激安32型テレビの選び方と人気おすすめモデル10選【2020年最新版】

テレビ

一昔前までテレビといえば、一家に一台それもリビングに設置されているのが定番でしたが、今では1つの家に複数台のテレビを設置することも当たり前の時代になってきました。32型テレビは自室や寝室などの個別の部屋や、1人暮らし用のリビングなどにフィットするテレビとして人気を博しています。

今回は32型テレビの魅力をさまざまな角度から検証していきます。どのような32型テレビを購入したらよいか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

また、24型テレビに関する記事もおすすめです!
テレビ24型テレビの大きさはどのくらい?人気おすすめモデルも8選ご紹介!

激安32型テレビの基本情報

32型テレビといっても、具体的にはどのような大きさなのか、またどのような価格帯なのかイメージが掴みづらい面もあるかと思います。ここからは32型テレビが持つ基本的な特徴や気になる価格帯について、少し掘り下げてみていくことにしましょう。

  • そもそも32型テレビとは?どのくらいの大きさ?
  • 32型テレビは一人暮らしに最適なサイズ
  • 激安32型テレビの価格帯

そもそも32型テレビとは?どのくらいの大きさ?

はてな

32型とは32インチを指し、サイズは70.71㎝×39.83㎝になりますが、この数値だけではどのような感じのテレビなのか、あまりイメージが湧きませんよね?32型テレビを一言でいい表すと、大きすぎず、また小さすぎないテレビといえます。

そしてその特徴を活かしてお部屋のあらゆるインテリアにもマッチしてくれます。1人でも家族でも楽しむことができる万能型のテレビともいえるでしょう。

32型テレビは一人暮らしに最適なサイズ

テレビ

1人暮らしの場合、大きな間取りで暮らしている人はあまりいないと思います。よってリビングも自然と小さな間取りになってきます。そのような場所に大画面テレビを設置すると、部屋を圧迫するだけでなく、インテリアのバランスも悪くなってしまいます。

その点32型テレビの場合は他の家具とのバランスも保たれ、部屋に圧迫感を与えることもありません。また画面の大きさも十分確保されているので、迫力のある映像を楽しむこともできます。さらに価格面等も含めて、32型テレビはお一人様には最適なサイズといえるでしょう。

激安32型テレビの価格帯

価格

さてここからは、みなさんが気になる32型テレビの価格帯ですが、約2万円から3万円台のものが多く、高くても5万円くらいになります。一昔前の32型テレビの値段と比べて、随分と下がった印象を受けますね。

激安32型テレビの選び方

ここまで32型テレビの基本的な特徴や気になる価格帯について述べてきました。ここからは32型テレビの選び方のポイントとして、画質・解像度・チューナー数・HDD対応・インターネット接続といった観点からみていくことにします。

  • 画質で選ぼう
  • チューナー数をチェックしよう
  • HDD内蔵モデルや外付けHDD対応モデルが便利
  • インターネットに接続できるか確認しよう

画質で選ぼう

32型テレビに限らず、テレビ自体を購入するときに一番注目する項目が、この画質ではないでしょうか?ここからはテレビの画質について、もう少し詳しく堀り下げていくことにします。

32型テレビはハイビジョンが主流

テレビ

現在のテレビの画質は、主にハイビジョン(1366×768)・フルハイビジョン(1920×1080)・4K(3840×2160)・8K(7680×4320)といった種類の画質があります。そのうち32型テレビに関しては、ハイビジョンとフルハイビジョン対応のテレビが販売されており、4Kや8K画質のものはありません。

32型テレビの主流はハイビジョン対応で、通常の映像を見る分には充分な性能を持っています。また低価格であることも魅力の1つといえるでしょう。

画質にこだわるならフルハイビジョンを

フルHD

しかし最近の32型テレビは、フルハイビジョン対応のものも多く販売されており、以前よりも低価格化が進み、徐々にこのサイズの主流になる可能性を秘めています。ハイビジョンよりも解像度が高いだけでなく、近年はフルハイビジョン対応の番組も増えてきており、またブルーレイもこれに対応しています。

