GoPro ヘルメットの選び方と人気おすすめモデル10選【2020年最新版】

GOPRO

GoProは小型のカメラでいろいろな撮影に大活躍します。ただ、移動しながら撮影をしたい場合ずっと手で持っているのは疲れますし、片手が塞がれるというデメリットが出てくるのです。そこで試してもらいたいアイテムがヘルメットになります。

GoProを付けることができるヘルメットがあるので、視線と同じ動画を撮影できますし、両手が開くので撮影できるものの幅も広がるのです。今回はそんなGoPro用のヘルメットをご紹介していきます。

また、GoPro用スタビライザーに関する記事もおすすめです!
スタビライザーGoPro用スタビライザーの選び方と人気おすすめ10選 |価格や性能をわかりやすく比較!

GoPro ヘルメットの基本情報

GoProのヘルメットは一体どのような物なのか普通のヘルメットとどう違うのか説明していきます。GoProのヘルメットを選ぶ時に覚えておきましょう。

  • そもそもGoPro ヘルメットとは?
  • GoPro ヘルメットのメリット
  • GoPro ヘルメットマウントの価格帯

そもそもGoPro ヘルメットとは?

はてな

GoProヘルメットはGoProを付けることが出来るヘルメットのことを言います。ヘルメットにGoProを付けることで、両手があくために走りながら撮ることができたり、スキー等のウィンタースポーツをしながらとることもできるのです。

また、ヘルメットに付けることでほぼ目線と同じような角度でとることが出来るので、実際に体験しているような迫力感も感じることができます。GoProヘルメットを購入する方は両手をあけて撮影したい方や、実際に見ているような感覚で撮りたい方におすすめです。

GoPro ヘルメットのメリット

具体的にGoProヘルメットを利用することでどのようなメリットを感じることが出来るのでしょうか?見ていきましょう!

  • 両手が自由になる
  • 自分と同じ視野の動画が撮影できる
  • 振動やブレに強い

両手が自由になる

登山やスキー等のスポーツをしている方は、危険もあるために両手があいている状態でスポーツをすることがベストです。そのため、撮影をしたいと思っていても片手でGoProを持つことが困難で撮影ができない方が多くいました。

しかし、GoProをヘルメットに装着することで両手があくので、今までできなかった場所での撮影ができたりするのです。また、両手が自由になることでスポーツ以外にも何か作っている所を撮影できたりと撮影の幅が広がるメリットがあります。

自分と同じ視野の動画が撮影できる

ヘルメットは頭に着けるものなので、ヘルメットにGoProを装着することでほぼ視野と同じような映像をとることができます。そのため、普段ではとることが出来ないような映像を撮れるのです。

たとえば自転車などに乗りながら撮影することで、実際に自転車に乗っているようなスピード感を感じることができながらも、景色も楽しむことができます。このように、視野と同じような映像をとることができ、迫力感を感じたり、見ている人が実際に体験しているように感じることが出来る動画はとても魅力的です。

振動やブレに強い

GoProを手で持って撮影していると、気を付けていたとしてもぶれてしまったりして映像が乱れることがあります。しかし、ヘルメットにつけることで、しっかりとGoProを固定することが出来るので、安定した状態で撮影することが出来るのです。

スポーツ中など激しい動き中に撮影していたら動きに合わせて振動を感じたりブレを感じることはありますが、それはGoProの魅力でもあります。このような振動やブレではなく、手で持っているからこその変なブレや振動などの違和感を感じるような映像はなくなりますよ。

GoPro ヘルメットマウントの価格帯

価格

GoProヘルメットマウントは安いものだと700円くらいで購入することができます。また、高いものだと3,000円程で購入できるため、GoProヘルメットマウントはそこまで高いものではなく購入しやすいですね。

GoPro ヘルメットマウントの選び方

GoProを付けるヘルメットマウントはどのような物があるのでしょうか?いろいろな種類があるのであなたに合った物を選びましょう。

  • 用途に合ったマウントを選ぼう
  • 取り付ける位置を決めよう
  • ヘルメットへの取り付け方法を確認しよう
  • 自撮り撮影にはアーム付きのマウントが便利

