車用ヘッドアップディスプレイの選び方と人気おすすめ10選【最新版】

ヘッドアップディスプレイ

車用ヘッドアップディスプレイは走行中に車の情報をフロントガラスに映し出すという物で近年、注目を集めているアイテムの一つ!これがあることで安全性や利便性を大きく高めることが可能!

とはいえ、その知名度は低く、商品に対するイメージがわかないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、車用ヘッドアップディスプレイの基本情報から選び方。おすすめの商品紹介まで。車用ヘッドアップディスプレイ関連の情報をお届けさせていただきましょう!

また、LEDヘッドライトに関する記事もおすすめです!
LEDヘッドライト【最新版】最強のLEDヘッドライトの選び方と人気おすすめランキング10選

車用ヘッドアップディスプレイの基本情報

車用ヘッドアップディスプレイの基本情報として押さえておきたいポイントは概要と価格帯の2点。順に説明させていただきます。

  • そもそも車用ヘッドアップディスプレイとは?
  • 車用ヘッドアップディスプレイの価格帯

そもそも車用ヘッドアップディスプレイとは?

はてな

まずは車用ヘッドアップディスプレイの概要についてから。ヘッドアップディスプレイというのは車の場合だと走行中の情報。時速・走行距離・ガソリン残量等の情報をプロジェクターのように投影し、フロントガラスに映し出す装置と考えていただければいいかと思います。

これを搭載することにより、よそ見をすることなく、必要な情報を逐一把握することが可能となりますから、安全性、及び、利便性の向上に繋がるというわけですね!よって、安全性を高めたい方におすすめの商品と言えるでしょう!

車用ヘッドアップディスプレイの価格帯

価格

次は車用ヘッドアップディスプレイの価格帯について。おおよそですが、安いものだと1300円程度から。高いものだと5万円を超えるものまでが販売中!ただ、実用に耐え得るぐらいの物なら5千~1万ほどで売られていますから、その辺りで探すのがいいでしょう!

車用ヘッドアップディスプレイの選び方

車用ヘッドアップディスプレイの選び方。ポイントとなるのは種類と接続方法。GPS機能に関することと多機能モデルについてなどですね!順に見ていきましょう!

  • ヘッドアップディスプレイの種類で選ぼう
  • 接続方法を確認しよう
  • GPS機能が付いているものがおすすめ!
  • 多機能モデルなら多くの情報を確認できる

ヘッドアップディスプレイの種類で選ぼう

ヘッドアップディスプレイ

ヘッドアップディスプレイの種類は主に3つ。投影タイプ、直接照射タイプ、スマホディスプレイタイプですね!以下で詳しく説明させていただきます。

投影タイプ

投影タイプの特徴は小型の本体にディスプレイを搭載し、それに映像を映し出す方式であること。コンパクトで場所を取らないことと車種によって映り具合が変わる直接フロントガラスに投影するタイプに比べ、比較的安定していること。これらが主なメリット。

デメリットは本体にディスプレイを内蔵しているため、価格が高い傾向にあるのと特定の車と連動しているモデルが多いので、選べる幅が少ないことですね!車種によって映り具合が左右されないものが欲しい方へおすすめしたいタイプです。

直接照射タイプ

直接照射タイプの特徴はフロントガラスに直接情報を映し出すこと。メリットは表示される情報の位置を見やすいポイントに設定するのが可能であることですね!デメリットは後付け対応が難しく、投影タイプと同じで商品選択の幅が限られるのと車種によって映り具合が変わってしまうこと。

デメリットが気になるタイプではあるものの、見やすいポイントに表示できるのは運転の邪魔にならないという意味で大きな強みでもあるでしょう!よって、表示される情報の位置を設定したい方は直接照射タイプをおすすめしますよ!

スマホディスプレイタイプ

スマホディスプレイタイプの特徴は手持ちのスマホに鏡面反射のパネルを取り付けて画面を投影するというもの。スマホがディスプレイの代わりを果たしてくれるため、低価格で導入可能であること。以上がメリット。

デメリットは利用中にスマホの操作が困難となることと直射日光に弱い面があることですね!ただ、上記の2つと比較すると価格は低いですから、初めて利用する方や低価格で導入したい方にはピッタリと言えるのではないでしょうか?

