【耐久性MAX!】断線しにくいイヤホンの選び方と人気おすすめ10選【最新版】

イヤホン

長年愛用しているイヤホンを使用しているときに、何かの拍子で断線してしまい、イヤホン自体が使えなくなったという経験はありませんか?

今回はそんなアクシデントに強い断線しにくいイヤホンについて解説します。断線に強いイヤホンの購入を第一に考えている人はぜひ参考にして下さい。

また、バランスドアーマチュア型イヤホンに関する記事もおすすめです!
イヤホンバランスドアーマチュア型イヤホンの選び方と人気おすすめ10選

断線しにくいイヤホンの基本情報

イヤホンは手軽に音楽が聞ける非常に便利なモノですが、その反面断線しやすい機器でもあります。ここでは断線しにくいイヤホンの特徴やメリット・デメリット、そして気になる価格帯についてみていくことにします。

  • そもそも断線しにくいイヤホンとは?
  • 断線しにくいイヤホンのメリット
  • 断線しにくいイヤホンのデメリット
  • 断線しにくいイヤホンの価格帯

そもそも断線しにくいイヤホンとは?

はてな

そもそもイヤホンにおける断線とは、文字通りケーブルと各装着部との間の線が物理的に切断されてしまうことをいいます。こうなるとこのイヤホンで音楽を聞くことはできなくなってしまいます。

そこで各メーカーはそのような断線をできるだけなくすためにさまざまな工夫をしています。そのようなイヤホンが一般的に「断線しにくいイヤホン」といえるのではないでしょうか?

断線しにくいイヤホンのメリット

断線しにくいイヤホンのメリットといえば、まずジョギングなどの運動時や歩行における移動時などに、断線を気にせず使用できるといった点が挙げられます。

また使用しないときはその都度コードホルダーなどでイヤホンを収納するといった手間を省くこともできます。

断線しにくいということは耐久性の高さにもつながるため、長期にわたって使用できるといった点も挙げられます。

断線しにくいイヤホンのデメリット

メリット

反対に断線しにくいイヤホンのデメリットとしては、まずコード自体が通常のサイズより太くなってしまうことが挙げられ、その分収納時に場所をとったり、使用時における見栄えが悪くなったりします。

また耐久性の高いイヤホンは通常のイヤホンと比べてコストが掛かるため、どうしても値段が高くなるといった傾向があります。

イヤホン自体は丈夫に越したことはありませんが、その分見栄えやコストが犠牲になることは考慮しておく必要があります。

断線しにくいイヤホンの価格帯

価格

続いてみなさんも気になる断線しにくいイヤホンの価格帯ですが、他の商品と比べ価格帯としては比較的まとまっており、ほとんどの商品が約5000円以内で購入することができるのが特徴といえます。

断線しにくいイヤホンの選び方

断線しにくいイヤホンを見極めるにはそれなりの選び方があります。ここからはその選び方についてプラグの種類・コードの太さ・ワイヤレス・着脱式といった観点からみていくことにします。

  • プラグの種類で選ぼう
  • コードの太さで選ぼう
  • ワイヤレスイヤホンなら断線の心配はなし!
  • 着脱式イヤホンなら断線してもケーブルを交換できる

プラグの種類で選ぼう

イヤホン

イヤホンのプラグには「L字型」と「ストレート型」の2種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。ここではその特徴についてみていくことにします。

L字型プラグ

L字型のプラグはその名の通りプラグの形状がL字型をしたプラグになります。プラグの形状をL字型にすることによって、根元部分へのストレスに強くなるため、その分断線しにくくなるといった特徴があります。

ちなみに後述するストレート型のプラグをL字型に変換する延長コードも比較的安い価格で販売されており、従来のイヤホンがストレート型のプラグであっても容易にL字型に変換することができます。

ストレート型プラグ

ストレート型プラグはL字型とは異なり真っ直ぐな形状をしています。多くのイヤホンに採用されており、iphoneに付属しているイヤホンなどがその例といえます。ストレート型プラグはL字型プラグと比べて、根元部分の負荷に弱く断線がしやすい傾向にあります。