用途に合ったマウントを選ぼう

マウントの種類は撮影する環境によって変わってきます。今回は自転車やスキーバイクに分けて説明してきます。

自転車

ロードバイク用カメラ

自転車はメットサイドマウントがおすすめです。サイドに付けるからこそ視野と同じ目線で動画をとることができます。

ヘルメットの横に付けていたとしても、本当に運転している時に視野にGoProが見えるわけではないので、撮影している感覚というよりは自転車に乗ることを楽しんでいる感覚で撮影することが出来るのです。

また、左右に付け替えることで同じ動画でも違うように見える楽しみもあります。

スキー・スノーボード

GOPRO

スキーやスノーボードは滑っている迫力感だけではなく、ジャンプをしたりもします。そのような動きの臨場感を更に楽しむためにはメットトップマウントがおすすめです。

頭頂部で動画を撮るからこそ、映像の範囲も広がってスピード感だけではなく、広い視野で周りの環境も楽しむことができます。また、一番安定して付けられる場所などでジャンプなどをしてもGoProが取れる心配はいりません。

バイク

GOPRO

バイクでGoProヘルメットを使用する場合はメットチンマウントがおすすめです。顎に付けることで手元の様子もとることができますし、スピードが何キロ出ているかどうかも知ることができるため、実際に乗っているような臨場感を感じることができます。

顎につけることで少し運転しにくいのでは?という疑問が出てくるかもしれませんが、その点は大丈夫なので安心して下さいね。

取り付ける位置を決めよう

ロードバイク用カメラ

ヘルメットにはフロント・サイド・顎部分と付ける位置が変わってきます。そこで、それぞれどのように違うのか見ていきましょう。

フロント

フロント部分は一番安定した映像をとることができます。ブレなどが特に気になるような方はフロント部分に付けることをおすすめします。

また、どのようなヘルメットでもフロント部分はデザインがほとんど一緒なので、どのような物でも取り付けることができる可能性が高いです。初心者の方はまずはフロントに付けて見て下さい。

サイド

サイドに付ける場合は、左右で撮れる映像が変わってくるので撮れ方に好みが別れるかもしれません。しかし、視線と同じような位置でとることが出来るので、臨場感を感じるにはとっておきの場所になります。

視線と同じような映像を撮りたい方はサイドに付けることをおすすめです。撮る際には左右に付けて見て好みの方を考えてから撮影してくださいね。

顎部分

顎部分に付けることで、正面だけの映像ではなく地面なども撮影することができます。例えば、登山している様な方は景色も撮りたいですが、足元の様子も記録しておきたい方が多いです。

そのような方におすすめの位置になります。また、顎に付けることは見た目的にもそこまで主張しないのでフロント・サイドに比べると顎は人気の位置です。

ヘルメットへの取り付け方法を確認しよう

GOPRO

ヘルメットへの付け方はいろいろな方法があります。それぞれ付ける難しさなども変わってきますので、しっかりと覚えておきましょう。

粘着シート

ヘルメットへの取り付け方法の中で最も多いのが粘着シートです。粘着シートと聞くとGoProをしっかりと固定できるのか不安になる方も多いですが、問題ありません。一度付けたら取れないような強力な物なので安心して使うことができます。また、粘着シートなのでつけやすいところも嬉しいメリットになりますね。

ベルト式

顎部分に付ける様な方はベルト式の方が多いです。ベルトなので繰り返して長い間使うことができますし、劣化もしにくいというメリットがあります。また、ベルトのでヘルメットを代えても使うことができるのです。

あなただけではなく、他の方に貸したりすることもできるので、家族に同じような趣味の方がいるのであればベルト式の購入をおすすめします。

ネジ固定式

ネジでの固定はGoProが落ちたりする心配もないですし、ヘルメットにしっかりとつくために違和感のあるブレ等は感じにくいです。なので、自転車やスキーなど振動が多い様な場所での撮影をする方はネジ固定式がおすすめになります。ただ、女性等は付けづらさを感じるかもしれないので、事前に付け方を覚えて置くようにしましょう。

