【アウトドア初心者必見】おすすめ焚き火台の選び方と人気ランキングTOP10

【アウトドア初心者必見】おすすめ焚き火台の選び方と人気おすすめランキングTOP10

暖を取ったり、料理を作ったり等、用途の広さが魅力の「焚き火台」。

キャンプには欠かせない定番アイテムの一つでもあります。

焚き火台にも様々な種類が存在しており、自分に合ったものを選ぶには予備知識が必要となりますね。

そこで今回は焚き火台の価格帯や種類、選び方に人気おすすめ10選等、焚き火台関連の最新情報をお届けさせていただきましょう!

また、おすすめ寝袋に関する記事もおすすめです!
【快適な寝心地】おすすめ寝袋の選び方と人気ランキングTOP10【快適な寝心地】おすすめ寝袋の選び方と人気ランキングTOP10

焚き火台の価格帯

価格帯

焚き火台の価格帯としては1,100円~18,480円の間となります。

ですので、安いものをお探しの方は1,200円前後の焚き火台を探してみるのが良いでしょう。

一般的には6,000円前後のものが人気です。

ご自身の予算に合わせて最適な焚き火台を探してみてくださいね!

焚き火台の種類

ここでは焚き火台の種類をご紹介します。この記事では

  • グリル兼用タイプ
  • ネイチャーストーブタイプ
  • メッシュタイプ

の3つについてご紹介します。

グリル兼用タイプ

グリル兼用タイプ

グリル兼用タイプは焚き火台とバーベキューグリルが一体となったタイプの通称。

耐久性と汎用性に優れているのが主な特徴ですね。

焚き火・料理両方をこなすことのできる汎用性とステンレス素材で作られている高い耐久性はメリットとして挙げられるでしょう。

一方でメッシュタイプと比較した際、価格が高めなのはデメリットに入ってくるかと思います。

以上の特徴を踏まえると耐久性の高さと利便性で選びたい方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

ネイチャーストーブタイプ

ネイチャーストーブタイプ

ネイチャーストーブタイプとは落ちている枝や枯れ葉を燃料にして使える焚き火台の通称。

燃焼効果も高く、暖を取る使い方から料理用まで、多様な使い方ができる使い勝手の良さもメリットとして挙げられます。

特性上、暖かさが一番の魅力と言えるのではないでしょうか?

ただ、このタイプはコンパクトなものが多く、持ち運びしやすい反面、安定感に欠く部分があります。

そのため、突然の強風等といった外的要因に左右されやすいところはデメリットですね。

以上の特徴を踏まえると使い勝手の良さと暖かさを重視する方向けの商品と言えるでしょう。

メッシュタイプ

メッシュタイプ

メッシュタイプの特徴は価格の安さと収納力の高さの2点。

全タイプ中、最も安価であることと軽く、持ち歩きやすい携帯性の高さはメリットとして挙げられます。

ただ、軽量であるために安定感が低いことと素材の耐久性が低い辺りはデメリットとなってしまいますね。

調理が難しいところもメッシュタイプの欠点になってしまいます。

それでも価格の安さと収納力の高さは他のタイプにない魅力ですから、安価で持ち運びやすい焚き火台を探しているのであればメッシュタイプがおすすめですよ。

焚き火台の選び方

ここでは焚き火台の基本的な選び方についてご紹介します。この記事では

  • 焚き火台の使用目的
  • 収納と撤収
  • サイズ

の3ポイントについてご紹介します。是非、参考にしてみてくださいね!

1.焚火台の使用目的

1.焚火台の使用目的

まず、焚き火台の使用目的を明確にしておくことが大切です。

焚き火専用として考えているなら、火力の強い「ネイチャーストーブタイプ」。

料理もしたいなら、「グリル兼用タイプ」。

携帯性の高さで選ぶなら、「メッシュタイプ」。

といった感じですね。

使用目的をはっきりさせることで自分に合ったものを見つけやすくなりますから、選ぶ際には予め、どの点を重視するかを決めておくと良いでしょう。

2.収納と撤収

2.収納と撤収

焚き火台を選ぶ際に重要なのが、収納力や撤収のしやすさに関することで収納力だと折りたたみできる物や分解可能な物がおすすめとなります。

そのため、タイプだけではなく、分解可能かどうかや折りたたみできるか等も確認しておいた方が良いでしょう。

また、後片付けの際、灰受けが外せるものだと使用後の灰を簡単に捨てることができるので、後始末が面倒な方は灰が捨てやすいモデルを探してみるのも一つの手ですね。

3.サイズ

3.サイズ

焚き火台のサイズについてですが、2~4人用であれば30×30cm程度が目安となります。

ソロキャンプなら一回り小さい20×20cm、お湯を沸かすような簡易的な使い方を想定しているのであれば10×10cmでも十分ですね。

基本、サイズは人数に比例するものなので、人数が多い場合は大きめの物を選び、少なければ小さい物を選ぶといった考え方で問題はないでしょう。

上記の数字を参考にしていただき、適切なサイズの物を選ぶようにしてください。

アウトドア初心者でも使いやすい焚き火台の人気おすすめランキング10

人気でおすすめの焚き火台を10選ご紹介します。是非、参考にしてみてください。

1.UNIFLAME ファイアグリル 683040|ユニフレーム(UNIFLAME)