しかし上記でも述べたように、L字型プラグに変更できる延長コードが販売されているので、断線が気になる人は別途延長コードを購入することで、L字型プラグに変更することもできます。

コードの太さで選ぼう

イヤホン

イヤホンが断線しにくくなる要素の1つとしてコードの太さが挙げられます。イヤホンのコードを太くすることによって耐久性が高くなるため、その分コードに多少の負荷を掛けても断線が起こりにくくなります。

しかしその反面先程も述べたようにコードが太くなることによって起こる見栄えの悪さや、収納時において場所をとるといった短所があることも考えておく必要があります。

ワイヤレスイヤホンなら断線の心配はなし!

イヤホン

イヤホンの種類には有線だけでなく無線によって接続するイヤホンもあり、主にBluetoothを使用しています。無線を使用することでコードは必要なくなるため、断線自体が起きないばかりか耳や機器の周りもすっきりし、見栄えもよくなり収納が簡単におこなえるといった利点があります。

しかし有線程音質がよくなく、また電波障害等によって一時的に音楽を聞くことができなくなるといった欠点もあるため、気軽かつ手軽に音楽を聞きたい人に向いたイヤホンといえます。

着脱式イヤホンなら断線してもケーブルを交換できる

イヤホン

イヤホンには有線や無線タイプ以外にも、ケーブルを着脱できるタイプのイヤホンもあります。着脱式タイプのイヤホンの特徴としては、ケーブル部分が取り外し可能となっているため、ケーブルが古くまたは断線したときなどに交換がしやすいといった利点があります。

またケーブル自体をより良質なものに交換することで、更に音質を良くするといったこともできます。ただし端子の形状が異なるケーブルについては取り換えができないので、自分が使用しているイヤホンの端子の形状を確認しておく必要があります。

断線しにくいイヤホンの人気おすすめランキング10

人気でおすすめの断線しにくいイヤホンを10選紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第10位 Baseus Encok S01 Bluetoothイヤホン


Baseus Encok S01 Bluetoothイヤホンの仕様・製品情報

メーカー Baseus Encok
ケーブル長さ 無線
重量 17g
搭載機能 材質:ABS+TPE+アルミニウム合金/Bluetoothバージョン:V4.1/Bluetoothブロファイル:HFP/HSP/A2DP/AVRCP/通信距離:10M(無障害物の場合)/スタンバイ時間:約150時間/連続通話時間:約8時間/音楽再生時間:約6時間/バッテリー容量:90mAh/充電時間:約1.5-2時間/防水度:IPX5防水機能/ノイズキャンセル:CVC6.0/CSR 最新チップセット搭載:CSR 8645/再生周波数帯域:20Hz-20000Hz(ワイヤレス時)/サイズ:35×20×650mm(include cable)

Baseus Encok S01 Bluetoothイヤホンをおすすめする理由

  • Bl;uetoothを採用したワイヤレスイヤホン
  • カナル型採用
  • 人間工学に基づいた設計

Baseus Encok S01 Bluetoothイヤホンの評価とレビュー

カナル型を採用したBluetoothワイヤレスイヤホン

今回紹介するこの商品はBluetoothによるワイヤレスのイヤホンですが、スポーツによる使用を意識しており、防水・防滴・防汗性能に優れているだけでなく、イヤホン自体の軽量化や人間工学に基づく設計により、スピーカーの部分が耳にしっかりとフィットするため、ジョギング中に違和感を感じるといったこともありません。

また音質においてもノイズキャンセリング機能だけでなく、低音から高音まで音程を広くカバーしており、スポーツ用途で使用する人にはオススメの一品といえるでしょう。

第9位 GVOEARS 3基ダイナミック・ドライバーイヤホン


GVOEARS 3基ダイナミック・ドライバーイヤホンの仕様・製品情報

メーカー GVOEARS
ケーブル長さ 120㎝
重量 HP記載なし
搭載機能 イヤホン本体×1、イヤーキャップ×3、イヤーフック×3、イヤホンクリップ×1、収納ケース×1、説明書×1/保証期間:1年