フルハイビジョン対応の映画やゲームなどを、迫力ある映像で楽しみたい人は、少し値が張りますが、フルハイビジョン対応のテレビがオススメといえます。

チューナー数をチェックしよう

チェック

チューナーとは、テレビ放送を受信するための機器のことをいい、テレビに内蔵されているものが主ですが、それ以外にもパソコンなどで映像が受信ができるようにする外付けタイプもあります。

一昔前までは、テレビ1つにチューナー1つというのが基本でしたが、最近はチューナーが複数内蔵されているものも多く、テレビ1台で複数の番組を視聴や録画することができたりと、便利になってきています。

HDD内蔵モデルや外付けHDD対応モデルが便利

テレビ

番組をよく録画する人にとっては、HDD内蔵モデルや外付けHDD対応モデルの詳細も気になるポイントといえます。

HDD内蔵モデルはその名の通り、テレビにHDDが内蔵されたモデルです。HDDが内蔵されている分場所をとらないといった利点がありますが、HDD容量がいっぱいになるとそれ以上の録画ができないため、以前の録画内容を削除する必要がでてきます。

外付けHDD対応モデルはHDDの容量を心配する必要はありませんが、場所を取ることと、使用するHDDがテレビと対応しているかを事前に確認する必要があります。

インターネットに接続できるか確認しよう

テレビ

一昔前と違ってテレビを購入するポイントとして、インターネットに接続する方法も重要になってきます。テレビからインターネットに接続する方法としては、有線LANと無線LANで接続する方法があり、コンセントやコネクタの位置によって、状況に合わせた接続をおこないます。

もし理解が乏しかったり、不安な場合は取り付け業者にお願いする方法もあります。テレビをインターネットに接続すると、HuluやNetflixといった動画配信サービスやYoutubeなどの動画サービスを楽しむことができるようになります。

激安32型テレビの人気おすすめランキング10

人気でおすすめの激安32型テレビを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 ハイセンス 32V型液晶テレビ HJ32K3120


ハイセンス 32V型液晶テレビ HJ32K3120の仕様・製品情報

メーカー Hisense
画面サイズ 32インチ
解像度 HD
チューナー数 地上デジタル×2/ BSデジタル×2/CSデジタル×2
搭載機能 本体質量:4.8kg/画面寸法:69×39cm/画素数:1366×76/音声出力:光デジタル音声出力端子×1/消費電力:55W/待機電力:0.3W/年間消費電力:67kWh

ハイセンス 32V型液晶テレビ HJ32K3120をおすすめする理由

  • 安心の自社生産
  • 色ムラの少ない画面
  • 重低音に強いスーパーバスを採用

ハイセンス 32V型液晶テレビ HJ32K3120の評価とレビュー

3波Wチューナー+PCモニターにも対応したコスパ抜群のテレビ

Hisenseは中国の電子製品メーカーで、液晶テレビも数多くの種類を生産しています。近年は日本市場にも進出し、持ち前の低価格を武器にして何かと話題になっています。

この製品もHisenseのウリの1つでもある、横からでも画面をきれいに見ることができるIPSパネルや、重低音を増幅させるスーパーパスを搭載しており、またPCモニターにも対応するなど、その他にも一般的な機能を備えた標準的なテレビといえるでしょう。

第9位 東芝 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S10


東芝 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S1の仕様・製品情報

メーカー 東芝
画面サイズ 32インチ
解像度 HD
チューナー数 シングルチューナー
搭載機能 表示画素数:1366X768/D端子(入力):なし/ PC入力:なし/通信端子:LAN/インターネット:非対応/音声出力:7W+7W/リンク機能:あり/記録媒体:HDD(外付)/ハイビジョン対応