接続方法を確認しよう

シガーソケットUSB

また、接続方法の確認も重要。接続方法は主に2種類でシガーソケットに接続するタイプとODBコネクタに接続するタイプがありますね。順に説明させていただきます。

シガーソケットに接続

シガーソケット接続はその名の通り、車に搭載されているシガーソケットを経由して接続するタイプのこと。車のエンジンを切ると電源がOFFになる特徴もありますね。同タイプのメリットは接続方法が簡単なこととバッテリー上がりのリスクが低い点。

また、車検の際に取り外して通過できるのも強み!デメリットは計測の精度がODBコネクタ接続タイプよりも若干低いことでしょうか。それでも大きな欠点はありませんから、気になるレベルでは無いと思います。

ODBコネクタに接続

ODBコネクタ接続タイプの特徴は2種類の計測方法を使用した計測精度の高さと取得可能な情報量の多さ。これらが主なメリットとなります。どちらもシガーソケット方式を上回りますので、対応しているならこのタイプにしておけばまず間違いないと言えるでしょう!

一方でデメリットも存在しており、情報量が多いため、表示に若干(2~3秒)のタイムラグがあることや取り付けの難しさ。常に通電状態なのでバッテリー上がりのリスクがあること。

あとは車検に通らない可能性が出てくる等。機能面が充実と共に問題も増えている形ですが、それを補って余りある性能を誇るタイプと言えるのではないでしょうか?

GPS機能が付いているものがおすすめ!

Gps

GPS機能は衛星から現在位置を割り出し、移動速度の計算精度の向上。時刻表示の修正等。多くのメリットがありますね!

特に同機能が生きるのはODBコネクタ接続の場合でこの接続タイプが持つ特徴の一つでもあるタイムロスが生じた際、位置情報が曖昧になってしまう可能性が出てくるのですが、GPS機能があれば、その点をカバー可能!

よって、シガーソケット、ODBコネクタどちらの接続方式であっても搭載されていて困ることはありませんから、なるべくGPS搭載モデルを選ぶようにしましょう!

多機能モデルなら多くの情報を確認できる

ヘッドアップディスプレイ

最後は多機能モデルについて。いくつかの例を挙げるとタイヤの状態を確認することのできるモデル速度超過警告機能ナビゲーションを表示するものまで。多機能モデルならこうした細かい部分まで把握することが可能!

通常、タイヤの状態を把握できるメーターは少ないですから、走行中に確認できるのは安心に繋がりますし、ナビをヘッドアップディスプレイに表示できれば、わざわざ視線を動かす煩わしさから解放されると共に安全性も向上しますね!

速度超過警告なら居眠り運転等の事故防止に役立ってくれるでしょう!その意味で機能の充実というのも選ぶ基準に入ってくるのではないでしょうか?

車用ヘッドアップディスプレイの人気おすすめランキング10

人気でおすすめの車用ヘッドアップディスプレイを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 Keenso HUDヘッドアップディスプレイ 車載スピードメーター


Keenso HUDヘッドアップディスプレイ 車載スピードメーターの仕様・製品情報

メーカー Keenso
サイズ 150×85×14mm
重量 280g
搭載機能 滑り止めパッド/エンジン回転数、水温、時計、電圧/疲労警報/電圧警報/自動ON/OFF

Keenso HUDヘッドアップディスプレイ 車載スピードメーターをおすすめする理由

  • 13種の機能を搭載!
  • 大き目で見やすいディスプレイ!
  • デザインの良さ!

Keenso HUDヘッドアップディスプレイ 車載スピードメーターの評価とレビュー

大き目で見やすいディスプレイとデザインの良さが光る一品!

本製品の特徴は大きめで見やすいディスプレイとデザインの良さ。5.5インチの大きさは非常に見やすく、見た目のカッコ良さもGOOD!加えて、機能も全13種類と十分な性能を誇っています。

画面の大きさに関しては賛否両論あるかとは思いますが、実用性という面では評価ポイントに入ってくるでしょう!以上のことから、デザインと見やすさを重視される方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

第9位 OBEST HUD ヘッドアップディスプレイ


OBEST HUD ヘッドアップディスプレイの仕様・製品情報

メーカー OBEST
サイズ 60×50×67mm
重量 141 g
搭載機能 オイル温度、時刻、平均燃費、瞬時燃費、エンジン回転速度、スピード、エンジン温度、バッテリー電圧、吸気圧力、スロットル/過速度アラーム、エンジン温度警告、水温警告、オーバースピードアラーム

OBEST HUD ヘッドアップディスプレイをおすすめする理由

  • 機能性の充実ぶり!
  • コンパクト仕様!
  • コスパが良い!