自撮り撮影にはアーム付きのマウントが便利

GOPRO

ヘルメットに付けるだけではなく、自撮りもしたいと思っている方はアーム付きのマウントを購入することをおすすめします。これから購入する方で用途がはっきり決まっていなかったり、いろいろな映像を撮りたいと思っている方はアーム付きを選ぶといいでしょう。

もし、SNS等にアップするための撮影でしたら何かをしている時の自分の表情をとることで見ている人は更に楽しむことができます。いろいろな映像が撮れるという意味からアーム付きを購入してもいいのかもしれませんね。

GoPro ヘルメットの人気おすすめランキング10

人気でおすすめのGoPro ヘルメットを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 Lupholue オートバイヘルメットチンストラップマウント


Lupholue オートバイヘルメットチンストラップマウントの仕様・製品情報

メーカー Lupholue
取り付け方法 ベルト式
取り付け可能な位置 顎部分
搭載機能 記載等なし

Lupholue オートバイヘルメットチンストラップマウントをおすすめする理由

  • 耐衝撃性が高いです。
  • 滑り止めが付いているのでカメラがずれません。
  • 装着が簡単です。

GLupholue オートバイヘルメットチンストラップマウントの評価とレビュー

ベルト式でしっかりと固定ができます。
ヘルメットに付けるものの中で、ベルトを選ぶ時にカメラがずれてしまうのでは?という疑問が出てきます。普段、腰につけるベルトでも歩ている間にずれてしまったりするので、固定がしっかりできるか不安になる気持ちは分かります。

しかし、こちらのベルトはしっかりと滑り止めが付いていますしずれない様にしっかりとデザインされているのです。そのため、長時間付けていても顎部分からずれることはないので、ぶれることなくしっかりとした映像を撮ることができますよ。

第9位 GLIDER GoPro用 ヘルメット用ハウジングマウント


GLIDER GoPro用 ヘルメット用ハウジングマウントの仕様・製品情報

メーカー GLIDER
取り付け方法 粘着シート
取り付け可能な位置 頭頂部
搭載機能 スライド式のロック付き/360度回転式

GLIDER GoPro用 ヘルメット用ハウジングマウントをおすすめする理由

  • 回転ベースをスライドでロック解除できます。
  • 三脚に取り付けできるカメラすべてで使えます。
  • 3M両面テープがついています。

GLIDER GoPro用 ヘルメット用ハウジングマウントの評価とレビュー

360度撮ることができます。
ヘルメットに付けてしまうと、同じ方向しか撮る事ができないので使いづらさを感じている方もいます。しかし、こちらのアイテムは360度回転することが出来るので、本当に撮りたい所をとることが出来るのです。

撮る場所へのこだわりが強い方やいろいろな使い方をするのであれば、こちらのアイテムのように360度好きなところを撮れるものを選ぶと使いやすい事でしょう。また、360度回転しますが、スライド式のロックなのでロックするのも解除するのも操作が楽なので嬉しいですね。

第8位 SUREWO ヘルメット カメラ マウント


SUREWO ヘルメット カメラ マウントの仕様・製品情報

メーカー SUREWO
取り付け方法 粘着シート
取り付け可能な位置 ヘルメットのどこにでも可能
搭載機能 180度回転

SUREWO ヘルメット カメラ マウントをおすすめする理由

  • 耐久性が以前よりも高くなっています。
  • ネジで簡単に角度を調節できます。
  • シンプルなデザインで付けていても気になりません。

SUREWO ヘルメット カメラ マウントの評価とレビュー

スポーツなどに向いています。
こちらのメーカーは他にもヘルメットに装着できる物を作っていたのですが、こちらは更に改良されて耐久性が優れています。そのため、スポーツなどで使用したい方にとっておきのアイテムです。

スポーツは一人でも団体でも転んだりぶつかったりするので衝撃に強いものを購入することが大切になります。こちらのアイテムのように耐久性が強いものは壊れにくいだけではなく、衝撃を受けたことでカメラを落としてしまう心配も最小限になるので、心配な方はこちらを購入してみて下さい。

