【最新版】家庭用レーザープリンターの選び方と人気おすすめランキング10

レーザープリンター

家で仕事をされている方や、小さいオフィスを構えている職場には、リースタイプの大きなプリンターを導入するよりも、家庭用の小型レーザープリンターを導入するのがおすすめです。

必要最低限の機能だけが詰め込まれているため、価格も大型タイプに比べてだいぶ安く収めることができます。

そこで今回は、家庭用レーザープリンターの選び方と人気のおすすめ機種をご紹介します!

家庭用レーザープリンターの基本情報

そもそも家庭用レーザープリンターとはどんなものなのか、特徴や業務用との違いについてもご説明していきます。

  • そもそもレーザープリンターとは?
  • 家庭用レーザープリンターの価格帯

そもそもレーザープリンターとは?

レーザープリンターとは、筒型のドラムにインクをつけ、用紙へと写すことで印刷を行います。

レーザープリンターは形状としては大きくなるデメリットはありますが、印刷スピードがとても速いのがメリットです。

業務用は基本的にA3以上サイズのような大判用紙にも対応できますが、家庭用レーザープリンターは基本的にA4~A3サイズまでの対応が多いこともあり、業務用に比べてにコンパクトなうえ、価格も安いです。

そのため、家業をしている方で印刷物が多い方や、小型オフィス、小規模店舗などに家庭用レーザープリンター実用性は十分なのでおすすめなのです。

家庭用レーザープリンターの価格帯

家庭用レーザープリンターは、安いものであれば1万円前後、高いものだと20万円近くするタイプもあります。

家庭用とはいえ、業務用としても使えるものが多数ですので、ランニングコストや保守サービスと言う点も考えて購入するのがよいでしょう。

家庭用レーザープリンターの選び方

家庭用レーザープリンターの選び方についてご紹介します。印刷サイズや機能性、通信タイプについてみていきましょう。

  • 対応用紙サイズをチェック!
  • 印刷色で選ぶ!
  • 印刷速度も重要!
  • ランニングコストは要チェック!
  • 両面印刷機能があると便利!
  • 設置場所が限られる人には無線LAN対応がおすすめ!

対応用紙サイズをチェック!

家庭用レーザープリンターでは、上限サイズがA4~A3までが一般的です。

下位モデルはA4サイズ、上位モデルはA3サイズ対応と、印刷サイズによっても価格やスペックが異なってきます。

業務用の場合には、A3サイズはもちろんのことそれより大きいサイズにまで対応することが可能ですが、その分コストや用紙を収納するための給紙スペースも必要となるため、大型化してしまいます。

家庭用レーザープリンターは、あくまでも必要最低限の用紙サイズとなっているため、使用するなかでもっとも多く使われる印刷サイズに特化した機種を選ぶのがおすすめです。

印刷色で選ぶ!

家庭用レーザープリンターにも、カラー印刷が可能なタイプのレーザープリンターがあります。

価格やランニングコストはその分高くはなりますが、カラー印刷を良くする人にはおすすめです。

もちろん、モノクロ印刷がメインの方のためのモノクロ印刷タイプもあるため、ランニングコストや印刷する用途などに応じて選ぶことが可能です。ちなみに、カラー印刷は使用するトナーも増えるため、印刷速度もモノクロ印刷に比べて遅くなります。

印刷速度も重要!

たくさんプリントをしたい方は、印刷速度で選ぶことも大切です。

家庭用レーザープリンターのスペック表には、1分間当たりの印刷枚数の参考値が記載されているはずですので、そちらを確認すると判断することができます。

印刷色の項目でも述べましたが、カラー印刷の場合は、モノクロ印刷よりも印刷速度が落ちるため、モノクロ印刷もカラー印刷も両方とも使いたい場合には、両方の印刷速度を参考にして選びましょう。

ランニングコストは要チェック!

