【自宅のヨガや筋トレに!】ストレッチマットの選び方と人気おすすめランキング10選

ストレッチマット

日ごろ忙しい中家の中でできる運動不足やストレス解消に、ストレッチやヨガを始めてみようという方は多いのではないでしょうか。そのような軽い運動から、本格的な筋トレや体幹トレーニングまで、幅広いサポートをしてくれるのがストレッチマットです。

運動にマットを取り入れることで、どんな効果が期待できるのか紹介していきましょう。

また、活動量計に関する記事もおすすめです!
活動量計【最新版】活動量計の人気おすすめモデル10選 【健康管理やダイエットに!】

ストレッチマットの基本情報

そもそもストレッチマットとは、どのようなマットを指すのでしょうか。ストレッチマットならではの特徴や効果について見てみましょう。

  • そもそもストレッチマットとは?
  • ストレッチマットの効果と必要性
  • ストレッチマットの価格帯

そもそもストレッチマットとは?

はてな

ストレッチマットは名前のとおり、ストレッチや運動をするときに使うマットのことです。用途に合わせて「ヨガマット」や「スポーツマット」と呼ばれることもあります。

使い方によってさまざまな種類や素材、サイズがありますが、どれも運動時の体の動きをサポートして効果をアップしてくれたり、ケガを防止してくれたりといった効果があります。また床の冷たさや硬さを直に感じなくて済むため、体への負担も減らしてくれますよ。

ストレッチマットの効果と必要性

ストレッチマットの効果をさらに具体的に挙げてみましょう。フローリングで運動やトレーニングを行うと、汗で滑ったり、硬くて痛かったりすることがありますよね。そこで柔らかいマットを敷いておけば、体をダメージから防いでくれるので、子どもからご年配の方まで安心して運動することができますよ。

またマットは体勢をキープしやすくしたり、防音効果があったりと、さまざまな角度から運動のサポートをしてくれるのです。

  • 硬い床から体をケガや痛みから守り、安全に運動できる
  • 滑り止めによりバランスが取りやすくなるため、運動の効果を高めてくれる
  • 厚みがあるマットなら、ダンベルなどの器具を使ったトレーニングの際、防音効果が期待できる

ストレッチマットの価格帯

価格

ストレッチマットの価格はサイズや厚み、素材や機能の違いによって、大きく差がある印象です。タオルのように、薄くて折りたためるものは1000円以下。クッション性が高く、2人以上でも使える大きなサイズだと、5000円~1万円以上するものもあります。

ストレッチマットの選び方

次に、どのような点に気をつけてストレッチマットを選べばいいか考えてみましょう。マットの収納方法と素材の種類から、目的に合った選び方を見ていきます。

  • 収納の仕方をチェックしよう
  • 材質も確認しよう!
  • 厚みを確認しよう!
  • 滑り止め加工されているものがおすすめ

収納の仕方をチェックしよう

ストレッチマットには主に3つの収納方法があります。マットを片付けるときだけでなく、自宅で使用するか、ジムやヨガ教室などに持ち運んで使うかによっても、収納方法での選び方が重要になってきます。

ロールタイプ

ストレッチマット

クルクルと巻いて、細長い形にして収納するロールタイプ。丸めたあとはゴム製のベルトやストラップで固定したり、専用のケースに入れて収納します。ストレッチマットでは、一番よく見るタイプの収納方法ではないでしょうか。

非常にコンパクトになるので、自宅の狭いスペースでも置けますし、立てかけて収納することもできますね。便利な肩かけストラップがついているマットは、外出先で使いたいときに最適です!薄手のストレッチマットなら、巻きやすく重量も軽いので、さらに持ち運びやすくなりますよ。

折りたたみ式タイプ

ストレッチマット

ベッドマットレスにあるような、何度か折りたたむタイプの収納方法です。この収納方法は厚みがあり、クッション性の高いマットによく採用されています。マットの防音性を求める方は、このタイプのマットを探してみるといいですね。

使うときはサッと広げられ、邪魔になるときは布団のように折りたたんでおけるので、とても使いやすいです。しかし、ロールタイプのように長時間の持ち運びには向いていない形なので、自宅用のマットとして選びましょう。

