【最新版】お絵かきタブレットの選び方と人気おすすめ10選

お絵かきタブレット

皆さんはお絵描きタブレットというタブレットをご存知でしょうか。お絵描きタブレットとはOSを搭載している点は通常のタブレットと同じです。

さらにペンやブラシが付属しているので、デジタルアートを楽しむことに特化したタブレットです。

線や塗りの濃淡を細やかに調節できるので、繊細な描画ができることが魅力です。

そこで今回はお絵描きタブレットの基本情報や選び方、人気の商品をランキング形式でご紹介します。趣味で描画を楽しむ人やプロとして仕事で使いたい人も要チェックです。

お絵かきタブレットの基本情報

まず基本情報からです。具体的にはお絵描きタブレットとは、どんな人におすすめなのか、価格帯が挙げられます。以下で順に説明していきます。

  • そもそもお絵かきタブレットとは?
  • お絵かきタブレットはこんな人におすすめ!
  • お絵かきタブレットの価格帯

そもそもお絵かきタブレットとは?

お絵かきタブレット
まずお絵描きタブレットとは、PCと接続したりタブレット本体のみでデジタルアートを作成できるタブレットです。

筆圧感知機能が付いているものがほとんどで、線や塗りの濃淡を細やかに表現することができます。

通常のタブレットとの大きな違いは、線や点の刺激を何で反応するかです。通常のタブレットは静電気方式を採用しており、筆圧感知はできず線の反応もおそくなりがちなので、お絵描きに向きません。

しかしお絵描きタブレットはこのデメリットを解消した機能が搭載されているので、ストレスフリーにデジタルアートを作成することができます。

お絵かきタブレットの価格帯

価格
お絵描きタブレットは安いもので5000円程度、高いものだと35万円程度と幅広い価格帯であることが特徴です。

メモリや解像度などのスペックにもよりますが、1万円あれば基本的なお絵描きタブレットが手に入ります。

お絵かきタブレットの選び方

次にお絵描きタブレットの選び方を説明します。

具体的にはお絵描きタブレットの

  • 種類
  • 接続機種との相性
  • 機能やカスタマイズ性
  • 大きさ

が挙げられます。以下で順に説明します。

お絵かきタブレットは大きく2種類!

お絵描きタブレットは大きく2種類にわかれます。1つはペンタブレットタイプで、もう1つは液晶タブレットタイプです。

以下でその特徴や価格帯などを説明します。

ペンタブレットタイプ

ペンタブレット
ペンタブレットタイプは、PCのディスプレイを見ながら手元のタブレットに専用のペンで描いて、デジタルアートを作成できるタブレットです。

マウス操作も行うことができ、筆圧感知機能に対応しているお絵かきソフトであればさらに表現力は広がります。

価格は1万円程度の物が多いです。また操作に慣れが必要なものの顔を上げて作業ができ、手がディスプレイとかぶらず書きやすいのが魅力です。

そのため長時間作業する人におすすめです。

また、ペンタブに関して下記記事にて詳しくご紹介しています。
ペンタブレットペンタブの選び方と人気おすすめランキング10選 |【安くて初心者におすすめ】

液晶タブレットタイプ

液晶タブレット
液晶タブレットとは、ボード部分が液晶画面となっているタイプのタブレットのことを言います。

液晶画面上でペンを操作することで描画できるので、アナログと近い感覚でデジタルアートを作成できます。

価格はペンタブレットタイプよりも高価な傾向にあり、10インチ以下の小さいものであれば3万円程度です。

また10インチ以上の大きいものの場合は、4万円以上が相場です。紙に絵を書くことに慣れている人やPC不要で描画したい人にはおすすめです。

接続機種との相性をチェックしてから購入しよう!

お絵かきタブレット
お絵描きタブレットと接続機種の相性を購入前に確認することは大切です。

例えばPCに接続する際、PCのOSはiOSでタブレットはWindowsだった場合、使いたい機能があっても動作しない可能性があります。

またOS毎の特徴も知っておくことが大切です。主にプロに人気のiOSですが、長期間のアップデートが可能でアプリの安全性が高いのが魅力です。

一方WindowsはPC感覚で描画でき、様々なメーカーや価格帯があります。どちらが自分に合っているのかを考えて選ぶことをおすすめします。

機能やカスタマイズ性も確認しよう!

