【最新版】webカメラの選び方と人気おすすめランキング10選

webカメラ

webカメラはインターネット上におけるライブ配信用のツールとして使われることが多く、近年、注目を集めている製品の一つ。その他、防犯用としても利用可能で実用性に優れている点も魅力ではないかと思います。

今回はそんなwebカメラの基本情報や選び方。おすすめの商品紹介まで。webカメラ関連の情報をお届けさせていただきましょう!

また、ワイヤレス防犯カメラに関する記事もおすすめです!
防犯カメラ【最新版】ワイヤレス防犯カメラの選び方と人気おすすめ10選 |屋内/屋外別々にご紹介!

webカメラの基本情報

webカメラの基本情報で押さえておきたいポイントは概要と使い方。価格帯など。順に説明していきますね!

  • そもそもwebカメラとは?
  • webカメラの便利な使い方
  • webカメラの価格帯

そもそもwebカメラとは?

はてな

まずはwebカメラの概要から。webカメラは通常のカメラと違い、インターネットを介した使い方が可能なカメラのこと。パソコンに接続することで使うタイプから無線LAN等を介することで離れた場所にも設置できるタイプまで。様々なモデルが販売中!

ライブ配信やテレビ電話・会議での利用はもちろん、見守りから防犯用とその用途は多岐に渡ります。よって、上記の用途で使いたい方向けの製品と言えるでしょう!

webカメラの便利な使い方

テレビ電話・テレビ会議

webカメラ
webカメラの特徴が汎用性にあるのは前述の通り。その一つとして挙げられるのがテレビ電話やテレビ会議等での利用法。

パソコンを介したテレビ電話として有名なSkypeでの活用法や遠距離にいる相手とのカメラ越しの対話が可能となることにより、場所を選ばずにやり取りできるのが大きな魅力!

声だけでなく、映像を映し出すことでより相手を身近に感じる。別の言い方をすれば、親近感が沸くのもポイントの一つと言えるのではないでしょうか?

ライブ配信

webカメラ

次はライブ配信での利用について。ライブ配信とは生放送での映像配信を可能にするというもの。

録画ではなく、テレビの生番組のように今撮っている映像をそのままインターネット上の動画サイトなどに公開する使い方も可能!

事前に保存した映像を配信するよりも何が起こるかわからないリアリティのある映像をアップできるのがライブ配信の最大の魅力と言えますね!

留守中のペットの見守り

ペット

また、無線LANタイプのものなら、留守中のペットの見守りツールとしても利用可能!

webカメラの中には設定温度を超えた場合に通知するモデルや自動追尾機能が搭載されている見守り用に特化した製品もありますので、そうしたものを使用することで結果的にペットの安全性の向上に役立てることができます。

ペット愛好家にとっては不可欠なアイテムと言えるのではないでしょうか?

防犯用の監視カメラとして使う

防犯カメラ

防犯用の監視カメラには専用の物もありますが、webカメラで代用することも十分に可能!

本格的な防犯カメラを設置するとなると高額な費用が必要になるケースも多く、その点はどうしてもネックに。しかし、防犯カメラと比較するとwebカメラは安価なため、導入しやすいのはメリットとして挙げられるでしょう!

なので、コストを抑えつつ、監視カメラを設置したいのであれば、選択肢の一つに入ってくるかと思われます。

webカメラの価格帯

価格

次はwebカメラの価格帯について。おおよそですが、安いものだと1200円程度。高いものなら3万円を超えてくるものまで販売中!ただ、3000円~6000円程でも十分な性能を誇る製品が多数ありますので、その辺りを目安にしておくといいでしょう!あとは予算との兼ね合いになりますね。

webカメラの選び方

webカメラの選び方のポイントは画素数とフレームレート。画角に内蔵マイク。あると便利な機能の紹介など。順に説明させていただきます。

  • 用途に合った画素数を選ぼう
  • フレームレートも確認しよう
  • 用途に合った画角を選ぼう
  • 内蔵マイクの有無をチェック
  • あると便利な機能