ジョイントタイプ

ジョイントマット

パズルピースのように一枚ずつ外せる形のマットを、ジョイントタイプと呼びます。このタイプのマットは枚数を増やすだけで、好きなだけサイズを広げられるところが魅力ですね。

ストレッチマットとして販売されているものは、絨毯やラグの代わりに部屋に敷くジョイントマットよりも、耐久性が高めに作られています。ストレッチなどの軽い運動をする方よりも、ダンベルなどを使用したり、激しい筋トレをする方など、より広いスペースを必要とする方におすすめしたいタイプのマットです。

材質も確認しよう!

チェック
ストレッチマットはプラスチックや繊維、ゴムなどさまざまな素材で作られています。素材によって耐久性や価格が違いますので、自分に合ったマットを選ぶために、それぞれの特徴を知っていきましょう。

PVC(ポリ塩化ビニル)

プラスチックの一種で「ビニール」や「塩ビ」という名前でよく知られる素材です。ストレッチマットでは、最も多く使われています。リーズナブルな価格で手に入りやすいため、はじめてストレッチマットを買う方でも取り入れやすい素材でしょう。

種類も豊富で選びやすいのですが、水洗いできないという弱点をもっています。また使い始めのころ、プラスチック独特のニオイが気になる場合があります。

NBR(二トリルゴム)

合成ゴムの素材で熱や摩擦に強く、耐久性の高い素材です。クッション性があり、長時間使用しても劣化しにくいため、ストレッチマットにはピッタリの素材といえるでしょう。

ただし、性能が優れているぶん値段も高めです。長く使えるため、ストレッチマットを積極的に使用する方におすすめのマットですが、ときどき運動をするだけという方には少し手が出しにくいかもしれません。

PER(ポリマー環境樹脂)

PVCと似た性質をもっていますが、ニオイが少なめで焼却処分しても有害物質を出さないというエコな素材です。また水洗いが可能なものが多く、清潔にマットを使うことができます。グリップ力が高く床に敷いてもズレにくいため、激しく動いても安全ですね。

比較的値段も手ごろですが、この素材のストレッチマットは少なく、あまり出回っていないようです。

TPE(熱可塑性エラストマー)

プラスチックとゴムの両方のいいところを合わせもっており、燃やしても有害物質の出ない、環境に優しい素材です。弾力性に優れており、体をしっかりと包みこんでくれるので、薄手のマットでも痛くありません。

また、使い始めでもニオイがしないため、マットのニオイが気になる方におすすめします。軽く持ち運びやすいのですが、高温で変形してしまう特性をもっています。夏場やホットヨガなど、暑いところでの使用は注意が必要です。

天然ゴム

ゴムの木の樹液から作られる丈夫な自然素材です。ゴム特有の強い滑り止め効果があるので、運動効果を高めるサポートをしてくれます。トレーニングや筋トレをする方に最適のストレッチマットですね!

クッション性や柔軟性も申し分なしです。天然ゴム素材のデメリットは重さです。持ち運びは難しいため、自宅用のマットになりそうですね。

マイクロファイバー

ポリエステルやナイロンなどで作られた、髪の毛の100分の1ほどの極細繊維の素材です。やわらかい肌触りで、タオルのように吸水性に優れており、また水洗いしてもすぐ乾くため清潔に保てます。カラーバリエーションやデザイン性が高く、選ぶのが楽しくなるマットですね。

しかしこの素材のマットは薄手のものが多く、床の硬さを感じやすいので、ヨガマットなどあまり激しくない運動に使用するといいでしょう。

厚みを確認しよう!