ランニングコストとは、印刷する用紙代やトナー(インク)代、稼働するための電気代など、印刷するためにかかるコスト(料金)のことです。

多くの場合は、1枚あたり約〇円のように表記されています。たくさん印刷する場合には、このランニングコストで選ぶことも重要です。

毎回印刷するのに、どれほどのコストがかかるのかということを判断する基準となるので、チェックしてみましょう。また、カラー印刷の場合にはモノクロの4から5倍近くも料金がかかりますので、その点も要注意です。

両面印刷機能があると便利!

両面印刷機能とは、その名の通り1枚の紙の裏と表の両面に印刷ができる機能のことを言います。

印刷する用紙にかかるコストを浮かせたい場合や、配布する会議資料などの枚数を少しでも減らしたいという場合に役立に立つ機能です。

両面印刷機能はは片面印刷時に比べて、印刷速度は落ちますが、両面に印刷したいがために1回ずつ手差しトレイに移し替えすなどの手間が必要ないうえに、排紙もスムーズなのであると便利な機能の1つです。

設置場所が限られる人には無線LAN対応がおすすめ!

最近は無線LANの登場で、接続する機種を限定することなくプリンターと接続でき、印刷することができるようになりました。

とくに、無線LANタイプは、同じネットワーク上にいれば場所を選ぶことなく接続できるため、どこでも印刷が可能でとても便利です。

また、スマホやタブレットといった端末機器からの印刷も可能なので、写真などのデータを一度パソコンに移動して印刷する手間がかかりません。

とくに、一般家庭や小規模オフィス、小型店舗などで設置スペースが限られている人にも、無線LANなら配線不要でとても助かります。

家庭用レーザープリンターの人気おすすめランキング10

人気でおすすめの家庭用レーザープリンターを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 エレコム モノクロレーザープリンター EPR-LS01


エレコム モノクロレーザープリンター EPR-LS01の仕様・製品情報

メーカー エレコム
サイズ 337×220×178mm
重量 約4kg
搭載機能 はがき~A4サイズ対応、モノクロ印刷、USB・WIFI対応、印刷速度22枚/分

エレコム モノクロレーザープリンター EPR-LS01をおすすめする理由

  • 1万円以内で買える超低価格アイテム!
  • 置き場所に困らない極小サイズ!
  • 便利な前面メンテナンスエリア!

エレコム モノクロレーザープリンター EPR-LS01の評価とレビュー

価格第一で選びたい方におすすめな家庭用レーザープリンター!

エレコムのEPR-LS01Wは、とにかく安い!が特徴の家庭用レーザープリンターです。サイズもコンパクトなので、インクジェットプリンターと同様の感覚で気軽に購入できます。

しかし印刷速度は1分あたり22枚とインクジェットプリンターよりもパワフルです。しかも、WIFIにも対応しており、スマホからなら、ホットスポットに接続するだけで簡単に印刷することが可能です。

ちなみに対応する専用トナーは、Amazonなら5,000円程度で手に入れることができます。

第9位 ブラザー レーザープリンターHL-L2370


ブラザー レーザープリンターHL-L2370の仕様・製品情報

メーカー ブラザー
サイズ 356×360×183mm
重量 8kg
搭載機能 ~A4サイズ対応、モノクロ印刷、有線LAN対応、印刷速度34枚/分、両面印刷機能、コスト約3円/枚

ブラザー レーザープリンターHL-L2370をおすすめする理由

  • 低価格アイテム!
  • ランニングコストも安い!
  • 封筒印刷にも使えるストレート排紙!

ブラザー レーザープリンターHL-L2370の評価とレビュー

本体料金やランニングコストを重視したい方におすすめなレーザープリンター!