GVOEARS 3基ダイナミック・ドライバーイヤホンをおすすめする理由

  • スポーツ用途に優れたイヤホン
  • 有線仕様のイヤホン
  • 人間工学に基づいて設計

GVOEARS 3基ダイナミック・ドライバーイヤホンの評価とレビュー

スポーツ用途に向いた有線イヤホン

今回紹介する商品は第10位で紹介した商品と同じくスポーツにおける用途を目的としたイヤホンですが、無線ではなく有線タイプのイヤホンになります。

まず人間工学に基づいたデザインによって、スピーカー部分が耳にしっかりとフィットし、運動中でも違和感なく装着することができます。

また防水や防汗などの機能も一通り揃っており、耐久性にも優れています。こちらもスポーツメインで使用したい人には充分選択肢に入る一品といえるでしょう。

第8位 Jayfi JEB-101 カナル型イヤホン


Jayfi JEB-101 カナル型イヤホンの仕様・製品情報

メーカー Jayfi
ケーブル長さ 無線
重量 HP記載なし
搭載機能 3サイズシリコン製イヤーピース(L・M・Sサイズ)/3.5MM金メッキ端子/ANDROID、 Windows、iPhone、ipod/MP3、Samsung Galaxy、Playstation/Xbox、Sony Xperiaスマホなど各種対応/マイク付きの手元のコントローラー/5年間以内全額払い戻し、無料交換などサポート

Jayfi JEB-101 カナル型イヤホンをおすすめする理由

  • 遮音性に優れたカナル型イヤホン
  • 幅広い音域を再生
  • 防水・防塵収納袋付き

Jayfi JEB-101 カナル型イヤホンの評価とレビュー

丈夫なだけでなく音域にも優れたカナル型イヤホン

今回紹介するイヤホンはカナル型を採用しており、カナル型の特徴でもある遮音性や幅広い音域をカバーすることで高音質な音を実現しています。

またノイズキャンセリング機能だけでなく、防水や防塵性能にも優れており、プラグの部分にはL字型のプラグを採用するなど、耐久性の高さも保証されています。

さらに収納時においても、防水・防塵効果のある袋が付属しているのも魅力です。

第7位 MOESAPU カナル型イヤホン


MOESAPU カナル型イヤホンの仕様・製品情報

メーカー MOESAPU
ケーブル長さ 1.2m
重量 3g(スピーカー部)
搭載機能 カラー:ブラック/スピーカー直径:10mm/入力プラグ:3.5mm/イヤホン感度:110dB/mW/周波数帯域:20Hz -20000Hz/インピーダンス:32Ω

MOESAPU カナル型イヤホンをおすすめする理由

  • 1000円を切る価格が魅力のイヤホン
  • ファッション性の高いデザイン
  • 幅広い機器に利用可能

MOESAPU カナル型イヤホンの評価とレビュー

1000円を切る価格ながらも高性能なイヤホン

今回紹介するイヤホンは、なんと価格が1000円を切るほどの低価格ながらも、軽量と頑丈さを両立したイヤホンとなっています。軽量さに関してはイヤホンのスピーカー部が1つあたり約3gととても軽く、長時間フィットしていても耳に負担を感じません。

また丈夫さにおいては強靭なケーブルを使用しているために断線しにくく、耐久性にも優れた商品となっています。さらにデザイン性もよく、おしゃれ好きな人にはオススメできる一品といえそうです。

第6位 SoundPEATS B10 カナル型イヤホン


SoundPEATS B10 カナル型イヤホンの仕様・製品情報

メーカー SoundPEATS
ケーブル長さ 126cm
重量 11g
搭載機能 ドライバーユニット口径:10mm/再生周波数帯域:20hz-20KHz/感度:98dB/インピーダンス:16Ω/最大入力:30mW/入力プラグ:3.5mm