ストレッチマット

運動やトレーニングのとき体が痛くならないよう、ストレッチマットにはある程度の厚みが欲しいものです。販売されているマットは、1~3㎜という薄いものから、10㎜~5㎝の厚いものまで幅広いものですよね。

マットの用途に合わせて選ぶのが基本ですが、どれくらいの厚みがいいか迷ってしまう方は、まず6㎜を目安にしてみましょう。6㎜という厚さは適度なクッション性があり、マットとして使いやすいうえに、ロールタイプでも巻きやすく重くなりすぎません。

滑り止め加工されているものがおすすめ

ストレッチマット

ストレッチマットにはさまざまな機能がついていますが、最も重視したいのが滑り止めです。滑り止め機能はケガを防止したり、床でマットズレないようにしてくれます。

それに加えて、ヨガや筋トレを行う際、バランスを保ちやすくなり、正しい姿勢をキープできるので、運動の効果を最大限高めることができるのです。もともとストレッチマットは滑りにくい素材を使用していますが、さらに滑り止め加工が施されたものを選ぶと安心ですね。

ストレッチマットの人気おすすめランキング10

人気でおすすめのストレッチマットを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第1位 Active Winner ヨガマット


Active Winner ヨガマットの仕様・製品情報

メーカー アクティブウィナー(Active Winner)
サイズ 長さ183cm x 幅61cm
厚み 6㎜
材質 PVC(塩化ビニール)

Active Winner ヨガマットをおすすめする理由

  • 6㎜のちょうどいい厚み
  • 両面滑り止めつき
  • 1年間のメーカー品質保証

Active Winner ヨガマットの評価とレビュー

確かな性能と安心の1年補償
6㎜のほどよい厚みと、グリップ力の高い滑り止めが使いやすいストレッチマットです。長さ183㎝と十分なサイズながら、持ち運びやすいロールアップタイプ。形状記憶機能つきで床に敷いたときにマットが丸まらず、まっすぐ敷けます。

軽量でストラップ付きなので、収納にも便利ですね。裏面の滑り止めに加え、表面にも凹凸がほどこされており、体をしっかりサポートしてくれます。メーカーが1年間の品質保証をしてくれるため、安心して使用できますよ。

第2位 smile ヨガマット


smile ヨガマットの仕様・製品情報

メーカー S.MILE(エスマイル)
サイズ 長さ183㎝×幅61㎝
厚み 6㎜
材質 TPE(熱可塑性エラストマー)

smile ヨガマットをおすすめする理由

  • 軽く持ち運びやすいロールタイプ
  • 水をはじきすぐ乾く
  • 選べる5種類のカラーバリエーション

smile ヨガマットの評価とレビュー

5つのカラーが選べるストレッチマット
有害物質を出さない環境に優しい、無臭のTPE素材のストレッチマット。使い始めのニオイが気になりません。肩かけストラップと専用収納ケースがついていて、軽く持ち運びやすくなっています。

クッション性やグリップ性に優れており、運動で汗をかいても滑りにくく、体勢のバランスを保ちやすくしてくれます。撥水性・速乾性が高く、使い終わったあと水拭きするだけで手入れもラクチン。5種類のカラーがあるので、お気に入りのカラーを選べば運動が楽しくなりそうですよね。

第3位 LICLI ヨガマット


LICLI ヨガマットの仕様・製品情報

メーカー LICLI(リクライ)
サイズ 長さ183㎝×幅61㎝
厚み 10㎜
材質 NBR(ニトリルゴム)

LICLI ヨガマットをおすすめする理由

  • 1㎝の厚みでクッション性抜群!
  • 持ち運びやすい軽量800g
  • リーズナブルな価格

LICLI ヨガマットの評価とレビュー

厚さ1㎝!クッション性に優れたニトリルゴムマット
1㎝の厚みがありながら、重量800gと非常に軽いストレッチマットです。長さ調節が可能なストラップベルトと通気性のいい収納ケースがついていて、持ち運びも快適ですね。

マット表面にほどこされた滑り止め加工と、高いクッション性で、ヨガのポーズが取りやすいと評価されています。足や腰に負担がかかりにくいところもいいですよ!劣化しにくいニトリルゴム素材マットが、3000円以下と値段が手ごろなのもポイントです。

第4位 Gruper ヨガマット


Gruper ヨガマットの仕様・製品情報

メーカー Gruper
サイズ 長さ183㎝×幅61㎝
厚み 6㎜
材質 TPE(熱可塑性エラストマー)