UNIFLAME ファイアグリル 683040|ユニフレーム(UNIFLAME)の仕様・製品情報

定価 7,500円
メーカー ユニフレーム(UNIFLAME)
サイズ 430×430×330(網高)mm
素材 ステンレス

UNIFLAME ファイアグリル 683040|ユニフレーム(UNIFLAME)をおすすめする理由

  • 高い耐久性!
  • 十分なサイズ!
  • 抜群の安定感!

UNIFLAME ファイアグリル 683040|ユニフレーム(UNIFLAME)の評価とレビュー

サイズ
(5.0)
重量
(3.5)
使いやすさ
(4.0)
耐久
(5.0)
総合評価
(4.0)

全ての面でトップクラスの性能を誇る焚き火台!

本製品の特徴は耐久性・サイズ・安定感のどれを取っても高レベルにあること、この点に尽きます。

耐久性の高さはもちろんのこと、3・4人で使用しても問題ない十分なサイズは評価ポイントに入ってきますね。

立てた時の安定感も抜群で多少の風に煽られてもビクともしない辺りは大きな魅力ではないでしょうか?

以上の特徴を踏まえると性能バランスに優れた焚き火台をお探しの方向けの商品と言えるでしょう。

2.ファイアスタンド2 683064|ユニフレーム(UNIFLAME)


ファイアスタンド2 683064|ユニフレーム(UNIFLAME)の仕様・製品情報

定価 6,400円
メーカー ユニフレーム(UNIFLAME)
サイズ 400×400×300mm
素材 特殊耐熱鋼FCHW2

ファイアスタンド2 683064|ユニフレーム(UNIFLAME)をおすすめする理由

  • 軽量設計!
  • 組み立てが簡単!
  • コンパクト仕様!

ファイアスタンド2 683064|ユニフレーム(UNIFLAME)の評価とレビュー

サイズ
(5.0)
重量
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
耐久
(3.5)
総合評価
(4.0)

高い収納力がウリの焚き火台!

本製品の特徴は高い収納力、この点に尽きます。

非常に軽く、収納時のサイズがコンパクトである辺りはメッシュタイプの良さを生かしているという意味で評価ポイントに入ってくるでしょう。

また、組み立てが簡単なのもいいですね。

焚き火台は物によっては設置が大変なケースも見られるため、この点もメリットに入ってくるかと思います。

以上の特徴を踏まえると高い収納力を誇る焚き火台をお探しの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

3.ネイチャーストーブ 683033|ユニフレーム(UNIFLAME)


ネイチャーストーブ 683033|ユニフレーム(UNIFLAME)の仕様・製品情報

定価 5,500円
メーカー ユニフレーム(UNIFLAME)
サイズ 130×130×160mm
素材 18-8ステンレス

ネイチャーストーブ 683033|ユニフレーム(UNIFLAME)をおすすめする理由

  • 火力の強さ!
  • 軽量仕様!
  • コスパの良さ!

ネイチャーストーブ 683033|ユニフレーム(UNIFLAME)の評価とレビュー

サイズ
(3.5)
重量
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
耐久
(4.0)
総合評価
(4.0)

小さいながらもよく燃えるネイチャーストーブタイプの焚き火台!

本製品の特徴は火力の強さと軽量仕様であることの2点。

小さいながらも十分な火力を持っており、わずか320gの軽さは携帯性の面で高いレベルを誇っています。

ネイチャーストーブタイプということで落ち葉や枯れ葉等、その辺に落ちているものを燃料化できる辺りも実用性が高く、評価ポイントに入ってきますね。

価格も5千円台と手が届きやすい値段設定でコスパの良さも光ります。

以上の特徴を踏まえると携帯性が高く、実用性に優れた焚き火台をお探しの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

4.焚火台 L ST-032R|スノーピーク(snow peak)


焚火台 L ST-032R|スノーピーク(snow peak)の仕様・製品情報

定価 15,600円
メーカー スノーピーク(snow peak)
サイズ 430×430×330mm
素材 ステンレス

焚火台 L ST-032R|スノーピーク(snow peak)をおすすめする理由

  • サイズの大きさ!
  • 抜群の安定感!
  • 知名度の高いメーカー品!