用途に合った画素数を選ぼう

Webカメラ

それから、用途に合った画素数を選ぶのも大事!画素数とは画像を構成する点の数であり、数字が大きいほどに画像が綺麗になるという認識でいいでしょう。

一般的に200万画素以上あれば十分とされていますので、この辺りが基準になってきます。

ただ、100万画素はないと表示される画像に不安がありますから、最低でも100万画素以上。高画質を求めるのであれば、300万画素以上のモデルにしておくと安心ですね!

フレームレートも確認しよう

チェック

次はフレームレート(fps)について。フレームレートとは画像の滑らかさを表す数字のこと。これが大きいほど、よりスムーズな動画を表示することができます。

一例として動画は静止画を連続で表示しているのですが、フレームレートが低いと滑らかさが足りず、カクカクした映像となるため、動画を表示する際はこの部分が重要視されるわけですね!

最低でも15fps以上。30fpsは欲しいところ。こだわるのであれば60fpsといった感じで見ておくといいでしょう!

用途に合った画角を選ぼう

webカメラ

画角についてですが、これは用途によるというのが実際のところ。画角は広いほど、広範囲を映し出すことが可能となっていますね。

例えば、一般的な広さと言われる75℃程度だとテレビ電話のように個人相手なら特に問題ありませんが、複数人を移すケースや見守り。防犯用といった広い範囲をカバーする使い方には不向き。

広範囲を映す際には90℃以上は必要になるでしょう!もちろん、広いほど良いのは間違いありませんが、参考の一つにしていただければと思います。

内蔵マイクの有無をチェック

webカメラ

また、内蔵マイクが搭載されているかどうかも重要なポイント。マイクが内蔵されているモデルだとマイクを別途、購入する必要がないのでこの点はメリットとなります。

ただ、カメラの位置にマイクが存在していることから、離れた距離の音を拾いにくいというデメリットも存在していますね。

そのため、見守りやテレビ電話等の利用なら内蔵モデル。集音性が重視される会議での使用や防犯目的なら別途用意するといった工夫が必要と言えるのではないでしょうか?

あると便利な機能

Webカメラ

最後にあると便利な機能についても触れておくと前述の機能に加え、夜間等。暗い環境下でも問題なく撮影可能なナイト(夜間)モード。映した動画を録画しておく録画機能搭載型ノイズキャンセリング機能(マイク内蔵モデルの場合)。

この他、オートフォーカス機能のような自動でピントを合わせるタイプも販売中!

当然、性能第一ではあるものの、用途に応じて搭載機能についても見ておくことをおすすめしますよ!

webカメラの人気おすすめランキング10

人気でおすすめのwebカメラを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBK


エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBKの仕様・製品情報

メーカー エレコム
サイズ 6 x 5.5 x 3.9 cm
重量 68 g
画素数 500万
搭載機能 最大フレームレート:30FPS/画角:66度/マイク内蔵/固定フォーカス/インターフェイス:USB2.0(タイプAオス)

エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBKをおすすめする理由

  • 角度調節可能!(上下のみ)
  • 高画質仕様!
  • 挿すだけで使える!

エレコム WEBカメラ UCAM-C750FBBKの評価とレビュー

高レベルの画質がウリのwebカメラ!

本製品の特徴は何と言っても画質のレベルの高さ!500万画素を誇る高画質仕様は同価格帯の製品と比較しても頭一つ抜けていますし、上下のみですが角度調節が可能であること。

また、面倒な手順のない挿すだけで使える簡単さ等。扱いやすさと実用性に優れている点も評価ポイントとして挙げられるでしょう!

よって、画質にこだわりのある方はもちろん、比較的安価なwebカメラをお探しの方におすすめと言える商品の一つですね!