OBEST HUD ヘッドアップディスプレイの評価とレビュー

小型ながら機能性もしっかりしているヘッドアップディスプレイ!

本製品の特徴は小型ながら機能性に優れているところにあります。数多くの測定項目を誇り、性能も十分!価格も5千円を切るなど。コスパの良さが光りますね!

一方で日本語マニュアルが入っておらず、予備知識がないと設定に苦労する部分もあるため、一定の知識が必要にはなるものの、デザイン性、機能面、コスパ等。総合的に高いレベルにありますから、直感的に設定ができる方や英語が得意な方向けの商品と言えるでしょう!

第8位 K&M HUD カラフルヘッドアップディスプレイ HUD-A8-OBD


K&M HUD カラフルヘッドアップディスプレイ HUD-A8-OBDの仕様・製品情報

メーカー K&M
サイズ 125mm x 75mm x 15mm
重量 110g
搭載機能 5.5インチ(画面サイズ)/5カラー/ガソリン消費量・燃費率、水温、回転数、電圧、スピードメーター/警告機能/OBD2タイプ

K&M HUD カラフルヘッドアップディスプレイ HUD-A8-OBDをおすすめする理由

  • カラフルな画面!
  • バランスが良い!
  • 多機能モデル!

K&M HUD カラフルヘッドアップディスプレイ HUD-A8-OBDの評価とレビュー

カラフルな表示と機能の多さが魅力のヘッドアップディスプレイ!

本製品の特徴はカラフルな表示と機能の多さ。そして、5.5インチという大きめで見やすいディスプレイの3点。カラフルな表示は取得可能な情報量が多い本機種では見やすさという面で非常に重要な要素となりますし、多彩な機能も魅力ですね!

さらに画面サイズも十分な大きさを誇るなど。バランスの良さも光るところ。よって、OBD2接続が可能で機能性を重視する方向きの商品と言えるのではないでしょうか?

第7位 ネオトーキョー HUD-Z3 ヘッドアップディスプレイ


ネオトーキョー HUD-Z3 ヘッドアップディスプレイの仕様・製品情報

メーカー ネオトーキョー
サイズ 42x110x77mm
重量 349 g
搭載機能 速度、水温、バッテリー電圧、燃費、エンジン回転数、燃費 (km/l)、運転時間、運転距離、吸気圧、オイル温度、空気燃料比、タービン圧力、吸気圧、時計、高度、衛星受信数、方角/ハイブリッド情報システム(OBD2+GPS)/ディスプレイ解像度:320×240/明るさ自動調整/自動電源ON/OFF(要設定)

ネオトーキョー HUD-Z3 ヘッドアップディスプレイをおすすめする理由

  • 多機能モデル!
  • ハイブリッド仕様!
  • 対応車種の多さ!

ネオトーキョー HUD-Z3 ヘッドアップディスプレイの評価とレビュー

OBD2+GPSのハイブリッド仕様のヘッドアップディスプレイ!

本製品の特徴はOBD2+GPSのハイブリッド仕様であること。これに尽きます!2種類の情報取得方法を活用することで情報量を大幅に増やすことに成功!

加えて、自動電源ON・OFFの設定が可能なことや明るさの自動調整。多彩な情報を閲覧できる等。機能面の充実ぶりも光るところ!また、対応車種の多さも魅力ですね!

よって、OBD2の接続が可能であり、情報量が多いヘッドアップディスプレイをお探しの方はこちらの商品をおすすめしますよ!