機能やカスタマイズ性で使いやすさも大きく変わります。

以下では、筆圧検知機能とそれ以外のカスタマイズ機能を順にご紹介します。

筆圧感知機能

お絵かきタブレット
普通絵を書く時に線を太くするなら筆圧を強くし、細くするなら筆圧を弱くして調節しますよね。

お絵描きタブレットでも、筆圧感知機能に対応していれば同じことができるんです。まず筆圧感知機能の筆圧レベルとは、何段階に分けて認識するのかを数字であらわしたものです。

数字が大きければより繊細な描画も可能になります。具体的には高いもので8192段階までありますが、標準は2048段階です。

子供向けであれば、1024段階で十分です。よって絵をある程度書いた後に線を調節する必要がないので、イメージのまま不必要な時間をかけずに作業するのに役立つ機能です。

カスタマイズ機能

お絵かきタブレット
お絵描きタブレットには、カスタマイズ機能が搭載されているものがあります。

具体的には筆圧を柔らかめにするのか硬めにするのか調節できたり、ショートカットやファンクションキーを設定できる等があります。

描画しているときにボタン一つでアプリを起動させたり、必要な機能を表示できればストレスなく描画を楽しむことができます。

また自分がイメージした画風を表現しやすくなるので、デジタルアートならではの作品を作り込めるのも魅力です。

大きさも大事!

お絵かきタブレット
快適に描画する上で、ペンタブレットタイプであれば入力エリアの大きさが大切です。

入力エリアとは専用ペンの刺激を読み取れる範囲のことを指します。ペンタブレットタイプを置けるスペースが机の上にどのくらい確保できる過にもよるため、この程度と言える大きさが必ずしもあるわけではないです。

その上で大切なのは、PCのディスプレイと入力エリアの大きさの差が少ないことです。例えばPCのディスプレイに反してあまりに入力エリアが小さすぎると、少し線を描いただけでPC画面上では大きく描かれてしまいます。

この違和感を少なくするために、大きさはなるべく近いもので揃えた方が良いです。また液晶タブレットタイプですが、携帯しやすさを重視するのであれば7~8インチがおすすめです。

ただし携帯しやすさと作業効率の両方が欲しい時は10インチが良いです。13インチ以上プロ向けなので、使用目的に合わせて選ぶと後悔しません。

お絵かきタブレットの人気おすすめランキングトップ10

人気でおすすめのお絵かきタブレットを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

10位 Bambooコミック CTH-670/W2


Bambooコミック CTH-670/W2の仕様・製品情報

メーカー Wacom
サイズ 約351.7×209×9.8mm
重量 約640g
搭載機能 コミックやマンガ制作がすぐに楽しめる5つのアプリケーションソフト付き/ワイヤレス対応/電磁誘導方式/読取可能範囲(W×D):216.4×137mm(16:10)/読取分解能:0.01mm/読取精度:±0.5mm/読取可能高さ:7mm/筆圧レベル:1024レベル/コードレス&電池レスの筆圧ペン(消しゴム機能付き)/ワンタッチ操作の4ファンクションキー/Windows: USBポート標準装備のDOS/V機/Windows 7/Vista/XP(SP3以降) 日本語版(64ビット版を含む)/Mac: USBポートを標準装備Intelプロセッサを搭載したMac Mac OS X 10.5.8以降

Bambooコミック CTH-670/W2をおすすめする理由

  • IllustStudioの使い方がネット上で確認できて初心者でも安心!
  • 機能がシンプルなので使いやすい!
  • ギフトとしても人気!

Bambooコミック CTH-670/W2の評価とレビュー

コスパ
(3.5)
書き心地
(3.0)
カスタマイズ度
(3.0)
総合評価
(3.0)

入力エリアが調度良く描きやすい!
こちらのお絵描きタブレットは、ペンタブレットタイプの機能を最小限にしたシンプルな商品です。そのため多くの機能が搭載されていても使いこなせるか不安な人や初心者におすすめです。

まず筆圧感知機能ですが、1024なので簡単なイラストを描くには調度良いです。カスタマイズ機能では4つのファンクションキーが搭載されているので、よりストレスフリーに描画を楽しむことができます。