Gruper ヨガマットをおすすめする理由

  • TPE素材の優れた弾力性
  • 両面滑り止め加工で安心
  • メーカー保証つき

Gruper ヨガマットの評価とレビュー

カラーがおしゃれで実用的なストレッチマット
表裏でそれぞれ違うカラーが目を引く、厚さ6㎜のロールタイプマットです。TPE素材でほどよい弾力性が衝撃を吸収し、運動を快適にサポートしてくれます。両面に滑り止め加工がほどこされているので、激しく動いてもマットがズレる心配もありません。

撥水性があり汚れがつきにくく、水拭きするだけで手入れも簡単。メーカーの1年間の品質保証がついているだけでなく、商品に満足いかない場合、3か月間無条件で返品が可能です。品質への自信がうかがえますね。

第5位 ideapro トレーニングマット


ideapro トレーニングマットの仕様・製品情報

メーカー ideapro
サイズ 長さ180㎝×幅60㎝
厚み 5.5㎝
材質 中身:EPU カバー:PUレザー

ideapro トレーニングマットをおすすめする理由

  • 厚さ5㎝の十分なクッション性
  • 防水加工でメンテナンスしやすい
  • 持ち運びに便利な取っ手つき

ideapro トレーニングマットの評価とレビュー

極厚5㎝の三つ折りトレーニングマット
やわらかなソフトクッションの三つ折りタイプマットです。厚さ5㎝とストレッチマットの中でもかなり厚めのマットのため、衝撃吸収や防音効果が期待できるでしょう。重い器具を使ったトレーニングも可能ですし、折りたたんでさらに厚くすれば、ボルダリングのサポートマットとしても活躍しそうですね。

表面のカバーは防水生地で作られているので、汗や汚れがついても、拭き取るだけでお手入れ終了。マットの横には持ち運び用の取っ手がついているので、マットをちょっとだけ移動させたいときに便利ですね。

第6位 プリマソーレ ヨガマット


プリマソーレ ヨガマットの仕様・製品情報

メーカー プリマソーレ(primasole)
サイズ 長さ173㎝×幅61㎝
厚み 4㎜
材質 PVC(ポリ塩化ビニル)

プリマソーレ ヨガマットをおすすめする理由

  • 1000円代とリーズナブル
  • 薄手でも弾力性があり、滑らない
  • 気になるニオイが少ない

プリマソーレ ヨガマットの評価とレビュー

手ごろなストレッチマットが欲しい方に
軽いストレッチやヨガなど最適なPVC素材マット。1000円前後とリーズナブルなため、とにかく安く、使い勝手のいいストレッチマットを求める方におすすめの商品です。4㎜と薄手のマットですが、沈み込むような弾力感があり、十分に運動をサポートしてくれます。床にピッタリと吸いついてくれるグリップ感もいいですね!

PVC素材の気になるプラスチックのニオイも少なく気にならない程度のため、快適に使用できそうです。

第7位 KaRaDaStyle 体操マット


KaRaDaStyle 体操マットの仕様・製品情報

メーカー KaRaDa Style
サイズ 長さ240㎝×幅120㎝
厚み 5㎝
材質 マット:EPE カバー:PUレザー

KaRaDaStyle 体操マットをおすすめする理由

  • 十分なスペースが使える大きいサイズ
  • 5センチの厚みで高い防音効果
  • 汗や汚れに強い防水加工つき

KaRaDaStyle 体操マットの評価とレビュー

部屋を丸ごとトレーニング空間に!特大サイズマット
マットを広げると長さ2m以上と、非常に大きなサイズの折りたたみマットです。部屋に敷けば十分広いスペースを確保できますが、マットについているマジックテープを利用すれば、同じマットをつなげて、さらに大きなサイズのマットとして使用できます。

厚さ5㎝のクッションで、衝撃吸収・防音性があり、多少激しいトレーニングを行っても、音が気になることもないでしょう。汗や水をはじく、PU素材のカバーで手入れが簡単にできるところもポイントです。