焚火台 L ST-032R|スノーピーク(snow peak)の評価とレビュー

サイズ
(5.0)
重量
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
耐久
(4.5)
総合評価
(4.0)

抜群の安定感がウリの焚き火台!

本製品の特徴は抜群の安定感とサイズの大きさの2点。

サイズの大きさは料理を作る際に効率を高めることができるので評価ポイントに入ってきます。

加えて、上にダッチオーブンや鉄板を置いてもビクともしない安定感の高さも魅力の一つでしょう。

知名度の高いスノーピーク製なのも安心感があっていいですね。

以上の特徴を踏まえると安定感が高く、サイズの大きめな焚き火台をお求めの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

5.ネイチャーストーブL 683057|ユニフレーム(UNIFLAME)


ネイチャーストーブL 683057|ユニフレーム(UNIFLAME)の仕様・製品情報

定価 6,700円
メーカー ユニフレーム(UNIFLAME)
サイズ 200×210×250mm
素材 18-8ステンレス+特殊耐熱鋼

ネイチャーストーブL 683057|ユニフレーム(UNIFLAME)をおすすめする理由

  • コスパが良い!
  • 燃料補給用の扉付き!
  • その場で燃料調達が可能!

ネイチャーストーブL 683057|ユニフレーム(UNIFLAME)の評価とレビュー

サイズ
(4.5)
重量
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
耐久
(5.0)
総合評価
(4.0)

燃料が入れやすい扉付きモデル!

本製品の特徴は燃料が入れやすい扉が付いていることとその場で燃料調達が可能であることの2点。

サイズもLでちょうど良く、コスパの良さも魅力ですね!

ネイチャーストーブタイプ特有の燃料調達のしやすさと扉が付いたことによる利便性の向上は評価ポイントに挙げられるかと思います。

以上の特徴を踏まえると利便性の高いネイチャーストーブタイプをお求めの方向けの商品でしょう。

6.ピラミッドグリルM 81063104|ロゴス(LOGOS)


ピラミッドグリルM 81063104|ロゴス(LOGOS)の仕様・製品情報

定価 記載等なし
メーカー ロゴス(LOGOS)
サイズ 幅36×奥行36×高さ20.5cm
素材 ステンレス

ピラミッドグリルM 81063104|ロゴス(LOGOS)をおすすめする理由

  • キャリーバッグ付き!
  • 簡単設計!
  • 高い耐久性!

ピラミッドグリルM 81063104|ロゴス(LOGOS)の評価とレビュー

サイズ
(4.0)
重量
(3.5)
使いやすさ
(4.0)
耐久
(4.0)
総合評価
(3.5)

20秒程度で組み立てられる簡単さが魅力の一品!

本製品の特徴は簡単設計で組み立てが簡単なことと耐久性の高さの2点。
組み立てと収納の簡単さは同程度のサイズの物と比べてもトップクラス!

耐久性にも優れており、長く使えるのも本品の魅力として挙げられますね。

また、キャリーバッグが付いているため、収納後、持ち運びしやすいのも評価ポイントに入ってくるでしょう。

以上の特徴を踏まえると組み立てが簡単でしっかりした作りの商品をお探しの方へおすすめしたい商品です。

7.ステンレスファイヤープレートM 170-9251|コールマン(Coleman)


ステンレスファイヤープレートM 170-9251|コールマン(Coleman)の仕様・製品情報

定価 記載等なし
メーカー コールマン(Coleman)
サイズ 50×50×44cm
素材 ステンレス

ステンレスファイヤープレートM 170-9251|コールマン(Coleman)をおすすめする理由

  • 引き出し式の灰受け!
  • 大型サイズ!
  • 清掃が楽!

ステンレスファイヤープレートM 170-9251|コールマン(Coleman)の評価とレビュー

サイズ
(5.0)
重量
(3.0)
使いやすさ
(4.5)
耐久
(5.0)
総合評価
(4.0)

大型サイズと引き出し式の灰受けが特徴の一品!

本製品の特徴は大型サイズと引き出し式の灰受けであることの2点。
サイズの大きさは調理効率の高さに繋がると共に大人数での使用にも適しています。

その分、重さがあるのは痛いところですが、裏を返すと安定感が高いとも言えますね。
加えて、灰受けが引き出し式のため、後始末しやすいのも魅力と言えるでしょう。

また、素材に使われているステンレスは水をかけることができるので、清掃が楽なのもGOOD!

以上の特徴を踏まえるとサイズの大きさと後片付けのしやすさで選びたい方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

8.ロストル・スペシャル 003|ホリデーロード(HOLIDAY ROAD)


ロストル・スペシャル 003|ホリデーロード(HOLIDAY ROAD)の仕様・製品情報

定価 記載等なし
メーカー ホリデーロード(HOLIDAY ROAD)
サイズ 記載等なし
素材 ステンレス

ロストル・スペシャル 003|ホリデーロード(HOLIDAY ROAD)をおすすめする理由

  • 耐荷重の高さ!
  • 薪をくべやすい仕様!
  • 燃料効率が高い!