入力エリアも本体サイズも標準的なので、大きさも場所を取らないのが魅力です。Windows、Mak共に対応なので扱いやすい商品です。

9位 HUIONペンタブレットINSPIROY


HUIONペンタブレットINSPIROYの仕様・製品情報

メーカー HUION
サイズ 360mm×240mm×10mm
重量 635g
搭載機能 携帯接続アップグレード可能(Android6.0以上、OTG対応)/作業領域10 × 6.25インチ/解像度5080 LPI/反応速度233 PPS/筆圧感度8192段階/読み取り高さ10mm/ショートカットボタン機能/Win 10/Windows 8/Win7/Mac OS 10.12.0及び以降、WindowsとMac両方とも対応/人気のペイントソフトにも多数対応/傾き検知機能付き/マウスモード
/ドライバオンラインアップデート

HUIONペンタブレットINSPIROYをおすすめする理由

  • 充実のショートカットキーとファンクションキー!
  • 筆圧感度が8192レベルなので繊細な描画が楽しめる!
  • 各種機能も充実しているのにコスパ良好!

HUIONペンタブレットINSPIROYの評価とレビュー

コスパ
(4.0)
書き心地
(3.0)
カスタマイズ度
(3.5)
総合評価
(3.5)

より自分好みの使用環境を実現できる!
このお絵描きタブレットはペンタブレットタイプの中級者向け商品です。筆圧感知機能は8192と繊細なデジタルアートを楽しみたい人には十分なレベルです。

またカスタマイズ性は8個のショートカットボタンと16個のファンクションキーがあります。個人の使用環境に合わせて細かく設定できるので、サクサクと描画を楽しむことができます。

他にもペンの傾きにより線の太さを変えられる傾き検知機能やほとんどの人気アプリに対応していることから、よりデジタルアートにこだわれる点も魅力的です。

大きさは、ノートPC画面で違和感なく使える大きさなので使いやすいです。こちらもWindows、Mak共に対応しています。それで5000円を切るので、このコスパはなかなかないです。

よって、自分の描画スタイルがある程度定着してきた中級者におすすめです。

8位 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD


液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHDの仕様・製品情報

メーカー Wacom
サイズ 42.2 x 28.5 cm
重量 約1.9㎏
搭載機能 プロモデルと同様のWacom Pro Pen 2を採用/CLIP STUDIO用オリジナルカスタムブラシセットを電子メールを通じて提供/15.6型フルHD液晶/最大表示解像度フルHD(1920 x 1080)/映り込みを軽減するAGフィルム搭載ディスプレイ/描きやすい角度に調整可能(19°)な内蔵スタンド/Windows 7以降、macOS 10.12以上

液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHDをおすすめする理由

  • CLIP STUDIO用オリジナルカスタムブラシセットが貰える!
  • 描き心地重視の機能性!
  • 機能は最小限なので、気軽にデジタルアートを楽しめる!

液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHDの評価とレビュー

コスパ
(3.5)
書き心地
(4.0)
カスタマイズ度
(3.0)
総合評価
(3.5)

大きな画面で筆圧感知8192レベルの描き心地が魅力的!
このお絵描きタブレットは、描き心地にこだわりのある人におすすめの液晶タブレットです。筆圧感知機能対応で、8192レベルなので繊細なデジタルアートを描けます。

解像度も高く、内蔵されたスタンドで角度を付けれるので長時間の作業でも疲れにくいのが魅力です。全体の機能自体は描画重視なので非常にシンプルで初心者でも使いやすいです。

大きさは15.6インチとかなり大きいので、持ち運びというよりは自宅用として持つことをおすすめします。こちらもWindows、Mac共に対応しています。

7位 VEIKK A15 ペンタブレット(板タブ)


VEIKK A15 ペンタブレット(板タブ)の仕様・製品情報

メーカー VEIKK
サイズ 記載なし
重量 980 g
搭載機能 カラー展開4種類/画面サイズ:10×6インチ/読取方式:電磁誘導/充電不要の筆圧8192レベル筆圧検知/解像度5080LPI/レポートレート250pps/2つの設定可能なキーが付いた高性能ペン/12個のショートカットキー/USB TypeAポート対応/Windows10/8/7、Mac OS 10.10以降に対応/Photoshop、Ai、Sai、3dなどの主要ソフトに対応

VEIKK A15 ペンタブレット(板タブ)をおすすめする理由

  • カラー展開が4種類もあり、おしゃれ!
  • 12個のショートカットキーで自分好みにカスタマイズ可能!
  • 傾き検知機能でより描きやすい!