第9位 ロジクール HD ウェブカム C270n


ロジクール HD ウェブカム C270nの仕様・製品情報

メーカー Logicool(ロジクール)
サイズ 6.9 x 7 x 3.2 cm
重量 72.6 g
画素数 92万画素
搭載機能 ノイズリダクションマイク(内蔵)/自動光補正機能/ユニバーサルクリップ/最大フレームレート:30fps

ロジクール HD ウェブカム C270nをおすすめする理由

  • 価格の安さ!
  • マイク内蔵モデル!
  • Amazonランキング1位獲得商品!

ロジクール HD ウェブカム C270nの評価とレビュー

価格の安さとAmazonランキング1位を獲得した品質の良さがウリの商品!

本製品の特徴はwebカメラの中ではトップクラスの安さとAmazonランキングで1位を獲得したことがある確かな品質の2点。

さすがに高額モデルと比較すると見劣りするレベルではあるものの、コスパという面でみれば十分な性能と言えますし、この価格でマイクが付いているのも評価できる部分でしょう!

Skypeを始めとしたテレビ電話での利用を想定している方や価格の安さで選びたい方向けの商品の一つですね!

第8位 バッファロー 200万画素WEBカメラ BSW505MBK


バッファロー 200万画素WEBカメラ BSW505MBKの仕様・製品情報

メーカー バッファロー
サイズ 5 x 8 x 5.1 cm
重量 110g
画素数 200万画素
搭載機能 CMOSセンサー/固定フォーカス/視野角度:120℃/USBバスパワー/最大フレームレート:30fps

バッファロー 200万画素WEBカメラ BSW505MBKをおすすめする理由

  • 広角120℃モデル!
  • 国内メーカー品!
  • 十分な画質!

バッファロー 200万画素WEBカメラ BSW505MBKの評価とレビュー

広範囲を映し出せる120℃広角モデル!安心の国内メーカー品!

本製品の特徴は広範囲を映し出せる120℃広角モデルであることと200万画素という十分な画質であることの2点。

水準以上の画質と広さを兼ね備えているのはコスパの面でも評価に値しますし、国内メーカーとして認知度の高いバッファロー製であるのも安心感という面ではプラス要素に!

よって、広範囲をカバーする使い方を想定されている方。知名度の低いメーカー品に不安を感じる方向けの商品と言えるでしょう!

第7位 DAJU ウェブカメラ


DAJU ウェブカメラの仕様・製品情報

メーカー DAJU
サイズ 10.2 x 7.6 x 6.4 cm
重量 99.8 g
画素数 200万画素
搭載機能 マイク内蔵/視野角(110℃)/ノイズリダクション機能/フレームレート:30fps

DAJU ウェブカメラをおすすめする理由

  • コスパの良さ!
  • 幅広い用途で使える!
  • 画質が良い!

DAJU ウェブカメラの評価とレビュー

高画質と性能バランスの良さが光るwebカメラ!

本製品の特徴は画質の良さと優れたコスパの2点。3000円を切る安さながらも画質・マイク内蔵・視野角の広さ・フレームレート等。全体的な性能バランスに優れており、コスパはかなり高いと言っていいのではないでしょうか?

また、欠点らしい欠点がないのでテレビ電話から会議での利用まで。幅広い用途で用いることができる点も大きな魅力!よって、コスパ重視でお探しの方。複数の用途を想定されている方向けの商品と言えますね!

第6位 Lefun ネットワークカメラ


Lefun ネットワークカメラの仕様・製品情報

メーカー Lefun
サイズ 8.5 x 8.5 x 12 cm
重量 236 g
画素数 200万画素
搭載機能 赤外線LEDライト(暗視機能)/動体検知機能/警報通知機能/音声双方向機能/ノイズフィルター機能/wi-fi/画角:92℃

Lefun ネットワークカメラをおすすめする理由

  • カメラ越しに会話可能!
  • 動体検知機能付き!
  • 有線接続も可能!