第6位 NORXI HUD ヘッドアップディスプレイ F835


NORXI HUD ヘッドアップディスプレイ F835の仕様・製品情報

メーカー NORXI
サイズ 60mm X 50mm X 67mm
重量 272 g
搭載機能 回転計(タコメーター)、スピードメーター、長時間運転警告、水温計、瞬間電圧、走行距離、空燃比、吸気圧、油温、タービン圧力、燃料消費量、時計/自動車性能テスト機能/エンジンデータ読み取り/スピードアップテスト機能

NORXI HUD ヘッドアップディスプレイ F835をおすすめする理由

  • 優れたデザイン!
  • 6種類の表示パターン!
  • 機能面の充実ぶり!

NORXI HUD ヘッドアップディスプレイ F835の評価とレビュー

優れたデザインと多彩な機能がウリの一品!

本製品の特徴は優れたデザインと多彩な機能の2点。カッコいいデザインはそれだけで魅力ですし、デザインだけでなく機能が充実しているところもGOOD!全体的にバランスが取れている商品と言えるのではないでしょうか?

加えて、複数の表示パターンが用意されているのも飽きにくい工夫がされているという意味で評価ポイントに入ってくるかと思います。マニュアルが英語ですので、ある程度予備知識が必要ですが、バランスの良いヘッドアップディスプレイをお探しの方へおすすめしたい一品ですね!

第5位 Antion ヘッドアップディスプレイ


Antion ヘッドアップディスプレイの仕様・製品情報

メーカー Antion
サイズ 9 x 1.2 x 5.4 cm
重量 191 g
搭載機能 過速度警告/GPSタイプ/滑り止めマット/明るさ調整/防水/音楽モード/リモコン

Antion ヘッドアップディスプレイをおすすめする理由

  • 日本語説明書が付いてくる!
  • 防水機能有り!
  • すべての車種で使える!

Antion ヘッドアップディスプレイの評価とレビュー

すべての車種で使える利便性の良さが特徴の一品!

本製品の特徴はUSBインターフェイスなので、ほぼすべての車種に対応していることと防水機能が付いていること。そして、外国製品で重要となる日本語マニュアルが後に送られてくること等ですね!

多くの車種に適応しているかどうかは選ぶ上で重要ですし、LEDライトの部分は防水仕様となっているため、万が一、本体に水がかかってしまっても安心!日本語説明書に関しては業者によって送られてこないケースも見られますから、この点も評価ポイントに!よって、車種を選ばずに使いたい方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

第4位 NikoMaku HUD ヘッドアップディスプレイ


NikoMaku HUD ヘッドアップディスプレイの仕様・製品情報

メーカー NikoMaku(ニコマク)
サイズ 135x68x30mm
重量 259 g
搭載機能 自動輝度調節/画面モード(8種)/時速、水温、電圧、エンジン回転数、ガソリン消費、時間、走行距離、走行時間/警告機能

NikoMaku HUD ヘッドアップディスプレイをおすすめする理由

  • 多くの項目を測定可能!
  • 昼夜を問わず見やすい!
  • 2重映像がない!

NikoMaku HUD ヘッドアップディスプレイの評価とレビュー

測定項目の多さが魅力のヘッドアップディスプレイ!

本製品の特徴は測定項目の多さと画面が大きく、昼夜を問わずにくっきり見える輝度の高さなどが挙げられます。輝度に関しては自動調節機能があるため、自分で設定しなくても良いのは助かるところ。高品質のガラスを搭載していることにより、2重映像がない仕様なのもGOOD!

また、8種の画面モードが搭載されており、状況に応じて必要な情報を選択、表示可能な点もいいですね!よって、測定項目が多く、見やすさに優れたモデルをお探しの方。必見ですよ!

第3位 OBEST 3インチヘッドアップディスプレイ


OBEST 3インチヘッドアップディスプレイの仕様・製品情報

メーカー OBEST
サイズ 16.9 x 13.2 x 5.3 cm
重量 159 g
搭載機能 測定項目:速度、水温、電圧/警報:速度、水温、電圧/OBD2/白色表示

OBEST 3インチヘッドアップディスプレイをおすすめする理由

  • 測定項目すべてに警報あり!
  • コンパクト仕様!
  • 白色表示で見やすい!

OBEST 3インチヘッドアップディスプレイの評価とレビュー

コンパクトで視認性に優れたヘッドアップディスプレイ!