VEIKK A15 ペンタブレット(板タブ)の評価とレビュー

コスパ
(4.0)
書き心地
(3.5)
カスタマイズ度
(3.5)
総合評価
(3.5)

デザインや機能を自分好みにできるのが魅力!
このお絵描きタブレットは、4種類のデザインと12個のショートカットキーが用意されているので、カスタマイズ性の高いペンタブレットタイプの商品です。

筆圧検知機能は8192レベルなので、繊細な描画が可能です。さらにデジタルアート作成を助けるのが、傾き検知機能です。アナログで絵を描くように自然にタブレットでも描けます。

大きさは10×6インチと程よい大きさなので、邪魔になりません。またWindows、Mac共に対応しているので扱いやすく、それが4000円台で買えるコスパの良さも魅力です。

6位 液晶ペンタブレットPD1560 15.6インチ


液晶ペンタブレットPD1560 15.6インチの仕様・製品情報

メーカー GAOMON
サイズ 452.4 x 252 x 19.5mm
重量 599 g
搭載機能 画面サイズ: 15.6インチ/液晶タイプ: IPS/明度: 250 cd/m2/圧力感度: 8192レベル/解像度: 5080 LPI/報告率: 233 PPS/応答速度 : 25 ms/可読高度:10mm/色域: 72%(NTSC)/画面解像度: 1920 x 1080(16:9)/作業範囲: 344.16 × 193.59mm/視野角: 89°/89°(水平),89°/89°(垂直)(Typ.)(CR>10)/パソコン側の端子:HDMI(Type-A) USB/対応システム: Windows7/8/8.1/10 , Mac OS 10.11.0以降/10個のショートカットキー/5メニューキー(AUTO / + / – / MENU / POWER)/PS、SAI2、Illustrator、SketchBook Pro、MediBang Paint Pro、Clip Studioなど主要なペイントソフト対応

液晶ペンタブレットPD1560 15.6インチをおすすめする理由

  • 178度の広い視野で描きやすい!
  • ショートカットやメニューキーなどカスタマイズ要素多数!
  • 15.6インチと大きいにも関わらず軽量!

液晶ペンタブレットPD1560 15.6インチの評価とレビュー

コスパ
(3.5)
書き心地
(3.5)
カスタマイズ度
(4.5)
総合評価
(4.0)

自分の描画スタイルを自由にカスタマイズできるのが魅力的!
このお絵描きタブレットは、大きな画面と十分なカスタマイズ性が魅力の液晶タブレットタイプの商品です。筆圧検知機能は8192レベルなので、初心者からプロまで満足の機能性です。

また10個のショートカットと5個のメニューキー、専用ペンの2個のカスタマイズボタンがあるので、より細かく作業しやすい環境を作ることができます。

大きさは15.6インチなので持ち運ぶというよりは、自宅で使う物として考えた方が良いです。Windows、Mac対応ではありますが、価格は3万円台と標準的です。

よって、自分に合わせてカスタマイズできるお絵描きタブレットを探している人にはおすすめの商品です。

5位 ペンタブレット 10インチ Deco 02


ペンタブレット 10インチ Deco 02の仕様・製品情報

メーカー XP-PEN
サイズ 記載なし
重量 1.3 kg
搭載機能 筆圧レベル:8192レベル/読み取り範囲:10” ×5.63”
解像度:5080 LPI/レポートレート:266 RPS/エクスプレスキー:カスタマイズエクスプレスキー6個とホイール1個/読み取り高さ:最大10mm/読み取り精度:±0.01インチ/電源電圧:+5V/対応システム:Windows10/8/7(32/64bit)、MAC OS 10.10 以降/筆圧対応できるソフト:Photoshop、SAI、Painter、Illustrator、Clip Studio、openCanvasなど対応/消しゴム対応できるソフト:Adobe Photoshop、Adobe Illustrator など

ペンタブレット 10インチ Deco 02をおすすめする理由

  • 消しゴム機能付きの六角ペンなので、作業しやすく疲れにくい!
  • 銀のホイールはフックとしても使えるので、保管も邪魔にならない!
  • 厚さ9㎜なので、薄くて持ち運びも便利!

