザインが大好き!というママやお子さんにピッタリのキッズ用チャイルドシートです。デザインはカーズとシャイニープリンセスの二つから選べます。

ドリンクホルダーが両側についているのでおやつとジュースをスタンバイできるので、いつでもドライブ中に水分補給などができますね。

ヘッドレストとアームレストが調節できるので、大きくなっても快適に座っていられますよ!価格が1万円以下ととてもリーズナブルなのも人気の秘密ですね。

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス デニム 9kg~18kg対象|日本育児

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス デニム 9kg~18kg対象をおすすめする理由

  • シックなデザインが好みの方にピッタリ
  • 超軽量でどこにでも持ち運びができる
  • コンパクトなので収納場所に困らない

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス デニム 9kg~18kg対象のレビューと評価

ヨーロピアン調のシックなチャイルドシート

このチャイルドシートはとても薄型で軽量なのでママでも片手で運べて簡単に装着する事ができます。

ある程度大きくなっても使えるのでセカンドカーへの装着にもおすすめです。

肩への食い込みが心配なお子さんでもパットが付いているので痛くありません。万が一の事があってもがっちりとホールドしてお子さんの命を守ります。

2万円以内で購入でき、カバーは取り外してお洗濯ができますし、通気性が良い3Dメッシュなのでお子さんも快適です。

【3歳児向け】チャイルドシートの人気おすすめ3選

コンビ チャイルドシート ジョイキッズ FJ レッド 3才~11才頃まで対象|コンビ

コンビ チャイルドシート ジョイキッズ FJ レッド 3才~11才頃まで対象をおすすめする理由

  • 通気性の高いエアスルーシート
  • サイドプロテクションで頭部を守る
  • 二つの形にアレンジができる

コンビ チャイルドシート ジョイキッズ FJ レッド 3才~11才頃まで対象のレビューと評価

涼しくてジャストフィットに変形可能!

このチャイルドシートは3歳頃から11歳頃まで使う事ができます。お子さんの身体の成長に合わせて色々なところを変形させることができるので、長く快適に過ごす事ができます。

ヘッドレストは5段階に伸びるので、ドライブ中に眠ってしまっても頭をしっかりとホールドしてくれます。

さらに成長したら背もたれを外してブースターモードに変形させることができます。価格も1万円台で購入できるので二代目としておすすめです。

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス カラーズ ピンク 3歳頃からロングユース 2045547|グレコ

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス カラーズ ピンク 3歳頃からロングユースをおすすめする理由

  • 安全性が高くお子さんを守ります
  • 取り付けがとても簡単!
  • シートは取り外して洗えていつも清潔

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス カラーズ ピンク 3歳頃からロングユースのレビューと評価

安全性が高くとてもかわいいデザインが人気!

チャイルドシートの中でも特にリーズナブルなのがこちら!デザインは4種類から選べます。女の子にも男の子にもピッタリなのが良いですね。

安いから安全性が心配なのでは?という事はありません。安全面もしっかり考えられていて、お子さんの頭をヘッドレストがしっかりと守ります。

肩へのベルトの食い込みの心配もありません。シートは取り外して丸洗いできていつも清潔です。

Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト ブラック|Joie(ジョイー)

Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト ブラック|Joie(ジョイー)をおすすめする理由

  • 北欧柄のチャイルドシート
  • 小さな体を守るソフトパット付き
  • 安全性が非常に高い!

Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト ブラックのレビューと評価

欧州新基準の試験に合格した優れもの!

マリメッコを彷彿とさせる北欧柄が特徴のチャイルドシートです。欧州の新基準にも合格していますし側面からの衝撃がきた時の試験にも見事合格しているチャイルドシートです。

4歳頃までしか使えませんが、特に衝撃に弱い年齢に絞って作られたチャイルドシートなので、購入して損をしたとは感じません。

これだけの安全基準を満たしているのだから高いと思うかもしれませんが、実は1万円台で購入する事ができる驚きの安さを実現しています。

【4歳児向け】チャイルドシートの人気おすすめ3選

GRACO(グレコ) ジュニアシート コンパクトジュニア モードノアール 67151|グレコ

GRACO(グレコ) ジュニアシート コンパクトジュニア モードノアール 67151をおすすめする理由

  • 背もたれが無く暑くない!
  • 装着がとっても簡単!
  • 長く使いたい方に最適です!

GRACO(グレコ) ジュニアシート コンパクトジュニア モードノアール 67151のレビューと評価

必要な機能だけを重視したチャイルドシート

このチャイルドシートはそろそろ背もたれは要らない!というお子さんに最適です。背もたれがある時はムレが心配ですが、このチャイルドシートならそんな心配もありません。

固定はとっても簡単でお子さんの首にシートベルトがかかってしまうのを防ぐ事ができます。それにお子さんがドライブ中に外を観れるので酔い防止にもつながります。

3歳頃から使えるのであせもが気になっているというお子さんのために使ってみると良いでしょう。

Cybex サイベックス cbx シービーエックス ロングユースチャイルドシート |Cybex

Cybex サイベックス cbx シービーエックス ロングユースチャイルドシートをおすすめする理由

  • ISOFIXに対応しています!
  • 汚れが目立たないシンプルデザイン
  • 安心のWウォールシステム搭載

Cybex サイベックス cbx シービーエックス ロングユースチャイルドシートのレビューと評価

世界基準を満たす安心のチャイルドシート

生後9か月頃から使う事ができるチャイルドシートです。なんと12歳頃まで使う事ができるという優れものです。

安全基準のISOFIX対応なので、万が一の事故にあってもお子さんをがっつり守ってくれるのが頼もしいですね。セーフティークッションは3歳頃まで使えます。

成長したら取り外してゆったり座る事ができます。価格は2万円台なのでちょっと高いかも?と思うかもしれませんが、安全はお金では買えないと思ったら高く感じないから不思議ですね。