本製品の特徴はコンパクト仕様であることと視認性に優れた作りであること。そして、測定可能項目それぞれに警報装置が搭載されていることの3点。サイズのコンパクトさは本体が邪魔にならないという意味で重要なポイントになりますし、白色で見やすい仕様もGOOD!

加えて、測定可能項目3種それぞれに警報装置が存在していますから、何らかの異常が起こった際、状態を把握しやすいのもいいですね!よって、コンパクトで視認性に優れたモデルをお探しの方はこちらの商品がおすすめですよ!

第2位 APUWiiO HUDヘッドアップディスプレイ


APUWiiO HUDヘッドアップディスプレイの仕様・製品情報

メーカー APUWiiO
サイズ 14.6 x 9.3 x 5.2 cm
重量 240 g
搭載機能 GPSモード/OBD2モード/ディスプレイモード:4種/明るさ自動調節/4段警報/オートスイッチ/測定項目:速度、エンジンPRM、電圧、水温、走行距離

APUWiiO HUDヘッドアップディスプレイをおすすめする理由

  • ベストセラー1位獲得商品!
  • OBD2/GPSモードどちらも利用可!
  • ディスプレイ表示パターンを選択できる!

APUWiiO HUDヘッドアップディスプレイの評価とレビュー

OBD2/GPSモードどちらでも利用可能な汎用性に優れたモデル!

本製品の特徴はOBD2/GPS両方のモードが使用できること。モードが2種類から選べる仕様なのでOBD2に対応していなくても使えるところは汎用性に優れていると言っていいでしょうし、対応していれば多機能モデルに早変わり!その汎用性の高さはAmazonランキングで1位を獲得したほど!

加えて、ディスプレイの表示パターンが複数用意されており、速度のみの設定や装飾ライトを光らせることで見やすさを高める設定にできる等。状況に応じて使い分けられるのは強みですね!よって、汎用性に優れたモデルをお探しならこちらの商品がおすすめになるでしょう!

第1位 LAMPO LA-18 ヘッドアップディスプレイ


LAMPO LA-18 ヘッドアップディスプレイの仕様・製品情報

メーカー LAMPO
サイズ 17.8 x 14.6 x 5.4 cm
重量 399 g
搭載機能 明るさ自動調整/OBDⅡ/GPS モード切替スイッチ/走行距離、運転時間、時刻、水温、エンジン回転数、バッテリー電圧、燃費運転方向、速度、海抜高度/長時間運転警告/滑り止めマット

LAMPO LA-18 ヘッドアップディスプレイをおすすめする理由

  • トップクラスの機能性!
  • OBD2・GPSどちらでも使用可!
  • メーカー保証付き!

LAMPO LA-18 ヘッドアップディスプレイの評価とレビュー

豊富な機能性と汎用性の高さを併せ持つヘッドアップディスプレイ!

本製品の特徴は豊富な機能性と汎用性の高さの2点。海抜高度や長時間運転警告、昼夜問わず見やすい仕様。測定項目の多さ等。機能性に関してはトップクラスと言って良いレベル!汎用性も高く、OBD2・GPSどちらでも利用可能。

メーカー保証もついているため、安心感も高いですね!性能を踏まえるとコスパも良いといえるのではないでしょうか?以上のことから、高性能モデルをお探しの方へおすすめしたい商品の一つです!

まとめ

以上、車用ヘッドアップディスプレイについてでした。ヘッドアップディスプレイは必ずしも必要不可欠な物ではありません。しかし、搭載していることで様々なリスクを回避できることから、安全のためにも一台は持っておいた方がいいでしょう!

どちらかと言えば、趣味的な側面が強いものですが、交通事故が多発している現在。事故防止の意味合いでもこの機会に購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

車用ヘッドアップディスプレイに関連する他の記事もおすすめ!!

インバーター【最新版】カーインバーターの選び方と人気おすすめ10選 | 価格帯もご紹介! シガーソケットUSBシガーソケットUSBの選び方と人気おすすめ10選【2020年最新版】 iPad車載ホルダー【最新版】iPad車載ホルダーの選び方と人気おすすめランキング10選 |便利な活用法や価格帯なども解説! サテライトスピーカーサテライトスピーカーの選び方と人気おすすめ10選【車内におすすめ!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です