東芝 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S1をおすすめする理由

  • お手頃な価格設定
  • 国産メーカーの品質
  • 入門用には最適なテレビ

東芝 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S1の評価とレビュー

国産メーカーの品質を手軽に体験したい人にはオススメの製品

今回紹介するこの東芝の32型テレビの一番の特徴は、やはりこの安価な価格設定にあるといえます。ただ安価なだけではなく、HD対応や外付け録画機能にも対応するなど、32型テレビとしての標準的なものは搭載されています。

国産メーカーのテレビが欲しいけど、あまりお金を掛けられない、新生活を迎える学生や新社会人などにオススメできる製品といえそうです。

第8位 LG 32V型液晶テレビ 32LF5800


LG 32V型液晶テレビ 32LF5800の仕様・製品情報

メーカー LG
画面サイズ 32インチ
解像度 フルHD
チューナー数 一体型
搭載機能 表示画素数:1920X1080/通信端子:LAN/インターネット:対応/音声出力:10W+10W/リンク機能:あり/記録媒体:HDD(外付)/ハイビジョン対応

LG 32V型液晶テレビ 32LF5800をおすすめする理由

  • フルHD対応モデル
  • 低価格を実現
  • 世界テレビ市場第2位の実績

LG 32V型液晶テレビ 32LF5800の評価とレビュー

フルHD対応でこの低価格!大変コスパに優れた1台

今回紹介するLGの製品は、画質がフルHDに対応しているのにも関わらず、3万円を切った価格を実現し、大変コストパフォーマンスに優れた製品といえます。また横からでもきちんと画面をみることができるIPSパネルを採用したり、迫力のある音響が楽しめたりと、一通りの機能は備えています。

さらにWifi機能も装備しているため、インターネットの接続が簡単におこなえたりと、細かいところにも手が届いた仕様になっています。

第7位 オリオン 32V型液晶テレビ BN-32DT10H


オリオン 32V型液晶テレビ BN-32DT10Hの仕様・製品情報

メーカー ORION
画面サイズ 32インチ
解像度 HD
チューナー数 地上・BS・CS各1
搭載機能 和紙スピーカー搭載/ブルーライトガード機能搭載/USBハードディスク録画機能搭載/省エネモード搭載/バックライト調光可能/HDMI端子×2/コンポジット端子×1/D端子×1

オリオン 32V型液晶テレビ BN-32DT10Hをおすすめする理由

  • 和紙スピーカーを搭載
  • ブルーライトガードを搭載
  • 低価格を実現

オリオン 32V型液晶テレビ BN-32DT10Hの評価とレビュー

個性的な機能を備えたコスパのいいい1品

オリオン電機も低価格な液晶テレビを製造しているメーカーとして知られています。今回紹介する32型テレビも低価格な製品ですが、それ以上に特徴的なのは、スピーカーに和紙を搭載することで非常に繊細な音質を実現している点と、ブルーライトをカットするためのブルーライトガードを搭載している点です。

普通に低価格なだけでなく、人間の耳や眼に優しい仕様なのが目を引きますね。

第6位 SONY 32V型液晶テレビ ブラビア KJ-32W730E


SONY 32V型液晶テレビ ブラビア KJ-32W730Eの仕様・製品情報

メーカー SONY
画面サイズ 32インチ
解像度 フルHD
チューナー数 地上デジタル×2/ BSデジタル×2/CSデジタル×2/スカパープレミアムサービス(4K)×1
搭載機能 ネット動画対応/HDMIポート数2/USBポート数1/LANポート数1/コンポジットインプット数1/フルHD/外付けHDD裏番組録画対応

SONY 32V型液晶テレビ ブラビア KJ-32W730Eをおすすめする理由

  • いつもの番組がすぐ見れるチャンネルポン機能
  • フルHDに対応
  • 裏録画機能を搭載

SONY 32V型液晶テレビ ブラビア KJ-32W730Eの評価とレビュー

テレビ・ゲーム・インターネットを高画質で楽しめる欲張りな1台!