SoundPEATS B10 カナル型イヤホンをおすすめする理由

  • インナーイヤー型イヤホン
  • 多機能リモコン搭載
  • いろいろな機種に対応

SoundPEATS B10 カナル型イヤホンの評価とレビュー

多機能リモコンを搭載したインナーイヤー型イヤホン

今回紹介する商品は有線タイプのイヤホンですが、インナーイヤー型のイヤホンになります。このインナーイヤー型のイヤホン自体が人間工学に基づいた設計となっており、耳にきっちりとフィットするだけでなく負担も軽減してくれます。

また音楽プレーヤーだけでなく、電話機能にも対応した多機能リモコンが付属しており、いろいろな用途で使用することができるイヤホンとなっています。

第5位 A-iHOME カナル型イヤホン


A-iHOME カナル型イヤホンの仕様・製品情報

メーカー A-iHOME
ケーブル長さ 1m
重量 15g
搭載機能 型式:デュアルドライバー/1ダイナミック型+1バランスドアーマチュア型/感度:107±3dB At 1KHz/再生周波数帯域:20Hz-40kHz/インピーダンス:16Ω±15% At 1KHz/入力 :10mW/コードタイプ:Y型/入力プラグ:3.5mmステレオプラグ

A-iHOME カナル型イヤホンをおすすめする理由

  • 1000円を切る価格が魅力のイヤホン
  • デュアルドライバーを採用
  • こだわった内部構造

A-iHOME カナル型イヤホンの評価とレビュー

1000円を切る価格が魅力のカナル型イヤホン

こちらの商品も第7位のイヤホンと同様1000円を切る価格で販売されていますが、機能面や性能面においては一定の品質を保っています。

まず機能面においては人間工学に基づいたスピーカー部によって耳にきちんとフィットするだけでなく、重さを3g軽量化することによって負担も少なくしています。

また性能面においてはデュアルドライバーを採用することで低音から高音まで幅広い音域を拾い高音質を実現することで、お値段以上のポテンシャルを持っているイヤホンであるといえます。

第4位 Zagzog カナル型イヤホン


Zagzog カナル型イヤホンの仕様・製品情報

メーカー Zagzog
ケーブル長さ HP記載なし
重量 11.5g
搭載機能 カラー:ローズゴルドー/グレー/ブルー/有線無線:有線/マイク:あり/スピーカーレジスタンス:16Ω/ソケットタイプ:直挿入/頻度範囲:20-20000Hz/ソケット直径:3.5mm/線材長さ:1.2メートル

Zagzog カナル型イヤホンをおすすめする理由

  • 低価格が魅力のカナル型イヤホン
  • カラーバリエーションを展開
  • さまざまな機器に対応

Zagzog カナル型イヤホンの評価とレビュー

カラバリも楽しめる多機能イヤホン

この商品の特徴としてまず挙げられるのは、カラーバリエーションの展開にあり、基本色のシルバー以外にもローズゴルドーなど全部で4種類のカラーを楽しむことができます。

また機能面においても人間工学に基づいたデザインによるフィット感や軽量化など、お値段以上の価値を見出しています。さらに防水や防塵機能にも優れており、耐久性においても高い性能を有しています。

第3位 Senzer S10 カナル型イヤホン


Senzer S10 カナル型 イヤホン 超小軽量6g筐体 高音質 ステレオイヤフォン 寝ホン 遮音 リモコン マイク付き iPhone Samsung スマートフォンに対応(シルバー)の仕様・製品情報

メーカー Senzsr
ケーブル長さ 1.2m
重量 17g
搭載機能 カラー:シルバー/再生周波数帯域:10-22KHz/感度:109dB / mW/プラグ直径:3.5mm/コネクタタイプ:メッキ標準プラグ/保証:一年間

Senzer S10 カナル型 イヤホン 超小軽量6g筐体 高音質 ステレオイヤフォン 寝ホン 遮音 リモコン マイク付き iPhone Samsung スマートフォンに対応(シルバー)をおすすめする理由

  • 優れたデザイン性を実現
  • 人間工学に基づいたデザイン
  • 音質の良さを実現

Senzer S10 カナル型 イヤホン 超小軽量6g筐体 高音質 ステレオイヤフォン 寝ホン 遮音 リモコン マイク付き iPhone Samsung スマートフォンに対応(シルバー)の評価とレビュー

