ベビーベッドの選び方と人気おすすめ10選!折りたたみ式やミニサイズのものまで幅広くご紹介!

ベビーベッド

出産準備の中に必ずピックアップされるベビーベッドは、赤ちゃんのお世話をする時にとても役立つアイテムです。

ベビーベッドを使用することで、ベッドで寝ている親も同じ高さで赤ちゃんを見守ることができます。

また、リビングに置いておくことで、おむつ替えをしゃがまなくてもできるので、腰痛防止にもなるのです。

今回は便利なアイテムとなるベビーベッドの選び方と人気おすすめ10選をランキング形式にてご紹介します!

また、ベビーベッドガードに関する記事もおすすめです!
赤ちゃん 寝る【安心安全】赤ちゃん用ベッドガードの選び方と人気おすすめランキング10

ベビーベッドの基本情報

ベビーベッドは赤ちゃんが産まれてから、1歳から2歳ころまで使うことのできるベッドです。赤ちゃんが心地よく安全に過ごすためにベビーベッドは必要なものになります。

この記事では

  • ベビーベッドって何?
  • 何歳から何歳まで使える?
  • ベビーベッドの価格はどのくらい?
  • ベビーベッドのレンタルもあり!

の4つについてご紹介します!

ベビーベッドって何?

ベビーベッド
ベビーベッドと普通のベッドとの大きな違いは、赤ちゃんが寝がえりをしたりしても落ちることのない様に柵がついているところです。

大人はベッドから落ちたとしても大きな怪我に繋がる可能性は低いですが、赤ちゃんの場合はベッドから落ちてしまうと大きな怪我に繋がってしまうこともあります。

また、赤ちゃんが落ちてしまう可能性があるとママたちもゆっくり寝られませんよね。親子共に安心して睡眠をとるためにベビーベッドは大活躍してくれますよ。

何歳から何歳まで使える?

対象年齢
ベビーベッドは赤ちゃんの時にだけしか、使わないと考えている方は多いですが、実は2歳ころまで使えるものが多いです。

ベビーベッドは安い買い物ではないので、短い期間でしかつかわないのであれば、購入を迷ってしまうこともあるでしょう。

しかし、2歳ころまで使えるとなるとどうでしょうか?2年間使えるとなれば、そこまで高い買い物にも感じないはずです。

ただ、赤ちゃんによっては2歳前に「親と一緒に寝たい」と言うこともあります。

しかし、二人目、三人目と出産を考えているのであれば、次も使うことが出来るので初めての出産の際には買っておいて損はしないでしょう。

ベビーベッドの価格はどのくらい?

予算
ベビーベッドの価格は平均的に2万円前後です。

やはりベビー用品の中では高額なものとはなりますが、高いしっかりと丈夫に作られていますし、ベビーベッドによっては収納ができるようにもなっています。

赤ちゃんが寝るためのものですが、ママたちの使いやすさも考えられているので、いろんな工夫がされているものが多いです。

通気性のいいものや、折り畳みが簡単なもの、また、デザイン性に優れていてリビングに置いていてもおしゃれにみえるものなどたくさんあります。

必要な機能と価格を考えて購入するようにしましょう。

ベビーベッドのレンタルもあり!

ベビーベッドレンタル
ベビーベッドの価格の高さがどうしても気になる方や、兄弟を考えていない方にとってはベビーベッドの購入が負担に感じる方も多いでしょう。

そのような方にはベビーベッドのレンタルを使用する事をおすすめします。

レンタルになるので、使わなくなったら返すため収納のことを考えなくても良いです。

また、ちょっとの期間だけベビーベッドを使いたい方にはレンタルのほうが安くすむこともあります。

赤ちゃんがいる生活を想像してみて購入するのか?レンタルにするのか?考えてみて下さい。

ベビーベッドの選び方

いろんな種類のベビーベッドがあるので、選ぶのが難しいです。そこで、どのようなポイントをおさえて選べばいいのかお伝えしましょう。

ここでは

  • 安全性が最重要!
  • 折りたたみ式がおすすめ
  • サイズを必ず確認しよう
  • 口コミも大切!確認しよう!

の4つについてご紹介します。

安全性が最重要!