本体料金はもちろんのこと、ランニングコストも気になるという方には、ブラザーのHL-L2370がおすすめです。

1枚当たり約3円とのモノクロ印刷が可能な機種です。低ランニングコストの理由は、トナーカートリッジとドラムユニットを分離してあることで、それぞれが消耗した時点で買い足すことができるためです。

有線LAN対応となっているため、配線の必要はありますが、有線LANは安定したデータ転送と、印刷速度が速いことがメリットです。こちらの機種も、印刷速度は1分あたり34枚と高速です。

第8位 ブラザーHL-L3230CDW


ブラザーHL-L3230CDWの仕様・製品情報

メーカー ブラザー
サイズ 590×510×370mm
重量 約21.7kg
搭載機能 ~A4サイズ対応、カラー印刷・モノクロ印刷、有線LAN・WIFI対応、印刷速度24枚/分、両面印刷機能、モノクロコスト約3.1円/枚、カラーコスト約17.4円/枚

ブラザーHL-L3230CDWをおすすめする理由

  • 嬉しいお手頃価格!
  • 便利なWIFI対応!
  • 写真印刷に使えるカラー印刷!

ブラザーHL-L3230CDWの評価とレビュー

低価格でもカラー印刷がしたい方におすすめな家庭用レーザープリンター!

同じくブラザーのHL-L3230CDWは、カラー印刷が可能な低価格レーザープリンターです。Amazonなら3万円以内で手に入れることができるため、超お手頃なポイントが嬉しい点です。

こちらは、WIFIにも対応したモデルですので、設置スペースが限られる人にもおすすめな機種です。

また、ランニングコストも非常に安く、モノクロなら1枚当たり約3.1円、カラー印刷も1枚当たり17.4円と非常にお得です。

印刷速度も1分あたり24枚と早いため、仕事用から家庭用まで幅広く使用することができる機種です。

第7位 エプソン モノクロページプリンター LP-S180DN


エプソン モノクロページプリンター LP-S180DNの仕様・製品情報

メーカー エプソン
サイズ 375×578×265mm
重量 14kg
搭載機能 はがき~A4サイズ対応、モノクロ印刷、有線LAN対応、印刷速度30枚/分、両面印刷機能、印刷コスト約4円

エプソン モノクロページプリンター LP-S180DNをおすすめする理由

  • 嬉しいお手頃価格!
  • 素早い印刷速度!
  • 最大420枚の大容量給紙エリア!

エプソン モノクロページプリンター LP-S180DNの評価とレビュー

1度にたくさんの印刷をしたい方におすすめな家庭用レーザープリンター!

たくさん印刷をすると、給紙の手間もそれなりにかかります。これは、給紙容量が少ないためで、とくに家庭用は省スペースを重視しているタイプは給紙容量もそれなりに少ないものです。

しかし、エプソンのLP-S180DNは、なんと最大420枚の超大容量の給紙が可能なので、大量印刷をする時も、給紙の手間が少なくて済むのが嬉しいポイントです。

モノクロ印刷のみ対応のタイプではありますが、1分あたり30枚もの高速印刷が可能ですので、大量印刷時のストレスを減らしたい方に最適です。

第6位 リコー SP6420


リコー SP6420の仕様・製品情報

メーカー リコー
サイズ 650×525×450mm
重量 23.1kg
搭載機能 ~A3サイズ対応、モノクロ印刷、USB・有線LAN対応(オプションで無線LAN対応)、印刷速度38枚/分両面印刷機能、コスト約3.8円

リコー SP6420をおすすめする理由

  • 超高速印刷対応!
  • 便利なA3サイズ対応!
  • ファーストプリントも早い!

リコー SP6420の評価とレビュー

印刷速度を重視したい方におすすめな家庭用レーザープリンター!