第8位 adidas ヨガ&ストレッチ トレーニング用マット


adidas ヨガ&ストレッチ トレーニング用マットの仕様・製品情報

メーカー adidas(アディダス)
サイズ 長さ183㎝×幅61㎝
厚み 1㎝
材質 NBR(ニトリルゴム)

adidas ヨガ&ストレッチ トレーニング用マットをおすすめする理由

  • 厚さ1㎝で高い実用性
  • 持ち運びやすいベルトとケースつき
  • デザインが好評価

adidas ヨガ&ストレッチ トレーニング用マットの評価とレビュー

人気の高いアディダスのストレッチマット
多くのスポーツ用品を販売している、アディダスのストレッチマット。専用ケースとベルトがついたロールタイプで、重さ1.4㎏と軽く持ち運びやすいです。軽量ながら1㎝の十分な厚みがあり、クッション性が高く体が痛くならないと実用性も抜群ですよ!

アディダスのロゴがプリントされたマットと、赤と黒の配色がクールだと好評なようです。形状記憶機能があり、広げたときに丸まらないところや、水拭きが可能など、細かいところまで使いやすく作られているのが分かります。

第9位 IUGA ヨガマット


IUGA ヨガマットの仕様・製品情報

メーカー IUGA
サイズ 長さ183㎝×幅65㎝
厚み 6㎜
材質 TPE(熱可塑性エラストマー)

IUGA ヨガマットをおすすめする理由

  • ヨガに適した6㎜の厚さ
  • 目印の中心ラインつき
  • 長期間使っても劣化しにくい

IUGA ヨガマットの評価とレビュー

ヨガマットにおすすめ!使いやすいTPEマット
有害物質を含まず人にも環境にもやさしい、TPE素材のストレッチマットです。特にヨガを行う方のために作られており、適度な厚みと両面の滑り止めのおかげで、ポーズを安定してとれるようになっています。マットにセンターラインが描かれているため、ラインを目安にまっすぐ正しい姿勢が保てますね。

外に持ち出しやすいロールタイプで、マットをまとめるためのストラップも付属されています。長く使っても、クッション性が失われにくいところも嬉しいですね。

第10位 FIELDOOR トレーニング エクササイズ用ジョイントマット


FIELDOOR トレーニング エクササイズ用ジョイントマットの仕様・製品情報

メーカー FIELDOOR(フィールドア)
サイズ 1枚:45㎝×45㎝
厚み 1㎝
材質 EVA樹脂

FIELDOOR トレーニング エクササイズ用ジョイントマットをおすすめする理由

  • サイズを自由に変えられるジョイントタイプ
  • 硬めのマットでトレーニングしやすい
  • 衝撃吸収・防音効果が高い

FIELDOOR トレーニング エクササイズ用ジョイントマットの評価とレビュー

組み合わせてスペースを広げられるジョイントマット
自由にサイズを広げられる、ジョイントタイプのストレッチマットです。スペースを調節できるだけでなく、部屋の家具や間取りに合わせてマットをカットすることも可能。サイドパーツを使えば端の部分もきれいに整えることができます。

トレーニングがしやすいように、普通のジョイントマットと比べてやや硬めに作られており、重い器具などを置いても沈み込みすぎてしまうこともありません。1㎝の厚みが衝撃を吸収し、防音効果も高めです。

まとめ

ストレッチマットの特徴や素材ごとの違い、選ぶときに注目したい点について紹介してきました。トレーニングやヨガ、運動をする際にマットを一枚取り入れるだけで、さまざまな効果が得られることをお伝えできたのではないでしょうか。

マットの素材や形もたくさんの種類が販売されていますので、さまざまな選択肢の中から選ぶことができます。こちらの情報を参考に、お気に入りのストレッチマットを見つけて、安全に効率よく運動を楽しみましょうね!

ストレッチマットに関連する他の記事もおすすめ!!

スマートブレスレット【最新版】スマートブレスレットの選び方と人気おすすめランキング10 |健康管理やスポーツなどに! 中華スマートウォッチ【最新版】中華スマートウォッチの人気おすすめランキング10選 【格安で高性能!】 メディシンボール【テニスやゴルフに!】メディシンボールの人気おすすめ10選|効果や使い方なども解説! スマートウォッチ【最新版】スマートウォッチの選び方と人気おすすめランキング10選 |価格や性能を比較しご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です