音質とデザインの良さにが魅力のイヤホン

今回紹介する商品の特徴としては、まず人間工学に基づいたスピーカー部のフィット感が挙げられます。耳にぴったりと装着できるだけでなく、約6gという軽量化によって耳に負担をかけない構造になっています。

また優れたスピーカーやノイズキャンセリングによって、低音から高音まで幅広い音を拾うため、高音質な音源を常に聞くことができます。さらに製品自体にステンレスを使用するなど、細部にもこだわったイヤホンになっています。

第2位 AGPtEK カナル型イヤホン


AGPtEK カナル型イヤホンの仕様・製品情報

メーカー AGPtEK
ケーブル長さ 115cm
重量 18g
搭載機能 プラグ:金メッキ型 3.5mmステレオミニプラグ/インピーダンス:16Ω/音圧感度:89DB + 3DB/再生周波数帯域:20HZ-20,000HZ/対応機器:iPhone/Dokomo/Samsung/HTC/Sony/ASUS/LG等スマートフォンなどに対応

AGPtEK カナル型イヤホンをおすすめする理由

  • 引っ張り試験1000回
  • カナル型イヤホンを採用
  • HiFi高音質を実現

AGPtEK カナル型イヤホンの評価とレビュー

引っ張り試験1000回をクリアしたカナル型イヤホン

今回紹介するイヤホンの特徴としては、まずケーブルの引っ張り試験1000回をクリアしたことで耐久性の高さを伺い知ることができます。それ以外にもスピーカー部が耳にしっかりとフィットする設計になっており、ジョギングなどのスポーツの使用に向いた構造になっています。

また音質に関してもHiFiの高音質によってクリアな音を再現することができ、耐久性・音質の両方に優れたイヤホンといえます。

第1位 HRCASE MEMT T5 インナーイヤーイヤホン


HRCASE MEMT T5 インナーイヤーイヤホンの仕様・製品情報

メーカー HRCASE
ケーブル長さ 120cm
重量 231g
搭載機能 イヤホン本体、シリコンイヤーピース、高品質収納ポーチ袋/マイク内蔵/OFCケーブルを使用/メーカー保証1年

HRCASE MEMT T5 インナーイヤーイヤホンをおすすめする理由

  • 伝送ロスを抑えたケーブルを使用
  • L字型プラグを採用
  • 人体工学による設計

HRCASE MEMT T5 インナーイヤーイヤホンの評価とレビュー

耐久性と高品質を両立したお値打ちイヤホン

今回紹介するイヤホンの特徴としては、まず音声データをスピーカー部に送信するケーブルに伝送ロスを低減させるOFCケーブルを採用しており、解像度が高くクリアな音質を実現しています。

またプラグにはL字型を使用するなど、イヤホンの耐久性においても高いものがあります。3000円を切る価格と音質の良さ・耐久性の高さと相まってこのイヤホンはとてもコストパフォーマンスが高い商品であるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上ここまで断線しにくいイヤホンについてさまざまな角度から述べてきました。

近年のイヤホンは高品質なモノが多く、一昔前のものと比べて音声が非常にクリアになった感があり、それに加えてイヤホン自体の耐久性も上がってきています。

今後も音質と耐久性はますます進歩していくと思われ、今まで以上にいろいろな用途にイヤホンが使用される日がくるのかもしれません。

断線しにくいイヤホンに関連する他の記事もおすすめ!!

ランニングイヤホンランニングに最適なイヤホンの選び方と人気おすすめランキング10 | bluetoothと有線モデル別々にご紹介! 骨伝導イヤホン【最新版】骨伝導イヤホンの選び方と人気おすすめランキング10選 イヤホン【安くて高性能!!】中華イヤホンの選び方と人気おすすめランキング10選 ゲーミングイヤホンゲーミングイヤホンの選び方と人気おすすめ10選【FPSやPS4、PC別にご紹介!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です