第7位 Tbest 90度回転 カメラマウント


Tbest 90度回転 カメラマウントの仕様・製品情報

メーカー Tbest
取り付け方法 ネジ固定式
取り付け可能な位置 記載等なし
搭載機能 90度回転

Tbest 90度回転 カメラマウントをおすすめする理由

  • 長寿命で長く使えます。
  • ほとんどのヘルメットに適しています。
  • とても軽くて負担が少ないです。

Tbest 90度回転 カメラマウントの評価とレビュー

長寿命が魅力のアイテムです。
頻繁に使用していたり、長期間使用していると段々固定部分が弱くなってきたりして買い替えを考える方も多いです。しかし、こちらのアイテムは長寿命を魅力として皆さんに伝えています。実際にプラスチック製でとてもしっかりとした作りになっているため、劣化も少ないのだと感じました。

また、ほとんどのヘルメットベースに適しているところも魅力的です。ヘルメットを選ばずに付けられるこちらのアイテムはぜひ、購入する際の候補に入れてみて下さい。

第6位 Taisioner オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント


Taisioner オートバイヘルメット用下顎ストラップマウントの仕様・製品情報

メーカー Taisioner
取り付け方法 ベルト式
取り付け可能な位置 顎部分
搭載機能 記載等なし

Taisioner オートバイヘルメット用下顎ストラップマウントをおすすめする理由

  • 取り付け・取り外しが簡単です。
  • オートバイヘルメットならほとんどのものに対応できます。
  • 延長アダプターで前後に調節できます。

Taisioner オートバイヘルメット用下顎ストラップマウントの評価とレビュー

バイクでの撮影に適しています。
こちらのアイテムはバイク用のヘルメット用に作られています。そのため、スピードが早くなっても対応できるように作られていますし、安定性にも優れているアイテムです。

バイクのようにスピードが出てしまうとその関係でカメラがずれてしまうこともあるのですが、こちらのアイテムはそのような心配はいりません。カメラがずれてしまうことに不具合を感じている方や、バイクの時に使用したい方はぜひ、こちらのアイテムを使ってみて下さい。

第5位 AxPower ヘルメット カメラ マウント


AxPower ヘルメット カメラ マウントの仕様・製品情報

メーカー AxPower
取り付け方法 粘着シート
取り付け可能な位置 どこにでも可能
搭載機能 180度回転

AxPower ヘルメット カメラ マウントをおすすめする理由

  • 北米やヨーロッパから高い評価を受けています。
  • 100パーセントの返金保証が付いています。
  • 振動に強い粘着シートです。

AxPower ヘルメット カメラ マウントの評価とレビュー

世界で評価が高いです。
世界的に見ても日本はとても小さい国なので、日本というよりもこちらのアイテムのように北米やヨーロッパから評価を受けていることはとても魅力です。また、これだけの国から評価を受けているため安心で安全なのだということも分かりますよね。

GoProも安いものではないので、落としたりすることは避けたいです。そんな時にこちらのように評価を受けていることが分かるアイテムはとても魅力で選ぶ時のポイントの1つとなりますね。

第4位 GoPro ヘルメットマウント AHFSM-001


GoPro ヘルメットマウント AHFSM-001の仕様・製品情報

メーカー GoPro
取り付け方法 粘着シート
取り付け可能な位置 頭頂部/サイド
搭載機能 記載等なし

GoPro ヘルメットマウント AHFSM-001をおすすめする理由

  • 微調整がとても楽にできます。
  • 風圧に強いです。
  • 長時間使用していても傾いたりすることはありません。

GoPro ヘルメットマウント AHFSM-001の評価とレビュー

微調整がしやすいアイテムです。
映像を撮るにあたって、ちょっとした角度で映像が違って見えます。そのため「〇度回転する」というよりも「微調整可能」の方が魅力を感じる方が多いです。ただ、微調整となると力の入れ具合で角度が変わるので難しいのですが、こちらのアイテムは微調整が楽にできます。

実際に微調整がしやすいというような口コミも多くありました。実際に使った人たちの意見はとても参考になります。また。バイクに乗っていても風圧などで角度が変わることがないので安心して使えますよ。