赤ちゃん安全
赤ちゃんが使うものは、どんなアイテムでも安全性が大切になってきます。

ベビーベッドの場合はPSCマークSGマークがついていることを確認してください。

PSCマークは日本で定められた基準を満たしているというマークになります。

また、SGマークは製品安全性協会が認めたというマークになります。

それぞれを満たしていることによって、赤ちゃんが使っても安全だということに繋がってくるのです。

これらのマークは知っていない人が多く、購入する際に確認している方は少ないと言われています。

しかし、ベビーベッドを使ううえでとっても大切なマークになりますので、購入する際にはきちんと確認するようにしてください。赤ちゃんが安全に過ごせることを1番に考えてあげましょう。

折りたたみ式がおすすめ

折りたたみ式ベビーベッド
折り畳み式のベビーベッドの最大のメリットは収納に場所をとらないことです。

ベビーベッドは大きいので、収納に困ってしまう方は多くいます。アパートなど家が狭い方には折り畳み式のベビーベッドがおすすめです。

また、持ち運びをしやすいのが特徴となりますので、引っ越しが控えている方などにもおすすめになります。

普段の生活の中でベビーベッドを移動出来たら楽だと感じている方や、収納に頭を抱えているかたは折り畳み式のベビーベッドにしましょう。

サイズを必ず確認しよう

サイズ
ベビーベッドのサイズは1サイズしかないと思われがちですが、実はミニサイズのベビーベッドもあります。

ミニサイズのベビーベッドは30㎝程横幅が狭まるので、使える期間が短くなるのです。そのため、ちょっとの間だけ使いたいと考えている方にはミニサイズでも十分な活躍をしてくれるでしょう。

反対に、長く使いたいと考えている方はレギュラーサイズのものがおすすめになります。赤ちゃんがどれほどの期間ベビーベッドを必要とするのか考えてみて下さい。

口コミも大切!確認しよう!

口コミ
ベビーベッドのような高いアイテムこそ大切にして欲しいのが口コミです。

口コミを見ることで、実際に育児をしていてどのような困ったことがあったのか?どのような便利なことがあったのか?知ることができます。

また、それぞれ育児をする環境というのは違うので、サイズや使い勝手に悩んでいる方は同じような環境で育児をしている方を探して、どのようなベビーベッドを使っているのか参考にすると満足のいく買い物をすることができるはずです。

ベビーベッドの人気おすすめランキングトップ10

人気でおすすめのベビーベッドのTop10を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 エリーゼ ベビーベッド|スリーピー

エリーゼ ベビーベッド|スリーピーをおすすめする理由

  • 収納スペース付きです。
  • キャスター付きです。
  • キャスターにはストッパーがついています。

エリーゼ ベビーベッド|スリーピーの口コミとレビュー

移動が楽なベビーベッドです

赤ちゃんが寝ている時に移動をしたいときに、赤ちゃんを抱っこするとその刺激で起きてしまうことがあります。

そんなとき、こちらのベビーベッドのようにキャスターがついていると赤ちゃんへの刺激を最小限にして移動することが可能です。

アパートなどのワンフロアの場合は、こちらのベビーベッドがあるだけでリビングでのお世話も、寝室でのお世話もスムーズにすることができます。

また、キャスターにはストッパーもついているので、動くことに不安を感じることはないですよ。

第9位  ミニ立ちベッド プチバニラ |カトージ

ミニ立ちベッド プチバニラ |カトージをおすすめする理由

  • 床板の高さを調節できます。
  • スライド式の開閉扉です。
  • 収納扉がついています。

ミニ立ちベッド プチバニラ |カトージの口コミとレビュー

収納がしやすいベビーベッドです
ベビーベッドにこちらのような収納がついているのはとても活躍します。また、収納のものを取り出しやすい様に、収納扉がついているのも評価できる点です。

収納扉がついていることによって、赤ちゃんがベビーベッドにいたとしても移動させることなく、取り出すすることができます。

また、ベビーベッドの下が収納になっているということは、収納力の高さは抜群です。リビングなどに置いていたとしても、ベビーベッドの下にすべて収納することができるので、リビングにベビー用品が散らかることはなくなります。