とにかく早く印刷をしたいという方におすすめなのが、リコーのSP6420です。こちらはなんと、1分あたり38枚という驚異の印刷速度を誇るレーザープリンターです。

立ち上がりも早く、ファーストプリントも高速なのが便利です。しかも、A3サイズにまで対応した大判印刷ができます。

また、こちらの機種は、ラベル印刷の実用にも力を入れており、紙詰まりがしづらい安定稼働が魅力的なモデルです。

資料作成からDM作成、チラシの作成など、幅広い用途に使える便利な1台です。

第5位 エプソン A4カラーレーザープリンターLP-S950


エプソン A4カラーレーザープリンターLP-S950の仕様・製品情報

メーカー エプソン
サイズ 444×544×350mm
重量 28.3kg
搭載機能 ~A4サイズ対応、カラー印刷・モノクロ印刷、有線LAN対応、印刷速度31枚/分、両面印刷機能、モノクロコスト約3円/枚、カラーコスト約12.4円/枚

エプソン A4カラーレーザープリンターLP-S950をおすすめする理由

  • カラー印刷も高速印刷できる!
  • 耐久性抜群!
  • 綺麗で再現性の高い印刷!

エプソン A4カラーレーザープリンターLP-S950の評価とレビュー

写真印刷を楽しみたい方におすすめな家庭用レーザープリンター!

写真データなどの画像の印刷を楽しみたい方には、エプソンのLP-S950がおすすめです。

こちらは、A4サイズまで対応のプリンターですが、カラー印刷が可能なタイプで、AdobePostScript3に対応した再現率高いプリンターでもあります。

PostScriptとは、データ量が少なくても高解像度の印刷が可能なページ記述言語のことで、画像印刷にもおすすめです。

しかも、カラー印刷でも高速で行うことができるため、撮影した写真データの印刷にも最適なカラープリンターです。

第4位 OKI COREFIDO3 C542DNW


OKI COREFIDO3 C542DNWの仕様・製品情報

メーカー OKI
サイズ 469×476×379mm
重量 19kg
搭載機能 ~A4サイズ対応、カラー印刷・モノクロ印刷、無線LAN対応、印刷速度カラー26/枚・モノクロ30/枚、両面印刷機能、モノクロコスト約2.8円・カラーコスト約11.7円

OKI COREFIDO3 C542DNWをおすすめする理由

  • オプションで増設トレイも可!
  • 便利な大型タッチパネル!
  • 5年間の無償保証!

OKI COREFIDO3 C542DNWの評価とレビュー

サービス体制を重視したい方におすすめな家庭用レーザープリンター!

長く使いたいなら、それに対応してくれるサービス体制もしっかりしたメーカーを選ぶべきです。OKIのCOREFIDO3 C542DNWは、なんと購入後5年間は無償保証がついてくるうえ、期間中はメンテナンス品も無償で提供してもらえます。

家庭用は、リースタイプの業務用のように保守サービスが受けられないと思っている人も多いですが、COREFIDO3 C542DNWなら、サービス体制もばっちりなのが嬉しいです。

またこちらは、便利な大型のタッチパネル搭載で、操作がしやすいのも1つのメリットです。

第3位 キャノンA4カラーレーザープリンター Satera LBP664C


キャノンA4カラーレーザープリンター Satera LBP664Cの仕様・製品情報

メーカー キャノン
サイズ 469×476×379mm
重量 19kg
搭載機能 ~A4サイズ対応、モノクロ印刷・カラー印刷、USB・有線LAN・WIFI対応、印刷速度27枚/分、両面印刷機能、モノクロコスト約3.1円・カラーコスト約16円

キャノンA4カラーレーザープリンター Satera LBP664Cをおすすめする理由

  • 選べる接続方法!
  • 使いやすい大型タッチパネル!
  • 写真印刷にも使える高画質プリント!

キャノンA4カラーレーザープリンター Satera LBP664Cの評価とレビュー

機能性を重視したい方におすすめな家庭用レーザープリンター!