TMJ ジュニアシート NENNE(ネンネ) |TMJ(ティーエムジェイ)


TMJ ジュニアシート NENNE(ネンネ)をおすすめする理由

  • 1歳~11歳まで長く使える!
  • カラーバリエーションが豊富!
  • 長時間座っていても疲れにくい!

TMJ ジュニアシート NENNE(ネンネ)のレビューと評価

デザイン性の高さと安全性の高さが人気!

このチャイルドシートはしっかりとホールドしてくれるので1歳くらいから使う事ができます。ベビー用と構造が似ているのでお子さんも違和感なく取り換える事ができるでしょう。

カラーバリエーションが豊富で6色から選ぶ事ができます。車のシートへの取り付けも簡単で移動をする時にも軽いのでどなたにでも運べます。

成長とともに変形させられるので無理なく長く使えます。

【5歳児向け】チャイルドシートの人気おすすめ3選

mifold(マイフォールド) ジュニアシート 携帯型 15~36kg | mifold(マイフォールド)


mifold(マイフォールド) ジュニアシート 携帯型 15~36kgをおすすめする理由

  • 超コンパクトで持ち運びが楽々
  • 安全にお子さんをホールドできます
  • 誰にでも簡単に取り付ける事ができる

mifold(マイフォールド) ジュニアシート 携帯型 15~36kgのレビューと評価

邪魔にならず安全性が高いチャイルドシート

チャイルドシートとはちょっと形が違いますが、実はこれも立派なチャイルドシートなのです。成長しても大人用シートベルトが首にかかるのが心配ですよね。

そんな時にこのチャイルドシートを付けると、お子様の体系にあったベルトの装着ができるので、安全にドライブを楽しむ事ができるでしょう。

サイズやカラーは選べませんが、持ち運ぶためのケースは4色から選べます。

LEAMAN ジュニアシート リーマンジュニアEX|リーマン

LEAMAN ジュニアシート リーマンジュニアEXをおすすめする理由

  • クッション性が高くてお尻が痛くない!
  • 全面フルカバーシート
  • 安全基準が高く使いやすい

LEAMAN ジュニアシート リーマンジュニアEXのレビューと評価

窓の外をしっかり見れてドライブが楽しい

このチャイルドシートはクッションが厚くてお子さんが座った時に窓の外が見やすい特徴があります。でもクッションはとても大事です。

装着するのもとても簡単です。どの車にも簡単に装着できるのでセカンドカーや、旅行先のレンタカーでも使う事ができます。

10歳頃まで使えます。このチャイルドシートはベルトがかけやすいのが特徴です。また座席の部分がメッシュになっているので通気性も抜群です。

JTC ジュニアブースターシート グレー 通気性の良いメッシュのジュニアシート|JTC

JTC ジュニアブースターシート グレー 通気性の良いメッシュのジュニアシートをおすすめする理由

  • 座席の部分が広くて疲れにくい
  • メッシュで通気性が良く快適
  • 背もたれが自然に当たる設計

JTC ジュニアブースターシート グレー 通気性の良いメッシュのジュニアシートのレビューと評価

自然な体制でお子さんも楽々

このチャイルドシートは座席の部分はメッシュ素材が使われているので通気性が非常に良いのが特徴です。長く使えるタイプでとても低価格で大人気のチャイルドシートです。

座席の前面は広く自然な傾斜がついているのでお子さんが無理なく座る事ができます。さらに車の背もたれに自然な形でフィットするので、違和感を感じる事なく快適なドライブができます。

3色から選べてシンプルな構造ながら使い勝手の良さから、多くのママに人気のシートです。しっかりホールドしてくれるので万が一の時にも安心です。

まとめ

今回はチャイルドシートを18種類ご紹介いたしました。選ぶ時は安全基準を満たしたものである事はもちろんですが、デザインや性能そして変形できるかどうかも考慮して選ぶと良いでしょう。

新生児の時にしっかりと守れるかどうか、そして長く使える方が良いのかもご家庭の状況に応じて購入すると良いですね。

合わせて読みたい!!

ベビースケール【1g単位で変化を知ろう】ベビースケールの選び方と人気おすすめ10選 ベビーモニター【赤ちゃんの怪我予防に】失敗しないベビーモニターの選び方と人気おすすめ10選 赤ちゃん 寝る【安心安全】赤ちゃん用ベッドガードの選び方と人気おすすめランキング10 鼻水【電動・手動】赤ちゃん用鼻吸い器の選び方と人気おすすめ9選!コツや使い方の解説も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です