第8位 折り畳みベビーベッド|グレコ

折り畳みベビーベッド|グレコをおすすめする理由

  • おもちゃバーがついています。
  • プレイヤードとして使えます。
  • 持ち運び用のカバーが付いています。

折り畳みベビーベッド|グレコの口コミとレビュー

赤ちゃんの成長に合わせて変化するベビーベッドです。
こちらのベビーベッドはベッドとしては、もちろんプレイヤードとしても使うことができます。

そのため、赤ちゃんが大きくなった際に、リビングで遊ぶための場所としても大活躍することでしょう。リビングで遊んでいる際に、ちょっと目を話したすきに怪我をしてしまうことってよくあります。

しかし、プレイヤードの中で遊んでいれば、ちょっと目を離したとしても赤ちゃんが勝手に出ていくことはないので安全に過ごすことができるのです。

大きくなってからも使えるベビーベッドは嬉しい機能になります。

第7位 happiness ベビーベッド|ヤトミ

happiness ベビーベッド|ヤトミをおすすめする理由

  • 木製のホワイトベッドはとてもおしゃれです。
  • 場所をとらないスライド扉です。
  • キャスターすべてにストッパーがついています。

happiness ベビーベッド|ヤトミの口コミとレビュー

狭い場所でも使いやすいスライド扉のベビーベッド

ベビーベッドの中にはスライド扉ではないものもあります。しかし、こちらのベビーベッドはスライド扉になっているために、アパートなど狭い場所でも簡単に扉の開閉をすることができるのです。

赤ちゃんをベビーベッドに寝かせている時に、おむつ替えをしたり、着替えをしたりすることで、ベビーベッドの扉を開けることは多くあります。

そのため、使いやすさを追求したベビーベッドにすることが日々の育児を楽しくできる1つの方法にもなるのです。

第6位 折り畳みミニベビーベッド|アップリカ

折り畳みミニベビーベッド|アップリカをおすすめする理由

  • 折り畳みをすることで、とてもコンパクトになります。
  • 収納袋がついているので、持ち運びが楽です。
  • 通気性の高いクッションを使用しています。

折り畳みミニベビーベッド|アップリカの口コミとレビュー

子供が心地よく過ごせるベビーベッド

産まれたすぐの赤ちゃんは抱っこされている時以外はずっと寝ていることになります。そのため、ベビーベッドのクッションがどのようなものなのか重要になってくるのです。

こちらのベビーベッドはクッション性が高いので、汗をかきやすい赤ちゃんでも心地よく過ごすことができます。

特に、夏など暑い時期に産まれる赤ちゃんの場合におすすめのベビーベッドです。通気性がいいだけでなく、体圧分散もできるので赤ちゃんの体に負担をかけることなく過ごせます。

第5位 SNIGLAR 20115750 ベビーベッド|イケア

SNIGLAR 20115750 ベビーベッド|イケアをおすすめする理由

  • シンプルでどの部屋にも置けるベビーベッドです。
  • ベッドベースの通気性が高いです。
  • ベッドベースの高さが調節できます。

SNIGLAR 20115750 ベビーベッド|イケアの口コミとレビュー

お座りやつかまり立ちをした時期も安全に過ごせます。

ベビーベッドのベッドベースが高い位置にあると、お座りができるようになったり、つかまり立ちをする時期になると転落危険性が高くなります。

しかし、イケアのベビーベッドはベッドベースの高さを調節することができるので、赤ちゃんの成長に合わせて安全な睡眠環境を作ることができるのです。

ベビーベッドは寝ている時はもちろん、起きた時のことも考えて安全に過ごせるようにしてあげることが大切になります。

また、イケアのベビーベッドはシンプルなデザインなので、置く場所を選ばないのも素敵です。

第4位 ベビーベッド ALICE アリス|石崎家具


ベビーベッド ALICE アリス|石崎家具をおすすめする理由

  • 曲線のあるデザインが高級感を感じます。
  • ベッド下に収納することができます。
  • スライド扉は金具でしっかりと固定されます。

ベビーベッド ALICE アリス|石崎家具の口コミとレビュー

高級感を感じるベビーベッド

ベビーベッドのデザインは四角のものが多く、なかなか曲線を描いているデザインはありません。

しかし、こちらのベビーベッドは曲線を描いたデザインになっており、高級感を感じさせてくれます。

また、丸みがあることから、とても優しい印象のベビーベッドとなるので、インテリアの1つとしても活躍しそうです。

ベビーベッドはリビングなどに置くとインテリアから浮いてしまうこともありますが、おしゃれさを感じさせてくれるこちらのベビーベッドはおしゃれなインテリアの中に置いてあっても、馴染んでくれるでしょう。