価格はやや高めではありますが、機能性で選ぶならキャノンの Satera LBP664Cがおすすめです。A4サイズまでに対応するカラー印刷プリンターで、カラーでもモノクロでも1枚当たり27枚のスピーディーな印刷が可能です。

さらに、接続方法もWIFI、有線LAN、USBの3種類に対応しているため、それぞれのメリットを生かした接続をすることができます。

大型タッチパネル搭載で操作性にも優れているのが嬉しいポイントです。さらに、高画質プリントができるため写真印刷にも使える機能性豊かなアイテムです。

第2位 COREFIDOEX C844dnw


COREFIDOEX C844dnwの仕様・製品情報

メーカー OKI
サイズ 722×579×495mm
重量 44kg
搭載機能 ~A3サイズ対応、モノクロ印刷・カラー印刷、有線LAN・WIFI対応、印刷速度36枚/分、両面印刷機能、モノクロコスト約2.8円・カラーコスト約11.7円

COREFIDOEX C844dnwをおすすめする理由

  • 嬉しい低ランニングコスト!
  • 信頼できる高耐久性!
  • 7年もの長期無償サービス!

COREFIDOEX C844dnwの評価とレビュー

安心して使えるものが欲しい方におすすめな家庭用レーザープリンター!

家庭用レーザープリンターとはいえ、決して安いものではありません。できるだけ信頼できるものが欲しいという方は、OKIのCOREFIDOEX C844dnwがおすすめです。

なんと購入後7年の長期無償サービスに対応してもらえるうえ、本体自体も耐久性の高い機種になっています。

機能性も抜群で、ランニングコストはモノクロなら1枚約2.8円、1分あたりカラーでもモノクロでも36枚もの高速印刷に対応できます。

しかも、有線、WIFIの両方に対応しているため、置き場所にも困りません。重さはありますがえ、省スペース設計になっているため、コンパクトです。

第1位 キャノン A3カラーレーザープリンター Satera LBP853Ci


キャノン A3カラーレーザープリンター Satera LBP853Ciの仕様・製品情報

メーカー キャノン
サイズ 608×556×403mm
重量 38kg
搭載機能 ~A3サイズ対応、モノクロ印刷・カラー印刷、USB・有線LAN対応(WIFIはオプションにて対応)、印刷速度46枚/分、両面印刷対応、モノクロコスト約2.2円・カラーコスト約9円

キャノン A3カラーレーザープリンター Satera LBP853Ciをおすすめする理由

  • 圧倒的な低ランニングコスト!
  • 超高速印刷ができる!
  • 豊富な対応用紙サイズ!

キャノン A3カラーレーザープリンター Satera LBP853Ciの評価とレビュー

ハイスペックな機種をお求めの方におすすめな家庭用レーザープリンター!

印刷速度やランニングコストなど、とにかくスペックの高さで選びたいという方には、キャノンのSatera LBP853Ciがおすすめです。

A3サイズまで対応したカラープリンターで、印刷速度はカラーでもモノクロでも1分あたり46枚と群を抜いた優秀さを持ちます。

さらに、印刷するためのランニングコストも、モノクロ印刷なら約2.2円、カラー印刷でも約9円と、とても優秀です。

給紙カセットは、4段まで増設が可能なので印刷カセットを増やし、業務用として使うこともできます。

まとめ

使用頻度が少ない場合には、インクジェットタイプを選ぶことももちろんおすすめですが、印刷する機会が多いと、印刷にかかる時間やランニングコストについても考慮しなければなりません。

家庭用レーザープリンターは、初期費用こそかかりますが大量印刷に適したランニングコストとスピーディーな印刷が可能です。

小規模オフィスから小型店舗はもちろんのこと、何かしら印刷する機会が多い一般家庭まで、幅広い層におすすめです。

ぜひみなさんも、プリンターを検討する際は、家庭用レーザープリンターも視野に入れて選んでみてくださいね!

合わせて読みたい!!

3D プリンター【最新版】家庭用3Dプリンターの選び方と人気おすすめ10選 |ビルドサイズや搭載機能を比較! 自炊スキャナ【2019年最新版】自炊スキャナの選び方と人気おすすめランキング10選 LAN ケーブルLANケーブルの詳しい選び方と人気おすすめランキング10選 【安定したネット環境の構築に!】 ポラロイドカメラポラロイドカメラの人気おすすめモデルランキング10選【最新版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です