Lefun ネットワークカメラの評価とレビュー

見守りと防犯機能にピッタリの一品!コスパの高さも魅力!

本製品の特徴は見守り・防犯両面に優れているところ。映像を眺めるだけでなく、カメラ越しに会話が可能なので見守り用として優れていると言えますし、動体検知機能もあるため、防犯用としても優秀!さらに有線接続ができる場合はより安定した動作が期待できる点もGOOD!

価格も機能面を踏まえると安く、コスパも十分と言えるでしょう!よって、見守りや防犯用にと考えている方におすすめしたい一品です!

第5位 ロジクー ウェブカメラ C525n


ロジクー ウェブカメラ C525nの仕様・製品情報

メーカー Logicool(ロジクール)
サイズ 5 x 6.5 x 4 cm
重量 86.2 g
画素数 92万画素
搭載機能 光補正機能/折りたたみ可能/角度調整(360℃)/フレームレート:30fps/オートフォーカス/ノイズリダクション機能/マイク内蔵/ユニバーサルクリップ

ロジクー ウェブカメラ C525nをおすすめする理由

  • メーカー保証有り!
  • 折りたたみ可能!
  • オートフォーカス機能が優秀!

ロジクー ウェブカメラ C525nの評価とレビュー

オートフォーカス機能に優れたロジクール製webカメラ!

本製品の特徴はオートフォーカス機能に優れていることと2年間のメーカー保証が付いていることの2点。オートフォーカス機能は便利ではあるものの、商品毎に性能が異なるのが一般的。ただ、本品は素早い動きにも対応できる仕様となっており、同機能に関してはかなり優秀な部類に入ります。

また、知名度のあるロジクールの保証が付いていることも安心感の面で評価できる部分ではないでしょうか?加えて、レンズを内側にして折りたたむことができるので、傷付けずに持ち運べるところもGOOD!以上のことから、オートフォーカスに優れたwebカメラをお探しの方。必見ですよ!

第4位 サンワサプライ 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BK


サンワサプライ 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BKの仕様・製品情報

メーカー サンワサプライ
サイズ 2.5 x 11.5 x 3.3 cm
重量 200 g
画素数 100万画素
搭載機能 画角:150°/フレームレート:最大30fps/フォーカス:手動/マイク内蔵/向き調整可(左右150°)/カメラ用三脚穴

サンワサプライ 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BKをおすすめする理由

  • 画角が広い!
  • 三脚用の穴が付いている!
  • 向き調節が可能!

サンワサプライ 会議用ワイドレンズカメラ CMS-V43BKの評価とレビュー

画角の広さが最大のウリ!会議用にピッタリの一品!

本製品の特徴は何と言っても画角の広さ!これに尽きます。150℃という超広角仕様は会議やオンラインセミナー等。大人数を映す必要がある時に重宝しますし、市販されている三脚に取り付けるための穴が内蔵されていることや向きの調節が可能なのも広範囲をカバーするという目的で考えるとプラス要素に!

以上のことから、大人数での会議など。ビジネス関連でwebカメラをお求めの方へおすすめしたい商品ですね!

第3位 eMeet WEBカメラ C980


eMeet WEBカメラ C980の仕様・製品情報

メーカー eMeet
サイズ 15 x 6 x 6.9 cm
重量 177g
画素数 200万画素
搭載機能 固定フォーカス/AIデュアルビルトイン全方向マイク×4/視野角:80℃/三脚対応ユニバーサルクリップ/フレームレート:30fps/自動光補正/プラグアンドプレイ

eMeet WEBカメラ C980をおすすめする理由

  • マイクの性能が良い!
  • コスパが高い!
  • 接続するだけで使える!

eMeet WEBカメラ C980の評価とレビュー

マイク性能の良さと接続するだけで使える簡単さが特徴の一品!