今回紹介する32型テレビは、BRAVIAのブランドで展開をおこなっているソニーの製品になります。まずソニー製品だけに、ブルーレイやプレイステーション4といった同社の製品との相性はよく、どちらもフルHDによる高画質できれいかつ詳細な映像を楽しむことができます。

またインターネットは無線で対応しており、簡単な接続で動画配信番組などを堪能することもできます。欲張りな1台とはこのようなものをいうのかもしれません。

第5位 日立 32V型LED液晶テレビWooo L32-A5


日立 32V型LED液晶テレビWooo L32-A5の仕様・製品情報

メーカー 日立
画面サイズ 32インチ
解像度 HD
チューナー数 ×2
搭載機能 外付HDD&裏番組録画対応/新・聞こえサポートモード/かんたん節電設定機能

日立 32V型LED液晶テレビWooo L32-A5をおすすめする理由

  • 裏番組録画に対応
  • 番組表が使いやすい
  • 安定のHD画質

日立 32V型LED液晶テレビWooo L32-A5の評価とレビュー

国産メーカーの1角でもある日立がおくる安定感のある1品

他の国産メーカー比べて日立は液晶テレビの製造においては、あまりメジャーではありませんが、それでも高品質かつ安定感のあるテレビを製造しています。

今回紹介する製品の特徴としては、音という部分にこだわりがあり、スピーカーを始めとする音響や、聞こえサポートモードという機能を搭載することで、耳が遠い人にもテレビを楽しめるように配慮されています。

その他にも標準的な機能は備えており、国産メーカーならではの、安定感のある1品といえるでしょう。

第4位 東芝 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S21


東芝 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S21の仕様・製品情報

メーカー 東芝
画面サイズ 32インチ
解像度 HD
チューナー数 地上デジタル×1、BS・110度CSデジタル×1、デジタルCATV(C13~C63)
搭載機能 スピーカー(サイズ/個数):4.0×12.0cm/2個

東芝 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S21をおすすめする理由

  • ゲーム処理機能搭載
  • スピーカーを前面に設置
  • 省エネ設計

東芝 32V型ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S21の評価とレビュー

さまざまな機能を搭載した東芝の1品

この32型テレビはHD対応ながら、さまざまな機能を搭載しており、フルHDのテレビに劣らない性能を誇っています。まずこのテレビはスピーカーが前面に設置されているため、迫力のある音声を楽しめます。

また液晶画面に関しても、当社独自の地デジビューティーという技術により、文字をくっきりと表示させるなど、画質の向上も図っています。最後にゲーム遅延を抑える機能など、まだまだいろいろな特色を持っているのがこのテレビの特徴といえそうです。

第3位 パナソニック 32V型液晶テレビ ビエラ TH-32ES500-S


パナソニック 32V型液晶テレビ ビエラ TH-32ES500-Sの仕様・製品情報

メーカー Panasonic
画面サイズ 32インチ
解像度 HD
チューナー数 地上デジタル.BS. CS
搭載機能 ネット動画対応/テレビ操作もスマホで「TV Remote 2」/チルト機構付きスタンド

パナソニック 32V型液晶テレビ ビエラ TH-32ES500-Sをおすすめする理由

  • テレビ操作がスマホでできる
  • ネット動画に対応
  • 安定のVIERAモデル

パナソニック 32V型液晶テレビ ビエラ TH-32ES500-Sの評価とレビュー

VIERAブランドでおなじみのPanasonicがおくる高性能HDモデル

今回紹介する32型テレビの特徴としては、まずテレビの操作がリモコンだけでなく、スマホでも操作ができることにあります。専用アプリをインストールすることによって、録画した番組などを再生することができます。