ペンタブレット 10インチ Deco 02の評価とレビュー

コスパ
(4.0)
書き心地
(4.0)
カスタマイズ度
(3.5)
総合評価
(4.0)

保管時は壁にぶら下げられるので、場所を取らなくて魅力的!
このお絵描きタブレットは、機能は最小限の初心者におすすめのペンタブレットタイプの商品です。筆圧感知機能は8192レベルと、お絵描きタブレットデビュー時に購入したとしても長く使える機能性となっています。

カスタマイズ性としてはカスタマイズエクスプレスキーが6つ付いているので、ある程度の設定は可能です。

大きさは10インチなので、携帯する場合も作業する場合も調度いい大きさです。WindowsにもMacにも対応しているので便利なのですが、さらに便利さを高めているのがホイールです。

フックにかけて保存できるので、タブレットを使わない間も作業スペースを圧迫しないので魅力的です。

4位 液タブKamvas Pro13


液タブKamvas Pro13の仕様・製品情報

メーカー HUION
サイズ 388 x 219 x 11mm
重量 2.81 kg
搭載機能 サイズ:13.3インチ/傾き検知機能付き/筆圧8192充電不要ペン/解像度:1920×1080/IPS 液晶/アンチグレアガラス搭載//コントラスト:1000:1/視野角:垂直 178度、水平 178度/反応率:266PPS/色域:Adobe RGB92%/タッチ解像度: 5080LPI の解像度/エクスプレスキー:4個/筆圧感度:8192 段階/タッチバー/OSDメニュー/入力端子:Type-C/マウスモード/ドライバオンラインアップデート/対応システム:Windows 7/8/8.1/10及びMAC OS 最新バージョン/人気のペイントソフトにも多数対応

液タブKamvas Pro13をおすすめする理由

  • 充電不要なペンなので、作業に集中できる!
  • アンチグレアガラス使用なので、描画が楽!
  • ショートカットキーはキーボード入力で可能なので操作性を高められる!

液タブKamvas Pro13の評価とレビュー

コスパ
(3.5)
書き心地
(4.0)
カスタマイズ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

ショートカットキーの操作性もカスタマイズできる!
このお絵描きタブレットは、キーボード操作に慣れている人であればショートカットキーの操作性をより高められる液晶タブレットタイプの商品です。

まず筆圧検知機能ですが、8192レベルなので十分な数値です。さらに描きやすくする機能として傾き検知機能や4つのショートカットボタン以外にキーボードで入力可能な点、充電不要のペンが挙げられます。

そのため時間を気にせず描画に集中できるのは魅力的です。また大きさは13インチなので、作業領域は大きめです。

Windows、Mac対応していて3万円台となるとコスパも納得です。描きやすい画面で時間を気にせず描画を楽しみたい人にはおすすめです。

3位 ペンタブレット One by Wacom ペン入力専用モデル


ペンタブレット One by Wacom ペン入力専用モデルの仕様・製品情報

メーカー Wacom
サイズ 189×277×9mm
重量 431 g
搭載機能 筆圧レベル:2048/ファンクションキー:無し/ワイヤレス接続:無し/マルチタッチ機能:無し/購入特典ソフトウェア( CLIP STUIO PAINT DEBUT)付き/接続:Micro-USB/バンドルソフトウェア:無し/Windows® 7/8/8.1/10/Mac OS X 10.10以降/インターネット接続

ペンタブレット One by Wacom ペン入力専用モデルをおすすめする理由

  • シンプルな機能が初心者におすすめ!
  • 予算1万円でも問題なしのコスパ!
  • WindowsにもMacにも対応なので安心!

ペンタブレット One by Wacom ペン入力専用モデルの評価とレビュー

コスパ
(4.5)
書き心地
(4.0)
カスタマイズ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

シンプルな機能だからこそ、純粋にアナログのように描画を楽しめる!
このお絵描きタブレットは、描画に特化した機能しかないからこそアナログのような描画を楽しむことができます。

タイプはペンタブレットタイプです。まず筆圧検知機能は2048レベルと標準的です。カスタマイズ性はマルチタッチ機能やファンクション機能がないので、そもそも求めない方が良いです。

今日からお絵描きタブレットを使いたいという初心者で多くの機能はいらない人にはおすすめです。サイズは大きくはないものの、WindowsやMac共に対応なので安心です。

初心者の場合は予算1万円で考える人が多いため、5000円台で買えるこの商品はピッタリです。

2位 液晶タブ Artistシリーズ Artist15.6


液晶タブ Artistシリーズ Artist15.6の仕様・製品情報

メーカー XP-Pen
サイズ 記載なし
重量 2.68 kg
搭載機能 8192レベルの筆圧感知/フルHD/解像度1920x 1080/アスペクト比16:9/178度の視野角/6個カスタマイズ可能なエクスプレスキー/266 RPS/Type-C USBポート/輝度調整ボタン/バッテリフリースタイラスペン/ペンのサイドボタンはカスタマイズ可能/最大表示色16.7M/読み取り範囲:344.16 x 193.59 mm/Windows 7以降、Mac OSx10.10以降に対応/Photoshop、openCanvas、Illustrator、ClipStudio,Zbrushなどの主要イラスト、マンガ、3Dアートに対応

液晶タブ Artistシリーズ Artist15.6をおすすめする理由

  • 色彩が鮮やかに表示されるのは魅力的!
  • ペンのサイドボタンもカスタマイズ可能!
  • 左利きでも対応可能!