本製品の特徴はマイク性能の高さと性能バランスの良さの2点。4つのAIマイクを搭載しており、集音性は抜群!ノイズも入りにくい仕様で会議など。集音性が大事になる場所での利用に最適。

また、マイクだけでなく、画質・フレームレート・自動光補正機能等。十分な性能を備えており、コスパの良さも光ります!接続するだけで使える簡単さもGOOD!以上の点から、集音性を重視する方向けの商品と言えるでしょう!

第2位 Vitade webカメラ 928A


Vitade webカメラ 928Aの仕様・製品情報

メーカー Vitade
サイズ 2.5 x 9.4 x 3.1 cm
重量 240 g
画素数 200万画素
搭載機能 覗き見防止カパー/背景変更機能/オートフォーカス/光補正/ステレオマイク×2/ノイズリダクション機能/プラグアンドプレー/360°全方位回転調整可能/フレームレート:30fps

Vitade webカメラ 928Aをおすすめする理由

  • プライバシー保護カバー付き!
  • 豊富な搭載機能!
  • デザインの良さ!

Vitade webカメラ 928Aの評価とレビュー

豊富な搭載機能とデザインの良さが魅力のwebカメラ!

本製品の特徴は豊富な搭載機能とデザインの良さの2点。特に搭載機能の豊富さは中々のものでオートフォーカス・光補正・ノイズリダクション機能等のよくある機能に加え、覗き見防止カバーや背景変更機能まで付いている等。機能面については十分と言っていいでしょう!

また、デザインが優れているのもGOOD!プライバシー保護カバーは一見、不要なようにも思えますが、ハッキング等で覗き見されるリスクを軽減できるため、安全性の面では優秀な機能と言えます。以上の点から、搭載機能の豊富さと安全性を重視する方向けの商品ですね!

第1位 ロジクール ウェブカメラ C922n


ロジクール ウェブカメラ C922nの仕様・製品情報

メーカー Logicool(ロジクール)
サイズ 7.1 x 9.5 x 4.4 cm
重量 163 g
画素数 200万画素
搭載機能 最大フレームレート:60fps/オートフォーカス/HD光調整/デュアル マイク

ロジクール ウェブカメラ C922nをおすすめする理由

  • 映像の滑らかさ!
  • 安心のメーカー保証!
  • 撮影用三脚付き!

ロジクール ウェブカメラ C922nの評価とレビュー

抜群な映像の滑らかさがウリのwebカメラ!

本製品の特徴は何と言っても映像の滑らかさ。つまり、フレームレートの数値の大きさにあります。最大60fpsを誇る滑らかさはご紹介した製品の中でもワンランク上。値は張りますがその価値は十分と言っていいでしょう!

加えて、撮影用の三脚が付属されていることにより、使い方に幅が出ますし、国内メーカーによる保証が付いているのも安心感という意味で嬉しい要素に!よって、ゲーム配信等。動きの激しい映像を配信したい方におすすめしたい商品ですね!

まとめ

以上、webカメラについてでした。最後に触れておきたいのはフレームレートの重要性について。画質や画角もそうですが、静止画ではなく、動画という観点で考えると最も重要な要素と言っても過言ではありません!

ですので、まずフレームレートが十分であるかを確認してから画質や画角を確認するのがベストな選び方と言えるでしょう!本記事でご紹介した情報を含め、webカメラ選びの参考となれば嬉しく思います。

webカメラに関連する他の記事もおすすめ!!

SSD搭載ノートパソコン【最新版】SSD搭載ノートパソコンの選び方と人気おすすめランキング10 モバイルプロジェクター【超小型】モバイルプロジェクターの人気おすすめランキング10 |キャンプやビジネスシーンなどに! VRカメラ【最新版】VRカメラの選び方と人気おすすめランキング10 HDD【2019年最新版】NAS(ネットワークHDD)の選び方と人気おすすめ10選 |性能や機能、評価を比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です