また裏番組録画に対応したり、大画面で簡単にネット番組やYoutubeが見れたりといった、まさに至れり尽くせりな仕様になっています。

第2位 シャープ 32V型液晶テレビ AQUOS LC-32E40


シャープ 32V型液晶テレビ AQUOS LC-32E40の仕様・製品情報

メーカー SHARP
画面サイズ 32インチ
解像度 HD
チューナー数 チューナー:地上デジタル×1 BS/CS×1
搭載機能 本体:幅73.2×奥行17.7×高さ45.9 cm/質量:約6.0kg/LED方式(直下型)/USB-HDD録画(長時間HDD対応)/2画面表示(放送+外部入力)/端子:HDMI×2系統(24P)、USB×1/総合音声出力:10W(5W+5W)/消費電力:約60W/年間消費電力量:43kwh/年/省エネ達成率:162%

シャープ 32V型液晶テレビ AQUOS LC-32E40をおすすめする理由

  • 外付けHDD録画対応
  • 簡単さくっと検索機能搭載
  • リモコン電池交換表示機能

シャープ 32V型液晶テレビ AQUOS LC-32E40の評価とレビュー

細かいところにも手が届いた1台です

液晶といえばシャープといわれるくらい、同社の液晶技術は有名なことで知られています。また液晶テレビに関しても第一人者といってもいいでしょう。

今回紹介する32型テレビもいろいろな機能を搭載した製品になっており、LEDバックライトを採用することで、鮮やかな画質を表現したり、見たい番組がすぐ見つかる簡単さくっと検索機能を搭載したりと、細かいところにも手が行き届いた仕様となっています。

第1位 シャープ 32V型液晶テレビ AQUOS LC-32W5


シャープ 32V型液晶テレビ AQUOS LC-32W5の仕様・製品情報

メーカー SHARP
画面サイズ 32インチ
解像度 HD
チューナー数 地上×2 BS/CS×2
搭載機能 本体:(幅)73.3cm×(奥行)18.5cm×(高さ)47.8cm/質量:約6.4kg/LED方式:直下型/総合音声出力:10W/2画面表示対応(放送+外部入力)/USB-HDD録画対応

シャープ 32V型液晶テレビ AQUOS LC-32W5をおすすめする理由

  • LEDバックライトを採用
  • フロントサウンドシステム
  • 裏番組録画が可能

シャープ 32V型液晶テレビ AQUOS LC-32W5の評価とレビュー

32型テレビの王道ともいえる1品!迷ったらコレ!

今回紹介するこのシャープのテレビも、標準的な機能だけでなく、多くのいろいろな機能も付加されています。まずLEDバックライトによるきれいな映像が楽しめるだけでなく、バスレフ型スピーカーボックスを前向きに配置することで、迫力のある音声まで楽しめることができます。

また裏番組録画にも対応しているなど、さまざまな機能が内蔵されているため、どの32型テレビを購入するか迷っている人は、充分選択肢に入れてもよい1台ではないでしょうか。

まとめ

遠い昔から情報を伝達する手段としては、紙→ラジオ→テレビと進化してきましたが、それぞれが融合、または補完し合う関係になることはほとんどありませんでした。

当初はテレビも次世代であるネットとは融合できずに廃れていくといわれていましたが、ネット動画などをテレビの長所ともいえる大画面や、その他の機能に取り込むことによって、次世代メディアとの融合を果たすことで生き残ることができました。

そしてテレビは次のステージへ進化しようとしています。時代の流れってどんなところで変わるのか、本当にわからないですね。

激安32型テレビに関連する他の記事もおすすめ!!

格安テレビ【コスパ最強!】格安テレビの選び方と人気おすすめ10選 | 2019年最新版 テレビスピーカーテレビスピーカーの選び方と人気おすすめランキング10 |激安からbluetooth対応モデルまで幅広くご紹介! 40インチ テレビ【最新版】40インチテレビの選び方と人気おすすめ10選 お風呂 テレビ【最新版】防水テレビの選び方と人気おすすめ10選 |安いものからフルセグ対応まで幅広くご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です