ロストル・スペシャル 003|ホリデーロード(HOLIDAY ROAD)の評価とレビュー

サイズ
(4.0)
重量
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
耐久
(4.5)
総合評価
(3.5)

燃焼効率の高さと薪をくべやすい仕様が魅力の一品!

本製品の特徴は燃焼効率の高さと薪をくべやすい仕様の2点。

燃焼効率を高めるために井桁と火床にパンチングメッシュ板を使用する等、こだわりを持って作られているところには好感が持てます。

加えて、薪をくべやすい仕様も細かい火力調節ができるという意味で評価ポイントに入ってきますね。

また、耐荷重も高く、ダッチオーブンや鍋を乗せても問題なく使用できる辺りもGOOD!

以上の特徴を踏まえると燃焼効率が高く、耐荷重に優れた焚き火台をお求めの方へおすすめしたい商品です。

9.焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火|Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE


焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火|Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFEの仕様・製品情報

定価 5,980円
メーカー Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE
サイズ 40×22×26cm
素材 ステンレス

焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火|Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFEをおすすめする理由

  • 優れた携帯性!
  • 高い耐久性!
  • 燃焼性に優れる!

焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火|Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFEの評価とレビュー

サイズ
(4.0)
重量
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
耐久
(4.5)
総合評価
(4.5)

性能バランスに優れた一台!

本製品の特徴は性能バランスに優れていること、この点に尽きます。

軽量で折りたたむことができ、A4サイズまで圧縮できる携帯性の高さは評価ポイントに入ってくるでしょう。

その他、耐久性の高さやしっかりした安定感、燃焼性を重視した仕様は素晴らしく、バランスの良さが光ります。

性能の良さを踏まえるとコスパも良いと言っていいですね。

以上の特徴を踏まえると性能バランスの良い焚き火台をお探しの方向けの商品と言えるのではないでしょうか?

10.バーベキューコンロ 焚き火台 アウトドアコンロ 折りたたみ BBQコンロ 1台2役 2-4人用 ステンレス鋼 サイズ:31CM*31CM*20CM|CARBABY


バーベキューコンロ 焚き火台 アウトドアコンロ 折りたたみ BBQコンロ 1台2役 2-4人用 ステンレス鋼 サイズ:31CM*31CM*20CM|CARBABYの仕様・製品情報

定価 2,980円
メーカー CARBABY
サイズ 31×31×20cm
素材 430ステンレス

バーベキューコンロ 焚き火台 アウトドアコンロ 折りたたみ BBQコンロ 1台2役 2-4人用 ステンレス鋼 サイズ:31CM*31CM*20CM|CARBABYをおすすめする理由

  • コスパが良い!
  • 携帯性の高さ!
  • バリ取り済み!

バーベキューコンロ 焚き火台 アウトドアコンロ 折りたたみ BBQコンロ 1台2役 2-4人用 ステンレス鋼 サイズ:31CM*31CM*20CM|CARBABYの評価とレビュー

サイズ
(4.0)
重量
(4.0)
使いやすさ
(4.5)
耐久
(4.0)
総合評価
(4.0)

携帯性の高さと優れたコスパが特徴の焚き火台!

本製品の特徴は携帯性の高さと優れたコスパの2点。

比較的軽量で折りたたむことができ、携帯性に優れているのは本品の魅力の一つに挙げられるでしょう。

他にも組み立てが簡単であることや3千円を切る価格の安さも評価ポイントに入ってきますね。

また、バリ取り済みなので指を切る心配もありません!

以上の特徴を踏まえると優れた携帯性とコスパの良さ、組み立ての簡単さなどに魅力を感じる方へおすすめしたい商品です。

まとめ

この記事では焚き火台の価格帯や種類、選び方に人気おすすめ8選などを中心にご紹介しました。

選び方では焚き火台の使用目的や収納と撤収、サイズが重要でしたね。
この記事を参考にしていただき、是非、あなたに合った焚き火台を探してみてください!

その他の焚き火台関連記事もチェック!!

【アウトドア初心者必見】おすすめランタンの選び方と人気ランキングTOP10【アウトドア初心者必見】おすすめランタンの選び方と人気ランキングTOP10 【2020年最新版】おすすめテントの選び方と人気ランキングTOP10【2020年最新版】おすすめテントの選び方と人気ランキングTOP10 テントマット【最高の寝心地!】テントマットのおすすめランキング10選!登山などのアウトドアシーンで大活躍! 石油ストーブ【最強低燃費はこれ!】おしゃれな石油ストーブの選び方と人気おすすめ10選 |小型モデルや低燃費モデルをご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です