液晶タブ Artistシリーズ Artist15.6の評価とレビュー

コスパ
(4.0)
書き心地
(4.5)
カスタマイズ度
(4.5)
総合評価
(4.5)

きれいな画面で手元を見ながら作業できるのが魅力的!
このお絵描きタブレットは液晶タイプなので、手元を見ながら作業できます。解像度の高さや筆圧検知機能が8192レベルなので、描いている途中から色鮮やで細やかな調整にも向いている画面を楽しむことができます。

もちろんWindowsとMacに対応しているので安心です。付属のペンですが、充電は不要でカスタマイズ可能なボタンが付いているので、より作業環境は整います。

他にも6個のカスタマイズキーがあるので、自分のスタイルのままにデジタルアートを楽しむことが可能です。

大きさは15.6インチと大画面です。その上で価格は3万円台なので、決してコスパが悪いわけではありません。繊細な描写を考えている人にはおすすめです。

1位 ペンタブ Decoシリーズ 10×6.25インチ Deco01


ペンタブ Decoシリーズ 10×6.25インチ Deco01の仕様・製品情報

メーカー XP-Pen
サイズ 351mmx217mmx8mm
重量 1.16 kg
搭載機能 入力エリア:10x 6.25インチ/8個カスタマイズ可能エクスプレスキー/266 RPS/バッテリフリースタイラスペン/筆圧感度:8192レベル/描画エリアのコーナーには表示ライトが点灯/Windows10/8/7、Mac OS 10.10以降に対応/Photoshop、SAI、Painter、Illustrator、Clip Studio、openCanvasなどの主要ソフトに対応

ペンタブ Decoシリーズ 10×6.25インチ Deco01をおすすめする理由

  • 薄型で軽量なのが携帯しやすい!
  • 機能のバランスが調度良く、どの段階の人にもおすすめ!
  • 5000円台で買えるから、気軽にお絵描きタブレットを使い始めやすい!

ペンタブ Decoシリーズ 10×6.25インチ Deco01の評価とレビュー

コスパ
(5.0)
書き心地
(5.0)
カスタマイズ度
(4.5)
総合評価
(5.0)

機能性のバランスが良く、長く使うのにおすすめ!
このお絵描きタブレットは、機能のバランスが良く描画しやすいペンタブレットタイプの商品です。

WindowsやMacに対応しているので、多くのアプリを使うことができます。筆圧検知機能は8192レベルなので、プロでも納得の使いやすさです。

カスタマイズ性は8個のカスタマイズキーが搭載されているため、十分に作業環境は整います。大きさは10×6インチなので、机の上でも邪魔になりません。

また厚さが8㎜とかなり薄いのも魅力です。この機能性で5000円程度はなかなかないです。

よってあまり多くカスタマイズキーがあると使いこなせない人や、長く使いたいからこそ機能性のバランスを重視したい人におすすめです。

まとめ

お絵描きタブレットは、いかがでしたでしょうか。製品の機能のバランスが良いものや逆に特化したものまで様々なものがありました。

また軽いものや持ち運びに便利なものもありました。どれを選ぶのかは自分の好みや目的によります。なんとなく機能が詰め込まれているからではなく、本当に自分に必要な機能は何か考えることが大切です。

イラストを描くのが好きな人は、自分のレベルと予算に合わせて前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!!

フルセグタブレット【最新版】フルセグ対応タブレットの人気おすすめモデルランキング4選 タブレットデュアルOSタブレットとは?選び方と人気おすすめ10選【メリット/デメリットもご紹介!】 中華タブレット【安いのに高性能!】中華タブレットの選び方と人気おすすめランキング7選 | 2019年最新版 電子書籍【漫画や雑誌を楽しもう!】電子書籍にぴったりなタブレットのおすすめランキング10 |2019年最新版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です