第3位 Vamson バイクヘルメット顎マウント


amson バイクヘルメット顎マウントの仕様・製品情報

メーカー Vamson
取り付け方法 粘着パッド
取り付け可能な位置 頭頂部/サイド/顎
搭載機能 180度回転

amson バイクヘルメット顎マウントをおすすめする理由

  • 3種類の保護が付いています。
  • 防水備え袋が付いていて小物をしまっておけます。
  • ドライバーがついてきます。

amson バイクヘルメット顎マウントの評価とレビュー

持ち運びしやすく使いやすいです。
ヘルメットに付けるため、いろいろなアイテムの1つ1つがとても小さく無くしやすいです。しかし、こちらのアイテムは防水備え袋が付いているので小物を全部締まっておくことができます。袋が付いているため持ち運びもしやすいですし、使い終わった後も収納がとても楽です。

また、こちらのアイテムを購入するとドライバーもついてくるので角度調節なども簡単にすることができます。実際に使う方の事を考えられてのアイテムだということがすぐに分かり好感がもてました。

第2位 UTEBIT GoPro用マウント


UTEBIT GoPro用マウントの仕様・製品情報

メーカー UTEBIT
取り付け方法 記載等なし
取り付け可能な位置 記載等なし
搭載機能 360度回転

UTEBIT GoPro用マウントをおすすめする理由

  • 丈夫で錆びに強いです。
  • 軽くて持ち運びに便利です。
  • 耐久性に優れています。

UTEBIT GoPro用マウントの評価とレビュー

使う人のことを考えられています。
ヘルメット用で耐久性に優れているものはたくさんありますが、こちらのアイテムのように錆びに強いアイテムはなかなかありません。どのアイテムも角度調節が可能だということはネジをしようしていることになります。

そのため、錆びに弱いと錆びてしまいネジが回しにくく角度調節がしづらくなる可能性もあるのです。こちらのアイテムはそのような心配をする必要はないですし、軽くて持ち運びにも便利なのでおすすめになります。

第1位 FiTSTILL GoPro カメラ用防水ケース


FiTSTILL GoPro カメラ用防水ケースの仕様・製品情報

メーカー FiTSTILL
取り付け方法 記載等なし
取り付け可能な位置 記載等なし
搭載機能 記載等なし

FiTSTILL GoPro カメラ用防水ケースをおすすめする理由

  • 保証期間が無期限です。
  • ダブルスナップデザインでGoProをしっかりと保護してくれます。
  • 防水性に優れています。

FiTSTILL GoPro カメラ用防水ケースの評価とレビュー

水中やウィンタースポーツでの撮影に向いています。
こちらのアイテムは他のアイテムよりも圧倒的に口コミが多いです。防水性に優れていますし、何よりも保証期間が無期限というところがメーカー側が自信を持っていることがわかります。

また、ダブルスナップデザインなので水中などで衝撃を受けても開くことがない様にしっかりと研究されているのです。そのため、水中撮影やウィンタースポーツなどでの撮影に向いているアイテムになります。また、口コミを見てもわかるように使いやすく評価も高いので、ぜひ使ってみて下さい。

まとめ

GoPro用でヘルメットにつけるアイテムはたくさんあります。それぞれ装着方法も違いますし、付ける場所も違うために、あなたがどのような用途で購入するのかをはっきりしておく必要があるのです。また、頻繁に使う方はいくつか持っておいて使う場所やヘルメットによって使い分けるのも楽しいかもしれません。

映像は付ける位置によって全く違うものになるので、粘着シートのように一度付けると取れないようなアイテムの時は気を付けるようにしてください。素敵なアイテムで素敵な映像が撮れる事を今以上に楽しめると良いですね。

GoPro ヘルメットに関連する他の記事もおすすめ!!

GoPro用バッテリー【最新版】GoPro用バッテリーの選び方と人気おすすめ10選 GoProGoPro用SDカードの選び方と人気おすすめランキング10 ロードバイク用カメラロードバイクにおすすめのカメラの選び方と人気おすすめ10選【最新版】 登山 カメラ登山用カメラの選び方と人気おすすめランキング10【最新版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です