第3位 ベビーベッド プレイヤード|ママ&キッズ

ベビーベッド プレイヤード|ママ&キッズをおすすめする理由

  • メッシュ生地で通気性に優れています。
  • おむつ替えがついています。
  • 収納袋がついています。

ベビーベッド プレイヤード|ママ&キッズの口コミとレビュー

ママの使いやすさを考えているベビーベッドです。

こちらのベビーベッドは収納袋がついていたり、おむつ替えがついていたりとママの育児の大変さを理解してくれています。

おむつ替えの時もしゃがんだり、腰を曲げることによって腰痛になってしまいますが、おむつ替えを利用することによって、腰をほとんど曲げずにおむつを換えることができるのです。

また、収納袋がついていることで、おむつを入れたりガーゼを入れたりできます。一日の中で着替えを数回することもあるでしょう。そんな時に収納袋は大活躍してくれますよ。

第2位 ベッドサイドベッド|valdera

ベッドサイドベッド|valderaをおすすめする理由

  • ベッドサイドベッドにすることができます。
  • 折りたたむことができます。
  • 固定用ベルトがついています。

ベッドサイドベッド|valderaの口コミとレビュー

赤ちゃんの希望を叶えてくれるベビーベッド

赤ちゃんはある程度大きくなると、大人と同じベッドで寝たいという気持ちが出てきます。きっと一人で寝ることの寂しさを感じるのだと予想します。

そんな時、こちらのベビーベッドは片側の柵を外すことが出来るので、添い寝しながら寝ることができるのです。

ただ、ベッドにベビーベッドをくっつけているだけでは、間から赤ちゃんが落ちてしまわないか心配になります。

しかし固定用ベルトがついていますので、そのような心配もいらないのです。赤ちゃんの寂しい気持ちを理解しているベビーベッドになります。

第1位 組み替えて長く使えるロングライフ|キンタロー

組み替えて長く使えるロングライフ|キンタローをおすすめする理由

  • 日本製のベビーベッドです。
  • 収納ラックとしてのしようも可能です。
  • 通気性の良いひのきすのこを使用しています。

組み替えて長く使えるロングライフ|キンタローの口コミとレビュー

赤ちゃんが大きくなっても使うことが出来るベビーベッド

ベビーベッドは赤ちゃんが大きくなったら使うことがなくなります。しかし、こちらのベビーベッドは収納ラックとして使うことができるのです。

リビングで見せる収納として使用してもいいですし、子供部屋において子供の収納として使うこともできます。

名前の通り長い間使えるベビーベッドはとても便利です。価格的には少し高く感じるかもしれませんが、何年間も使えることを考えれば、買って損することはないでしょう。

また、日本製のベビーベッドということも安心して使える理由の1つです。

まとめ

ベビーベッドというのは、いろんな使い方ができます。そのため、どんな部屋でどのように使いたいのか?というところを明確にしておくことが大切です。

そうしておくことによって、必要なベビーベッドが分かりますし、いろんなベビーベッドを見ておくことによって、育児をしている時の負担をサポートしてくれるベビーベッドに出会えるかもしれません。

高いかいものだからこそ、下調べをきちんとしておくことで、理想のベビーベッドに出会えますよ。

合わせて読みたい!!

チャイルドシートチャイルドシートの選び方と人気おすすめ18選を年齢別にご紹介!【新生児から5歳まで】 ベビーチェア【口コミも】ベビーチェアの失敗しない選び方と人気おすすめ10選 ベビーモニター【赤ちゃんの怪我予防に】失敗しないベビーモニターの選び方と人気おすすめ10選 ベビーバスローブベビー用バスローブの選び方と人気おすすめ10選 | オーガニック素材の特徴などもご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です